シンプル1500シリーズを語る!プレイ済み作品レビュー!

ゲーム

プレイステーション1で
展開されていたシンプル1500シリーズ。

ディースリーパブリッシャーが発売しており、
当時はその価格の安さから何十万のヒットを
飛ばしていることもありました。

最近も、シンプルシリーズは時々発売されていますが、
今や見る影も無くなってますが(笑)

そんなシンプル1500シリーズの感想を
それぞれ語って行きます。

プレイステーション2で発売されていた
シンプル2000シリーズは別記事にまとめてありますので
そちらの方をご覧ください。

個人的にプレイ済みのシンプルシリーズ

プレイ済みの
シンプル1500シリーズソフトは下記の通りです

・THE将棋(※)
・THEビリヤード
・THEクイズ(※)
・THEブロックくずし(※)
・THEボーリング
・THEすごろく
・THEスノーボード
・THEガンシューティング
・THEシューティング(※)
・THE競艇(※)
・THEリアルレーシングTOYOTA
・THEリバーシ2(※)
・THEブロックくずし2(※)
・THEヘリコプター(※)
・THEジグソーパズル(※)
・THEスナイパー(※)
・THE陣取り(※)
・THEテーブルホッケー
・THEインベーダー(※)
・THEゼロヨン
・THE潜水艦
・THEダブルシューティング(※)
・THEパワーショベル

(※は別記事でお話しています)

以上になります。
色々とプレイしたものです

一番最初にプレイしたのは?
一番最初にプレイした作品は、
「THEブロックくずし2」でした。
そこから、色々なシンプル1500シリーズの
ゲームをプレイしていった感じですね。

一番のお気に入りは?
一番のお気に入りタイトルは、
「THEスナイパー」ですね。内容は薄いのですが、
その独特な雰囲気が好きになり、プレイステーション2で発売
されたTHEスナイパー2悪夢の銃弾(続編)も
購入してしまいました笑

シンプル1500シリーズは、プレイステーション2で展開
された、シンプル2000シリーズ以上に当たり外れの
多い作品になっています。クソゲーもありますが、
中には楽しいものもあるので、いろいろ買ってしまいました。

THEビリヤード レビュー

シンプル1500シリーズの一つで、手軽な値段でビリヤードを
楽しむことができるソフトです。
「キャロムショット」というビリヤードゲームをベースに作られています。

唯一のビリヤードゲーム
色々なゲームを遊んでいる私ですが、
今でもビリヤードのゲームで持っているのはこの、
THEビリヤードだけです。
特にビリヤード通などではないので…

安かったので…
上でも書いた通り、特にビリヤード好き等では無かったのですが
当時シンプルシリーズにはまっていたのと、
数百円で中古屋に売られていたこと、
あと、カラフルなパッケージ見るとつい買ってしまうこと
(ビリヤードの玉がカラフルだったw)
あたりが買った理由ですかね…。

ルールは3つ
ナインボール、エイトボール、ローテーションの3ルールが
収録されています。まぁ…ビリヤードをほぼ知らない状態だったので
当時は何のことやら…状態(笑)
後に発売されたTHEビリヤード2ではルールも増えているようです!

ただ漠然と…
これをプレイした当時、特にビリヤードの事をほぼ
知らなかったので、このゲームを初めてもイマイチしっくりとは来ず、
ただ漠然と玉をつついているだけでしたw
そのうち、飽きてしまいました(汗

結構売れた!
THEビリヤードはシンプルシリーズの中でもかなり売れており、
50万本以上販売されています。
やはり、プレステ1の時代は凄かったですねぇ…。

手軽に遊べるビリヤードゲームです。
…が、今ならもっと良いビリヤードゲーム(PS2にもTHEビリヤードがある)
があるので、わざわざこれを買う必要はないかと!

THEボーリング レビュー

ひたすらボーリングを楽しめるソフトです。
シンプルシリーズだけに、とにかくシンプルで、下手な演出や
キャラクターなどは登場しません。
純粋にボーリングを楽しめます

結構リアル!
プレイステーション1のソフトにしては結構リアルな気が。
実際のボーリング場でプレイするボーリングと音も
結構似ているので、雰囲気は出ています!

