メトロイドプライム4の発売はいつ?シリーズネタバレ考察・レビュー!

アクション

メトロイドプライムシリーズは、
メトロイドシリーズの派生作品として、
ゲームキューブ時代から始まったシリーズ作品です。

レトロスタジオという会社が開発を担当しており、
メトロイドシリーズの世界観をしっかり継承した
FPS作品に仕上がっています。

こちらのシリーズの最新作「4」についての情報と
シリーズ作品のネタバレ・考察・レビューをまとめていきます

スポンサーリンク

シリーズ作品まとめ

メトロイドプライムシリーズは、現在下記のものが
発売されています。

・メトロイドプライム
ゲームキューブ、Wii(Wiiであそぶセレクション)

・メトロイドプライム2 ダークエコーズ
ゲームキューブ、Wii(Wiiであそぶセレクション)

・メトロイドプライム3 コラプション
Wii

・メトロイドプライム4
ニンテンドースイッチで発売予定

・メトロイドプライム ハンターズ
DS、WiiU(ダウンロード専売)

・メトロイドプライム ピンボール
DS

・メトロイドプライム フェデレーションフォース
3DS

メトロイドプライム4はいつ発売されるのか?

ニンテンドースイッチで開発中とされるタイトルの一つで、
2008年に発売されたメトロイドプライム3コラプション以降、
久しぶりとなるプライムシリーズのナンバリングタイトルとなります。
開発は以前とは別のところが行っているという噂でしたが、
これが没になったようで、
2019年に従来のレトロスタジオ開発により、1から開発が
再スタートしたようです。

2017のE3で・・・
メトロイドプライム4は、2017年のE3で発表されました。
海外では、かなり高い注目度を誇っているようですね。
タイトルロゴだけの発表だったのですが、それだけで注目を
集めると言うのは、海外での人気の高さがうかがえます。

2018年のE3では・・・
しかしながら、メトロイドプライム4の情報は、2018年のE3では
全く存在しておらず、何も追加情報はありませんでした。
2017年のE3で制作が発表されて以降、
何の情報もないまま、というのが現状ですね。

発売予定日は?
現時点では発売日未定とされています。
日本の発売予定表には掲載されていない?気もしますが、
出ないことはないかと思います。
ただ、2018のE3で情報なしだったこと、
開発が1からやり直しになっていることから、
早くて2020年でしょうか。

現時点で好評されているのは、タイトルロゴだけですね。
ゲーム画面の一つも、発表されていません。

2018のE3ではなんの情報もなかったメトロイドプライム4。
いずれにせよ、そのうち情報は出て来るとは思いますが
待ち遠しいものですね。

スポンサーリンク

プライム4の内容を色々予想してみる!

ゲーム内容予想
基本的なシステムはメトロイドプライム3までのを継承すると
思われます。
ただ、久しぶりの新作であることから、色々な部分が調整・変更
されているかもしれませんね。
独自の新システムなどもあると思います

ストーリー
プライムシリーズの敵・フェイゾンとの戦いは「3」で終わりましたし、
今更フェイゾンの存在を持ち出してくるとは思えないので、
新しい敵が登場するのではないでしょうか。
3の隠しエンディングでサイラックスらしきシップが登場してましたが、
恐らくこれは「4」には関係ないと思います。

舞台
これは全く分かりませんね。
恐らくどこかの惑星が舞台になるのだとは思いますが、
1や2のように一つの惑星を舞台とするのか、3などのように
複数の惑星を行き来するタイプになるのか…。
どちらになるのか注目です

売上は?
ゲーム内容がわからないのでなんとも言えませんが、
日本ではメトロイドシリーズは結構厳しい売上です。
ただ、ニンテンドースイッチが売れていることを考慮して、
5万本以上(累計)は売れるのではないでしょうか。
海外ではかなりヒットすると思われます

マルチプレイ?
時代が時代ですから、メトロイドプライム2みたいな
マルチプレイモードのオンライン対応バージョンが
収録されるような気がします。
勿論、メインはシングルプレイモードだと思いますが。

今のところ神秘のベールに包まれた
メトロイドプライム4。
私は予約して購入予定です!
気長に待機しようと思います^^

プライム3のレビュー!

