ジャレコ作品を語る!実際に遊んだ作品のレビューと会社の概要!

ゲーム

ジャレコは
かつて存在していたゲームメーカーです。

今となってはその名を知らない人も多いかと思いますが
過去には色々なゲームを発売しているゲームメーカーでした。

1974年に創業し、
色々な苦境に耐えながらも
数々のゲームを発売していましたが、
2014年、親会社が倒産してしまったことに伴い、
ジャレコも名実共に消滅してしまいました。

現在では、シティコネクションという会社が
ジャレコのライセンスを受ける形で
当時のゲームの配信などを行っています

プレイしたことのあるソフト

ジャレコ作品はそれほど多くプレイ
したことはないのですが
いくつかプレイしたことがあります。
個人的にプレイしたソフトは下記の通りです。

・アーガス (FC)
・黄金の絆 (Wii)
・真爆走デコトラ伝説 (PS2)
・全国デコトラ祭り (Wii)
・ラッシングビート乱 (SFC)

黄金の絆 レビュー

ジャレコから発売されたアクションRPGゲームです。
絆をテーマにした作品で、ダンジョン攻略など
RPGらしい要素がちりばめられています。

買っちまった・・・
元々評価が低いのは知っていたのです。
ですが、少しは遊べるだろう…安いし。
と、いうことで買ってしまったのです。。
買わなきゃよかった…その位の出来です(泣

何がダメかと…
何がダメなの?って部分も一応お話ししておきましょう。
グラフィックは微妙、
サウンドもストーリーも微妙、
ダンジョンは単調でつまらなく、やられるとダンジョンの最初から…
まぁ、ありとあらゆる部分がダメなのです。

名作を遊んだあとだと余計に・・・
私はこれを遊ぶ前にゼノブレイド、ラストストーリー、
パンドラの塔を遊んでいました。どれも個人的には傑作でした。
それらに比べると、この黄金の絆はまさに「なんだコレ」状態。。
かなり厳しい出来栄えでした。

途中でやめてしまった・・・
最初のダンジョンまでは行ったのですが…
ボスの変なヤツに倒されてダンジョンの最初から・・・。
心が折れました。
もうやってられん!
ということで私はそこでプレイをやめました。

余談
調べて分かったのですが、
社長自らがクソゲーだと言い放ったり、
公式掲示板が荒れ放題だったり、
クロスレビューがボロボロだったり、、
相当大変だったようです。

これはひどい!の一言です。
この後にもRPGゲームは遊びましたが、
黄金の絆はダントツに出来の悪い作品でした!
どうしてこうなってしまったのでしょう・・・。。

全国デコトラ祭り レビュー

派手な装飾が施された「デコトラ」でレースを繰り広げる
レースゲームです。トラックのデコレーションなども楽しめるほか、
リズムゲームのようなおまけも収録されています。

デコトラレース!
デコトラでレース。それだけで買いたくなりますね(え?ならない?)
私はレースゲーム好きですし、
花火とかイルミネーションとか、カラフルな光物が好きなので、
当然、デコトラも好きなわけです…

ルートを選び…
公道をルートを選びながら爆走するタイプのレース。
信号待ちなどもあり、なかなか複雑な感じになっています。
普通のレースゲームとは違う感じなのでなかなか新鮮な感じで遊べました

え???
しかし、カーブをする、というよりかは車線変更をするだけのゲームで
自分でデコトラを操作する、という感じではありません。
レールの上のポインターを切り替えているだけ、そんな感じのゲームに
なっています。まぁ、これはこれでも良いのですが自由に
動きたかった気が…

グラフィック&サウンド
せっかくのデコトラですが、グラフィックは微妙な印象。
Wiiだとしてももう少し頑張れたような…。
サウンドはなかなか良いですね。結構耳に残る曲が多かった印象です!

なかなか遊べる
色々と粗はありますが、ゲーム自体はなかなか遊べる作品に
仕上がっているとは思います。
かなりマイナーなゲームですが、粗を気にしなければ楽しめるかと!

私がプレイした唯一のデコトラゲーム。
これ以降は調べた感じ、出て無さそうですね…
今の据置機のグラフィックでデコトラゲームをやってみたいところです

ラッシングビート乱 レビュー

横スクロールタイプのベルトアクションゲームです。
敵を倒しながら、ひたすら横に進んでいくタイプの
アクションゲームになりますね。
シンプルな感じで楽しむことができます。

続編のようですが…?
一応、ラッシングビートシリーズの作品の一つのようですが
私が遊んだことがあるのは、この作品だけになります。
ただ、特に、前作(?)を遊んだことが無くても、問題なく遊べる作りには
なっていたかと思います。そのあたりは安心ですね

ファイナルファイトに似ている?
カプコンから発売されたゲーム、ファイナルファイトに
似ている感じの作品だと感じました。あれも、ベルトタイプの
アクションゲームですからね。最近は見ないジャンルになってしまいましたが
当時はこういうジャンルも多かったのかもしれません

クリアできなかった
プレイしていた当時は、かなり小さかったので、何度も挑戦は
してみましたが、結局最後までクリアすることはできませんでした。
なかなか難しいゲーム、という印象です。今、プレイしたら多分クリア
できるとは思うのですが…

協力プレイ!
二人同時協力プレイができるのも、本作の魅力の一つですね。
当時は、順番にプレイするしかないゲームも多かったので、同時に
プレイできる!というのは貴重な存在でした。
家族と協力してプレイしたのは、良い思い出です。

スーパーファミコンソフトは、色々と遊びましたが、
なかなか思い出深いソフトも多いです。そういえば、
最近では、こういうジャンルのゲームソフトは無くなってしまっているので、
たまには遊んでみたいものです