ゼロプシャンインベージョンのレビュー!内容も詳しく解説します!

シューティング

ゼロプシャンインベージョンは
2019年6月13日にニンテンドースイッチ向けに
配信されたダウンロード専売のシューティングゲームとなっています。

元々はPC(Steam)向けに配信されたゲームでしたが
ニンテンドースイッチでも登場ということになりました。

スペースインベーダーやギャラガシリーズなど、
懐かしい雰囲気を持つ、このシューティングゲームについて
実際に遊んでみた感想や
ローカライズ内容、オンライン環境、関連商品など
いろいろな部分についてのお話をしていきます。

どのようなゲームなの?

まずはゲーム内容を簡単にご説明しておきます。

内容としてはレトロスタイルの
アーケードシューティングゲームで、
出現した敵を全滅させることで、次のステージ
進んでいくタイプのシンプルなゲームですね。

自分の移動範囲は左右になっており
スペースインベーダーなどと同じ
固定画面タイプのシューティングゲームとなっています。

実際にプレイしてみるとわかると思いますが
スペースインベーダーやギャラガの雰囲気に
酷似しており、同じような感覚で遊べるかと思います。

ただ、ボスが登場するなど、
このゲーム独自の要素もしっかりと盛り込まれている
印象ですね。

個人的な感想

実際にプレイしてみた感想をお話していきます。

・非常にシンプル
ゲーム内容はとてもシンプルです。
ルールはあっという間に覚えられますね。
上でも書きましたが、本当にスペースインベーダーだとか
そういったSTGと同じようなスタイルです。

・やりこみは薄い…
やりこみ要素の類はないですね。
ただ単にプレイしてハイスコアを目指すだけのゲームです。
ある意味ではこういう部分もレトロスタイル…とも言えますが
長く遊べるかどうかといわれると「?」ですね。
長く遊ぶのは難しい印象は受けました。
オンラインランキングもないので、誰かとスコアを競う…
ということもないので、本当に自分との闘いになる感じです。

・演出は?
レトロな雰囲気ながら、いろいろな演出は
盛り込まれており、スペースインベーダーなどとの
差別化ははかられていますね。
エリア1はインベーダーみたいな感じ、
エリア2はギャラガみたいな感じ、と
エリアによって雰囲気が変わるのも良い印象でした。

・値段相応
遊んでみた感じ、値段相応という感じですね。
個人的には同じくニンテンドースイッチで配信された
インベーダーもどき(?)ゲームの
「スーパーデストロノートDX」のほうが
お気に入りです。

ローカライズは大丈夫?

海外のゲームとなると、
ローカライズがしっかり行われているかどうか
心配になる方もいるかと思います。
中には英語そのままだったり、
日本語になっていても、かなり怪しい文章
だったりすることもありますからね…

が、このゲームに関しては
遊んでみた感じ、
ちゃんと日本語になっていましたし、
特に怪しい感じの文章はありませんでした。

強いていえば
ゼロプシャンが帰還しました!という文章が
帰還?という感じはありましたが
とても些細なことで、どうでもよいことなので、
あまり気にする必要はないかと思います。

ローカライズに関しては、問題ないと思いますよ!

ちなみに、シューティングゲームなので、
そもそも文章自体が少なく、
文章はオプション画面と
最初のストーリー説明ぐらいです。
ボイスなどは存在しません。

オンラインは?

オンライン要素は特にありません。
マルチプレイなども存在していませんし
オンラインハイスコアランキングなども
見た感じ存在していませんでした。

唯一、ニンテンドーオンラインに加入していると
セーブデータお預かりに対応しているぐらいでしょうか。

基本的には一人で遊ぶゲームであると
考えておいたほうが良いかと思います。

関連商品は?

ゼロプシャンインベージョンの関連商品は
発売されているのかどうかをまとめていきます

・どの機種に発売されているの?
最初に少し書きましたが、発売されている機種は
ニンテンドースイッチとPC(Steam)の2機種での
発売になっています。
今後、増える可能性も0ではありません

・攻略本は?
攻略本は発売されていません。
シューティングゲーム自体の攻略本が昔から
発売されることはほとんどありませんでしたし、
今後も、この作品の本が出ることはないでしょう。

・サントラCDは?
サウンドトラックCDも発売されていません。
ダウンロード専売であれば出る可能性も0とは
言いませんが、限りなく低いことは確かだと思います。

ご覧の通り、関連商品はほとんど
発売されておらず、
今後も発売されることはないかと思います。

隠し要素やクリア後のおまけ

ゼロプシャンインベージョンのクリア後要素などは
特にありません。

純粋に遊んでハイスコアを目指すのみ、
という感じの作品ですね

もしも裏技や隠し要素が今後見つかりましたら
ここに追記していきます

続編の可能性は?

ゼロプシャンインベージョンの続編が発売
される可能性…
これは限りなく低いかとは思います。

ダウンロード専売ソフトの
続編自体が発売されることは少ないですからね…

ただし、製作者の方もこういったゲームが
好きで作っているものと思われますので
続編がでる可能性は完全に0、というわけではありません。
製作者の方がまた作りたいと思えば、
採算を無視して、また開発される可能性は
あるかもしれませんね…。

ただ、この作品の「2」ではなく、
また別のシューティングゲームということになる可能性は
非常に高いのではないかと思います。