マリオシリーズの疑問を考察!細かな部分・小ネタまで語ります。

アクション

任天堂の看板タイトルとして
数々の作品が発売されているマリオシリーズ。

こちらでは、そんなマリオシリーズの疑問を
考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

マリオの世界の疑問や小ネタ

マリオシリーズはストーリー重視の
作品ではありませんが、
どうでもいいようなことを
真剣に考えてみました。

↑の目次から興味のあるものをご覧ください!

ピーチ城の建築物としての強さ

何度も攻撃されるピーチ城
ピーチ城は作品によっては何度も襲撃されています。
その都度、あっという間に修復されていますから
とても頑丈ですね…。
キノピオ達が一生懸命働いているのかもしれませんが。。

城の構造は作品によって…
ピーチ城の周辺の構造や、城の雰囲気は作品によって
少し異なります。
基本的にはスーパーマリオ64で登場したものがベースに
なっている雰囲気ですが、
スーパーマリオRPGのような異様な雰囲気のときも
あります(スクウェア風なのですね笑)

城ごと
そして驚きなのが、ピーチ城が城ごと連れ去られても、
崩れずに、健在ということですね(笑)
全く損傷している様子もありません。
キノコ王国特有の何か特別な力が使われているのかもしれません。
マリオストーリーやスーパーマリオギャラクシーでは
城ごと連れ去られましたからね

オデッセイでは…
マリオオデッセイでは、ピーチ城は登場しますが、
今回は特に襲撃(最初に上空で戦いはありますが)されて
居ない様子でした。
損傷もなく、平和そうな感じでしたね。

超頑丈
結論を言えば、ピーチ城は「超頑丈」ということですね
何度壊されても襲撃されても、ピーチ城が陥落することはないでしょう。
マリオも居ますし。。
オデッセイでは1階部分しか行けませんでしたが、上の方は今、
どうなっているのでしょうね?

個人的に…
個人的にはスーパーマリオRPGの時のファンタジー世界風の
ピーチ城、なかなか好きでした。
いかにもスクウェアさんっぽい感じでしたよね…!

スポンサーリンク

あのキャラクターのデビュー作品は?

・マリオ
マリオがデビューしたのはマリオシリーズではなく
「ドンキーコング」というアーケードゲームでした。
意外ですよね。

・ルイージ
ルイージは「マリオブラザーズ」で初登場。
最初は単なる2Pキャラクターだったみたいですが…。

・ピーチ
ピーチの初登場は「スーパーマリオブラザーズ」ですね。
以降、囚われのお姫様状態が続きます。

・ヨッシー
ヨッシーは「スーパーマリオワールド」で初登場。
今では主役シリーズも持つ人気者です。

・クッパ
クッパは「スーパーマリオブラザーズ」で初登場しました。
以降は、敵として君臨し続けています。

・キノピオ
キノピオは「スーパーマリオブラザーズ」で初登場。
最近は活躍の機会も増えています。

・ワリオ
ワリオは「スーパーマリオランド2」で初登場。
今では多数の主役作品もあるキャラですね。

・ワルイージ
ワルイージは「マリオテニス64」でデビューしました。
以降はパーティやスポーツを中心に活躍しています。

・デイジー
デイジーは「スーパーマリオランド」で初登場。
最近はパーティゲーム中心の活躍ですね。

・クッパJr
マリオテニスエースでは恐怖の存在となっているクッパJrは
「スーパーマリオサンシャイン」で初登場しました。

・ロゼッタ
スマブラにも参戦したロゼッタ。
初登場は「スーパーマリオギャラクシー」でした。

・クリボー
「スーパーマリオブラザーズ」で初登場。

・ノコノコ
「スーパーマリオブラザーズ」で初登場
「マリオブラザーズ」のカメはノコノコではありません。

・キャサリン
「夢工場ドキドキパニック」というゲームで初登場。
マリオシリーズデビューは「スーパーマリオUSA」からでした。

・コクッパ
コクッパ七人衆の初登場は「スーパーマリオブラザーズ3」でした
一時期は出ないことも多くなってましたが最近は再び
活躍の場を広げています。

まとめ
初登場の作品は結構バラバラなマリオシリーズのキャラたち。
今では主人公となっているゲームを持っているキャラも
多く、人気キャラクターが非常に多いシリーズです。

