ギャロップレーサーの新作はもう出ないの?シリーズレビュー!

レースゲーム

ギャロップレーサーシリーズは、
テクモ(現在のコーエーテクモ)から展開されている競馬ゲームです。
No1ジョッキーレーシングゲームを謳っていたシリーズです。
実名馬が登場するなど、競馬ファンからの支持が高かったソフトです。

最近はシリーズ展開されていませんが
今後はどうなるのか?
そして、各作品のレビューなどをお送りします。

スポンサーリンク

シリーズ一覧

それでは、最初にギャロップレーサーシリーズの一覧を書いていきます。

・ギャロップレーサー
プレイステーションで発売

・ギャロップレーサー2
プレイステーションで発売

・ギャロップレーサー3
プレイステーションで発売

・ギャロップレーサー2000
プレイステーションで発売

・ギャロップレーサー5
プレイステーション2で発売

・ギャロップレーサー6 レボリューション
プレイステーション2で発売

・ギャロップレーサーラッキー7
プレイステーション2で発売
※ギャロップレーサーインブリード(PS2)に収録

・ギャロップレーサー8 ライヴホースレーシング
プレイステーション2で発売
※ギャロップレーサーインブリード(PS2)に収録

・チャンピオンジョッキー ギャロップレーサー&ジーワンジョッキー
プレイステーション3、Wii、XBOX360、
ニンテンドースイッチでそれぞれ発売された。

シリーズ作品は現在のところ以上となっています。

ギャロップレーサーシリーズ単体の新作は近年は発売されていません。
チャンピオンジョッキーという作品は発売されましたが、
それ以外は発売されておらず、ライバル的存在の
ジーワンジョッキーも発売されておらず、停滞している状態です。

新作はもう出ないの?ギャロップレーサー9は?

最近はギャロップレーサーシリーズの新作は出ていません。
プレイステーション2の時代までは毎年のように発売されていた
印象ですが。。
今は競馬ゲームも売上が厳しいですからね。

最後に発売されたナンバリングタイトルは
2005年にプレイステーション2で発売された
ギャロップレーサー8 ライヴホースレーシング。
もう10年以上も経ってしまっています。

その後にも、7と8のセット、
ギャロップレーサーインブリード(2006年)や
PCのギャロップレーサーオンライン(2006年)、
ギャロップレーサー(スマホ 2013年)などが
登場していますが、いずれも少し前ですし、
正統な新作は出ていません

コーエーテクモになってから…
コーエーとテクモの統合後、
ジーワンジョッキーとギャロップレーサー。
似たようなシリーズを同じ会社で持つことに。
それゆえか
チャンピオンジョッキー ギャロップレーサー&ジーワンジョッキーという
コラボ作品が発売(2011年)
これは2作品のコラボ作品でしたが、
感覚としてはほぼジーワンジョッキー化している印象でした。

新作は・・・
ギャロップレーサーの新作はもう厳しいかもしれません。
ジーワンジョッキーすら発売されていませんし、
コーエーと合併した以上(おそらくコーエーサイドの影響力が高い)
出たとしてもチャンピオンジョッキーの新作、もしくは
ジーワンジョッキーの新作ではないでしょうか。

ギャロップレーサー8ライブホースレーシングの感想

人気競馬ゲーム、ギャロップレーサーシリーズの一つで、
現在のところ この「8」が最終作になっています。
6,7のようなキャラクターがいるタイプではなく、
5以前の純粋に競馬を楽しむスタイルに戻っていました。

個人的にはこちらのほうが・・・
キャラクターが居ても別に良いのですが、
個人的にはただ馬が居るだけのこちらのスタイルの方が
好みです。
地味と言えば、地味なのかもしれませんが・・・

ゲーム内での愛馬
ゲーム内で主にハーツクライを使っていました。
当時、最強馬として名を馳せていたのは
ディープインパクトですが、
あえてハーツクライを…(笑
実際の競馬でハーツクライは1度とはいえ、
ディープインパクトに勝った数少ない馬ですからね。。。
他にもアドマイヤムーンやアドマイヤメインなどを
よく使っていました。。

実況搭載
7までにはなかった要素として実況が追加されていました。
8をプレイしているときは特に何も思わなかったのですが、
8をプレイしたあとに7以前をプレイすると
どことなく味気ない感じがしてしまいます。。。

シミュレーションモード
色々な馬の作成などが出来るシミュレーションモード、というのも
搭載されていました
・・・が、個人的にこれはほとんど遊びませんでした。。
そこまで競馬通ではないもので・・・

対戦
対戦は結構盛り上がりますね。
ウイニングポストシリーズとは違い、
ジョッキー(騎手)のゲームなので、
レースゲームっぽく、対戦も楽しめました。
大逃げして勝つ!という展開にはロマンがありますね!

ギャロップレーサー2000のレビュー

ジョッキーレーシングゲーム、ギャロップレーサーシリーズの
一つです。ナビゲーターなども初めて登場した作品ですね。
プレイステーション1で発売されたギャロップレーサーシリーズは
これで最後になっています。

3に引き続き・・・
私がギャロップレーサーシリーズを買い始めたのは、
既にPS3が発売されている時代だったので、とても安くなってました。
このギャロップレーサー2000も数百円だったので、
ギャロップレーサー3に引き続き、購入しました。

基本の雰囲気は同じ
3に続いてプレイしてみましたが、基本的なシステム面は
追加要素や新システムがあるとは言え、似たようなものですね。
特に、続けてプレイすると、同じゲームの延長線上のものを
プレイしているような感覚になります!

システムが強化!
オリジナルホース作成まわりのシステムが強化されていたり、
ナビゲーターが追加されていたりしました。
まぁ個人的にはあまりオリジナルホースの作成とかはしないのでアレですが、
変化があるのは良い事ですね

今、プレイすると・・・
私がプレイした時代ですら「古い!」と感じたので、
今プレイすると競走馬のデータに関しては、さらに古い!と感じるのでは
ないかと思います。
もう、ずいぶん昔のゲームですから、仕方がないですけどね!

これもあまり長い時間はプレイしなかったのですが、
数百円で購入できたこともあり、満足しています。
シミュレーション系競馬ゲームよりも、個人的には、やっぱり
レース系の競馬ゲームの方が好きです。

ギャロップレーサー3のレビュー

ギャロップレーサーシリーズの第3弾です。
前作、ギャロップレーサー2のシステムをベースとしつつ
さらに進化させた感じのゲームですね。
オリジナルホースシステムが初めて導入されたのもこの作品です。

100円だったので・・・
購入当時、世の中ではもうプレイステーション3が発売されている
時代だったので、100円で購入できました。
ちょうど、その前に2を遊んでいて、そこそこ面白かったので、
では3も買ってみよう、というのが購入動機ですね。

ちょっと綺麗に・・・
グラフィックは2に比べると綺麗になりました。
あくまでも「2」と比べると、なので、当時既にWiiでゲームを遊んでいましたから
「うわ~ギャロップレーサー3のグラフィックはスゲー」みたいな感じには
なりませんでしたけれど…!

2と似ている
基本的にギャロップレーサー2と似たような感じ、という印象を受けました。
ギャロップレーサー2を遊んでいた身としては、
違和感なくゲームをプレイできましたが、変化に乏しいと言えば、
乏しいような、そんな感じでもありました。

対戦が面白い!
対戦がなかなか面白いですね。
当時、競馬ゲームはこのぐらいしか持ってなかったので、なんとなく
馬同士で競争する対戦は面白かったものです。
そこそこの回数、対戦で遊びましたよ!

それほど長い時間遊んだわけではないのですが、100円で購入できましたし
十分に満足できるゲームでした。
この後、続けてプレイステーションの「ギャロップレーサー2000」についても
100円で購入しています。

ギャロップレーサー2のレビュー

ジョッキーレーシングゲーム、ギャロップレーサーシリーズの
第2弾です。ジョッキー(騎手)となって、馬たちのレースを
勝ち抜いていきます。

初めてのギャロップレーサー
私がギャロップレーサーシリーズを遊んだのはこの「2」が
初めてでした。この頃はまだ競合の「ジーワンジョッキー」も
遊んだことがなかったので、競馬のレースゲームは
これが初めてでした。
結構、逃げるか、追うか考えるのが楽しいです。

馬は一部実名じゃない
競走馬の名前は一部実名じゃありませんでした。
私は競馬ファン!というわけではないので
特に気になりませんでしたが、気になる方は
気になるのかもしれません。

対戦おもしろい!
競馬ゲームのジョッキーのタイプのものは
対戦が面白いですね!
よく弟と対戦していました。
どうしても大逃げにロマンを感じてしまう(笑

しかしながら・・・
私は競馬好きではなく、ただレースゲームとして
遊んでいるようなタイプの人間なので、
競馬の知識はある程度あるのですが、やはり長続き
しませんでした。
競馬が好きな弟は長くはまってましたね。
競馬が好きか否か。その辺でも評価が分かれそうです。

お気に入りの馬
この時代の馬ではバブルガムフェローですかね。
よくゲーム中で使っていました。

100円で購入したのですが、思いのほか楽しめました。
これの直前に購入した競馬ゲーム
「実況G1ステイブル」が個人的にはイマイチだったので、
余計そう思えたのかもしれません。

初代ギャロップレーサーのレビュー

テクモ(現在はコーエーテクモ)から発売されていた人気競馬ゲームの
第1弾です。当時はNo1ジョッキーゲームとまで言われていました。
ここから現在8作目まで発売されるほどの人気作品になりました。

グラフィック・・・
当時、購入していればどう感じたかは分かりませんが、私は
先にプレイステーション2の「ギャロップレーサーインブリード」を
遊んだ状態でコレを購入したので、かなり厳しいものがありました。
やはり、目が肥えて(?)しまうと言うのは恐ろしいことですね。

なぜ購入したのか…
私は初代ギャロップレーサーを購入する前に
2,3,4、7,8を遊んでいました。
なのに何故買ってしまったのか…。。
それは100円売っていたからです(汗
初代はどんな感じかな~とつい買ってしまいました。。

やはり続編を遊んでいると…
他のゲームソフトの時も、同じような事を書いた記憶が
ありますが、やはり続編となるソフトを先に遊んでいると、
どうしても見劣りしてしまいます。
特に7や8を遊んだ後に「1」と言うのはきついものがありました

結構しっかりと…
ただし、ヒットした作品だけあって、結構しっかりと作られている
印象でした。カスタマイズ(服とか)もそこそこあったように
思えます。まぁ、ヒットしたぐらいですから、良いところはありますね。

対戦できない!
私のギャロップレーサーシリーズの楽しみの一つは対戦
なのですが、初代ギャロップレーサーには対戦がありませんでした。。
一人プレイ専用。。
…ザンネンですが、仕方がないですね!

最初は少し視点に違和感がありましたが、遊んでいると慣れてきました。
ただ、後々のシリーズを遊んでいたこともあってやり込む前に
遊ぶのをやめてしまいましたが…
ただ、ギャロップレーサーの基礎はちゃんとこの時点で出来上がっているな、
とは思いました。

ギャロップレーサーインブリードの感想

ギャロップレーサー7とギャロップレーサー8の2作品を
まとめて収録した作品ですね。ただの移植だけではなく、
馬のデータに関してはちゃんと、当時の最新データに更新
されているのも特徴の一つです

2作品あっても…?
正直、購入前は、競馬ゲームが2作品はいっていてもなぁ、
みたいな感じだったのですが、7と8では全くゲームシステムが
違うので、ちゃんと楽しめるようになっています。
だいぶ、雰囲気が違いますからね…

個人的には…
世間的な評価はイマイチみたいですが、個人的には8の方が
好きでした。なんとなく古いギャロップレーサースタイルというか
そんな感じだったので。
7はアニメ調のキャラが出てきますからね…

当時の馬たちで…
ちょうど、ディープインパクトだとかハーツクライだとか
そのあたりの馬が活躍していた時代のゲームだったと思います。
個人的にはハーツクライに乗って、ゲームを進めていました(笑)
なんとなく好きだったので…

個別に買うより…
ギャロップレーサー7とギャロップレーサー8は当然のことながら
単品でも発売されていますが、今から購入するのであれば、
このギャロップレーサーインブリードのほうを購入した方が
圧倒的にお得だと思います

実際の競馬はやらないのですが、ゲームはプレイしました。
競馬の有名馬は知っていますし、レースも見たことはあるので、
実際に見たことのある馬がゲーム内で登場すると
「あっ!」みたいな感じにはなりますね。