作って!たこ焼きのレビュー!スコアアタック型のたこ焼きゲーム!

パーティゲーム

「作って!たこ焼き」は
ニンテンドースイッチ向けに配信された、
たこ焼きゲームです。

制限時間内にできる限り上手くたこ焼きを作り、
ハイスコアを目指していくタイプのゲームですね。

こちらを実際に遊んだ感想を
お話していきます。

スポンサーリンク

たこ焼きをひたすら焼いていくゲーム

「作って!たこ焼き」はたこ焼きをひたすら焼いて、
ハイスコアを目指すゲームです。

一度に大量のたこ焼きを作った方が
ハイスコアを狙うことはできますが、
一方で、大量のたこ焼きを一度に作ろうとすると、
作業が間に合わずにたこ焼きを焦がしてしまったりするなど、
シンプルそうで奥深いところもある作品ですね。

大量のたこ焼きを一気に作ろうとすると
かなり作業が忙しくなるので、
なかなか難しいですが、ハイスコアを目指そうとするなら、
それを乗り越えなければならず、瞬発力のようなものも
求められるゲームです。

ゲーム内容はとてもシンプル

ゲームを開始すると、早速たこ焼き器が画面に
表示されるので、そこに粉や具材を入れて、
煙が出て来るまで待ち、煙が出て来たら裏返して、
完成するまで待ち、完成したら容器に盛り付ける…
ということをできる限り素早く行っていくことになります。

裏返したり、容器に盛り付けたりするのもボタン一つで
行うことが出来るので、
操作としては、焼け具合のタイミングを見つつボタンを押す、
というとても簡単かつシンプルな操作です。

ニンテンドースイッチには、同じくたこ焼き系のゲーム
「たこパサバイバル」が存在しますが、
あちらの作品よりもかなりシンプルかつ、分かりやすい
ルールに仕上がっている作品ですね。

スポンサーリンク

基本はハイスコアを目指すのみ

ゲームの”やること”は、基本的には
ハイスコアを目指すのみになっていて、
一応対戦モードもありはしますが、
対戦自体はローカルプレイ専用です。(CPUもできます)

メインとなるスコアアタックモードは
ひたすら3分間でどのぐらいスコアを稼げるかを
競うモードで、
特にステージクリア型だったり、何か隠し要素が
出現したりすることはありません。

対戦も含め、自分自身で”楽しめる何か”と目的を
見つけて行かないと長く遊ぶのは難しいかな?という印象でした。

合計スコアで何かアンロックできるような要素があれば
プレイのモチベーションももう少し上がったような気はします。

オンラインランキングに対応してるのは〇

オンライン対戦は存在していませんが、
オンラインスコアランキングには対応しており、
ネット環境さえあれば、他のプレイヤーたちと
スコアを競うことができます。

ゲーム全体を遊んでみた限り、
どうしても、”ゲーム内から用意されるやり込み”は
あまり存在していないゲームなので
(※クリアマークがついたり、何かをアンロックしたりはない)、
数少ないモチベーションになる要素が、
このオンラインスコアランキングになりますね。

地味にスコアランキングのランクインを目指して
毎日少しずつゆるりとプレイするのは
なかなか個人的には癖になります(笑)

上位の方のスコアを見ると、かなり高いので
一体どうやっているのか気になります…!
かなり手際よくやっていかないとあのスコアは出ないと思いますし…。

動作等は快適

動作やメニュー関連などは
全体的に快適です。

ダウンロード専用のソフトは海外のゲームも多く、
メニュー周りや動作がかなり怪しいものもこれまでに
かなりの数、見て来ていますが
このゲームに関しては日本の会社のゲームで、
(公式ツイッターもありますね)流石国内製と安心できるような
そんな感じの動作・メニューです。

海外のゲームも良いモノは当然良いのですが、
やはり全体的に遊んでいると、国内メーカーのゲームの方が
(相性の問題かもしれませんが)メニューなどは
かなり見やすく親切な印象を受けますね。

ロード時間も特に気になるものはありませんでした。

たこパサバイバルと比較して…

ニンテンドースイッチでは別のメーカー・キミドリソフトからも
”たこ焼き”のゲームが発売されています。
(そちらは「たこパサバイバル」というゲームですね)

価格は同じく300円前後ですが、
両方遊んでみた感じ、
こちらはファミリー系、たこパサバイバルの方は本格系な感じがしました。

一人で遊ぶとなると、たこパサバイバルの方が良い気がしますが
気軽に遊んだり、パーティゲームとして遊ぶなら
今回レビューを書いている「作って!たこ焼き」の方が遊びやすいと思うので、
遊ぶ目的に応じて選ぶと良いと思います。
(まぁ、どちらも安いので両方買ってしまっても良いと思いますが)

たこパサバイバルの方が一人でやり込める要素は
それなりにあり(具材の解放)、グラフィックも本格的ですが、
ちょっとシステムに癖があるので、
気軽に遊ぶなら作って!たこ焼き、という感じですね。

私としてはどちらもそれぞれ良いところがあると思うので
好みに応じて、ということになると思います!

スポンサーリンク

作って!たこ焼きの続編はあるの?

「作って!たこ焼き」の続編は現時点では
発売されていません。

本作を発売しているメーカーは、
シリーズ化している作品もありはしますが、
この作品の場合だと、
なかなか「2」を出しても同じような内容に
なってしまう気もするので、
あるとすれば、続編ではなく「作って!お好み焼き」とか
別のものになりそうな感じもしますね…笑

もしも続編が出ることがあれば、
一人プレイ向けにも、何かゲーム内のポイントを稼いで
アンロックするような要素があると、
より面白い作品になるような気はします。

アイデア自体は、とても面白い作品ですからね…。

タイトルとURLをコピーしました