地球防衛軍4のレビュー!各バージョンの違いやネタバレも解説!

アクション

「地球防衛軍4」はディースリー・パブリッシャーより
展開されている地球防衛軍シリーズのひとつです。

シリーズのナンバリングタイトル第4弾として
発売された作品で、
前作の3と比べても大幅にボリュームアップした
作品になりますね。

こちらでは「地球防衛軍4」について
詳しくお話をしていこうと思います。

ウイングダイバー・ザ・シューターは別記事にまとめてあります。

スポンサーリンク

機種ごとのの違いは?

地球防衛軍4はいろいろな機種に発売されています。
それぞれの機種ごと、バージョンごとについて
解説しておきます。

地球防衛軍4を遊ぶことのできるゲーム機は、
3機種ですね。

プレイステーション4とプレイステーション3、そしてXBOX360の
3機種になります。お好みで好きなバージョンを選びましょう。

プレイステーション3版とXBOX360版
最初に発売されたのがこの2機種になりますね。
後に発売されたPS4版には追加要素もありますが、
この「4」でも十分に遊ぶことは可能だと思います。
360版の方がバグが少なかったみたいです

地球防衛軍4.1シャドウオブニューディスペアー
プレイステーション4で発売された作品です。
グラフィックが高画質化されているほか、読み込み時間なども
大幅に短縮されています。
また、追加ミッションなども追加されています。


地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR – PS4

地球防衛軍4.1ウイングダイバーザシューターとは?
これは、外伝作品で、内容は全くの別物です。
プレイステーション4のダウンロード専売ソフトとして発売された
シューティングゲームになっており、
4ベースですが、別ゲームなので、注意です!

どれを買えば?
一番快適に遊べて、内容も増えているのは、
プレイステーション4で発売された「地球防衛軍4.1」になりますね。
ただし、PS4を持っていない場合は、他の機種版でも十分に
遊べると思いますから、お好みで選びましょう!

地球防衛軍4は、なかなかのボリュームを誇る良作だと
思います。最新作の地球防衛軍5が正統進化系みたいな感じですが、
あえて4を選んでみるのも良いかとは思います。
お好みで好きなものを遊びましょう!

とにかくボリュームが凄い!

地球防衛軍4の感想としては、
”とにかくボリュームが凄い”ということですね。
ステージ数も(後に発売された5はさらに増えましたが)当時、
過去最大のステージ数となっており、
やりこみ要素なども膨大に用意されていました。

全部クリアしようとすれば、相当な時間がかかりますし、
ボリュームは「凄い」の一言です。

4.1の方であれば、さらにステージ数が増えているのも
魅力と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

マンネリは否めない

ただし、シリーズを通してマンネリしてきているのは否めず
「いつか見たことのあるシチュエーション」のステージも
多くなっています。

また、マザーシップ撃墜⇒新たなる敵の流れも
2と同じなので、マンネリは否めません。
アースイーターの初登場は圧巻ですが、
それでも、人によっては飽きて来るような部分もある、
というのは事実でしょう。

ゲームの特性上「同じステージを何度も繰り返しプレイする」
スタイルなので、そういうのが苦手な人も要注意です。

難易度は幅広い

難易度は非常に幅広く用意されているので、
初心者でも上級者でも安心です。

難易度イージーにすれば
ある程度苦手でもクリアできると思いますし、
難易度インフェルノにすると
逆に、上級者でも地獄を見ることになると思います。

ちなみに、全てクリアするとなると
数百時間のプレイ時間になることは、
ほぼ確実です。

PS3版はバグりやすい…

私は最初、プレイステーション3版の方を購入しましたが
「バグ」があります。(XBOX360版はないようです)
後にPS4版の4.1を買いましたが、確かに
バグは無くなっていたので、
プレイステーション3版特有の現象と言えます。

また、PS3版は特に読み込みも長い
(4.1はかなり改善)ので、
できれば4.1を買った方が良いかな、という感じです。

ラスボスネタバレ!

地球防衛軍4のラスボスは「アースイーター&ブレイン」です。
これは、要素が追加されたバージョンの
シャドウオブニューディスペアーでも変わりません。

物語中盤から登場するアースイーターのコアとなる
「ブレイン」と、アースイーターを同時に相手にする感じです。
ただし、ブレインは中央に陣取っているだけで
攻撃を仕掛けて来るわけではありませんので、
実質上は、「アースイーター」との対決のような感じです。

ちなみに、ウイングダイバー・ザ・シューターのラスボスは
「マザーシップ」で、本編では物語中盤に撃墜する存在ですね。

スポンサーリンク

4の敵は、続編の5にも出ているの?

4の敵が、5にも登場しているかどうか、
それぞれ見ていきましょう。

・甲殻巨大生物
⇒引き続き登場。ただし名前が「侵略生物α」に変更

・赤色巨大生物
⇒引き続き登場。ただし名前が「侵略生物αの変異種」に変更

・クィーン
⇒引き続き登場。名前が「マザーモンスター」に変更。

・蜘蛛型巨大生物
⇒引き続き登場。名前が「侵略生物β」に変更

・超巨大蜘蛛型生物
⇒引き続き登場。

・レタリウス
⇒引き続き登場。何故か名前が「アラネア」に変更。

・ドラゴン
⇒削除。ただし「有翼巨大生物」という酷似した
役割の敵は登場しています。

・グレーターワイルドドラゴン ⇒削除

・飛行型巨大生物 ⇒続投

・デスクィーン
⇒続投 ただし「クィーン」に名称変更

・エルギヌス ⇒続投

・ドローン
⇒引き続き登場。ただし、デザインは変更されている。

・レッドカラー
⇒引き続き登場。ただし、デザインは変更されている。

・シールドベアラー
⇒引き続き登場。こちらもデザインは変更されている。

・飛行ビークル ⇒削除
同じポジションの敵として「ドローンタイプ2」が登場

・ヘクトル ⇒削除
同じポジションの敵として「コロニスト」「コスモノーツ」が登場

・アルゴ ⇒削除

・ディロイ ⇒引き続き登場

・キャリアー ⇒引き続き登場
ただし名称は「テレポーションシップ」に変更。
デザインも異なる。

・大型輸送船 ⇒削除

・四足歩行要塞 ⇒削除
同ポジションの敵として”前哨基地”が登場する。

・マザーシップ ⇒削除
全くデザインの違う別のマザーシップが登場。

・アースイーター ⇒削除

こんな感じですね。
似たポジションの敵がいるものは多いですが
純粋に続投した敵は案外少なかった印象です。

隠し武器はあるの?

難易度ごとの全ステージクリアボーナスは
「4」では残念ながら廃止されてしまいました。
そのため、過去の作品のように
インフェルノで全ステージをクリアしたとしても、
ジェノサイド砲が手に入ったり、ということは
無くなってしまいました。

この点はちょっと残念な気もします。

タイトルとURLをコピーしました