雷電シリーズのレビューと考察!今後の新作Ⅵや敵についても語る!

シューティング

縦スクロールシューティングゲームの
人気シリーズ、雷電シリーズ。

今でも新作が発売されている、
シューティングゲームの中では数少ない現役(?)の
シリーズ作品です。

初期は、主にアーケードで展開されていたシリーズですね。

スポンサーリンク

シリーズ一覧

まずは雷電シリーズのシリーズ本編からまとめていきます。

・雷電
メガドライブ(雷電伝説)、PCエンジン(SUPER雷電)で発売。
プレイステーション(雷電プロジェクト)に収録されているほか、
PS3&Vita&PSPでダウンロード販売(アーケードヒッツ)も
されています。

・雷電Ⅱ
プレイステーションで発売(雷電プロジェクトに収録)

・雷電ディーエックス
プレイステーションで発売
※雷電Ⅱをベースに要素を追加した作品です

・雷電Ⅲ
プレイステーション2で発売

・雷電Ⅳ
プレイステーション3(ダウンロードのみ)、XBOX360で発売
※PS3版のタイトルは「雷電Ⅳオーバーキル」(要素が一部追加)

・雷電Ⅴ
プレイステーション4、XBOXONEで発売
※PS4版のタイトルは「雷電Ⅴディレクターズカット」(要素一部追加)

派生作品
雷電シリーズは派生作品もいくつか発売されています。

・ライデンファイターズ
XBOX360で発売(ライデンファイターズエイシズに収録)

・ライデンファイターズⅡ
XBOX360で発売(ライデンファイターズエイシズに収録)

・ライデンファイターズジェット
XBOX360で発売(ライデンファイターズエイシズに収録)

結構豊富にシリーズ展開されています。
最初はXBOX系統のゲーム機に発売されることも多いですね。
ライデンファイターズシリーズは、家庭用ゲーム機の場合だと
XBOX360でしか遊べないですし、ソフト自体も
プレミアになっているので、なかなか入手は難しかったりします。

今から雷電シリーズを遊ぶなら?

雷電シリーズは基本的に、どれから遊んでも大丈夫です。
ストーリー上のつながりは無いので、
2からでも、Ⅳからでも、どこからでも大丈夫です。
そもそも、ストーリー自体ほとんどないようなものですし…

最新作からでも大丈夫
と、いうことで最新作の雷電Ⅴから遊んでも大丈夫です。
Ⅴは他に比べてストーリー演出が多いですが、これも他の
シリーズから繋がっているものではないので、
独立した物語として楽しむことができます。

初代から遊ぶなら?
初代から遊ぶのであれば、アーケードアーカイブス(ダウンロード)
などで遊ぶか、もしくは雷電プロジェクト(PS)を購入されると
良いと思います。
雷電プロジェクトには1と2が入っているので、まとめて
遊ぶことができます

本編をそろえるなら…
もしもシリーズ本編をそろえるなら…
・雷電プロジェクト(PS) 1と2収録
・雷電Ⅲ(PS2)
・雷電Ⅳ(PS3※ダウンロード専売 か XBOX360)
・雷電Ⅴ(PS4 XBOXONE)
で遊ぶことができます。

派生作品も?
まず、PSの雷電ディーエックスというソフトは
Ⅱのバージョンアップ版です。
そしてXBOX360のライデンファイターズエイシズという
ソフトは雷電シリーズの派生作品で、スピード感を重視した作品、
ライデンファイターズシリーズの3作品をまとめて収録したものです。
もちろん、ストーリーなどにつながりがないので
これらから遊んでも大丈夫です!

雷電シリーズは単発作品なので、どれから遊んでも全然大丈夫です。
シューティングゲームは基本、そういう作品も多いですよね。
そこも良いところの一つかもしれません

スポンサーリンク

シリーズの敵キャラクターまとめ!

クリスタル
雷電シリーズの敵と言えばクリスタルですね。
初代雷電からクリスタルが埋まった兵器との戦いが続いています。
当初は「宇宙からの侵略者」とされていました。
ただ、「雷電Ⅴ」でも宇宙からの侵略者であることには
変わりないみたいですが、
ちょっとⅣまでとは違う存在みたいですね。
1~4では具体的なバックストーリーが語られなかったので
クリスタルがどんな存在かはイマイチ不明でしたが
Ⅴでは他の惑星などを汚染しつくして、生命の住めない星に
変えてしまっていることなどが明らかになっています。

Ⅴでは、エンディングによっては、
地球が滅ぼされてしまうこともあり、
その存在はかなりの脅威になっています。
作中では明言されていませんが
「1~4」と「Ⅴ」のクリスタルは別物、というか
パラレルワールドだと思います。

