ジャッジアイズのレビュー!龍が如くと同じ雰囲気で遊べる!

龍が如く

「ジャッジアイズ」は
2018年にプレイステーション4向けに発売された作品で、
その後、2021年にはリマスター版がPS5やXBOX向けに
発売された作品です。

龍が如くスタジオによる
アクションアドベンチャーゲームで、
龍が如くシリーズに関連を持たせながらも、
新しい雰囲気を生み出した作品ですね。

その後、続編の「ロストジャッジメント」も発売されました。

こちらを実際に遊んだ感想をお話していきます。

スポンサーリンク

「龍が如く」シリーズとの関係は?

ジャッジアイズは龍が如くシリーズなのか
そうじゃないのか、イマイチ分からない…!という人も
いると思います。

結論を言えば”龍が如くの世界観を使った”別シリーズ、という印象で、
物語の舞台や登場する組織などは龍が如くシリーズにも
登場しているものが登場したりしますし、
システムに関しても、龍が如くシリーズと同じような部分も多いですが、
かと言って、龍が如くシリーズの続編なのかと言われると、
そういうわけでもありません。

遊んだ印象としては”龍が如くシリーズの関連作品”という感じの
印象を受ける作品ですね。

「龍が如く」を遊んだことが無くても大丈夫?

↑で、龍が如くの舞台や組織などが登場すると書きましたが
実際にジャッジアイズを遊んだ感じ、
”龍が如く”を全く遊んだことがなくても大丈夫、という印象でした。

私は龍が如くシリーズをほぼ全て遊んでいますが、
”遊んでいれば、あっ!と思うような部分がある”ぐらいで、
”龍が如くを理解している前提”みたいな話はあまりなく、
龍が如くシリーズの組織名などが出て来るぐらいで、
龍が如くの登場人物が直接出て来ることはありません。

こっちはこっちで独自の物語が展開されるので
”ジャッジアイズだけ”遊んでも全然大丈夫ですし、
問題なく楽しめると思います。

スポンサーリンク

龍が如くが好きなら同じように楽しめる

システム面では、主人公が探偵なこともあり、
龍が如くとはまた違う部分(推理や尾行、証拠探しなどもある)も
あり、上手く龍が如く本編と差別化できています。

ただ、アクションや街並み、サブイベントの感じなどは
龍が如くシリーズのものがしっかり継承されていて、
ゲームセンターなどのサブスポットで遊べる点も同じです。

龍が如くシリーズが好きであれば、大抵の人は
そのまま同じような感覚で楽しめると思いますし、
”龍が如く7”よりも、”龍が如く”をしていると感じられる内容なので、
6までの龍が如くが好きな人で、遊んでいない人がいれば
おすすめできる作品であると思います。

グラフィックも綺麗

私がプレイしたのはPS4版ですが
グラフィックも”いつもの龍が如く”と同じように
十分に綺麗です。
後に発売されたリマスター版なら、もっときれいになっていると思いますし、
PS4版でも十分な水準であるように感じます。

特に動作が怪しいような部分もなく、
問題なくプレイすることができました。

ストーリーも良い感じ

ストーリーもドラマのような感じもあり、
良くできていると思います。

続編の
「ロストジャッジメント」もプレイしましたが
あちらの方がどちらかと言うと
人を選ぶ感じのストーリーなので、
こっちのジャッジアイズのストーリーの方が
王道的に感じます。

ロストジャッジメントも好きですが
個人的にはこっちのジャッジアイズの方が
ストーリー的には好きですね。

ちなみに、出演俳優の一人が後に事情により
声優さんに変更されていて
グラフィックも変わっていますが
声優さんの演技も十分上手ですし、
ゲームを遊ぶ上では特に問題はないので
個人的には気になりませんでした。

稀に、無理に初期版を探す人も見かけますが
「そこまでするほどではない」と個人的には思います。
(声優さんは、龍が如く極2の植松や、7の天童と同じ人ですね)

やり込み要素も十分用意されている

やり込み要素やボリュームは
”いつもの龍が如くぐらい”の感じで、
本編のボリュームも十分にありますし、
サブイベントはいつも通り、色々と用意されているので
十分に長々と楽しむことができる作品に
なっています。
(隠し要素や裏技はこちら⇒ジャッジアイズシリーズ全作品の隠し要素・裏技

良くも悪くも”いつものボリューム”ではありますが
安定して楽しませてくれますし、
信頼できるシリーズ、という印象です。

スポンサーリンク

龍が如くシリーズのキャラが出て来たりはするの?

先程も少し書きましたが龍が如くシリーズの
キャラクター自体は直接登場せず、
全員新キャラクターたちになっています。

登場するのは”龍が如くシリーズにも登場した舞台”と
”組織”のみになりますので、
直接的に龍が如くのキャラが出て来たりするわけではありません。

そのため、先ほども書いたように、
仮に龍が如くシリーズを一切遊んだことがなくても
問題なく遊べますし、
シリーズファンにとっても、地名や組織名などは登場しているので
そういった部分で楽しむことが出来、
”新規ユーザー”と”ファン”の両方に上手くバランスを取った
作品であると感じます。

ジャッジアイズ2は存在しないの?

ジャッジアイズの続編は2021年に
発売はされているのですが
タイトルが「ジャッジアイズ2」ではないので
探す際には注意しましょう。

続編のタイトルは
「ロストジャッジメント 裁かれざる記憶」となります。

パッケージの絵を見ればすぐに続編だと分かると
思いますが”ジャッジアイズ2”のタイトルで探していると
なかなか見つからないと思うので
この点は注意ですね!

続編自体も、ジャッジアイズと同じような感覚で
プレイできるので、ジャッジアイズが気に入った人には
同じようにおすすめできる作品です。

※続編レビューはこちら⇒ロストジャッジメントのレビュー

タイトルとURLをコピーしました