ゼノブレイド2 各話ごとの感想をお話します!第1話から最終話まで!

RPG

ゼノブレイド2は
ニンテンドースイッチで発売されたRPGゲームです。

こちらでは、その本編を
プレイしている当時に書いたそれぞれの話ごとの感想を
ご紹介していきます。

第1話から最終話まで、
それぞれプレイし終えた時点に書いた感想です!

ゼノブレイド2全体の感想や考察は別記事にまとめてありますので
良ければご覧ください!

スポンサーリンク

各話の感想!

下記は、実際にゼノブレイド2をプレイしている当時
各話が終了した時点で書いた感想です。

先の予想などもしつつ書いた感想になりますね(笑)

例えば、第2話の感想は、第2話終了時点に
書いたもので、まだ第3話の展開は知らない段階に
書いたものになります。
今、見返してみると、的外れな予想もあって(汗)状態です!

以前、別で公開していたものを
せっかくなので一つにまとめてみました!

第1話感想!物語のスタート

ゼノブレイド2のはじまりとなる第1話。
初代ゼノブレイドやゼノブレイドクロスの楽しみを
思い出しながらのプレイに。
なんとなくこのシステムが懐かしい、とさえ思えました^^

主人公
今回の主人公はレックスという少年。
かなり幼く見えますが、設定上仕事をしているからか、
考えは意外としっかりとしています(笑)
嫌な感じの主人公ではなく、ちゃんとRPGの主人公として
良い人物だと思います。

イーラの出現
イーラという謎の組織のシン、メツ、ニアが登場。
3人と共に船の探索にあたることになります。
このとき、シンとメツも使えましたが、最初で最後になるのでしょうか?

ホムラとの出会い
ヒロインであるホムラとの出会いも第1話でした。
突然、シンに刺されたレックスは絶命。
夢の中の世界でホムラと出会い、天の聖杯のドライバーとして覚醒することに。
第1話の最後のクライマックスのムービーは
序盤から盛り上げてくれます。
今後に期待できる良いムービーでした!
メツはなかなか強敵ですね^^

商会の会長
商会の会長、バーン。ノポン族とはいえ、彼も怪しい感じですね。
ラスボスになることは絶対にないと思いますが、
不気味な感じが漂っています(笑)

船から脱出して…
最終的に、じっちゃんの助けもあり、船から脱出。
第1話は終了になります。
「500年前」「その姿はどういうことだ」「目の色」
「ニアの立ち位置」などなど、伏線もたくさん
貼られていましたね。
今後が楽しみです。

まとめ
第1話からのいきなりの盛り上げは見事の一言でした。
なかなか良い作品です!
クライマックスのムービーのBGMは公式サイトでも流れていましたが
良い曲ですね^^

スポンサーリンク

第2話感想!探索本番

第2話はグーラでの戦いですね。
第1話の最後で逃亡したあとからスタートです。
最初は探索メイン。
第1話ではなかったような壮大な草原を探索できるので、
なかなか探索のしがいもあります。

街にも到着!
ゲーム中の2個目の街、トリゴの街に到着するのですが、
ここもなかなか良い感じです。サブクエストも結構な量
あるみたいですね。
全部探索しきれないぐらいのレベルです^^

トラが仲間に!
ノポンの少年、トラが仲間になります。
1のリキ、クロスのタツに続いてのノポン。
今回もなんとなく面白いキャラクターです。
2ではちゃんとパーティに加わるみたいですね^^

じっちゃん縮小
第1話でイーラの攻撃を受けたじっちゃんは縮小。
ヘルメットの中に住み込むように(笑)
もう戦いは出来なさそうですが、今後活躍することは
あるのでしょうか?

バルバロッサに…
グーラ領の探索中に、縄張りバルバロッサに捕まって
ボコされました(笑)おそらく、多くの人が最初、縄張りバルバロッサ
に捕まるのではないでしょうか?

色々な登場人物!
第2話では、スペルビア帝国のメレフやグーラ領のモーフなどが
登場しましたね。モーフはもう終わりっぽいですが、
メレフは今後も戦うことになりそうなので、
これからの展開が楽しみです。

第2話からがゲーム的には本番!ということですね!
最後のムービーでは、またカウンターアクション、というBGMが
使われていたので、盛り上げられました^^
あの曲は良い曲ですね。

第3話感想!大きく物語が動く!

