PSPとVita!ソニーの携帯ゲーム機レビュー!実際に使ってみて…

ゲーム

プレイステーションと言うと
据え置き機のイメージが強い人も
いるかと思いますが、実はそうではなく、
携帯ゲーム機も展開されていました。

「PSP」と「Vita」の
2機種ですね。
それらのレビューをまとめました。

スポンサーリンク

実際に使ってみて…

私は、PSPもプレイステーションVitaも
発売日に購入することはなかったのですが
後から購入してみて、どちらも遊んでみました。

実際に触れてみた感想と
その他の話題を順番にお話していきます。

プレイステーションVita本体のレビュー

2011年に発売されたPSPに続く、ソニーの
携帯ゲーム機です。
携帯ゲーム機としてはかなりの高性能で、色々な機能がついていることでも
話題になったゲーム機ですね。

映像は綺麗!
確かに映像は綺麗です!ニンテンドー3DSと比べれば
その差は歴然でしょう。
ニンテンドースイッチが発売されるまでは圧倒的な
グラフィックでした。
最初にプレイした時は驚いたものです。

ソフトが…
ただ、ソフトが大半のものはPS4かPS3と同時に発売
されてしまい、あまりVitaオンリー!というソフトはありません。
3DSやPSPと比べても、Vita専用のソフトは少ない印象で、
わざわざ買わなくても良かったかな、と少し思ってしまいます。

機能は色々ありますが…
Vita本体には色々な機能がついてますが、
イマイチ使わない機能も多いです。
携帯ゲーム機に求められているものを少し勘違いしている感も。
スマホ持ってる人も多いですから、余計な機能は要らない、ということかも
しれないですね。

冷たいメーカー
これは驚きでした。発売の大本であるソニーさんは
早々にVitaを切り捨ててしまい、あるときから全くソフトを
出さなくなりました。
これはさすがにあまりにも冷たい対応だと当時思いました…
WiiUよりも酷いかも…(笑)
ただ、幸いに他社からソフトが出ているので
一応まだ「現役」状態ではありますね

良いゲーム機ではありますが
個人的にVitaは良いゲーム機だと思うのですが
イマイチソフトがパッとしない…。
据置派の人間なので、据置と同時に出ればそちらを買いますし…

イマイチ存在感を発揮できないまま消えていきそう、という
印象のソフト。
最近では恋愛系ゲームばかりになりましたし、このまま消滅
してしまいそうな勢いですが、果たして…。

Vita本体と同時に購入したもの!

個人的なお話ですが…。

プレイステーションVita本体
1000型と2000型がありますが、
2000型のほうを購入しました。
2000型のブラック。一番普通な感じのモデルですね。
1000型もありましたが、やはり内蔵メモリーとかが
魅力だったので。。

メモリーカード4GB
念のためメモリーカードも購入しました。
4GBのやつです。結局のところ、内蔵の1GBのもので
ほとんど足りてしまったのですが、今後も使う可能性はあるので
4GBを買っておいて良かったです。

液晶保護フィルム
やはり携帯ゲーム機は、保護フィルムを買っておきたいところです。
本体と同時に、一番シンプルな保護フィルムを購入しました。
貼り付けは…まぁ、うまくいきました(笑)

ワイプアウト2048
F-ZERO風のレースゲーム。PS3でもワイプアウトHDを
遊び、面白かったのでこれを購入しました。
結構楽しめましたよ^^
ワイプアウト2048はVitaでしか出ていないので
Vitaを買った理由のひとつがこれだったりします。

ポーチ
勤務先がブラック企業で、1時間の無駄な待機時間
(詳細はここでは書きませんが)があったので、職場の
待機時間に遊びために持っていくつもりでした。
そのためにポーチも購入しておきました。

Vitaと同時に購入したものは、こんな感じですね。
基本的なものばかりです^^
結局、PS3やPS4を使うことが多く、Vita自体を
使う機会はあまりなかったのですが…

PSP本体のレビュー

ソニー初となった携帯型ゲーム機です。
プレイステーションシリーズ初の携帯ゲーム機として話題になり、
モンハンの発売などもあり、ヒットしました。
UMDという特殊な媒体を使っているのも特徴的です!

当時としては・・・
当時の携帯ゲーム機の中では最高性能でした。
今ではVitaや据置・携帯両方に対応できるスイッチと
比べると大分見劣りしてしまいますが、
当時はなかなかのものでした。

ゲームが豊富!
PSPは結構ゲームも豊富ですね。
後継機のVitaはPS4やPS3と同時発売のソフトが多く、
イマイチ特色が無かった印象ですが、PSPはPSP独占の
ソフトも多く、そういう意味でも良いゲーム機だったと思います

UMDの欠点…
しかし、ディスク(UMD)は個人的には微妙です。
すぐにパカパカ開いてしまいますし、ゲーム屋に勤めていた際も
中古で買取したディスクが開いてしまわないかどうか
心配なものでした(実際に開いてしまったものもあります)

読み込み…
読み込みの時の音が地味にうるさいです(笑)
携帯ゲーム機の中で唯一うるさいゲーム機ですね。
ただ、個人的にはあの音は嫌いでは無かったので
別に気になりませんでしたけど!

持ってるのは…
持ってるのは3000型です。
他に1000型、2000型とあるのですが、3000を
持った後に1000型を持つと、どうしても重たく感じてしまいます。
2000はともかく、1000は結構違いますよ^^

購入がかなり遅かったので遊んだソフトは10本程度ですが
なかなか楽しく遊べました!
あの読み取り音、味があって個人的には好きです(笑)

PSP本体と同時に購入したもの

PSP本体
本体は3000型を購入しました。
青と白のツートンカラーですね。何かの限定モデルだったやつです。
中古だったので、箱はありませんでした。
ただ、状態は綺麗だったので購入することに。

メモリースティック
データを保存するためのメモリースティックも購入。
4GBのやつを中古で購入しました。
それほどたくさんのソフトを遊ぶ予定ではなかったので
4GBでも十分でした。

D端子ケーブル
テレビで遊ぶためのケーブル。たまたま同じ店に
中古で安く販売されていたので、それを購入しました。
結果的に、それほど頻繁にテレビでは遊びませんでしたが、
まぁ、安かったので購入してよかったです。

ハイドリウム
本体と同時に購入したソフト。
液体金属をゴールに導いていく、という独特な感じの
アクションパズルゲームです。
ボールを転がしてゴールを目指す、と同じ系統の
ゲームですね^^

液晶保護フィルム
せっかく画面にキズのない中古だったので、
数百円ぐらいケチってもな…ということで、
液晶保護フィルムも購入しました。
貼り付けは…なんとか成功しました(笑)

かなり安く購入できたので、全部あわせて5000円程度で
購入することができました。
全部で10本ぐらいのソフトを遊びましたが、
どれもなかなか面白かったです。

割れやすすぎなUMDのカバー

UMDのカバーはすぐとれる!
PSPのディスク、UMDの外側についているカバーは
とにかくすぐに取れてしまう印象です!
ケースに戻すとき、ケースから取り外すときが特に危険です!
私も実際に何個か壊してますw

UMDケースがはずれると・・・
UMDのケースがはずれてしまうと、ディスクのカバー部分が
パカパカ開いてしまうようになります。
基本的に上半分がとれてしまうケースが多いのですが、
いじらなければ中のディスクが飛び出したりはしないので、
基本的にゲームプレイに影響はありません。

ただし…
パカパカの度合いがひどくなると、中からディスクが
出てくるようになったりしてしまうので、
そうなると、ゲームプレイも難しくなってしまいます。
PSP本体内でディスクが飛び出したりしたら大変ですからね。

修理するには…?
修理する有効手段はあまりありません・・・
私のお店ではカバーに瞬間接着剤をつけて
閉じていましたが、
失敗してディスクに瞬間接着剤がついたらゲームが壊れます。。
お客さんの中にはセロテープでつけてる人も居ましたね。
それでも上手く貼りつければ一応起動はします。

脆い…
まぁ、個人的な感想はPSPのUMDカバーはとにかく脆い!って
ことですかね。買取査定時にディスクを外したとき、とれて
しまったこともあって、あの時はさすがに焦りました…

PSPのディスク(UMD)のカバーが取れてしまっても
基本的にはプレイ可能です!
ただし、場合によっては危険なので、あまりにも外れている
箇所がひどくなった場合は諦めましょう…