アレンジモード
45ピンが並ぶ、とんでもないモードです(笑)
最初見たとき笑いました。でも、実際にプレイしてみると、
普通のボーリングとは違ったコツが必要なので、
これはこれで面白いです

クエストモード
指定されたピンを全て倒すことに挑戦するゲームです。
これが結構難しい・・・。
結局は最後までクリアすることはできませんでした・・・

対戦が楽しい!
結構ボーリングの雰囲気は出ています。
なので、対戦も結構盛り上がりました!家族と
何回かプレイしました!
ただ、逆に言えば、一人だと飽きるのも早いかも・・・です。
特にやり込むような要素はありませんし…
ハイスコアを目指すぐらいしかやることが・・・

内容は薄いですけど・・・
純粋にあくまでも、ボーリングを楽しむゲームです。
おまけ要素などはほとんど用意されていません。。
まぁ、ボーリング場の雰囲気が好きだったり、
対戦が好きな方には楽しめると思います!

凄くシンプルなゲームですが、個人的には
好きです。雰囲気と対戦、効果音などが
ボーリング場らしさを演出してくれて
います(笑)

THEすごろく レビュー

THEすごろく…
その名の通りただのすごろくです。
おまけ程度にミニゲームも数種類ついています。
そして、メモリーカード未対応

大事な事なのでもう1度言います。
メモリーカード未対応

随分昔ですが、プレイしてみました、

…テンポ悪!!

そして…
盛り上がらない…

対戦しても、盛り上がらない、
勿論ぼっちプレイしても
盛り上がらない…。

つまり!!

盛り上がりようがない(笑)

もちろん低価格で新品を買える、というのは
魅力だとは思いますが、
買った当時既にマリオパーティなどを
やった後だったので、
全く楽しめませんでした…

シンプル1500シリーズは
アタリ・ハズレの差が激しいですが、
残念ながらこのTHEすごろくは
ハズレの部類ですね。。

THEすごろくを買うのであれば
マリオパーティや桃太郎電鉄、
いただきストリートなどを買ったほうが
盛り上がれると思いますよ!

ちなみに、
サイコロ2つが写った
シンプルなパッケージデザインは好きです(笑

THEリアルレーシングTOYOTA レビュー

シンプル1500シリーズの一つでリアルさを
ウリにしたレーシングゲームです。
TOYOTAの実車がゲーム中に登場します。

え??リアル・・・??
このゲームをプレイステーション2で
グランツーリスモ3を遊んだ後に買ってしまいました・・・
で、起動して遊んでみた最初の感想は・・・
「これがリアルだと!?笑わせてくれる」でした。。
でも、よくよく考えてみれば
プレイステーション1当時に発売したゲームですし、
車もテカテカしているので、
リアルなのかもしれません・・・(適当)
発売当時に遊ばず、プレステ2でレースゲームを
遊んでからこのゲームを遊んだ私にとっては
リアルさを感じることができませんでした。。

まぁ、天候とか時間帯とかの変化も搭載されているので
当時としては・・・(以下略

え??メモリーカード非対応??
なんとこのゲーム!
メモリーカードに対応していません。
つまりセーブできないのです。
ただ、遊ぶだけ(泣
タイムアタックでせっかく記録を出しても
電源を切ればサヨウナラです。
PS1にはそういうソフトも時々ありましたが・・・

モードはしっかり揃っている
悪い事ばかり書いても申し訳ないので・・・(汗
基本的なモードはしっかり揃っています
グランプリモード、タイムアタック、対戦、スポットレース。
リプレイもちゃんと見れます。
モード面はしっかりしているからこそ、
メモリーカードに対応して欲しかった・・・。。

あまり遊びませんでしたが・・・
上記のような理由から私はあまり遊ばずに
このゲームをお蔵入りにしてしまいましたが、
1500円でこの内容と考えれば、当時はお買い得だったのかも
しれません。
メモリーカード非対応は解せませんが・・・。