システムはメトロイドプライム1から続くものを
継承しており、非常に高い完成度を誇っています。
Wiiリモコン+ヌンチャクとの操作も、メトロイドプライムに
関してはとてもやりやすいです。

2までは一つの惑星でしたが3は複数の惑星に。
なかなかどの惑星も個性的で良い感じです。
個人的には惑星エリシアが一番良い感じでした!

仲間のバウンティハンターも出番は少なめですが
良い味を出していました。
もう少し共闘する場面が欲しかったような
気もしてしまいますが…!
個人的にはランダスがお気に入りです!

1と2の雰囲気を継承した良い感じのBGMです。
ランダス戦、ガンドレイダ戦、惑星エリシアあたりのBGMは
個人的に特にお気に入りです!

ゲームキューブで発売されたメトロイドプライムシリーズと
比べると周回要素が非常にやりやすくなった印象を受けました。
アンロック要素などもありますし、なかなか良いと思います
(ただ、一部アンロック要素がネット必須なのは微妙でしたが)

非常に完成度の高い作品だと思います。
最新作のメトロイドプライム4は久々なので、
期待半分、不安半分と言ったところですが、
とりあえず、楽しみにしたいと思います!

メトロイドプライム3を徹底的に語る もご覧ください!

3の攻略本やサントラは発売されているの?

攻略本は一種類のみ発売されています。
小学館から発売されている任天堂公式ガイドブックですね。
メトロイドプライムの2までは複数者から攻略本が発売されていましたが、
3は攻略本は1種類のみしか発売されませんでした。

メトロイドプライム3の攻略本以外の書籍は発売されているのかどうか。
これは、残念ながら、発売はありません。
メトロイドプライム3関連の本は、先に紹介した
任天堂公式ガイドブックのみとなっています

日本ではメトロイドプライム3のサントラCDは発売されていません。
ただし、ニンテンドー3DSで発売されたソフト
「メトロイドサムスリターンズ」の限定版に付属されていたCDに、
メトロイドプライム3の曲が数曲収録されています

ゲーム内でのサウンドテストは用意されています。
すべての楽曲を聴けるわけではないのですが、
厳選された楽曲を楽しむことが可能です。
ゲーム内で手に入れたポイントと引き換えにアンロックしていくカタチですね。

その他の関連商品は特に目立つものは発売されていません。
海外ではメトロイドプライムの1,2,3をまとめて収録した
「メトロイドプライムトリロジー」というソフトも発売されましたが
日本では、そちらのソフトは発売されませんでした。

3の登場人物は?

五十音順に並んでいます。ネタバレ有!

〇カストール・デーン提督
銀河連邦第7艦隊及び旗艦オリンパスの提督を務める人物。
スペースパイレーツに両親を奪われた過去を持ち、
パイレーツを憎んでいる模様。
サムスらバウンティハンターを招集し、ミッションを依頼した人物。
サムスとは一定の信頼関係を築いている模様。

〇ガンドレイダ
銀河連邦に召集されたバウンティハンターの一人。
出身不明、年齢不明の女性。ジョビアXIIの変異生物に似た特徴を持つと
されており、他者に変身できるほか、電気を操る能力を持つ。
サムスをサミーと呼び、ライバル視していたものの、フェイゾンに汚染され、
惑星ウルトラガス調査中に暴走。ダークサムスの配下となってしまう。
後にウルトラガスにやってきたサムスと対決するも敗れ去り、
悲痛な叫びをあげながら消滅した。

