タクティクスオウガ リボーンのレビュー!変更点や売上も解説!

シミュレーション

「タクティクスオウガリボーン」は
2022年11月に発売の
シミュレーションRPGゲームです。

オウガシリーズの一つで、
「タクティクスオウガ」をリメイクした作品になっています。

完全新作ではありませんが、
オウガシリーズの久しぶりのシリーズ作品となる作品ですね。

こちらを実際に遊んだ感想や、売り上げの予想などを
それぞれお話していきます。

スポンサーリンク

2度目のリメイク作品

タクティクスオウガリボーンは、
1995年10月6日に発売された
スーパーファミコン用ソフト「タクティクスオウガ」の
2度目のリメイクにあたる作品です。

初代のスーパーファミコン版は
プレイステーションやセガサターン、Wiiなどにも移植されています。

リメイクに関しては
1度目は2010年11月11日にPSP向けに
「タクティクスオウガ 運命の輪」のタイトルでリメイクされていて
今回の「タクティクスオウガリボーン」は、その運命の輪をベースに
更にリメイクを施した作品になっています。

「リボーン」の変更点とは?

タクティクスオウガ「リボーン」になって
何が変わったのか…。
主な変更点は下記の通りになっています。

※PSP「運命の輪」をベースに
更に下記の要素が変更・調整されています。

・グラフィックの高解像度化
・UIの一新
・サウンドのパワーアップ(生演奏による再レコーディング)
・新規楽曲の追加
・カットシーンのフルボイス対応
・声優のキャスティングの変更
・バトルデザインのリメイク

などが主な変更点になります。

また、それに加えて、
ハードの特性による要素も
(PS5/PS4はトロフィー、スイッチは持ち運びも可能など)
楽しむことができるようになっており、
過去作品と比べても、さらに進化している
タクティクスオウガとなっています。

スポンサーリンク

発売機種は4機種。基本的な内容は同じ

タクティクスオウガリボーンは
下記の4機種に発売されます。

・プレイステーション4
・プレイステーション5
・ニンテンドースイッチ
・PC(Steam)

基本的な内容は変わらず
”この機種版じゃないと遊べないモードがある”とか
”この機種版じゃないと仲間にならないキャラがいる”とか
そういうことはありません。

ハードの特性による変化
(PS系はトロフィー対応、スイッチは持ち運びもできるなど)は
ありますが、それ以上の変化はありません。

※私がプレイするのはプレイステーション4版になります。

個人的な購入動機。タクティクスオウガは初プレイ

私自身は、”タクティクスオウガ”はこれまで
プレイしたことがなく、
スーパーファミコン版もPS1版も、PSPのも、
一度も遊んだことがありません。

ただ、オウガシリーズに関しては
NINTENDO64で発売された「オウガバトル64」で、
シリーズ初体験を果たし、
かなり長い間遊べたので、思い出深い作品の一つになっています。

その後「伝説のオウガバトル(SFC)」も遊びましたが
”据置機で続編が出たらいつか遊びたい”と思ったまま
それ以降は、シリーズ作品を遊ぶことはありませんでした。
(PSPの運命の輪は当然知ってましたが据置ではなかったので)

そして今回、新作ではないとは言え、
遊んだことのない「タクティクスオウガ」のリメイクであること、
そして据置機での発売であることから
購入を決意し、PS4版を予約しました。

スイッチもありますが、基本的にTVモードでのプレイが多いため
今回はトロフィーなども考え、PS4版のほうを選びました。

個人的な感想

タクティクスオウガリボーンを実際に遊んだ感想を
お話していきます。

こちらはソフトの発売後、実際にプレイしてから
追記していきますので、もうしばらくお待ちください。

タクティクスオウガリボーンの売上予想

(2022/9予想)

タクティクスオウガリボーンの初週売上を
予想していきたいと思います。

まず、オウガシリーズ自体がこの10年以上、新作が
出ていないこともあり、予想は非常に難しいです。

唯一、過去作品のデータで参考にできるのは
PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」になりますが
これの初週売上は16万~17万程度でした。

ただ、今回は”2度目のリメイク”であることや
10年以上の年月が流れ、ゲームの売れ方も変わっていることなどから
予想は非常に難しいところです。

ただ、DL版の拡大(DL版は発表される売上に含まれません)や、
2度目のリメイクであることなどから、
PSP版よりも売上数字は落ちることが予想されます。
(DL版除外でもパッケージ売上を伸ばしているシリーズもありますが
オウガはそうならないと予想)

かなり難しいところですが、
好調のスイッチでも発売されることなどを踏まえると、
3機種合計で8~9万程度の売上になるのではないかと予想します。

機種ごとの比率としては
PS4とスイッチが同じぐらい(各3~4万ずつぐらい)で、
PS5版だけ他2機種よりも低い売上で1~2万程度になるのではないかと
予想します。

PSPのタクティクスオウガ以外は、さらに古いタイトルに
なってしまい、売り上げを見てもあまり今の売上予想には
参考にならないと思いますので、
今回はこのような形で売上を予想していきます。

スポンサーリンク

実際の売上結果は…?

タクティクスオウガリボーンの実際の
売上結果をご紹介していきます。

実際の売上結果は
発売日翌週の末ごろまでに明らかになるので、
その際に追記していきます。

隠し要素や裏技・ラスボスについて

〇隠し要素・裏技
タクティクスオウガリボーンの
隠し要素・裏技・クリア後要素については
オウガシリーズ全作品の隠し要素&裏技の記事の方に
まとめてありますので、そちらでご覧ください!

〇ラスボス
発売後に、少し時間が経過してから追記します。
もうしばらくお待ちください。

タイトルとURLをコピーしました