意外とあるマリオ以外が主役の作品

ルイージ
永遠の2番手などと言われますが、主役経験もあります。

・ルイージマンション(GC)
・ルイージマンション2(3DS)
・ルイージマンション3(スイッチ)
・NewスーパールイージU(WiiU)
・Drルイージ&細菌撲滅(WiiU)

ピーチ
さらわれる役回りのピーチが主役の作品も…
今のところは1個だけですね。

・スーパープリンセスピーチ(DS)

ヨッシー
ヨッシーが主役の作品は非常に多いです。

・スーパーマリオヨッシーアイランド(SFC&GBA)
・ヨッシーアイランドDS(DS)
・ヨッシーNewアイランド(3DS)
・ヨッシーストーリー(N64)
・ヨッシーの万有引力(GBA)
・キャッチタッチヨッシー(DS)
・ヨッシーウールワールド(WiiU&3DS)
・ヨッシークラフトワールド(スイッチ)
・ヨッシーのたまご(GB&FC&SFC)
・ヨッシーのクッキー(GB&FC&SFC)
・ヨッシーのパネポン(GB)
・ヨッシーのロードハンティング(SFC)

ワリオ
ワリオが主役の作品も多いですね

・スーパーマリオランド3 ワリオランド(GB)
・ワリオランド2(GB)
・ワリオランド3(GB)
・バーチャルボーイワリオランド(VB)
・ワリオランドアドバンス(GBA)
・ワリオランドシェイク(Wii)
・ワリオワールド(GC)
・怪盗ワリオザセブン(DS)
・メイドインワリオ(GBA&GC)
・まわるメイドインワリオ(GBA)
・うつすメイドインワリオ(DS)
・さわるメイドインワリオ(DS)
・おどるメイドインワリオ(Wii)
・メイドイン俺(DS&Wii)
・ゲーム&ワリオ(WiiU)

キノピオ
キノピオもちゃっかり主役になってます笑
結構早い時代にも…。

・ワリオの森(FC)
・進めキノピオ隊長(WiiU)

まとめ
意外にも、まだクッパが主役の作品は出てきて
いないみたいですね。
そのうち出てきそうな気がしますがクッパが
スポットライトを浴びるのはいつになるのでしょうか。

意外と多いクッパ以外の敵

ワリオ
クッパ以外の敵では一番出番の多いキャラですね。
「スーパーマリオランド2」で初登場し、ボスキャラに。
しかしその後はワリオランドやメイドインワリオなど、自分が
主役になることが増え、マリオと戦う機会は減ってきています。

キングテレサ
マリオを額縁に閉じ込めるという偉業(?)を成し遂げたテレサの親玉。
ルイージマンションで初登場。
ある意味、クッパよりも危険な存在かもしれませんね…。

カジオー軍団
スーパーマリオRPGで登場した武器組織。
クッパ城を占領し、キノコ王国を武器だらけにしようとした危険な軍団。
親玉のカジオーはかなり強いですね…

メガバッテン
ペーパーマリオRPGで登場した秘密組織。
首領はバツガルフ。影一族と結託して、世界を支配しようとしてました。
バツガルフはマリオシリーズでも珍しい、ひたすらシリアスな
キャラクターですね。。

ノワール伯爵
スーパーペーパーマリオで登場。
黒の預言書とコントンのラブパワーで世界を滅ぼそうと画策。
マリオシリーズでは珍しく、哀しい過去の持ち主でもありましたね・・・
配下のディメーンが最終的に裏切り、ラスボスになります

ゲドンコ星人
宇宙からの侵略者。マリオ&ルイージRPGシリーズの敵ですね。
ゲドンコ姫などが統治していました。

その他
細かい敵も並べるとまだまだ居ますね…

○タタンガ星人
スーパーマリオランドに登場したサラサランドを襲撃した宇宙人

○ブラッキー
レッキングクルー98に登場した敵。クッパをそそのかした黒幕

○ナゾのゾウ
ニンテンドーパズルコレクション「ドクターマリオ」の黒幕

○シロップ海賊団
ワリオランドシリーズに登場した敵。「シェイク」では協力関係に。

○黒い宝石
ワリオワールドに登場した魔の宝石

まとめ
他にも細かい部分まで見ればいろいろな敵が居ます。
いつもクッパが登場するため、時々別の敵が出現すると
「お?」って感じになりますね。
個人的にはメガバッテンとカジオー軍団がお気に入りです

コクッパはクッパの息子じゃないの?