〇ゴア
銀河連邦に召集されたバウンティハンターの一人。
ウォタンⅦの解放戦争で戦った退役軍人。現在は体のほとんどを
サイボーグ化している。
戦闘時にはバトルスーツを利用、その際は穏やかな人格が
凶暴なモノへと変異する。
他のバウンティハンター同様、フェイゾンの汚染により暴走。
ダークサムスの配下としてサムスの前に立ちはだかるも敗れ去り、
ダークサムスに吸収されて消滅した。

〇サムス・アラン
フリーのバウンティハンター。
本作では銀河連邦の依頼を受けてミッションに参加。
その際にダークサムスの攻撃を受け、フェイゾンの汚染を
受けながらフェイゾンと戦っていくことに。
最終的に惑星フェイザでダークサムスを打倒することに成功し、
ミッションを無事に完了させた。
事件終息後、ランダスらを思い出す場面があり、
人間らしい一面も見せている。

〇ダークサムス
フェイゾン生命体の王者。ターロンⅣでサムスに倒された
メトロイドプライムが変異した姿。
フェイゾンで相手を洗脳したり、汚染したりする能力を持ち、
スペースパイレーツをも配下に置き、銀河連邦に戦争を挑む。
最終的に本拠地、惑星フェイザに乗り込んできたサムスによって
倒され、惑星フェイザごと消滅した。

〇ランダス
銀河連邦に召集されたバウンティハンターの一人
惑星ベスⅢの衛星の一つで、氷の星フィリジス出身。
氷を操る力を持ち、その能力を用いた戦闘等を行う。
また、倒したターゲットから戦利品を奪うなどの一面も。
最初のミッションでダークサムスの攻撃を受けてしまい
フェイゾンの汚染が始まってしまい、
惑星ブリオの調査中に暴走、ダークサムスの配下になってしまう。
後にサムスと対峙し、激闘の末に敗北、
自らの氷に貫かれてそのまま消滅した。

ランダス・ゴア・ガンドレイダは個性的なキャラだっただけに
あのようなカタチで消滅してしまい、個人的にはザンネンでした…
もう少し活躍を見たかった気もします。

スポンサーリンク

プライム3ネタバレ!犠牲者一覧

犠牲者1 ランダス
銀河連邦に召集されたバウンティハンターの一人。
氷を使った戦闘・調査を得意とする。
後に惑星ブリオ調査中にフェイゾンの汚染により暴走、
やってきたサムスの前に立ちはだかるも敗北し、
最後は自らの氷に貫かれて消滅した。

犠牲者2 ゴア
銀河連邦に召集されたバウンティハンターの一人。
惑星ノリオンでの戦闘時にフェイゾンの攻撃を受け、
後に惑星エリシア調査中に暴走、
やってきたサムスの前にも立ちはだかるも、
敗れ去り、ダークサムスに吸収される形で消滅した

犠牲者3 ガンドレイダ
銀河連邦に召集されたバウンティハンターの一人。
他者の姿に変身することができる。
他の2人同様、フェイゾンにより暴走、
惑星ウルトラガスでサムスの前に立ちはだかるも敗北、
他の2人と同じようにダークサムスに吸収され消滅した。

犠牲者4 ダークサムス
フェイゾン生命体の王者。
フェイゾン生命体やスペースパイレーツを従えている。
惑星フェイザでサムスと対決するも、敗れ去り、
最後にはフェイザ共々消滅した。

プライム3考察!エンディングの謎

メトロイドプライム3のエンディング。
アイテム収集率を100%にしてクリアするとシークレット
エンディングを見ることができます。

その内容は、スターシップで飛び去ったサムスの背後から
ナゾのスターシップがその後を追跡していく…というもの。

形状から、DSで発売された「メトロイドプライムハンターズ」に
登場したバウンティハンターの一人、サイラックスが搭乗していた
デラノ7だと思われます。
サイラックスは、
メトロイドプライムハンターズに搭乗したバウンティハンターで、
銀河連邦軍を強く憎んでおり、サムスのことも敵視していました。
作中でも、何度かサムスと対決していましたが、
最後には作中のラスボス、ゴリアによって倒されてしまいます。