SHIFT
雷電Ⅴに登場した敵。
クリスタルの兵器転用化(作中では禁止されている)を
不正に行っていた組織ですね。
誰が仕切っているのかは不明ですが、
作中ではウォルター・E・キャンベルなる人物が登場しています。

VH
雷電Ⅴで敵対した海賊。
バルバロッサ・ホークアイが仕切っていて、キャンベル大尉からの
依頼で、ベルウェザーのクリスタルを奪い取っていきました。
後に交戦後、ベルウェザー側に協力することになります。

シリーズを通しての敵はクリスタルですが、
その詳細が分かったのはⅤからですね。
今後もシリーズ展開があるとすると、どうなるのか楽しみです。
また別の世界観での戦いでしょうか。

雷電Vディレクターズカットのレビュー

XBOXONE用ソフトとして発売された雷電Ⅴの
プレイステーション4版です。今回はその雷電Ⅴにいくつかの
追加要素を加えた作品になっています。

ONE版は持ってますが…
シューティング好きなので、XBOXONE版も
当然持っていますが、ついついこちらも買ってしまいました。
PS3で発売された雷電Ⅳはダウンロードのみだったので
こうしてちゃんと手元にパッケージ版が存在するのは
個人的には嬉しいところです

基本は同じ…
まぁ、追加要素があるとはいえ、パッと遊んだ感じは
XBOXONE版とそこまで変わりません。
私はシューティングゲームが好きなので購入しましたが
基本はわざわざ買う程のものではないかと。

特典などについて
限定版の特典はサントラと
デジタルビジュアルブックですね。
デジタルの方は見てみましたが、まぁ無難な感じでした。
サントラはONE版とは少し内容が異なっていますね。

追加要素
二人同時プレイに関しては未プレイなので割愛。
ミッションステージはまぁ、あくまでもおまけのようなものですね。
個人的には新しい要素があるだけで嬉しいですけれど…(笑)
わざわざ買う程の追加要素ではないかと。
日本語のボイスについては少し違和感がありますね。。
雷電の世界観には合わないのかもしれません。

変わらず…
そこまで大幅に変わった、という感じはせず、
小さなマイナーチェンジ、という感じですが、
雷電シリーズが好きなヒトは楽しめると思いますし、
XBOXONE版を持ってない人には良いと思います!

※雷電Vについては別記事・雷電Vを語るでさらに詳しいお話を
しているので、良ければご覧ください!

雷電Ⅳのレビュー

縦スクロールシューティングゲーム、雷電シリーズの
第4弾です。アーケードからの移植ですが、
XBOX360版オリジナルのステージなども
追加されています!

正当進化
「雷電Ⅲ」をベースにそのまま正当進化させたような
ゲームです。雷電Ⅲの感覚そのままに楽しめました!
グラフィックも、Ⅲに比べると進化しています。
まぁ、シューティングなのでほどほどに…って感じですけどね。

BGM
音楽はカッコいいものが多いです!
過去作アレンジも多め。。
個人的にはステージ2と3がお気に入り。

早期購入特典としてサウンドトラックCDがついており、
そこに色々なアレンジ曲も入っているので、
このサントラもおすすめです
(・・・と言っても市販されてないので
入手は難しいでしょうけれど・・・)

後にプレステ3でも・・・
後になってプレイステーション3でもダウンロード専売ですが
雷電ⅣOverKillとして発売されましたね。。
私も後に遊んでみました(感想は別項目に記載しています)

遊びやすい!
超・シンプルな縦スクロールシューティングゲームなので
やはり遊びやすいです。
変にキャラクターがいたりとか(雷電Ⅴは好きですが)
無駄な演出があったりとか、そういうことがないので
純粋のシューティングゲームとして楽しめます。
今の時代では貴重な存在ですね。。

Ⅲまでの時点ではそれほど凄く好き!というほどでは
なかったのですが、
4をプレイして自分の中での雷電シリーズの評価が
あがりました!
BGMも良いですし、全体的に高い完成度の作品だと
思います。。

雷電Ⅳ OverKillのレビュー

XBOX360で発売された雷電Ⅳにオーバーキルモードなどの
要素をプラスした作品ですね。
従来のアーケードモードの他に、新たにオーバーキルモードという
モードを楽しむことができます。
ちなみに、プレイステーション3版はダウンロード専売です。

オーバーキルモード
新しいスコア稼ぎのシステムが搭載されているモードですね。
途中でミッションステージなども加わるので、結構新鮮な感覚で
楽しめます。少し要素が追加されるだけでも結構雰囲気が
変わるものです。