THEゼロヨン レビュー

当時、店頭でパッケージの裏を見て、
なんとなくメニュー画面がグランツーリスモみたいだな、と
思い購入。

結果。。

全然グランツーリスモじゃありませんでした(笑)

流れとしてはゲーム内でバイト
(洗車するミニゲーム)をして、
お金をためて、車を買い、レースに出て勝つ。という
内容です。

ただし、このゲームはTHEゼロヨン。
ゼロヨンとは直線400メートルのレースです。

つまりカーブはできません。

最後の敵以外は強い車を買い、チューンすることで
アクセル踏んでるだけで勝てます(笑)

そうです。
何もする必要はないのです。

することと言えば、
クルマを買うためにただひたすら洗車するだけ。

レースよりも
洗車してる時間の方が長いぐらいです

まさに「THE洗車」

ちなみに最後の相手だけは
ごり押しでは勝てない…はずです
(私は勝てませんでした)

オートマでなく、マニュアルにして
タイミングよくレースを進めないと
勝てないようです。

それ以外はひたすら洗車、洗車。

ちなみにパッケージ裏を見て
グランツーリスモみたいだ、と
思ったのはマップ画面なのですが、
これは確かに似てました。

マップが似てるだけでゲーム内容は
全然似ていませんでしたが。

いわゆる完全に作業ゲーなので、
レースゲームとして純粋に楽しみたい人には
向いていませんね。

逆に洗車したい方や、
作業ゲー万歳!という方にはピッタリの
ソフトです。

個人的にいかにもシンプル1500シリーズ、
という感じの題材と内容で、
嫌いじゃありませんけどね
(面白いとは言ってない)

THE潜水艦 レビュー

シンプル1500シリーズの一つとして発売された作品で、
RCの潜水艦を操作して、様々なミッションをクリアしていく
タイプのゲームソフトです。

THEヘリコプターの潜水艦版。
このゲーム、以前にシンプル1500シリーズで発売された
THEヘリコプターの潜水艦版みたいな感じですね。
基本的なシステムなどはヘリコプターそっくりですし、
登場するアニメ絵のキャラクターもヘリコプターそっくりです。
実質的にTHEヘリコプターシリーズの一つみたいな
モノですね。

好きな感じのゲーム!しかし・・・
こういうあまり他では見られないようなくだらない(失礼!)
ゲーム、好きなのです。
しかしこのTHE潜水艦は買うタイミングを逃しており
しばらく買いませんでした。
時は経ち、プレイステーション2の全盛期となった時代に
安く売っていたのでようやく購入しました。。

しかし・・・遊んでみると
盛り上がらない。。
好きなタイプのハズではあるのですが…。
結局、サクッと遊んですぐに終えてしまいました。。
これが”買うタイミングを逃した”というやつなのでしょうか。

操作は難しめ・・・
THEヘリコプターもそうでしたが、RC操作なので
慣れるまではその独特な操作に戸惑います。
慣れてしまえば、カンタンなのですけどね。。
まぁ、このゲームの場合、私は慣れきる前に
プレイを終えてしまいましたが(汗

他ではあまり見られないネタのゲームなので、
目を引いて買ってしまいましたが、
同じRCシリーズのTHEヘリコプターの方が
遊びやすく、内容も楽しかった印象です。

THEテーブルホッケー レビュー

シンプル1500シリーズの一つです。
ゲームセンターなどにある「テーブルホッケー」を
そのままゲームにした、いかにもシンプルシリーズらしい
作品です。

これは…
100円で買いました。
本当に期待せずに買ったのですが…
地味に楽しいです(笑)

以外にグラフィックやフレームレートなども
安定しており、プレイステーション1のソフトにしては
結構綺麗に見えます。
スピード感もあるので
爽快感も十分ですね。

ギミックコートも楽しい!
ゲームならではのギミックが設置された
コートが9種類用意されています。
順番にコンピューターと戦いながら
ステージを開放していくシステムですが、
次はどんなだろう?という感じで
ついつい進めたくなります

・・・が、奇跡はそこまでだった
「おぉ~100円なのに楽しい!」と思ってましたが
やはりそこはシンプルシリーズ。
1時間足らずで完全クリアしてしまいました。
そう、やることが致命的といえるほどに
少ないのです。
PS3で言えばあっとういう間に
トロフィーフルコンプリートしてしまった状態。。
もうやることがないのです…

100円で買ったわりに楽しめました
他にこういうゲームはほとんど無いと思うので
そういう意味では新鮮でした。
基本システム部分はよく出来ているだけに
内容がとっても薄い、ティッシュペーパー並みに
薄いのはとっても残念でした。。
あ、対戦はそこそこ楽しめますよ!

THEパワーショベル レビュー

パワーショベルを使って様々なミッションをクリアしていく
シミュレーション形式のゲームですね。
プレイステーションで発売された「パワーショベルに乗ろう」の
廉価版としてシンプルシリーズに発売された作品です

なかなか面白い!
パワーショベルを操作して砂を運んだりする定番のものから
カレーライスをすくう、などありえないものまで色々とあり、
なかなか面白いです。
パワーショベルが題材っていうのも凄いですよね。

最初は難しい…
慣れるまで操作が難しかった印象です。
一度慣れてしまえばすんなりと楽しめるのですが、
そうでない場合はなかなか…。
ただ、プレイしているうちにだんだんと慣れて来るとは思います。

モードも豊富…
モードも豊富ですね。。自分でステージを作ることができる
ステージエディットなども存在していましたし、
アーケードテイストですが、なかなか奥深い作品だったとは思います。

さすがに元フルプライス…
他のシンプルシリーズとは違い、元々フルプライスのゲームとして
発売された作品なので、内容はなかなか濃いですね。
最初からシンプルシリーズ向けに開発された作品とはわけが違います^^

シンプルシリーズを買い始めた最初の方に購入したゲームです。
これの少し前に買った「THEリバーシ2」をきっかけに
シンプルシリーズにハマり出しました(笑)
ちなみに、クソゲーもシンプルシリーズには多いですが、
これはなかなか良かったと思いますよ!

個人的に思うシンプルシリーズのクソゲー

THEすごろく
3つのボードマップを楽しめるパーティゲーム。
ひたすらテンポも悪く、ミニゲームもほとんどなし、
おまけにメモリーカードにも非対応の恐ろしいゲーム。。
これをやるなら他のパーティゲームやりますわ!
と、いう感じです(笑)

THEリアルレーシングTOYOTA
これは先にプレイステーション2のレースゲームを
遊んだからだとは思いますが、
リアル!って言ってるわりにイマイチに見えてしまいました。
あと、メモリーカード未対応…

THE戦艦
つまらなくはないのですが、なんと、自分が移動できない。。
操作できるのは砲台だけ!
ステージも単調なので、決して面白いゲームではないですね…

THE日本特殊部隊
これは笑うしかないです。特殊部隊となり、凶悪犯罪に挑む
ゲームなのですが、操作性が悪すぎ&グラフィックがしょぼすぎ…(笑)
隊員も「イエッサー」「はんにんかくほー」と、凄くやる気の無さそうな
声を出しています。。

THE最後の日本兵
これも日本特殊部隊と同レベルな印象。
謎の低音BGMが流れ、敵との戦闘。操作性が悪すぎて一瞬で
ゲームオーバー…
STAGE1でやめました(笑)

THEパーティゲーム
Wii版です。こ、これはつまらない…。
Wiiにはパーティゲームがたくさんあるので、わざわざこれを
遊ぶ必要性が見当たりません。。
キャラクターも微妙です(と、いうよりうるさい…)

THEファミリーパーティ
WiiUのソフト。これは最早…最低レベルです。。
買わなきゃ良かった、と思えるぐらい。
昔の(PS2)THEパーティゲームはもっと面白かった
気がするのですが…

THEゼロヨン
直線しか走れない究極のレースゲーム。。
お金稼ぎのため、ひたすらバイト(洗車)をさせられるので、
THE洗車ともいえますw

シンプルシリーズにも面白いものはたくさんあります。
ですが、クソゲーも結構あるので、見極めが大事ですね。
笑えるクソゲーと笑えもしないクソゲーがあります