ハドソンのゲームを語る!実際に遊んだ作品の感想や今後!

ゲーム

ハドソンは、昔は数多くのゲームを
発売していた
ゲームメーカーで、ボンバーマンや桃太郎電鉄、スターソルジャーなどが
代表的なシリーズ作品ですね。
任天堂のマリオパーティの開発(8まで)を行っていたのもこのハドソンです。
最後はコナミに吸収されるかたちで消滅しました。

ハドソンのプレイ済みゲーム

最初に個人的なお話になってしまいますが
ハドソンのプレイ済みゲームをご紹介します

〇PSP
・スターソルジャー
・ソルジャーコレクション

〇Wii
・ウィングアイランド
・影の塔
・コロリンパ
・コロリンパ2 アンソニーと金色ヒマワリのタネ
・ジグソーパズルきょうのわんこ
・スターソルジャーR
・デカスポルタ Wiiでスポーツ10種目
・テトリスパーティプレミアム
・パズルシリーズVol1 数独
・パズルシリーズVOl2 イラストロジック+カラフルロジック
・プラネタリウム
・マッドセクタ
・ROOMS 不思議な動く部屋

〇ゲームキューブ
・スターソルジャー

〇ニンテンドー64
・ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー 電流イライラ棒
・スターソルジャー バニシングアース
・爆ボンバーマン

〇スーパーファミコン
・エルファリア
・キャラバンシューティングコレクション

〇ゲームボーイアドバンス
・ハドソンシューティングコレクション

個性的なソフトが多い?
ハドソンのソフトは良くも悪くも「昔ながら」のソフトが
多いような気がします。私は個人的には好きでしたが、
ある意味では時代についてくることができていなかったのかも
しれませんね。

マリパーも遊びました
発売元は任天堂なので、上のリストには入れていませんが
ハドソンが開発したマリオパーティシリーズもプレイ
しています。
1から8まで、それぞれの作品を遊んでいます

一番好きなのは?
Wiiの「コロリンパ2」ですね。1も好きですが、2は特に
ボリュームがあり、お気に入りでした。
N64のイライラ棒やWiiの影の塔あたりもハドソンのゲームの
中ではお気に入りです。

イラストロジック+カラフルロジック レビュー

(Wiiソフト)

ひたすらWiiでロジックパズルを解いていく
だけのゲームです。
イラストロジックのほか、色つきのカラフルロジックも
収録されているのでたっぷり遊べます。

シンプル!
とにかくシンプルなゲームです。
ただただロジックパズルを解いていくだけ。
読み込み時間等も早いので、遊びやすい作品では
あるのですけれども。。

アレンジBGM
ハドソンの過去作品のアレンジBGMも収録されています。
これは、、ハドソンファンなら楽しめるかもしれませんね^^
個人的にはアレンジも好きですが、パズルには合わないので
パズルは初期BGMで遊んでました

最初はすらすら…
私は最初の方の問題はすらすら解いていましたが
サイズがでかくなったりするにつれて断念。自分の実力のなさを
思い知らされることになり、
結局全部はクリアできませんでした…

からふるロジックは…
個人的にからふるロジックは苦手です…
面倒に感じてしまうので…。
イラストロジックの小さいサイズなら
スラスラできるんですけどねw

操作はしやすい
Wiiリモコンでの操作はやりやすいです。
ポイントするだけなので、ボタンでカチカチ押す必要はなく、
他のゲーム機のものよりも、操作はしやすい印象でした!

Wiiでやる意味をあまり感じませんが、
まぁ、暇つぶしにはなりました!安かったので、
購入したことを後悔はしていません!

ウィングアイランド レビュー

(Wiiソフト)
Wii本体と同時発売されたゲームソフトの一つ。
フライトシミュレーションゲームで、鳥たちが住む島を舞台に
さまざまなミッションをクリアしていきます。
編隊飛行を行うこともできますよ。

自由に飛べる
飛び回れる自由度は結構高いですね。
戦闘をするタイプのゲームではないので、全体的にほのぼのとした
のどかな感じの雰囲気です。
ミッション数もそこそこの数は用意されています。

ストーリー
鳥たちの日常(?)みたいなのが一応ありますが、ほとんど
あってないようなモノだと個人的には思います。
それほど感情移入するようなモノでは無かったという印象です

地味…
悪いゲームではないですが、地味です。
ただ漠然とミッションを進めていき、また次のミッションが出現、
それを繰り返す感じ。。
早く次のステージを見てみたい!だとかそういう
喜びのようなモノはなかったです(個人的には…)
単なる作業になりがち…。

チューンなど
一応機体の改造などの要素もカンタンにですが、用意
されていました。。
やり込み要素にもなるので、こういう要素があるのは
良い事だと思います
(飽きるか、飽きないかは別として)

難易度は…
あまりフライト系ゲームはやらないのですが
この手のゲームにしてはそこそこカンタンな方だとは
思います。
THE宇宙大戦争(PS2)などのフライト系ゲームも
やりましたが、あれは難しかったので…

う~ん…可もなく、不可もなく、というのが正直な印象でしょうか。
それほど秀でた部分はないような気はします。
ただ、今だとかなりお値段も安くなっているので、
その値段なら興味があれば買ってみても良いと思います。

エルファリア レビュー

(スーパーファミコンソフト)

ハドソンより発売された
戦略系のシミュレーションゲームですね。

・なんとなく購入
安かったので本当になんとなく購入した、
という感じのソフトでした。
フリーマーケットで購入でソフトのみ、という
状態だったので、分かりにくい部分も
多かったです(汗

・ルールが…
こういうゲームは説明書が
ないとなかなか厳しいですね…
いきなりフィールドに放り込まれて
(前の人のデータがあった(消せますが))
???になってしまいました笑

・すぐにやめてしまった
低価格で購入したこともあり、思い入れも
あまりなかったためにすぐに
プレイをやめてしまいました。
じっくりと遊べば楽しめそうな雰囲気は
ありましたが(汗)

Rooms不思議な動く部屋 レビュー

(Wiiソフト)

部屋をスライドさせて、上手く繋ぎ合わせて
主人公をゴールまで導いていくというパズルゲームです。
単純ながら奥深いパズルを楽しめます。
なお、Wiiだけではなく、DSにも発売されています。

不思議な世界観
ちょっと不気味な感じの、独特な世界観は良い感じですね。
いかにもミステリーっぽい雰囲気が醸し出されています。
なかなか良い雰囲気だと個人的には思います。
ストーリーも、なかなか良いです。

衝撃のラスト…
条件を満たさずに最後までクリアすると、衝撃のラストが。
あの本にそんな秘密があったなんて…。
色々なゲームのラストを見てますが、Roomsのラストは
なかなか衝撃的でした。

BGM
世界観にマッチングした、ミステリーっぽいBGM、
なかなか良い感じに仕上がっていると思います。
特に、通常パズル時の音楽は良い感じです。
プレイしてから大分経ちますが、今でもちゃんと覚えています。

地味にはまる
パズル自体は、終始黙々と解いていく感じの
スタイルですが、地味にはまる印象でした。
それほど時間がかからないコースも多いので、サクサクと
次に進んでいける、そんな感じでしょうか。
問題数も十分だと思います。

数多く存在するWiiソフトの中では、まったく目立たない
存在ではありますが、個人的にはなかなか楽しめた作品でした。
Wiiは地味に隠れた名作なゲームもあったりします
(個人的にはハドソンのコロリンパが隠れた名作だと思います^^)

ハドソンの人気シリーズの今後は?

まず、ハドソンの主なシリーズを並べてみましょう。

・桃太郎電鉄シリーズ
・ボンバーマンシリーズ
・スターソルジャーシリーズ
・天外魔境シリーズ
・デカスポルタシリーズ
・マリオパーティシリーズ(開発)

などでしょうか。。
この他にも色々なシリーズが発売されていました。

コナミ吸収後は…?
コナミに吸収されたのちは、上に羅列したシリーズを含め、
ほとんどのシリーズ作は消滅してしまいました。
なお、マリオパーティシリーズに関しては開発元が
ハドソン→エヌディーキューブに変更となり
継続していますね。。
ボンバーマン、桃太郎電鉄シリーズぐらいでしょうか…。

桃太郎電鉄シリーズ
ハドソンを代表するシリーズの一つ、桃太郎電鉄。
これは作者のさくまあきら さんがコナミとの確執から
シリーズの終了を宣言。復活は絶望的とされていました。
しかしながら、2016年末に
ニンテンドー3DS用ソフトとして任天堂から
「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」が発売。

開発はヴァルハラゲームスタジオが行い、
奇跡的な復活を遂げました。
今後も任天堂からの発売で、シリーズは継続していくのでは
ないでしょうか?

ボンバーマンシリーズは?
もう一つの代表作と言えばボンバーマン。
こちらもハドソン消滅後はスマホアプリなどでしか
配信されず、ほとんどないような存在になっていました。
しかし2017年、ニンテンドースイッチ本体と
同時発売で「スーパーボンバーマンR」が発売、

久しぶりの家庭用ゲーム機への復活となりました。
こちらはコナミからの発売なので、今後も続くかは分かりませんが、
とりあえず久しぶりの新作が出たのは
嬉しい事ではないでしょうか?

他のシリーズは…
ボンバーマンと桃太郎電鉄シリーズ以外の復活は
かなり難しそうですね・・・
と、いうのもコナミがゲームに消極的になっており、
自社の主力タイトルの新作ですら、ほとんど発売されないという
ありさまです。(それでも最近は回復しているような気がしますが)
そのような状況下で元ハドソンソフトの開発を始めるとは
思えません・・・

上記のことから、生き残るのは
桃太郎電鉄とボンバーマンの2つだけになってしまうのでは
ないでしょうか。。
他のシリーズの発売は絶望的です。。

個人的にはスターソルジャーの新作が遊びたいです(笑)
あと、Wiiで出てたコロリンパの続編(笑)
え??知らない??
まぁ…どちらももう希望は薄そうなのですが…。