BGM変更…
オーバーキルモードで使われているBGMは雷電Ⅳ本編のものとは
違うものになってましたね。。
歴代楽曲のアレンジ(Ⅲとかのもありました)が流れています。
まぁ、新曲ではなく、XBOX360版の早期購入特典CDに
入ってたやつがそのまま流用されているだけですけどね。。

トロフィー
トロフィーの獲得条件はほとんどが新モードのオーバーキルモード
向けの内容になっていました。。
なので、メインでオーバーキルモードをプレイすることになるかと。。

Ⅴを遊んだ後だけど…
XBOXONEの雷電Ⅴを先に遊んだのですが、
シューティングゲームは比較的、後々の作品を遊んでから前作に
戻っても、それほど劣化を感じない印象です。
と、いうことでこの「オーバーキル」も楽しむことができました!

久しぶりに雷電Ⅳをプレイしましたが、やはりシューティング好きの
私にとってはなかなか楽しい作品です。
Ⅵ(出るか分かりませんが)も出たら買いますよ~

スポンサーリンク

雷電Ⅲのレビュー

雷電シリーズのナンバリング第3弾となる作品で、
アーケードで稼動後、プレイステーション2に移植
された作品です。
プレイステーション2版ならではの追加要素も存在します。

綺麗になった!
雷電ディーエックスまでの作品に比べると、
だいぶ綺麗になりましたね。
遊びやすくなった印象です。
弾幕が見にくい部分もあるような気はしますが…。

ゲーム性はそのまま!
綺麗になったとは言え、ゲーム性はしっかりと雷電そのものです。
余計な変更(?)とかが加えられたりはしていないので
安心して雷電シリーズの1作品として楽しむことが
できますよ!

おまけ要素は少なめ
シューティングゲームの家庭用ソフトだと結構隠し要素が
多いのも魅力ですが、
雷電Ⅲはボスラッシュモードぐらいでしょうか。
隠し要素の量としては少なめで寂しい印象も受けます
(雷電ディーエックスは凄かったですからね…)

BGMは?
BGMはなかなか良い感じです。
今までの雷電シリーズよりもクリアな楽曲になった印象です。
個人的にはSTAGE1とBOSSのBGMが
お気に入りです!

王道な出来栄え
余計なストーリー演出だとか、キャラ演出が無く、
あくまでも王道的な縦スクロールシューティングゲームに
仕上がっています。
硬派なシューティング!ってところですね。

個人的には雷電Ⅳや雷電Ⅴの方が好きですが、
このⅢも良い出来栄えだと思います。
ただ、このプレイステーション2版は店頭で探すのは
今だと少し難しいかもしれません。

雷電ディーエックスのレビュー

雷電シリーズの一つで、アーケードで稼動した雷電ディーエックスの
プレイステーション版です。
雷電Ⅱをベースに色々とパワーアップを施した作品ですね。

3つのステージ構成
ディーエックスの特徴はゲーム開始時に練習・初級・上級の3つから
選べることですね。
練習は練習用のステージを遊び、初級はSTAGE5まで、
上級がメインモードという感じです。
こういう感じのSTGは少ないので珍しい印象でした

ゲーム自体は!
ゲーム自体はとてもシンプルで遊びやすいシューティングゲーム、
という感じです。悪く言えば特徴が無い!ともいえるかもしれませんが
個人的には好きなシリーズです。

2作目…
この雷電ディーエックス、私にとっては雷電シリーズ2作目と
なる作品です。最初に遊んだのは同じくプレイステーションで出ている
「雷電プロジェクト」。
次にこれを遊んだ感じです。
その後、Ⅲ⇒Ⅳ⇒エイシズ⇒Ⅴ⇒Ⅳオーバーキル⇒Ⅴディレクターズカットと
色々遊びました^^

隠し要素が豊富!
雷電ディーエックスは隠し要素が豊富なのも良いところ。
次々とオプションに追加項目が出てきますからね。
それらを出現させていくのも楽しみの一つでした!

