ダブルヘッドジョーズのレビュー&ネタバレ!大食いのサメの脅威!

映画

「ダブルヘッドジョーズ」は、
2012年に公開されたサメ映画で、
その名の通り、2つの頭を持つサメが出現する映画です。

この後、トリプルヘッドジョーズなど、
続編も多数制作されている作品ですね。

こちらを実際に見た感想をお話していきます。

スポンサーリンク

「ジョーズ」と関係はあるの?

本家「ジョーズ」とは特に何の関係もなく、
パロディ的な作品であるため、
ジョーズの名がついていますが、ジョーズの続編ではありません。

登場人物、世界観、登場するサメなど、
いずれも元々の「ジョーズ」とは何の関係もありませんので、
ジョーズを見たことが無くても、問題なく楽しむことができます。

細かいことは気にせず楽しむ映画

登場人物のうかつな行動など、細かい部分を
気にしていると、キリがない作品なので、
細かいことは気にしない、あるいはネタとしてツッコミを入れながら
楽しむ映画です。

サメのCGなど、予算が低いことを感じさせる部分もありますが、
ネタとして楽しみながら、
あまり深く考えすぎずに楽しむようにすれば
個人的には十分楽しめる作品だと思います。

スポンサーリンク

非常に多い登場人物が次々と食われていく

とにかく「ダブルヘッドジョーズ」が非常に食いしん坊で、
次々と登場人物が犠牲になっていきます。
この勢いで食べたら胃袋破裂するんじゃ?という勢いで
食べていくのでなかなかシュールです(笑)

ほとんどの登場人物が犠牲になり、
中には残酷な描写もあったりするので、
苦手な人は注意です。

登場人物の数は多いですが、
メインどころ以外、あまり覚えなくてもいいので、
そんなに難しい話ではなく、その点は安心して貰って大丈夫だと思います。

個人的には、中盤で怪我をしてから急に頼りなくなって
特に活躍もしなかった主人公(?)の教授と、
仲間を捨ててとにかく生き延びようとするキャラ・コールが
印象的でした。

意味のない行動も多い

自ら命を捨てようとしているのではないか、と思うぐらいに
登場人物の意味のない行動が多く、
個人的にはネタとして楽しめました。

そもそも、最後にヘリが迎えに来ていたので、
最初に乗っていた船を沈まないようにしつつ、
(大人数乗っていると無理だったのかもしれませんが)
そのまま助けが来るのを待ったり、大人しくしていれば
ほとんど犠牲者は出なくて済んだような、そんな気も…笑

ただ、教授たちが無駄に動き回ったり、
無駄に船を修理しようとしたりしているうちに
どんどん犠牲が広がってしまって、
取り返しのつかないことになってしまいました。

教授も、ほとんど役に立ってないところが
逆に笑えてしまいます(笑)
途中で怪我してからはしばらく大げさに騒いでいましたし
(描写のせいかもしれませんがあまり大きな怪我には見えない)
教授を船に送ったせいで、生徒2名が犠牲になったり、
最後は「もうだめだ」みたいな感じになっていた挙句、
(恐らく)主人公なのに生徒たちより先にリタイアしてしまうなど、
なかなかシュールな展開が続いていました。

ただ、こういった登場人物の無駄な行動があるからこそ、
楽しい映画とも言えます

作中の犠牲者ネタバレ

「ダブルヘッドジョーズ」の作中で犠牲になってしまった
登場人物たちをご紹介します。
作中の時系列順に並んでいます。

なお、登場人物名が分からなかったキャラは、
名前を記載していません。

〇ローラ
船の修理中にサメに襲撃されて最初の犠牲者となる。

〇ヘイリー
〇アリソン
教授の指示を無視して、海で遊んでいたところ
サメの餌食になってしまう。

〇カーク
ヘイリーとアリソンの二人がサメの餌食になったのを見て
逃げ出そうとするも、自身も続けて襲われて命を落とす。

〇マイク
〇ジェフ
主人公を船に運んだ直後、ボートごとサメに襲われて犠牲になる

〇ジェイミー
〇ライアン
〇アレックス
ケイトたちの乗るボートと競争している最中に一人がボートから転落、
サメの犠牲になり、残りの二人はコールが船から逃亡後にボートが転覆し、
二人ともサメの餌食になる。

〇ハン
〇ディキーラ
教授らのサポート要員。電流の罠を設置したあと、
サメが突進してきたことにより転落、犠牲となる。

〇コール
ケイトに船を修理させた後に一人で逃亡しようとするも、
サメに船を沈められ、救命ボートで逃げようとするも
それにも失敗して犠牲となる。

〇逃げてた二人
生き残り生徒の2名。島で逃走中に教授たちとはぐれて逃げ、
橋の上で一安心したところでジャンプしてきたサメに食われる。

〇フランクリン・バビッシュ
〇アン・バビッシュ
教授とその妻。終盤で生徒たちとはぐれ、
逃げ場を失い二人でサメの餌食となる。

〇生き残り4人
島の中に教会に逃げ込むも、サメに追い詰められて順番に犠牲に。
棒を持っている生徒は最後まで立ち向かっていた。

〇ケイトの友人
最後の三人まで残っていた生徒。サメを爆破しようとするも失敗、
ケイトらの身代わりになってサメの餌食になる。
その直後、結果的に爆発物は爆発、サメにダメージを与えた。

〇ダブルヘッドジョーズ
ケイトの友人の最後の攻撃によりダメージを受け、
最後はケイトの機転により、ボートにおびき寄せられて爆発、ついに最後を遂げた。

最後の結末は?

ダブルヘッドジョーズはケイトたちによって無事に倒され、
生き残ったのはケイトと、ポールの二人だけでした。

他の生徒や教員関係者は全滅状態で、
かなりの悲劇になりましたね…

一応、最後はヘリコプターが迎えに来ていたので
ケイトとポールは無事に生還したと思われますが
あれだけ大量の犠牲者を出しているので、
このあと、色々と世間で騒がれたりしそうですね。

タイトルとURLをコピーしました