第3話は非常に重要な話ですね。
傭兵団やヨシツネが登場したり、ヒカリが登場したりと
物語が進みます。
その分、見ごたえもある話でした。

新しい場所へ…
トラの知り合いであるウモンの力を借りて、楽園へ向かいますが
失敗して新しい場所へ。
初代ゼノブレイドのザトールを感じさせる風景の場所です。
かなり広いので、探索にも時間がかかります。

ヨシツネ登場
第1話の最後に名前だけ出ていたヨシツネが登場します。
第3話のうちに2回戦う感じですね。
なかなか味のある感じでおもしろいキャラクターです。
ヒカリ覚醒後の彼が、笑えますw

ヴァンダム登場
傭兵団のヴァンダムも登場。レックスに色々と教えていて
「やられそうだな」と思っていたら、本当にやられてしまいました。
第3話だけの登場なのだと思いますが、存在感はありましたね^^
一時的に仲間としても加入します。

ヒカリ登場
ホムラのもう一つ…というより本来の姿、ヒカリが登場します。
登場の際のシーンは、BGMも演出も良い感じで、
盛り上げてくれます。
カムイと名前すら分からないメツのブレイドはあれで終わりでしょうかw

メツの正体は…?
メツもなかなか怪しい人物ですね。
圧倒的力を感じます。とりあえずは撤退していきましたが、
果たして今後はどうなるのでしょうか。
ヨシツネも一応撤退していきましたが…笑

アルティメット…
途中でジーク・B・アルティメット・玄武も登場しましたね。
遊戯王の海馬と同じ声優さん(笑)
カメキチとは・・・w
PVを見る限り、仲間になりそうな雰囲気ですが果たして?

話が大きく動いた第3話でした。
ゲーム自体も、第2話よりも長くなっており、
なかなか遊び応えがあります。

第4話感想!トラが主役?

スペルビア帝国に到着する第4話。
到着までは日常回のような感じですね^^
こういうほのぼのとした展開も悪くはないです。

で、スペルビアに到着。工業地帯っぽい感じですね。

トラの家族
トラの家族にまつわるエピソード。
トラの父親はいつか出てくると思いましたが出てきましたね。
…ところで登場したノポンの一人、ムイムイの声が
強烈で忘れられません(笑)
作中では「カゲうすい」などと言われてましたが…w
バーン会長も再登場しましたね。
彼はサボテンに見えてしまう…

メレフ再登場
スペルビア帝国のメレフも再登場。
一時的に共闘することに。とりあえず敵サイドでは無さそうですが
何かありそうな気もするので、恐ろしいところです。

サタヒコ&ベンケイ
イーラの新しいドライバー達が登場しました。
2人とも、話題にだけは上がっていましたね^^
早速ブレイドを消されてしまいましたが、今後はどうするのでしょうか?
新しいブレイドと同調?

ジーク…
唐突に砂漠でジークが登場。
今のところ何が目的なのだかはサッパリですが、きっと今後
何か深く関わってくるのでしょうね…。
ところで、カメ吉はどこに行ってしまったのでしょうか(笑)

メツはブレイド
第4話冒頭でメツはブレイドであることが判明しています。
また、温泉のシーンでのやり取りからニアもそうなのかもしれませんね。
前の話で登場したヒカリとは、レックスと案外打ち解けていたようなので、
このあたりは問題なさそうですね!

第4話も内容たっぷりでした^^
現在第5話をプレイ中なので、第5話の感想は少し先に
なりそうですが、毎日が楽しみです^^

第5話感想!アーケディア!

イーラの首魁、シンの正体が判明します。
まだ謎は多いですが、これまでほとんど情報がなかったシンに
ついてだいぶ分かってきます。
仮面の下の素顔についても判明します。

レックスの故郷
レックスの故郷である村をおとずれます。
のどかな雰囲気の村で、ごく短期間ではありますが、そこで過ごすことに。
探索もできますが、確かにのどかな村です^^

ジークの正体
これまであまりストーリーにつながりの無さそうだったジークの正体も
第5話で判明しました。
ちゃんとまともな考えのある人だったのですね(笑)
最近カメキチを持ってないのが気になります(笑)

アーケディアに到着…
第4話の最後に登場したファンに連れられて、
法王庁に到着。かなり広い感じで壮大な雰囲気のする場所です。
マルベーニ法王はなんとなく怪しい感じがしますが、
果たして今後、どうかかかわりがあるのでしょうか。

シンの力…
ブレイドの力を抑制する能力を持ったファンでしたが、
シンと対峙した際にあっけなく倒されてしまいました。
ファンにはまだ何かある気がするのですが、本当に
倒されたのでしょうか?