ゴリアに倒されたように見えたサイラックス。
しかしながら、生きているのか、倒されたのかどうかは明確になっていなかったので、
恐らく生きていたのでしょう。
まぁ、デラノ7らしきスターシップにサイラックスが
搭乗しているとは限りませんが・・・。

目的は明らかにされていませんが、恐らくサムスを敵視
した上での行動でしょうね・・・。
サムスの事をまだ憎んでいて、
何らかの目的を持って、追跡しているのでしょう。

あのエンディングの続きが、今になって描かれるとは思えません。
メトロイドプライム3のエンディングは謎のまま・・・。
こういうことになりそうですね…。

プライム3のバウンティハンター考察!

メトロイドプライム3では3人のバウンティハンターが登場しました。
氷使いのランダスと、巨大な兵器を使うゴア、そして他者に変身できる
ガンドレイダ。個性的なメンバーたちが登場しました。

三人はサムスと同じく、銀河連邦軍に召集され、共に
フェイゾンとの戦いに赴きます。
どのメンバーも、サムスとの会話シーンがあり、
特にランダスはサムスの事を認めている様子でした。
しかし、任務中にダークサムスの攻撃を受けてしまい、
作戦は失敗。
3人とも無事に助かり、サムスが眠っている間に、
再び各惑星への調査へと赴きました…しかし。。

3人ともダークサムスの攻撃を受けた際に汚染されて
しまっており、フェイゾンの影響で自我を失い、
ダークサムスの支配下に置かれてしまいます。

ランダスは惑星ブリオで失踪。
サムスと出会った際に、周囲にいた
スペースパイレーツ兵を一掃するなどしていましたが、
その際にサムスにも襲い掛かり、結局撃退され、
最後は自らの氷に貫かれて消滅しました。
汚染後はセリフが一言もないことから、最も重度に
汚染されていたのかもしれません。
また、パイレーツも襲っていることから、敵味方区別なく
襲うようになっていたのかもしれませんね…
最後は…わずかに残る自我で自らを氷で貫いた、とも
考えられますが、どうなのでしょう…。

ゴアは惑星エリシアで失踪。
ランダスとは違い、サムスに対して言葉を話します。
ただし、その人格は豹変しており、かなり凶暴になっていました。
最後はサムスに敗れて、そのままダークサムスに吸収されて
しまいました。
エリシアのモニターにも映し出されており、
短期間でスペースパイレーツの上部にまで上り詰めていたみたいです。

ガンドレイダは
惑星ウルトラガスで失踪。
緊急通信を連邦軍に送りつけており、自我を失うまでに
そこそこの時間があった模様です。
やってきたサムスを連邦軍兵士に変身して始末しようとするなど、
知性も残っていた模様。
3人の中では一番、正気のころに近い状態のまま暴走していました。
サムスに倒された後は、そのまま消滅。
最後の瞬間は自我を取り戻して助けを求めているようにも
見えましたが果たして…

個性的なキャラクターたちだっただけに汚染と言うカタチで
全員的になってしまったのはザンネンでした。
個人的にはランダスがお気に入りです^^
戦闘曲もなかなか良い曲でした!

プライム2のレビュー

メトロイドプライムシリーズは、
1GC⇒3⇒1Wii⇒2Wiiの順番で遊びました。
と、いうことで本編三部作の中では、これを一番最後に
遊んだ感じになります

メトロイドプライムシリーズはどれもダークな雰囲気ですが、
これは特に独特な雰囲気でした^^
ダークエーテルがかなり不気味で良い味を出していました。
個人的に世界観は「2」が一番好きだったりします。

ゲームキューブ版の2は持っていないのですが、
2のWii版は、1Wii版と同じように、周回がやりやすく
なっていたり、ボーナスを入手できたりと、「3」のメニューまわりと
同じシステムになっているので、とてもやりやすいです。

「2」はどのステージにも光と闇が用意されていてかなり
独特な雰囲気です。
闇はどこも似たような風景に見えてしまいますが、かなり不気味です(汗)
ちなみに私の好きなステージは、終盤のホレイトです!

