R-Type Dimensions(アールタイプディメンションズ)のレビュー!

シューティング

R-Type Dimensions(アールタイプディメンションズ)は
初代R-TYPEと2作目となるR-TYPEⅡをまとめて収録した作品です。

単なる移植にとどまらず、
現代風の3Dグラフィックへの切り替え機能なども
搭載されており、
リメイクとオリジナルが一緒になったような、
そんな雰囲気も感じさせる作品ですね。

こちらを実際に遊んだ感想をお話していきます。

スポンサーリンク

複数の機種に発売!遊べる機種は?

アールタイプディメンションズは多数の機種に
発売されています。
現時点で発売されているのは、

・プレイステーション3
・XBOX360
・プレイステーション4(EX版)
・ニンテンドースイッチ(EX版)
・PC(EX版)
・スマホ(EX版)

となっています。

いずれも日本国内ではダウンロード専売での
販売になっており、パッケージ版は発売されていませんが、
海外では


R-Type Dimensions EX Collector’s Edition

のようなパッケージ版も発売はされているようです。
一応、日本国内のハードでも遊べますが、
価格が非常に高くなってしまっており、
日本では入手は難しそうな感じを受けます。

変更点は?原作と何が違うの?

アールタイプディメンションズは
1と2を収録した作品ですが
アーケード版を移植しただけではなく、色々な要素が
搭載されています。

・3Dグラフィックへの変更が可能
これが一番大きな変更点でしょうか。
3Dグラフィックに変更することができ、
リメイク版のような画質で遊ぶこともできます。
しかも、ゲーム中にいつでも切り替えも可能です

・アレンジサウンド
3Dバージョンにしている際にはアレンジ版の
楽曲が流れます

・インフィニティモード
残機無限、その場復活で、無敵状態で遊べるモードですね。
シューティングが苦手でもエンディングまでたどり着ける!
という救済要素的なモードです。

・協力プレイモード
・実績の確認
・スローモーション機能
・統計情報の確認

等の要素も搭載されています。

機種ごとの違いとしてはそれほどありませんが
スマホ版は協力プレイには対応していません。

「EX」版は、若干の調整が行われているようですが
目に見えて体感できるような変化は実際のところ
あまりありません。

スポンサーリンク

両方遊べるのでお得!リメイクも

アールタイプシリーズ2作品が両方遊べるのは
お得な感じですね!

プレイステーション1でもR-TYPESという
タイトルの1と2がセットのものが発売されていましたが、
こちらはリメイク画質版も収録されていて
(収録、というよりいつでも切り替えられる)
それよりもお得感があります。

色々な要素(インフィニティモードなど)も
入っているので、単純に移植しただけに
留まらない、という点は
評価に値すると思います。

画面の切り替えが面白い

こういったゲームだと
Newバージョンと原作バージョンは
ゲームを始める前に選ばないといけないような
パターンも多いですが、
このアールタイプディメンションズは
「いつでも」切り替えることが可能です。

ゲームプレイ中に3D⇒2Dに切り替えたり
2D⇒3Dに切り替えたりすることが可能です。

プレイ中に切り替えてみて、
ステージの変化を見たりするのも
案外楽しいですし、
途中で切り替えできるゲームは
珍しいので、新鮮でした。

BGMも変わる(現代風になる感じ?)ので
その変化にも注目です。

色々な要素が詰め込まれている

上でも少し触れましたが
色々な要素も搭載されていて、
インフィニティモードもそうですし、
ステージセレクトや、スピードを変更する機能、
実績などなど、色々な要素が
盛り込まれています。

特に、インフィニティモードは
いわゆる無敵状態のようなもので
これを使えば必ずゲームクリアできます。
勿論、実績の解除などは自力でやる必要はありますが
「難しすぎて先に進めない」という
状況に陥ってしまう心配がない、というのも
良いところの一つなのではないでしょうか。

統計情報などを確認できるのも、
ありがたいところですね。

クリアまでの時間は?

両タイトルをクリアするだけなら、
スムーズにいけば、2時間もかからないでしょう。
インフィニティモードで力押しすれば、
1~2時間でクリアできるはずです。

やり込みとして、実績の解除などがありますので、
ある程度は遊べると思いますが
クリアだけ目的の人には、2タイトルが
収録されていると言えど、
少し寂しい印象を受けてしまうかな…?という
感じはしました。

スコアアタックなどもあるので、
そういったものに燃えることが出来る人は
より長く遊べると思います。

スポンサーリンク

遊んだことがあっても買い?

私はPS1の「R-TYPES」で
アールタイプの1と2は既に遊んだことが
ありましたが、それでも十分に楽しめました。

原作は原作のまま(悪い意味ではない)ですが、
リメイクのような3D版も入っているので
十分に遊べるでしょう。
R-TYPE HDみたいな感覚で
遊んでも良いと思います。

私はシューティングゲームや
アールタイプも好きなので
2度目でも十分に楽しめました!

ただ、逆に言えば、
シューティングやアールタイプに全く興味のない人からすれば
「古臭いゲームが2本入ってるだけ」に
思えると思うので、
興味がない人は1回目であっても
あまりおすすめはできません。

3D版が入ってる!
2本入っている!
とは言っても、
昔のシューティングゲームであることには
変わりはないですからね…

ただ、好きであれば、存分に楽しめるはずです!

タイトルとURLをコピーしました