星のカービィ ディスカバリー 絶島の夢をうちくだけ!編のレビュー

ゲーム以外

「星のカービィ ディスカバリー 絶島の夢をうちくだけ!編」は、
2022年3月に発売されたニンテンドースイッチソフト
「星のカービィディスカバリー」のノベライズバージョンの
第2弾となる作品です。

2022年9月に発売された小説ですね。

前編にあたる
「星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走り出せ!編」は、
2022年8月に発売されているので、
それからおよそ1ヵ月での続きの発売となりました。
新世界へ走り出せ!編のレビューも参考にどうぞ!

今回はこの「絶島の夢をうちくだけ」編を実際に
読み終えた感想をお話ししていきます。

スポンサーリンク

ディスカバリーの”クリア後”の部分のノベライズ

「新世界へ走り出せ」編では、ゲーム本編で言う
”最初のエンディング”を迎える部分までが描かれていましたが、
今回の「絶島の夢をうちくだけ」編では
ゲーム本編をクリア後に挑戦できるエリアの部分が
ノベライズ化されています。
(レオンのソウルを集めるところですね)

そのため、前の巻に比べると展開をゆっくり丁寧に
描いている印象です。
(前の巻は本編クリアまでを描いていたので
 分量としては前の巻の方が圧倒的に多いですからね)

オリジナルの展開などもあり、興味深い作品でした。

基本的な部分は前の巻と同じ作風

「新世界を走り出せ」編と同じ作者の方の作品なので、
当然作風としては同じです。

読みやすい雰囲気もそのままですし、
綺麗なイラストが挿入されているのも同じですし、
カービィたちが喋るのでゲーム版しか遊んだことのない人には
違和感があるかも?という点も同じです。

ただ、前の巻と同じくクオリティは高いと思うので、
前の巻が楽しめた人であれば引き続き楽しめると思います。

私は十分に楽しめました。

スポンサーリンク

オリジナルの展開も登場

「新世界を走り出せ」編では基本的にほとんど
原作の流れに沿っていましたが、
こちらの「絶島の夢をうちくだけ」編では、
原作の「クリア後のエリアの部分」だけのノベライズなので
時間的にも余裕があったのか、
オリジナルの描写も追加されています。

カービィがドリーミーフォルガを調査中に
独自に作中の世界のことを調べる
メタナイトとデデデ大王の描写や、
ビースト軍団たちのボスたちの活躍など、
原作にはなかったシーンも追加されています。

一つ一つのエリアの描写なども、
最初の巻より時間的に余裕があったからか、
より丁寧になっていて、
原作ゲームとも違う感覚で楽しめました。

終盤に何が起こっているのか分かりやすい

ゲーム版では、ゲームを最低限クリアしていくだけでは
”終盤に何が起こっているのか”ハッキリとは
分からないような部分もありましたし、
ゲーム内の収集要素や、キャラクターの会話などを
聞かないと「よく分からないような描写」もありました。

が、小説版では
レオンガルフが最初に敵対した理由や、
レオンのソウルについての詳細、
バルフレイナイトが出現した理由や目的、
不可解な技の仕組みなど、
色々なことが丁寧に説明されており、
ゲーム版で、人によっては分かりにくかった部分が
明確に明らかにされているのは良いことですね。

このあたりはゲーム版を
最後まで制覇した私でも楽しめましたし、
ディスカバリー本編をプレイしたことのある人にこそ、
響く部分であると思います。

今回でディスカバリーの物語は完結

物語の展開としては、
「新世界へ走り出せ」編の続きで
上でも書いた通り原作ゲームにおける
クリア後のエリア”ドリーミーフォルガ”の部分と、
あとは闘技場の隠しボス(小説では本編に一緒に組み込まれています)の部分が
一緒に描かれていて、
星のカービィディスカバリーの物語は完全に完結する形になっています。

同じ作者の方のカービィの小説は他にも
ノベライズ・オリジナル展開含めて
色々と展開されているので、
ディスカバリー以外のものも興味があれば読んでみても良いと思います。

(私も、Wiiのノベライズの作品で初めて読んで、
今回のディスカバリーで2作~3作目だったので、また他にも
読んでみたいと思います)

原作をプレイしていた方がいいの?

原作の「星のカービィディスカバリー」を
プレイしておいた方が良いのかどうか。

これは…”ディスカバリーは未プレイでも大丈夫”だとは
思いますがカービィシリーズを全く知らないと
流石に楽しめないと思いますので
カービィシリーズは1作品以上は遊んでいて(本編)、
ある程度知識がある人であることが望ましいと思います。

ディスカバリーについては
プレイしていなくてもカービィシリーズが好きであれば
楽しめると思います。

逆に私のようにディスカバリープレイ済みであっても
カービィシリーズが好きで、小説が苦手でなければ
十分楽しめると思いますので、
(特にオリジナル展開や補足的な部分は個人的に良かったです)
プレイ済みの人でも手にとって見て良いと思います!

スポンサーリンク

相変わらずカットされたエバーブルグ海岸

「新世界へ走り出せ」編では
ゲーム中のエリア2である「エバーブルグ海岸」だけ
何故かカットされていましたが
今回の「絶島の夢をうちくだけ」編でも
何故か「エバーブルグ海岸」に相当する
ステージだけ一切描写されませんでした(笑)

徹底的に無視され続けるエバーブルグ海岸…。

まぁ、このエリアだけビースト軍団も出てきませんし、
あまり物語上でも重要な描写はないので
小説の展開としては
ここをスキップするのは全然ありだと思いますし、
個人的には悪い判断ではないと思います。

…が、トロピカルウッズ(このエリアのボス)は
出番もなくて災難ですね(笑)

タイトルとURLをコピーしました