龍が如くシリーズストーリーネタバレ!作中での犠牲者まとめ!

アクション

龍が如くシリーズはセガから展開されている
アクションアドベンチャーゲームで、
毎回、重厚なストーリーが展開されています。

どの作品でも、必ず作中で
犠牲になってしまうキャラクターがいるのも特徴ですね。

こちらでは、龍が如くシリーズ
それぞれの作品の犠牲者をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

物語中の犠牲者まとめ

作品ごとに、物語中で、
命を落とした犠牲者をまとめていきます。

それぞれのキャラクターの結末を
知りたい方はご覧ください!

ただし、それぞれの作品のネタバレを含んでいるので
その点に関しては注意して下さい。

なお、
作品内での犠牲になる順番に
羅列しています。

龍が如く7の犠牲者一覧

犠牲者1…荒川斗司雄(回想)
作中開始時点では既に故人。

犠牲者2…野々宮
店内で首つり状態で発見される
真相は、馬淵らによるもの。

犠牲者3…小笠原 肇
近江連合によって救出後、青木の指示で始末され
表向きはコミジュル構成員の仕業とされてしまう。

犠牲者4…荒川真澄
春日に真実を打ち明けたのち、
天童の裏切りによって命を落とす。

犠牲者5…星野龍平
沢城に撃たれて犠牲に。

犠牲者6…石尾田礼二
一番との対決後に、事務所ごと爆破される

犠牲者7…荒川真斗(青木)
最終決戦ののち、突如現れた久米に刺されて犠牲に。

スポンサーリンク

龍が如く6の犠牲者一覧

犠牲者1 ジミー・ロウ
ビッグ・ロウの息子。巌見恒雄に利用される形で
神室町の火災に手を貸してしまう。
その後、巌見から用済みと判断されてしまい始末され、
遺体となって発見される。

犠牲者2 達川
祭汪会の一員。自身のミスの発覚を恐れ祭汪会を裏切ったために
後にエドの手によって恋人の命を強要され、
直後に自身も残忍な手口によって始末されてしまい、
遺体となって発見される。

犠牲者3 ハン・ジュンギ
ジングォン派の当代。桐生との戦いに敗北後、
桐生の力を認め、尾道の秘密について話そうとした直後、
広瀬によって頭を撃ち抜かれて犠牲に。

犠牲者4 舛添耕治
達川の詳細を知り、自身も恐怖を感じ、広瀬に情報提供と引き換えに
匿って欲しいと申し出たものの、全ての情報を話したことで
広瀬らにとって用済みとなり、広瀬に頭を撃ちぬかれて始末されてしまう。

犠牲者5 広瀬徹
桐生との戦いに敗北後、来栖から秘密を知ったものを始末するよう
命じられるも、南雲らを見逃して欲しいと来栖に嘆願したため、
来栖に銃で撃たれて犠牲に。

犠牲者6 来栖猛
尾道の秘密を守れなかったことで大道寺に見切られ、
最後は息子の恒雄にも裏切られ、恒雄と通じていた
小清水によって始末される

犠牲者7 染谷巧
桐生が3秒以内に染谷の命を奪わなければ人質の清美を消す、と
恒雄らに脅されたため、躊躇する桐生に代わり、自ら
短刀を突き刺し最後を遂げる

犠牲者8 菅井克己
恒雄の敗北後、遥らに向けて発砲するも失敗。
最後は南雲らに包囲され、短けぇ夢だったか…と
呟き持っていた拳銃で自害する

犠牲者9 大道寺稔
作中に初登場した時点で危篤状態。
恒雄の敗北とほぼ同時期にそのまま息を引き取る。

犠牲者? 本庄次郎
巌見の偽情報に踊らされ、伊達の逮捕に向かうも、
巌見と繋がった警官に撃たれてしまう。
その後出番が無いため・・・どうなったのか不明

龍が如く5の犠牲者一覧

犠牲者1・青山稔
桐生を散々挑発した青山は埠頭で桐生にボコボコにされ、
観念。黒幕から依頼されただけだと、桐生に言い放ち、
その直後、自分に依頼してきたのは~~と
言いかけたところで森永に頭を撃ち抜かれてしまう

犠牲者2・釘原広志
刑務所内でしつこく冴島を襲撃。
最後の脱獄時にも冴島と対決するものの敗れ去り、
悪あがきで背後から冴島を撃とうとするも、
その背後から日村に銃撃され倒れる。