BGMは他のメトロイドプライムシリーズと同様に
なかなか良い感じのBGMでした。
メニュー画面と銀河連邦軍兵士との戦いのBGMが好きでした^^

かなり人を選びそうな作風であることは確かなのですが、
個人的にはなかなか楽しめました。
…そういえば、マルチプレイモードもあったのですが、あれは
二人じゃあまり盛り上がりませんでした…!

2のGC版とWii版の違いは?

グラフィックが少し綺麗に!
ゲームキューブからWiiになったことで、
グラフィックが若干綺麗になりましたね。
流石に「3」ほどではありませんが、なかなか綺麗な映像には
なっています。

システムが3向けに…
先に発売された「Wiiであそぶ メトロイドプライム」と同じく
メトロイドプライム3コラプションと同じ雰囲気の
システムになっており、
スキャン率などが引き継ぎされ、クレジットを集めることで
隠し要素をアンロックしていく形式になっています。

サウンドなどを聞ける!
アンロック要素としてサウンドテストも用意されており、
ゲーム中のBGMを聞くことができるのは良い要素ですね!
全曲聞けるわけではないのですが、ゲーム中の主要な
楽曲は全て収録されている印象です。

操作方法
Wiiでの発売になったので
Wiiリモコン+ヌンチャクで操作します。
ちなみに、Wiiにもゲームキューブコントローラーは接続できますが、
Wiiであそぶ メトロイドプライム2ダークエコーズでは
ゲームキューブコントローラーを使うことはできません。

データは…
言われなくても分かってるよ!と言われてしまいそうですが、
データの引き継ぎなどはできません。
ゲームキューブ版でオールクリアしていても、Wii版は
まだ最初からです。念のため。

メトロイドプライム1,2は圧倒的にWii版の方が
遊びやすいと思います。
操作の感じもそうですし、何よりスキャン率などを
引き継ぎできるのは大きいです。

プライム2の攻略本やサントラは?

メトロイドプライム2ダークエコーズは2機種に発売されています。
最初に発売されたゲームキューブ版と、システムなどを改良したWii版
「Wiiであそぶ メトロイドプライム2ダークエコーズ」の2つですね。
海外ではWiiで3部作を収録した「メトロイドプライムトリロジー」なる
ソフトも発売されています

攻略本は4種類ほど発売されています。
小学館、毎日コミニュケーションズ、エンターブレイン、メディアワークスから
それぞれ発売されている感じですね。
どの攻略本も、ゲームキューブ版当時に発売されたものです。

サウンドトラックCDは日本国内では発売されていません。
ただし、3DSで発売されたメトロイドサムスリターンズの
限定版特典CDに4曲ほど楽曲が収録されているので、
そちらで楽曲を楽しむことは可能になっています。

ゲーム内でのサウンドテストモードは、
Wiiであそぶメトロイドプライム2ダークエコーズには用意
されています。すべての楽曲を聞くことはできませんが、
主要楽曲を聞くことはできるようになっています。

大乱闘スマッシュブラザーズX以降に、メトロイドプライム2の
要素も若干ながら収録されています。
マルチプレイのBGMが流用されていたり、ルミナスのフィギュアが
登場していたり、と少しですが、メトロイドプライム2要素を
楽しむことができます。

メトロイドプライム1と比べると、サウンドトラックCDの
発売もされておらず、寂しい感じを受けてしまいますが、
攻略本は4種類と豊富に発売されているので、
攻略に詰まったら試してみるのも良いかもしれませんね