ローデリッヒ議員は小物
第4話から名前の出ていたスペルビア帝国のローデリッヒ議員は
小物でしたね(笑)
何かたくらみはあったのだと思いますが、シンに兵器を奪われて
しまい、それは崩れ去った雰囲気です。

第5話も色々謎の深まった話でしたね。
結構複雑化しているので、今後、これらの伏線が回収されていくのかどうか
今から楽しみです!

スポンサーリンク

第6話感想!雪の中で…

第6話では、仲間になったジークの故郷へと向かいます。
雪山の移動が長いです^^
敵も大量に出てくるのでなかなか手ごわい印象でした。
地形も複雑でしたし…笑

バーン会長…笑
まさかバーン会長がまた出てくるとは思いませんでした!
今度こそ片付いたようですが…!
ところで、今回はムイムイは連れてこなかったのですねw

メレフが仲間に!
メレフが正式にパーティメンバーに加わったようです。
ネフェル皇帝は危ない感じでしたが、ニアの力により、なんとか助かった
みたいですね。
それにしてもニアには一体何があるのでしょうか。

ルクスリア…
ジークの父親が新たに登場しましたが、色々とこちらにも都合が
あるみたいですね。
結局、和解しそうな雰囲気でしたが、
天の聖杯を始末しようとした背景には何があるのでしょうか。

ヨシツネたちが…
ヨシツネ・サタヒコ・ベンケイの3人と対決。
3人ともマンイーターだったようです。
ところで、カムイの出番はもう終わりなのですね(笑)
あれだけ絶叫していたのに…!

捕われるホムラ
3人との戦い後にシンが介入し、シンが本当の力を解放。
全く歯がたたずに、最後にはホムラを連れ去られてしまう結果に。
このあと、どうなってしまうのか、非常に気になるところです。

事態が複雑化していて、先の展開が気になります。
マルベーニも怪しいですし、イーラのメンバーもそれぞれが
怪しい印象。果たして最後の展開はどうなるのか、
この先の話も楽しみです

第7話感想!ホムラたちと別れて…

第6話の最後でホムラは捕らえられたため、
第7話はホムラなしの探索です。
戦力的に少し心もとない感じになりますが、
他のブレイドで代用していくしかありません

洞窟の探索
新しい剣を求めて、洞窟を探索します。この洞窟は非常に
長かったですね^^
フィールドスキルなども必要になるので、なかなか大変でした。

幻影との戦い…?
洞窟の最深部での幻影との戦いは驚きました。
相当な数出てきましたね…。
このまま戦いが終わらないのではないか、などとも思うぐらいの
数が出てきて驚きました。

ニアの正体
ニアはやはりブレイドだったようです。
実際にブレイドとして使ってみましたが、回復アーツは
強力なので、扱いやすいです。
ジークのほうの過去も語られましたね。

メツとの戦い
完全な力を取り戻したメツとの戦い。
1戦目終了後に終わりかと一瞬思いましたが
「そんなはずはない!」と思っていたらやはり出てきました。
彼がラスボスなのでしょうか?

ホムラたちを取り戻す
よくて廃人、とヨシツネが言っていましたが、覚醒して
本当の力を引き出したホムラたちと再会し、
シンとメツと対決。その戦いの最中に足場が崩れて続く・・・
という流れでした。

探索がたっぷりな第7話でした。
特に洞窟のほうはなかなか難しく、内部も長かったです。
全部探索出来ていないので、またいつか訪れてることになりそうです。

第8話感想!モルスの地

第7話の最後で転落したその後からスタート。
モルスの地と呼ばれる世界が舞台ですね。
モルスの地はどことなく現実世界っぽい雰囲気が出ていて
なかなか不気味なところです。

シンと行動
まさか再びシンと行動するとは思いませんでした。
それにしてもシンは、、なんとなく最終的には和解しそうな
雰囲気がありますが、今後どうなるのでしょうか。

マルベーニ
アーケディアのマルベーニはやはり悪意のある人物だったようですね。
その本性が明らかになってきました。
ラスボス…ということは無さそうですが、なかなか厄介な
相手になりそうな雰囲気です。

ホムリ(笑)強い…
ホムラたちの真の力が解放されました。
強いですね…^^
敵を倒すのが今まで以上にスムーズになりました
これからの戦闘で活躍しそうな雰囲気です!