犠牲者3・安住
OF THE ENDで登場していた安住さん。
黒澤の口から
「名古屋で安住も犠牲になった」という衝撃の事実が。
黒澤一派の陰謀により起きた事故で犠牲になったようです。

犠牲者4・高知比呂志
安住共々、名古屋の事故で犠牲に。

犠牲者5・朴美麗
荻田らによって襲撃され、”手紙”を奪おうとした荻田の
手にって消される。

犠牲者6・荻田冠
金井の指示で秋山と対決するも敗北。
その後、秋山に助けを求めるも拒否され、
最期は金井の部下によって始末される

犠牲者7・酒井篤志
名古屋組の一員として品田と対決するも敗北。
最期は他の名古屋組組員の襲撃から品田をかばい
犠牲に。

犠牲者8・冨士田
名古屋組の事件終結後、黒澤に計画の中止を求めるも、
その言葉を聞いた黒澤に頭を撃たれて犠牲に。

犠牲者9・森永悠
桐生と別れたあと、相沢に計画から降りるよう勧めたため、
相沢によって始末され、遺体となって発見される

犠牲者?・黒澤翼
作中では描写されていませんが、
末期癌とのことだったので、5終了後には…

龍が如く4の犠牲者一覧

犠牲者1 伊原勝
上野誠和会若頭補佐。秋山との戦いに敗れて逃走後、
後を追ってきた新井に頭を撃ちぬかれてしまう。

犠牲者2 金村大
柴田組傘下の金村興業組長。
事なかれ主義者。 葛城の指示を受けた冴島靖子に始末され、
遺体となって発見される。

犠牲者3 柴田和夫
東城会直系柴田組の組長。葛城と結託して陰謀を巡らせていたものの、
見返りを求めすぎたがゆえに邪魔者になってしまい、
新井によって始末された

犠牲者4 三島豊
上野誠和会構成員。伊原の亡き後、身の危険を感じ、
谷村に保護を要請するも、 杉内によって撃たれてしまい犠牲に。

犠牲者5 杉内順次
捜査一課の刑事。その正体は上野誠和会からのスパイ。
谷村に敗北後、事件の全容を語るも久井によって狙撃され、犠牲に。

犠牲者6 久井聡
警察の課長で谷村の上司。
裏で宗像と繋がっていたが 良心の呵責から、
宗像にウソの報告をしたのち、自害する

犠牲者7 葛城勲
上野誠和会若頭。陰謀を企てた主犯格。宗像とも影で争う姿勢を見せていた。
最後は重症の冴島靖子に驚いているところ、靖子に頭を撃たれて犠牲に。

犠牲者8 冴島靖子
冴島大河の義理の妹。秋山と接触するなど、物語のキーマンとして登場。
最後は葛城の放った銃弾から兄を庇い、息絶える。

犠牲者9 浜崎豪
元東城会の直系団体、浜崎組の組長。今回は東城会を守って欲しいと
桐生に嘆願し、その後は桐生と行動を共にするも、
沖縄の刑務官たちから逃げる際に負傷。
桐生たちが去ったあとに倒れ、その後病院で息を引き取った。

犠牲者10 宗像征四郎
事件の黒幕で警視副総監。最終決戦の場に姿を現すも
谷村に敗北。最後は汚職をばらまかれて絶望。自ら命を絶った。

龍が如く3の犠牲者一覧

犠牲者1 陳<
中華料理店 白蛇の店主。浜崎への支払いを拒んでしまったがゆえに、
浜崎の手により店ごと爆破されてしまう。

犠牲者2 柏木修
風間組の2代目組長。跡目争いをなんとか食い止めようと奔走。
桐生と再会し、情報交換を行うも、直後、CIAのヘリコプターの
襲撃を受け犠牲に。

犠牲者3 劉家龍
中華マフィアの日本支部首領。浜崎と結託し、神室町を襲撃するも
桐生に敗北、駆け付けた風間譲二に頭を撃ち抜かれた。

犠牲者4 神田強
直系錦山組組長。跡目争いに名乗りを上げ、神室町で桐生と
対決するも敗北する。
その後、峯に兵隊と金を求めに行くも、峯にとっても用済み扱いと
されてしまい、白峯会によって始末された。

犠牲者5 玉城鉄夫
5次団体玉城組の組長。琉道一家と争いを続けている。
後に峯と手を組み、桐生らに戦いを挑んだが敗北し、
最後は風間譲二に頭を撃ち抜かれた

犠牲者6 島袋力也
琉道一家若頭。当初は桐生と敵対するも、その後は慕い、
兄貴と呼ぶようになる。玉城との最終決戦の際に、
背後から狙われた桐生をかばい、玉城の銃弾を受けて犠牲になってしまう。

犠牲者7 アンドレ・リチャードソン
武器組織ブラックマンデーの首領。CIAにスパイとして潜り込んでいた。
病院で桐生の前に立ちはだかるも敗北、最後は改心した峯によって
病院屋上から転落、最後を遂げる。

犠牲者8 峯義孝
直系白峯会の会長。大吾とは杯を交わした間柄。
しかしながら大吾が倒れたことや桐生への嫉妬心から暴走。
ブラックマンデーと結託し、東城会を手に入れようとした。
桐生との対決後に改心、ケジメとしてリチャードソンを
道連れに病院の屋上から転落して命を落とす。

スポンサーリンク

龍が如く2の犠牲者一覧

犠牲者・康珍羽
偽物の一輝。正体を突き止められた後に、薫に撃たれて命を落とす。

犠牲者・新藤浩二
東城会を裏切り騒動を起こすも、桐生によって倒され、
最後は大吾に撃たれて命を落とした。

犠牲者・千石虎之介
桐生を始末しようとするも失敗。最後は卑劣な手を好まない
郷田によって斬り捨てられる。

犠牲者・倉橋渉
その正体を明かした上で桐生と対決するも敗北。
最後は薫に撃たれて命を落とす。

犠牲者・瓦次郎
倉橋の銃撃から薫をかばって負傷。
薫に看取られながら息を引き取る。

犠牲者・郷田仁
物語終盤で事件の黒幕である高島によって撃たれてしまい、命を落とす。

犠牲者・寺田行雄
物語終盤で桐生との戦いに敗北後、手を組んでいた高島に用済みと
されてしまい撃たれて、その場で息を引き取る。

犠牲者・高島遼
事件の黒幕。終盤で本性を現すも、郷田と撃ち合いになり、
多数の銃弾を浴びたことで命を落とす。

極2の追加シナリオ犠牲者一覧

犠牲者1・植松彰信
東城会直系植松組の組長。今回が初登場です。
緊急幹部会に出席し、威勢の良い態度を見せていたものの、
後に頭を撃ちぬかれて、変わり果てた姿となって、真島に発見される。
後に、飯淵の指示を受けた川村の手により葬られたことが
判明している。

犠牲者2・川村涼太
東城会直系真島組の若衆。真島のことを尊敬していた。
かって飯淵に借金を肩代わりをしてもらっており、そのことと
引き換えに、飯淵に協力させられていた。
真島との戦いに敗北後、真実を語るも、現れた飯淵によって
頭を撃ちぬかれて犠牲となる。

犠牲者3・飯渕圭
東城会直系飯淵組の組長。事件の黒幕的存在で、
東城会を掌握しようと目論んでいた。
川村を利用して植松を葬ったあとに、真島も葬らせようとするも
失敗し、最後は自らが真島と対決するも、敗北。
最後はもう遅い、という捨て台詞を残した後に、
自ら命を絶つ。

初代龍が如くの犠牲者一覧

犠牲者 堂島宗兵
回想シーンのみ登場。錦山によって命を奪われて遺体となって発見される。

犠牲者 麗奈
錦山組に追われるかたちとなり、荒瀬に撃たれて犠牲に。

犠牲者 田中シンジ
組を裏切る行動を取ったことで組から追われてしまい、荒瀬の攻撃を受けて
負傷。駆けつけた桐生の前で息を引き取る。

犠牲者 嶋野太
桐生に敗北後、風間たちに手榴弾を投げつけるも、
その直後に寺田によって撃たれて命を落とす。

犠牲者 風間新太郎
嶋野の放った手榴弾から遥をかばうカタチで負傷。そのまま息を引き取ってしまう。

犠牲者 澤村由美
神宮の銃弾から桐生をかばおうとした遥をかばい、命を落とす。

犠牲者 神宮京平
事件の黒幕。改心した錦山に道連れにされるカタチで命を落とす。

犠牲者 錦山彰
桐生との戦いののちに改心、けじめとして黒幕である神宮と共に
爆弾の爆発に巻き込まれて命を落とす。

OF THE ENDの犠牲者一覧

犠牲者1 北島組組長
東城会系北島組の組長。郷田からゾンビ騒動について警告されるも、
直後、乗り込んできた林弘によって攻撃され、
自身もゾンビとなってしまう。

犠牲者2 おやっさん
たこ焼き職人で郷田の師匠。しかしながら二階堂に捕らえられ
タナトスを注入されたことで怪物、実験体ヤツカハギとなってしまい、
最後は郷田との戦いに敗れて最後を遂げた

犠牲者3 長濱友昭
真島組の構成員。一般人を逃がすためおとりになった際にゾンビに
噛まれてしまい負傷。桐生の目の前でゾンビ化してしまい、
最後は桐生によって始末された。

犠牲者4 林 弘
近江連合構成員。DDらによってタナトスを投与されたことにより
怪物、実験体イツキとなってしまう。
ミレニアムタワーで桐生と郷田の2人との戦いに敗れる。

犠牲者5 二階堂哲雄
郷龍会の現在の会長。DDと結託しゾンビ騒動を引き起こす。
ミレニアムタワーで桐生らに追い詰められた際にDDに頭を撃たれたあげく
タナトスを投与され、怪物化してしまう。
完全体オオイカヅチとして桐生に挑むも敗北し、最後を遂げた。

犠牲者6 DD
武器商人でタナトスの開発者。
二階堂の敗北後、ヘリで逃走を図るも、秋山によってヘリが
乗っ取られており、ヘリごと墜落、最後を遂げる

龍が如く維新の犠牲者一覧

犠牲者1 吉田東洋
土佐の参政。龍馬にとっては父親とも呼べる人物。
土佐でクーデターを起こそうとしていたが、直前に覆面の男によって
襲撃され斬られてしまう。

犠牲者2 山南敬助
新撰組の元三番隊隊長。脱走しようとしたところ土方に捕えられ、
最後のチャンスとした龍馬と戦うも、敗れたため始末された。

犠牲者3 谷三十郎
新撰組七番隊の隊長。隊長の立場を利用して利権を得ている人物。
岡田の居場所を突き止め、真っ先に切りかかるも、
あっけなく返り討ちに遭う。

犠牲者4 鈴木三樹三郎
新撰組九番隊の隊長。谷に続き、岡田に挑むも、銃を全て
外した挙句、切りかかった際にもかわされ、斬られてしまう。

犠牲者5 鴉
京の情報屋。口封じのために松原によって始末される

犠牲者6 松原忠司
新撰組四番隊の隊長。裏で長州藩と通じていることが発覚、
その際に龍馬の正体をばらそうとするも、
背後から井上によって斬られてしまう。

犠牲者7 千石虎之丞
呉服屋の主人。沖田と組んで龍馬をおびき寄せたが、
最後は用済みになり沖田に始末される。

犠牲者8 井上源三郎
新撰組六番隊隊長で覆面の男の正体。
最後は口封じのため、武市に襲撃され、遺体となって発見される

犠牲者9 沖田総司(本物)+他2名
本物の沖田たち。回想シーンで登場。
芹澤一派始末をもくろむも、3人とも返り討ちに遭う。

犠牲者10 山崎烝
新撰組監察。裏で武市と内通していたが、そのことを龍馬に知られ
口封じのため始末され、遺体となって発見される

犠牲者11 原田左之助
新撰組十番隊隊長。京都大火の際に金品の強奪などを行っており、
その際に龍馬と対峙。敗北後、倒れてきた火櫓の下敷きになり最期を遂げる。

犠牲者12 近藤勇
新撰組の局長。京都大火の混乱の際に以蔵に襲われてしまい負傷。
駆け付けた龍馬に感謝の言葉を述べ息絶える。

犠牲者13 岡田以蔵
土佐勤王党の実力者。作中でも龍馬とたびたび対決する。
京都大火の際に龍馬と決戦を行うも敗北、息を引き取った。

犠牲者14 藤堂平助
新撰組八番隊隊長。土方の指示で伊東らが裏切った後、伊東らと
行動し、内情を探っていたが、武田にばれてしまい銃撃され
負傷。龍馬らにそのことを伝えるも、後に
息絶えてしまう。

犠牲者15 武田観柳斎
新撰組の五番隊隊長。後に新撰組を裏切り伊東側につくも、
伊東にも見切りをつけ、龍馬と接触。
最後は龍馬との戦いに敗れた。

犠牲者16 山内容堂
土佐藩藩主で事件の黒幕。武市の敗北後、龍馬らの前に姿を現すも、
龍馬の手によって斬り捨てられた。

タイトルとURLをコピーしました