初代メトロイドプライムのレビュー

メトロイドシリーズにFPSの要素を加えた作品です。

基本システムがFPSになっていながらも
メトロイドシリーズの探索する楽しさや雰囲気、
世界観などはしっかり継承し、
高い評価を得た作品です。

レトロスタジオという会社が開発を担当しました

基本システムが変わったりすると「う~ん」と
思う作品も多いですが、
このメトロイドプライムはしっかり雰囲気が
継承されているので、違和感なく楽しめます。
フィールドもメトロイドらしい
どことなくダークな雰囲気で、
良い味を出しています。

音楽も良い感じです。
上手く言葉には表せませんが、
いかにもメトロイド!という感じのBGMです(笑
個人的には
メインテーマ、ターロンオーバーワールド、
ラヴァケイブス、チョウゾゴースト、スペースパイレーツ、
メタリドリーのBGMあたりがお気に入りです

完全クリアはなかなかに難しい・・・
敵などをスキャンしてログブックと呼ばれるものに
登録する要素をはじめ、
アイテムの収集など、様々な要素が用意されています。
真のエンディングを見るには
アイテムを100パーセント集めないといけないので
なかなか難しいですが、
その分長く遊べたので、嬉しい要素でした。
ログブックは…キツイですね
周回プレイをしても引継ぎ等はないので(Wii版にはある)
失敗すると一からやり直しです。
1回しか登場しない敵などもいるので、
ログブック集めをしようとすると神経を使います。。

初代メトロイド収録!
初代メトロイドも収録・・・
されているのですが、
GBAケーブルという周辺機器を用いて
「メトロイドフュージョン(アドバンスのソフト)と
連動させないと遊べないので
残念ながら私は遊べませんでした!

後に、Wiiで発売された「Wiiであそぶメトロイドプライム」の
方が遊びやすい印象です。
要素なども追加されているので、今から買うならあちらの
方が良いかも…。

まぁ、このゲームキューブ版でも十分遊べるんですけどね。

ゲームキューブ版のメリットとしては
・ゲームキューブコントローラーで遊べる
・GBAケーブルとフュージョンがあれば
初代メトロイドが遊べる

の2点ですね。

とにかく完成度の高い作品、という印象です
フィールドやステージなども丁寧に作られており、
なかなかに楽しめました。
レトロスタジオ、という会社は良いゲームを
多く作ってますね。。

GC版とWiiであそぶ版の違い

グラフィックがパワーUP!
ゲームキューブからWiiになったことで画質は多少
良くなりましたね!HD化!ってほどは変わりませんが
確実にきれいにはなってます。
メトロイドプライム3には流石に及びませんけど…。

プライム3のシステムに!
ゲームが周回プレイ(スキャン率などを引き継ぐ)できるように
なったり、ゲーム内でクレジットを入手して、貯めたクレジットで
隠し要素をアンロックする形式になっていたりと、
メトロイドプライム3形式のアンロック方法に変わっていました。
個人的にこの変更はうれしかったですね。
周回プレイ(スキャン率だけですけど)できた方が
長くやりこみができるので。
また、サウンドテスト(アンロックの景品にある)も、追加されました。

初代メトロイドは遊べない
ゲームキューブ版はGBAのメトロイドフュージョンと連動することで
初代メトロイドと特殊スーツをGETできたのですが、Wii版は連動が
ないので、初代メトロイドはカットされてました。
この点は少し残念でした(笑)

操作は…
操作はWiiリモコン+ヌンチャクですね。
メトロイドプライムシリーズはこの操作の方がやりやすい印象です。
ちなみに、ゲームキューブコントローラーは使えません。

周回システムなどがメトロイドプライム3システムになったことで
かなり遊びやすくなった印象です。
今からどちらを買うか迷っている方は絶対にWiiであそぶ版を
おすすめします!
(まぁ、Wii持ってればの話ですけどね。)