2番目に遊んだ雷電シリーズ。
シリーズの中でも特にオプションが充実していた印象ですね!
ちなみに、中古屋で購入したのですが、
通常版とベスト版が同じ値段で並んでいたのでベスト版を買いました!
そしたら…説明書がモノクロでした!(笑)

雷電プロジェクトのレビュー

アーケードで稼働したシューティングゲーム、
「雷電」と「雷電Ⅱ」をまとめて収録した作品です。
縦置きモニターなどにも対応していますね。

始めての雷電!
雷電シリーズを遊んだのは初めてでした。
これを遊ぶまではシリーズの存在自体も知らず(笑)
当時、シューティングゲームにはまっていたので、
お店でパッケージを見かけて存在を知りました。

シンプルなシューティング!
内容はとにかくシンプルですね。
いかにもシューティングゲーム!って感じの作品です。
余計な要素が無くて、シューティングを楽しむのには
ちょうど良い作品だと思います。

おまけ要素が欲しかった?
この雷電プロジェクトには特に目立つ隠し要素はありません。
家庭用のシューティングゲームは結構、クリアすると
ご褒美で隠しモードなどが出現したりするのですが、
コレにはありませんでした。
出来れば何かあった方がより楽しめたような・・・

2作品とも・・・
雷電の1と2、2作品が収録されていますが、
基本的にはステージ構成からシステムまで、結構似ている
作品です。当時アーケードなどで遊んだ方は、思い入れも
あると思いますが、シリーズ初デビューの私には
似たようなゲームに見えてしまいました
(つまらない というわけではなく)

雷電シリーズ初経験でしたが、そこまで長くは遊べませんでした。
ただ、システム面は結構 気に入ったので、
このあとの雷電シリーズを遊ぶきっかけを作ってくれたソフトです

発売元がどんどん変わっている…

プレイステーション1以降、発売された雷電シリーズの
発売元を見ていくと…

雷電プロジェクト ⇒セイブ開発
雷電ディーエックス ⇒セイブ開発
雷電Ⅲ ⇒タイトー
ライデンファイターズエイシズ ⇒サクセス
雷電Ⅳ ⇒モス
雷電Ⅴ ⇒モス

となっています。
最近はモスで固定された感じですね

開発は?
開発元は基本的にセイブ開発、セイブ開発が
閉鎖されたのちはモスが開発している感じですね。
ただ、発売元はコロコロと変わっている印象です。

内容自体は…?
発売元は違えど、開発が大体同じような感じなので、
ゲーム内容自体はそれほど変わりません。
ちゃんと、雷電シリーズとしてしっかりと作られている印象を
受けますね…。

今後は?
雷電Ⅲ以降の本編はモスが開発しており、
雷電Ⅳ、Ⅴに関しては発売元もモスだったので、
モスが雷電シリーズを見離さない限りは、Ⅵもモスから
出るのではないでしょうか。

メーカーのその後
モスとサクセスは現存している会社です。
セイブ開発に関しては既に解散している模様ですね。
タイトーはまだ存在はしているのですが、
最近は家庭用ゲーム事業からはほとんど手を引いているみたいです。

発売元が変わっても別に何があるわけではないのですが
これほど発売元がコロコロ変わっているゲームも
珍しいなぁ、という印象です。
また変わるようなこともあるかもしれませんね。

シリーズの今後は?雷電Ⅵは出るの?

現在、雷電シリーズは株式会社モスが展開しています。
Ⅲ、Ⅳ、Ⅴと順調に発売されており、順調に進めば
雷電Ⅵも発売されるのではないでしょうか?
ただ、色々と怪しいところも無くはないですね…

雷電Ⅴの売上が
まず、雷電Ⅴの売上。
海外やダウンロード版を含めるとどうなっているのか不明ですが、
XBOXONE版の売上はランク外により集計不能、
そしてプレイステーション4版は初週1700本程度でした。
日本国内のパッケージ版の売上だけを見ると、とても厳しい状況です。
今回はアーケードでも稼働していないので…
DL版、海外版の売上次第では赤字もあり得ますが…

発売の間隔…
雷電Ⅲ⇒Ⅳは比較的早い段階で発売されましたが
Ⅳ⇒Ⅴはかなり時間がかかりました。と、いうことでⅤ⇒Ⅵも
やはり5年以上はかかるのではないでしょうか。
加えて、最近のシューティングゲームは
「カラドリウス」のようなキャラクターを推し出したものの
方が多くなりつつあり、その点は少し引っかかるところです
(古いスタイルの雷電は出なくなるかも…)

雷電Ⅵが出るとすれば?
随分先になるのは間違いないですね。
内容としては、Ⅴのものをベースとしてストーリーを展開するか、
もしくはⅣのシステムに戻し、アーケードなどでも展開するか、
いずれかではないでしょうか。

モスの未来…
株式会社モスさんの未来も少し心配だったり…
大丈夫だとは思いますが、パッケージ版の売上だけを見ていると
会社の状況が少し心配だったりします

雷電Ⅵ…次に雷電シリーズの作品が出るとすれば、
Ⅴの完全版も終わりましたし、Ⅵではないかと。
ただ、それが発売されるのは相当先の話に
なるかとは思いますが。

タイトルとURLをコピーしました