パック&パルのレビュー!少し変わったスタイルのパックマン!

アクション

「パック&パル」はナムコから発売された
パックマンシリーズの一つで、
通常のパックマンのルールをベースとしつつも、
独自のアレンジが加えられた個性的なスタイルの
アクションゲームです。

そんな「パック&パル」を
実際に遊んだ感想をお話していきます。

スポンサーリンク

遊べる機種は?

「パック&パル」は、当初はアーケード向けに
発売されましたが、
その後、多数の家庭用ゲーム機に移植されています。

現時点で「パック&パル」を遊ぶことができるゲーム機は
下記の通りとなっています。

・ニンテンドースイッチ (※パックマンミュージアム+に収録)
・Wii (※みんなで遊ぼうナムコカーニバルに収録)
・プレイステーション4 (※パックマンミュージアム+に収録)
・プレイステーション3 (※パックマンミュージアムに収録)
・XBOXONE (※パックマンミュージアム+に収録)
・XBOX360 (※パックマンミュージアム 及び ナムコミュージアムバーチャルアーケードに収録)

これらの機種で、パック&パルを遊ぶことが
可能になっています。

今の時点では「パック&パルだけでの」販売は
存在していません。

※私が遊んだのはPS4版パックマンミュージアム+収録のもの、
Wii版、XBOX360版の3回となります。

カードを取ってフルーツを食べる

パック&パルでは、パックマンシリーズおなじみの
ドットは存在せず、ステージ内のフルーツを
全て食べるとステージクリアとなります。

ただ、そのフルーツへの道は最初は
閉ざされていて、ゴーストたちと接触しないようにしながら
フルーツへの道を開くためのカードを入手して、
ロックを解除しながらフルーツを回収していく…
という内容になっています。

少し癖のある内容になっていますが、
実際にプレイしてみると、すぐに理解はできる
シンプルな作品には仕上がっていますね。

一番近い感じの内容としては
「スーパーパックマン」になるかと思います。

スポンサーリンク

意外と気付きにくい要素も

初代パックマンやパックマニアなどでは、
敵のゴーストたちをイジケ状態にして
実質上の無敵状態になれるアイテム
「パワーエサ」がありましたが、
パック&パルにはそのパワーエサは
登場していません。

代わりに、スペシャルアイテムが用意されていて、
そのスペシャルアイテムを取ると一定時間、
ゴーストを攻撃することができる、
と、いうものになっています。

ただ、これが視覚的には意外と分かりにくく、
初代パックマンでパワーエサを取った時のように
”見た目ですぐに何が起きたのか分かる”というような
感じではありませんでした。

もちろん、自分が購入した機種版ごとに
説明書を読めば、操作方法なども掲載されていると思いますが
説明書を読まずにプレイしていると、
なかなか気づかないこともあるのではないでしょうか。

私はそこそこの間、気づいていませんでした(笑)

フルーツを奪う「ミル」

本作には、ゴースト以外にフルーツを奪うミルという
緑っぽいキャラクターが登場していますが、
このキャラクターは、プレイヤーが集めるアイテムを
モンスターの巣に持ち帰ってしまう…という動きを
する特殊なキャラクターです。

普段のパックマンシリーズにこういう役割の
キャラは登場しないので、
これは珍しい感じですね。

このキャラクターは、接触してもミスにならず、
その代わりに自由気ままに動き回って
フルーツをモンスターたちの巣に持ち帰ります。

…この動きは、スコアを特に目指しておらず、
クリアするだけであればむしろ逆に
助けになっているような感じですが、
ハイスコアを目指す場合に関しては、
フルーツを回収されてしまうことにより
スコアが落ちてしまうので、
自分がどのようなプレイスタイルで
プレイするか、によっても
味方にも、敵にもなる不思議な存在ですね…

一応、邪魔者扱いのようですが、
私はナムコカーニバルで初めてプレイしたので
そこまで詳細な説明がなく、
最初はずっとお助けキャラだと思ってました(笑)

独特な耳に残る音楽

パック&パルの音楽は
妙に耳に残る感じの不思議な音楽ですね…

結構印象に残る感じで、
不思議なスタイルの音楽です。

いい曲か…?と言われると
「不思議な感じ…」としか答えようがありませんが
しばらくプレイしていると、
あの独特なメロディが耳から
離れなくなるような不思議な感じです。

「スーパーパックマン」の音楽も
結構妙な感じで印象に残りましたし、
パックマン系統の音楽は
何故か耳に残る感じのものが
多いような感じがします。

ボーナスステージは運試し

数ステージに1度、ボーナスステージが
用意されていて、
運試しのようなゲームを楽しむことができます。
(この時代のナムコのゲームは
数ステージに1回、ボーナスステージみたいなものが
出て来ることが非常に多いですね)

カードが何枚か置かれていて、ゴーストを引かないように
他のカードを全てめくっていく…という内容の
ボーナスステージで、
なかなか緊張感があって、個人的には好きな
ボーナスステージでした。
(なかなか最後の1枚まで行けないですね…笑)

ボーナスステージなので、ミスになることはないですし、
ちょっとした息抜きにもなって
こういう要素は良いと思います。

スポンサーリンク

遊ぶ機種によって…

パックマンミュージアム+(+じゃない方は未プレイなので不明)では、
パック&パル内で条件を満たすと
実績が入手できたり、
パック&パルのレコード(ミュージアム内でゲーム中の音楽を
聞くことができるようになる)などを入手できたりと、
色々便利な機能が搭載されていました。

Wiiのナムコカーニバルでは
これまで自分が進んだステージならどこからでも
再開できる機能がある(ミュージアム版は中断しかない)など
遊ぶ機種によって、色々機能面が変わってきます。

タイトルとURLをコピーしました