Wiiであそぶメトロイドプライムのレビュー

メトロイドプライムシリーズのWiiでの操作は
個人的に好きでした。3と同じ感覚で操作できるので、
これはゲームキューブ時代よりやり易かったですね…

周回プレイしやすくなった!
ゲームキューブ版ではログブックの引き継ぎなどが無く、
なかなか大変でしたが、Wii版では3と同じような
スタイルになっており、引き継ぎできますし、
ゲーム内で手に入れたクレジットで景品とも交換
できるようになっており、遊びやすくなった印象ですね

実はゲームキューブで1だけ遊んでいたのですが
なんとなく買ってしまいました。
ゲームキューブ版当時よりも色々遊びやすかったおかげか、
こちらのバージョンの方が長く遊びました。。

初代メトロイドは…
ゲームキューブ版当時、GBAケーブルとの連動で
メトロイド(初代)が遊べるようになる要素がありましたが
Wii版では初代メトロイドは削除されていました。
メトロイドシリーズは好きですが、いまだに初代を
遊んだことのない私からすると少しだけザンネンでした!

ゲーム自体はとても完成度が高く、面白いです!雰囲気は暗いですが
探索しがいのあるフィールドをウロウロしているだけでも
結構面白いモノです。。
BGMも良いですね!特にWii版はサウンドテスト(一部)があるので
嬉しいところです

メトロイドプライムシリーズは好きなので、2回目でしたが
ついつい買ってしまいました。
勿論、この後に出た「2」も買いましたよ。
2はそもそもキューブ版持ってませんし…

初代プライムの攻略本やサントラは?

メトロイドプライムはゲームキューブで発売されたものと、
調整などが行われたWii版「Wiiであそぶメトロイドプライム」の
2種類が発売されています。
Wii版は追加要素もあるので、より遊びやすくなっています。

攻略本は、3種類発売されています。
小学館、毎日コミニュケーションズ、エンターブレインから発売です。
それぞれ、特徴は異なりますが、どれも最後まで攻略しているので、
安心して利用できるのではないかと思います。

Wii版の攻略本は、単体では発売されていませんが、
毎日コミニュケーションズより「Wiiであそぶセレクション楽しむガイド」が
発売されており、その中でメトロイドプライムの攻略も行われています。
Wii版を買った場合は、こちらをチェックするのも良いかもしれません

サウンドトラックCDも、ゲームキューブ版当時に発売されており、
GBAで発売されたメトロイドフュージョンとセットのサントラに
なっています。ディスク2枚組での発売でした。
他、メトロイドサムスリターンズ付属のサントラに数曲、
ニンテンドーサウンドセレクションVol1ピーチに1曲収録されています

大乱闘スマッシュブラザーズX以降では、メトロイドプライムのBNGMが
流用されたり、フィギュアが登場しています。
また、Xでは「フリゲートオルフェオン」がステージとして登場するなど、
スマブラシリーズにゲスト出演しています

攻略本にサントラと、関連商品は色々と発売されています。
当時は関連商品の展開も、今より幅広かった、ということですね。
2、3とサントラは発売されていないので、メトロイドプライムシリーズの
サントラは現時点で1が最初で最後となっています

ハンターズのレビュー

メトロイドプライムシリーズの派生作品で、
アレンビッククラスターと呼ばれる地域を舞台に、
究極の力をめぐる物語が展開されます。
シングルプレイの他、マルチプレイモードも収録されています

外伝作品とはいえ、メトロイドプライムシリーズの1作品。
しっかりとメトロイドっぽい雰囲気は出せているように
思います。3DSで出た「フェデレーションフォース」より、
こちらのハンターズの方がメトロイドっぽい世界観です

ただし、ニンテンドーDSでの発売であるためか、
タッチペンでの操作が強いられてしまう場面も。
これが、結構やりにくいです!
ゲームキューブやWiiでメトロイドプライムを遊んでいたため、
余計にそう思えてしまうのかもしれません