初登場時は…
初登場した「スーパーマリオブラザーズ3」以降、
しばらくはクッパの息子として扱われており、
実際に「クッパの息子」として表記されていました。
この時点ではクッパの息子たちであったことは
間違いないようです。

最近は…
しかし、最近では「クッパの手下たち」という扱いに
変わったらしく、ゲーム内の解説でもそうなっています。
しばらく見ない間に、親子の縁を切ってしまったの
かもしれませんね(笑)

公式の設定はどうなの?
現在は「クッパの息子」という設定では無くなった
ようですね。
任天堂の宮本茂さんもそのような発言をどこかで
されていたとのことです。

深いストーリーは…
マリオシリーズはそもそもRPGゲームのように
深いストーリーを重視した作品ではないので、
時代と共に設定が変わっていく、ということなのでしょうね…。
ゼルダの伝説シリーズと同じような感じなのでしょう。

最近では出番が増えている
コクッパ7人衆は、しばらくの間、出番が無くなった時期が
ありました。
クッパJrが登場したころは、完全にクッパjrに
ポジションをとられていた感じでしたし…。
ただ、最近はその出番も増えつつあり、
ポジションを取り戻しつつあるように見えます。

おそらく…
強引な結論として…
おそらく、彼らはクッパの養子なのでしょう
実子のクッパJrが生まれるまでは子供として育てられていたけれど
実子が生まれたので…的な(笑)

スポンサーリンク

マリオRPGのカリバー考察!どうして一撃で…?

カジオー軍団の本拠地…
クッパ城に突き刺さったカリバー。
カジオー軍団の中でも重要なポジションに位置する
キャラクターだと思われます。
その体内はカジオー軍団の本拠地、武器世界となっており、
軍団の一員であると共に、本拠地でもあるという
不思議な(?)存在ですね

量産は出来ない…?
カジオー軍団の他のメンバーは武器世界で量産されているのが
確認できますが、カリバーは量産されていません。
他の軍団に比べてかなり巨大ですし、そうやすやすと作れるものでは
ないということでしょうね…。

意思もある・・・
カリバー自体にも意思があるようで、
色々としゃべっています。
「なにかんがえてるの」の技を使った時の反応から
体の各部位ごとに意識を持っているようにも見えますが…

何故かジーノカッターで?
ジーノの「ジーノカッター」を使うと、何故かカリバーさんは
一撃で倒せてしまいます。
ボスでジーノカッターがさく裂するのはカリバーのみ…
何があったのでしょうか?
開発上のミスなのか、意図的なのか…。
カリバーさんがジーノカッターを苦手としているだけかも
知れませんね
誰にでも好き嫌いはありますし…)

まともに戦わない
カリバーはまともに戦うと結構強いので、私はいつも
ジーノカッターを使って一撃で倒していました(笑)
1回だけまともに戦いましたが結構強いので…

ずっと勘違いしてた…
実はつい最近まで、ずっとカリバーの名前を
「ガ」リバーだと勘違いしていました
人間って怖いですね。一度「ガリバー」に見えてしまうと
ずっとガリバーに見えてしまうから不思議…

以上、カリバーさんに関する考察でした。
それにしてもカリバーのような巨大なものを生み出してしまう
カジオーとはいったい何者だったのでしょうね?
謎は深まります^^

3Dマリオで集めるモノとその枚数

スーパーマリオ64
3Dマリオシリーズの記念すべき第1作品目です。
集めるものは「スター」でしたね。
全部で120枚存在し、集めると城の上のヨッシーに会える様に
なっていました。
DSのスーパーマリオ64 DS」ではステージなどが追加され、
スターも150枚に増えています。

スーパーマリオサンシャイン
シリーズ第2作。ゲームキューブで発売されました。
集めるものはシャインで、こちらも120枚存在しました。
120枚集めるとサングラスなどを装備できるようになります。
しかしコレは…青コインの収集が結構大変でしたね…。

スーパーマリオギャラクシー
Wiiで発売された作品。収集するものは再び「スター」に
戻りました。スターは121枚。はじめて120を超えました(笑)
ルイージもあわせると242枚存在しますね。
120集めると「グランドフィナーレギャラクシー」というところに
行くことができ、そこで121枚目のスターを入手できます

スーパーマリオギャラクシー2
一機種に3Dマリオが2作品出るのは初めてでした。
収集するのは「スター」
これも242枚でしたね。120枚集めると最後のギャラクシーに
行くことができます。

スーパーマリオ3Dランド
初めて携帯ゲーム機で発売された作品。
ここからは収集形式ではなく、ステージクリア形式になりました。
これはこれで、悪くはないと思いますけどね。
なので、スターなどの収集要素はありません。

スーパーマリオ3Dワールド
WiiUで登場。スーパーマリオ3Dランドの流れをそのまま
継承した作品ですね。こちらも収集要素はありません。
ですが、完成度は非常に高い作品!という印象です^^

スーパーマリオオデッセイ
ニンテンドースイッチで登場。
集めるのは「パワームーン」でシリーズ最大の999個になっています。

マリオ64で最後まで気づけなかったスター

119個まで集めたのに…
当時、攻略本などを見ずに遊んでいましたし、
まだインターネットも普及しておらず、私の自宅に
パソコンは無く、当然スマートフォンなども存在しない時代でした。、
なので、なかなか今のようにさらっと答えを見ることはできないような
環境だったのです。

見つからない…
各ステージのスターも全て集めていたので、
残りのスター1個が「おしろのかくれスター」であることは
家族全員の共通認識でした。
なので、城の中を重点的に探索…。
しかし、それでも見つかりませんでした。

攻略本を…
仕方がないので、攻略本を購入してみることに。
果たしてあと1個、私が見つけることのできなかった
スターとは…。。
攻略本を買って、早速攻略本を家族で見てみました。
そして、答えは出たのでした。。

残りの1個は…
探しても、結局最後まで見つけることのできなかった
スター。その答えは…
ピーチ城のスライダーを20秒以内にクリア…でした(笑)
あまりに意外な答えに唖然としたのを覚えています。

最初に…
ピーチのスライダーはカンタンだったので、最初にクリアした時点で
スターをとってしまい、そのとき20秒を切らなかったので
完全にノーマークでした(笑)
きっと、城のどこかにスターが…と思ってたので(笑)

分ればカンタンだった
既にここに至るまでに119個のスターを集めていたので
「どうやって入手するのか」さえ分ってしまえば
カンタンなものでした。
あっという間にスターを獲得して、無事に120個、
コンプリートすることができました^^

感想
最初に20秒切っていれば
(確か20秒でしたよね?違ったらすみません)
あんなに探すことなかった、と思うと、
ちょっとだけザンネンな気持ちです(笑)

開発中止になったバーチャルボーイマリオランド

どんなゲームだったのか?
ゲームボーイなどで展開されていたスーパーマリオランドシリーズの
バーチャルボーイ版として開発されていたソフトです。
横スクロールアクションゲームになっており、
バーチャルボーイ独特のグラフィックでマリオを楽しめます。

独特なステージ?
ほとんど画像などは公開されていませんが、わずかながら
画面写真が公開されています。
画面写真を見る限り、鳥居が存在するステージなどが確認でき、
独特なステージも存在したことが伺えます。
(真偽は確認できませんが)ワリオも登場予定だったそうです。

開発中止
しかしながら、バーチャルボーイが不調で、本体が売れず、
早々に市場から淘汰されかけていたこともあり、
開発中止が決定しました。
他にもG-ZERO(バーチャルボーイのF-ZERO)なども
中止となっており、開発中止の原因は
バーチャルボーイの不振ではないかと思われます。

バーチャルボーイのマリオは…
マリオクラッシュ、マリオズテニス、バーチャルボーイワリオランド…
これらの発売だけで終わってしまいました。
かなり短命なハードにしてはそこそこ発売されてはいる気がしますが…。
やはりあの赤黒の画面は独特すぎたのでしょう。

もし発売されていたら…
バーチャルボーイマリオランドがもし発売されていたら、
バーチャルボーイユーザーには売れたのではないでしょうか。
しかしながらバーチャルボーイ自体がそれほど売れていないので
全体的にはそれほど売れなかったのではないでしょうか。
もし出ていたらある程度のプレミア価格がついていたかも
しれません。

タイトルとURLをコピーしました