無双スターズは何故失敗したのか?レビューとオプーナの扱いについて!

アクション

無双スターズは、2017年3月に発売された作品です。
プレイステーション4とプレイステーションVitaでの
発売でしたね。

無双シリーズの一つで、コーエーテクモゲームスの
キャラが、多数出演するお祭りゲー的な作品になっています。
無双OROCHIと比べると大分軽い雰囲気…。

あまり市場では目立つことなく消滅していきました。

売上、失敗した理由、オプーナなどについて語ります

スポンサーリンク

個人的な感想

ゲーム自体はちゃんと「無双」です。
無双シリーズが好きなのであれば問題なく楽しめるレベルだと思います。
ただ、全体的に少し安っぽい印象を個人的には感じてしまいました(汗
どうしてでしょう…?
ちなみにグラフィックはそこそこです。
特に綺麗~という感じではありません。

登場キャラクター
個人的には微妙ですね…
アトリエとか、その辺のゲームにはあまり興味がないので…(汗
まぁ、この辺は人それぞれだと思いますが、
ちょっと女性陣が多すぎな印象ですね…
オプーナは笑いました(Wiiでやったことあるのでw)
あと、最近仁王もやっているのでウィリアムさんはタイムリーでした

拠点
拠点…アーケードゲームの筐体なども置いてあって
凄く楽しそうな雰囲気なのですが、
ザンネンながらそれらで遊ぶことができません(笑)
できれば遊びたかったところです!

BGM
歴代シリーズの音楽などのアレンジが入っていて良い感じです。
初期の三國無双の五丈原の戦い(蜀)のアレンジは良かったです!
あの曲好きなので…

でもやっぱり…
あくまで個人的にはですが、やっぱり「無双OROCHI」シリーズの
方が好きでしたね…。
これも悪くはないのですが、ボリュームなどはOROCHIの方が
圧倒的だったような気がします。

ゲームとしては悪くはないと思います。
ただ、特に特別褒める部分もない、そんな感じの無双でした。
悪く言えば無難で目立たない感じ(汗

通常版とトレジャーBOXの違い

結構ゲーム屋で働いていることに聞かれたので書いておきますが
「通常版」と「トレジャーBOX」のゲーム内容は同じです。
あくまでもゲーム以外のグッズがついている、というだけです。
知ってる方は「当たり前だろ!」と思うとは思うのですが、
知らない方もいるので念のため…

通常版とトレジャーBOXでは当然のことながら、値段に差があります。

プレイステーション4版の場合は、
通常版が7800円+税、トレジャーBOXが12800円+税、

プレイステーションVita版の場合は、
通常版が6800円+税、トレジャーBOXが11800円+税。

つまり5000円の差があるわけですね。
結構な金額の違いです。。

では、トレジャーBOXの中身を見ていきましょう。

①ビジュアルブック
設定画集ってヤツですね。無双シリーズのトレジャーBOXには
よくついているヤツなので、買ったことがある人はご存じかと
思います。
キャラクターのイラストやCGモデルが掲載されている本ですね。

②オリジナルサンドトラック
ゲーム内のBGMが収録されたサントラ。ディスク3枚組とのことなので、
恐らくゲーム内の楽曲が全て収録されているものと思われます。
これが一番のメインでしょうか?

③湯けむり 布ポスター
リバーシブル仕様になっており、男性キャラクターと女性キャラクターで
分かれているようです。布のポスターです。。

④ポストカードスクールカレンダー
卓上にちょうど良いサイズのカレンダーですね。
ポストカードタイプになっていて、キャラクターたちの
様々なイラストを楽しめる…ってヤツです。

トレジャーBOXについているモノは以上です。
ただ、5000円プラスとなると、個人的には
「う~~ん」ってところでしょうか?

スポンサーリンク

PS4版とVita版の違いを解説!

ゲームの内容は同じです。この無双スターズのように、
複数機種で同時発売されるタイトル(マルチタイトル)の場合は
基本的にはどの機種版を買っても同じ内容であることがほとんどです。
この無双スターズも例外なく、どちらの機種のを購入しても
同じ内容を楽しむことができます。

定価が違う…
無双スターズの定価は機種によって違うので気を付けましょう!
通常版の場合、
プレイステーション4版が7800円+税、
プレイステーションVita版が6800円+税となっており、

限定版の方も
プレイステーション4版が12800円+税、
プレイステーションVita版は11800円+税
、と
どちらを購入した場合でも1000円ほどの差があるわけです。

画面の見え方・操作感覚の違い
プレイステーション4とプレイステーションVitaでは
当然、画質のレベルに差があるので、
プレイステーション4版の方が若干綺麗に見えます。

そして操作方法も機種によって違うので、
PS4に慣れている人はPS4版を、Vita版に慣れている人や
外で遊びたい人はVita版を購入すると良いですね。。

その他の部分にも違いナシ!
限定版の中身だとか、ダウンロードコンテンツの内容だとか、
そう言った部分にも違いはないようです。

無双スターズのプレイステーション4版とVita版の違いは、

・定価
・画質および操作体系 

だけですね。

なので、特に気にすることなく、購入予定の方は
自分の好きなバージョンを購入されると良いかと思います!

ちなみに公式サイトの画像は
プレイステーション4版のものだそうなので、参考までに。。

無双スターズの売上は?

さて、無双スターズの初週売上を見てみましょう。
プレイステーション4版が4万2559本、
プレイステーションVita版が1万5796本。

累計で、5万本ちょっとってところですね。
まぁ、結構独特な雰囲気のゲームでしたし、こんなところでしょう。

在庫…
ファミ通の売上指数、お店の在庫数などから判断すると、
コーエーテクモにとっても、このぐらいの売上であるということは、
ある程度予測がついていたみたいですね。
在庫はそれほど多く余っている!という状態ではないみたいです。

無双の新作にしては…
しかしながら、無双の新作としては売上が低く、
失敗の部類に入るのではないでしょうか?
三國、戦国、OROCHI、ガンダム、ワンピースなどの
売れ筋の無双とは異なり、大分数字は微妙な印象です。

ターゲット層をしぼりすぎ?
無双スターズ、登場キャラクターを見ていると、
ターゲット層を絞りすぎな感じがしますね…
狙ったような女性キャラクターが少し多すぎる印象。
購買層も大分これで絞られてしまったのではないでしょうか?
まぁ、元々コーエーテクモがその範囲を狙って
開発したのかもしれませんが…

まぁ、このレベルの売上だと無双スターズ2が出ることは
無いでしょうね…
やはり夢の競演系統の無双は、
無双OROCHIが一番ではないでしょうか。

オプーナの扱い!

オプーナとは、2007年に発売されたWiiソフトです。
RPGゲームで、その奇抜すぎるデザインや
50万本売りたい、みたいな発言をしたことで悪い意味でも
話題になったRPGゲームです。

昔、480円で売ってたので購入しましたが、
ゲームとしては悪くないですね。
そこそこ遊べます^^

無双スターズにオプーナが…
まぁ…売上の話をしてしまうと、お世辞にも対して
売れていないオプーナさんが、無双スターズに登場したのには
驚きました(笑)
聞くところによれば最初はマスコット的な登場予定
だったとのことですが、反響があったため
急遽プレイヤーキャラクターにしたのだとか(笑)

ストーリーに絡まない
上記のような理由からか、オプーナは一切ストーリーに
絡みません(笑)
ひたすら無言。背景と化しています。
一応、キャラクターセレクトで選んだとき、声はしてますけど…
(オプーナさん、待望のフルボイス化??)

イベントも無い…
イベントも一切ありません。
他のキャラクターとの友好イベントも存在しませんし、
会話もありません。
他のキャラクターから見たら「なんやコイツ」みたいな
扱いです(笑)
空気と化したオプーナさん。

特典に…
購入特典に「オプーナを最初から使える権利」がついてました。
これは当時ネットで話題になったという
「オプーナを買う権利」というものをもじったものらしいです
(知りませんでした笑)
中古で無双スターズを買ったのですが
最初から使える権利は未使用の状態でした(笑)

温泉にも…
ゲーム内で温泉があるのですがオプーナが入ろうとすると
いつも清掃中(実際には他の何人かもそうなりますが)
温泉にすら門前払いにされるオプーナさんw

イベントはありませんが、何か妙に存在感のあるオプーナさん。
なかなか笑わせてくれました。
こういう味のある要素は良いと思います^^
ただ…一般の方からすると、「誰だコイツ?」ですよね笑

タイトルとURLをコピーしました