機械の世界
後半は世界樹内部の機械の世界を探索することになります。
かなりレベルが高くなってくるので、なかなか手ごわいです。
バイクみたいな敵とかガンダム?みたいな敵とかも出てきて
なんとなく笑えますね^^

決戦…?
イーラのメンバーと、アーケディアが対決を開始。
そこにレックスたちも乱入して、最終決戦状態に。
アルスたちも集結してきて、かなり危険な状態です。
このままどうなってしまうのでしょうか?

モルスの地と世界樹内部。特徴的な場所の探索でしたね。
さて、まもなく”楽園”とやらに到着しそうな雰囲気ですが、
果たしてどのような世界が待っているのでしょうか。

第9話感想!物語は終盤へ!

世界樹を舞台に、最終決戦という雰囲気ですね。
イーラとマルベーニ、そしてレックスたちの三つ巴の戦い…
という感じでしょうか。
なかなか壮大な感じです。

サタヒコの最後…
まず、サタヒコが犠牲になりましたね。
マルベーニと戦いを始めた時点でなんとなく分かりましたが。
彼の散り様はなかなかの良いシーンだったと思います。

道中…
バイクとかガンダムみたいのとか(笑)が大量に立ちはだかります。
特にLV66のユニークモンスターのガンダムみたいなやつは
なかなか強かったです^^
途中に変な敵を召還してきますし…

第9話の山場
そしてついにシンのところにたどり着いて、シンとの決戦です。
なかなかに強敵でしたが、シンを倒すと、ムービーの始まり。
そこにマルベーニが現れてベンケイとヨシツネが倒されてしまいます。
そしてそのままマルベーニとの対決に…
なんと、マルベーニにイーラのメンバーが3人も!?

マルベーニとの決戦
怪しい動きをしていたマルベーニとの戦いもこれで最後。
個人的にはシンよりラクに倒せました。
戦闘後、シンが最後の力を使って、マルベーニを葬り去り、
シンもそのまま最後を遂げました。
…第9話は物語が大きく動きましたね。。

そして楽園へ…
そしてついに楽園へと向かいます。
残る敵はメツ。やはり彼がラスボスということなのでしょう。
第9話のタイトルは「雨」ですが、
シンとメツの出会いのシーンを意味していたのですね^^

第9話はなかなか盛り上がりのある話でした。
多くの主要キャラクターが犠牲となり、
終わりが近いことがよく分かるので、寂しい感じもします。

最終話感想!エンディングへ!

最終話ではようやく楽園に到着。
前の話で主要な敵はほぼ片付いているので、
残るメツとの対決と、神・クラウスとの対面がメインと
なるお話ですね!

楽園に到着
てっきり、あの緑の場所でメツと戦うのかと思いきや、
楽園は既に廃墟のようになっていました。
楽園にたどり着いてめでたしめでたし…とは行かないようですね。

まさかの前作との…
神・クラウスが登場。しかし、クラウスと言えば、「1」で
ラスボス、ザンザとなった存在。
聞けば、クラウスは、とある実験を行った際に、体が半分ずつ
別次元に飛んだとのこと。
「もう半分」がゼノブレイド1のザンザのことのようで、
1の主人公・シュルクの声が少しだけ聞こえました。
1と2は同じ時間軸の並行世界のようですね!

メツとの最後の戦い
メツとの最後の戦い。威力の強い技なども持っているので
なかなか緊張感のある、手ごわい戦いでした。
最後にはメツも「楽しかった」と言い残して満足そうに
消えて行きましたね。
シンに対する感情は本物だったようで、一安心です。

ホムラとヒカリ
最後に、世界を守るためにホムラたちが、世界樹に残り、
世界樹を破壊することに。
他のメンバーは別れを乗り越えて、なんとか地上へと戻ります。
が、エンディングの最後を見る限り、二人は無事だったみたいですね^^

終わってみて…
クリアまで約60時間。
毎日、ゼノブレイド2のプレイを楽しみに過ごしていました。
本当に充実した時間だったと思います。
個人的には今年プレイしたゲームの中で一番の傑作でした。
これからは、サブイベントややり込みをクリアしていきます!

(※上記はプレイ当時に書いたものです)

タイトルとURLをコピーしました