他のバウンティハンターたちも使えるマルチプレイモードです。
しかしながら、私がこのハンターズを購入したときには、
既にサービスが終了になってしまっていて・・・
と、いうことでマルチプレイは一度も遊べませんでした(笑)

究極の力を狙う6人のバウンティハンターたちが登場します。
なかなか個性的な6人です。
しかし、せっかくこれだけ居るのだから、もう少し面白い
使い方も出来たんじゃないかな~~などと思ってみたり(汗
個人的にはサイラックスさんがお気に入りです

個人的にはメトロイドプライムシリーズは据置機で
遊びたいかな…?という印象。
ハンターズはそこそこ面白かったですが、
フェデレーションフォースはイマイチでしたし、
全体的に据置の方が面白い感じがします

プライムシリーズっぽい雰囲気はしっかりと継承されており、
なかなか楽しめました。しかし、もう少し操作がやりやすい
なお良かったかな…と思います

ハンターズの関連商品は?

メトロイドプライムハンターズはニンテンドーDS用ソフトとして
発売された作品で、メトロイドプライムシリーズの中出は
珍しく、携帯用ゲーム機の作品として発売されたタイトルです。
後にWiiUのバーチャルコンソールでも配信されているので、
据置機でも遊ぶことは可能です。

メトロイドプライムハンターズの攻略本は、1種類のみの発売です。
小学館から発売されている任天堂公式ガイドブックが存在するので、
攻略に行き詰ったら、この任天堂公式ガイドブックの方を
購入すると良いかと思います。

メトロイドプライムハンターズのサントラCDに関しては
発売されていません。
メトロイドサムスリターンズにメトロイドシリーズのサントラが付属
されましたが、こちらにも楽曲は収録されませんでした

メトロイドプライムハンターズのゲーム内にサウンドテストモードが
あるかどうか。これも、残念ながら存在しません。
メトロイドプライムハンターズのゲームBGMは、ゲームプレイ中に
直接聞くしか方法がない、ということになりますね。

大乱闘スマッシュブラザーズXに、メトロイドプライムハンターズで
登場したバウンティハンターたちのフィギュアが登場します。
サイラックスたちなど、プライムハンターズをプレイした方には
印象強いのではないでしょうか。

外伝作品になるので、メトロイドプライムシリーズの中でも
関連商品としては、数は少なめになってしまっていますが、
攻略本は発売されているので、攻略に行き詰ってしまった際には
手にとって見るのも良いかもしれません!

フェデレーションフォースのレビュー

今回の主人公はサムスではなく、連邦軍の無名兵士となり、
メックと呼ばれる兵器を使うことで
ミッションをクリアしていきます。
ミニゲームとしてサッカーのようなゲームも
収録されています

久しぶりとなるメトロイドプライムシリーズでしたが・・・
新作を喜ぶ!というよりは、
これが新作か・・・という落胆の方が強かった印象です。
どことなくライトな印象にまとまっており、
雰囲気は同じなのですが、なんかこれじゃない感が
ある作品です

私はNewではないほうの3DSでプレイ
しました。
その場合、3DSを傾けた操作など要求されるのですが、
これが非常にやりにくかったです。
この頃の任天堂ソフトは
無理にゲーム機の特性を生かそうとして
失敗している気がします
WiiUのスターフォックスゼロもそんな感じでしたね・・・

メトロイドプライムシリーズはBGMが良い、という
印象でしたが、フェデレーションフォースは正直なところ、
微妙な作品でしたね。。
特に耳に残るような音楽はありませんでした。

ブラストボールというおまけの
サッカーのようなゲームもありましたが、
操作感覚が微妙なこともあり、あまりプレイしませんでした。

基本システムは良いのですが、味付けに失敗してしまった
ような、そんな印象です。
相場もすぐに落ちてしまったようですし・・・。
オンライン協力もできますが雰囲気が地味なので
あまり盛り上がりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました