モトスシリーズレビュー!シリーズ一覧や新作についても解説!

アクション

「モトス」はナムコ(現在はバンダイナムコゲームスになってますね)から
展開されているアクションゲームです。

フィールドから全ての敵を落としたらステージクリア、
という内容で、非常にシンプルなゲームになっています。
自分と敵がフィールドを自分で移動しますが、
それ以外は「おはじき」をイメージして
貰うと分かりやすいのではないでしょうか。

そんな「モトス」シリーズの一覧と、
モトスシリーズの作品を実際に遊んだ感想を
お話していきます。

スポンサーリンク

シリーズ作品は、何作品出ているの?

モトスシリーズは現時点で
「3作品」存在します。
ただし、初代のモトス以外は単体では発売されておらず
「ナムコミュージアム」内に収録されているアレンジ版など、
他のソフトと一緒に収録されている形式になります。

・モトス
アーケードで稼働した元祖モトスです。
X68000(PC)に移植されたほか
携帯電話にも移植されました。
単体での移植は↑のみですが
「ナムコミュージアムアンコール(PS)」
「ナムコミュージアム2(PSP)」
「ナムコミュージアムバーチャルアーケード(XBOX360)」
「ナムコヒストリーVOl1(PC)」
「ナムコアーケード(スマホ)にも
それぞれ収録されています。

・モトスアレンジメント
モトスのアレンジ版で、元祖モトスの雰囲気はそのままに
リメイクした作品です。
単体では販売されておらず
「ナムコミュージアムVol2(PSP)」に収録されています
※PS1にもナムコミュージアムVOl2がありますが
収録タイトルも内容も別物で、モトスアレンジは入っていないので
注意してください

・パックモトス
パックマンが主人公になっているモトスです。
だいぶやさしい感じになりました。
これも単品では販売されておらず
「みんなで遊ぼうナムコカーニバル(Wii)」に収録されています。

現時点で発売されているモトスシリーズは
この3つになりますね。

初代モトスのレビュー

・ナムコミュージアムでプレイ
私がモトスを初めてプレイしたのは
「ナムコミュージアムアンコール」でした。
おはじきのような感じのゲームで、
個人的にはアンコールの中に収録されている
タイトルの中で一番のお気に入りになりました
(その前に、ダイソーで当時売られていたお~はじき、という
ゲームを遊んでいて、好きだったので、
お~はじきみたいなゲーム!と思いながら遊んでました)

・シンプルで分かりやすい!
ルールは非常にシンプルで、ストーリー描写なども
ないので、本当にさっくり遊べる感じです。
1つ1つのステージも基本的には短く、遊びやすい感じの
作品ですね。

・奥深い
シンプルですが奥深く、敵の種類も色々いますし
先のステージが気になる感じです。
相手を落とすだけの簡単ルールですが、制限時間や
アイテム(複雑な感じではなく、すぐに理解できると思います)も
あって、色々戦力を練ることのできる
奥深さも感じます。

・意外と難しい!
結構難しい印象ですね。結局最後までは
クリアできなかった気が…。
全部で62ステージあるので、全部制覇しようとすると
途中セーブもできませんし、なかなか手ごわい作品です。

・雰囲気も良い感じ
宇宙空間を舞台とした無機質な感じです。
音楽も宇宙っぽい不思議な感じの音楽ですね。
個人的には雰囲気・世界観もお気に入りです。

スポンサーリンク

モトスアレンジメントのレビュー

・PSPのナムコミュージアムでプレイ!
PSP版のナムコミュージアムVOl2に
収録されていたタイトルです。
これだけのためにVol2を買った感じですね(笑)
※既にほかの収録タイトルは他のナムコミュージアムで
遊んだことがあったので。

・正統リメイク
リメイクはもう一つ「パックモトス」というものが
あるのですが、こちらのアレンジメントのほうが
原作のイメージをそのままにアレンジしている印象ですね。
世界観的にはこちらの方が好きです。
原作に強い思い入れがある人は
アレンジ2種類なら、こっちの方が好きそうな印象も。

・現代に合わせて易しく
アレンジ版はある程度難易度が落ちている印象でした。
また、ステージセレクト形式になっていて
どんどんセーブされるので、原作と比べると
非常に遊びやすくなっている感じですね
(ただし、レトロな感じのほうが好きな人には
マイナスかもしれませんが)

・画面は綺麗になっている
画面は当然、綺麗になっています。
音楽も現代風ですね。
世界観自体は宇宙空間の原作のほうが私は好きでしたが
綺麗になった点に関しては素直に高評価です。

パックモトスのレビュー

・ナムコカーニバルでプレイ
Wiiで発売された「みんなで遊ぼうナムコカーニバル」に
収録されているバージョンです。
これも現代風アレンジですね。

・よりライトな感じに
↑のモトスアレンジメントと比べてもさらに
「ライト」な世界観になり、難易度も落ちたように思います。
主人公もパックマンになっていて
全体的にライトな印象を受けます。

・だいぶ簡単になった
難易度はかなり落ちた印象です。
上のモトスアレンジメントと同じでステージクリア形式なので
途中からプレイできますし、
原作と比べるとかなり簡単にクリアできる印象です

・モトスっぽさはだいぶ薄れた
モトスアレンジメント以上に、モトスらしさが
消えている感じで、
単純にパックマンのアクションゲームになっているような感じも…
これはこれで十分良かったのですが
繰り返し遊ぼう!と思えるほどの作品ではなくなっているような
印象で、1度クリアしただけで、それ以降はあまり遊んでいません

モトスの新作は出ないの?

可能性は0ではないと思います。

パックマンやギャラガのように単体で新作
(ダウンロードが多いですが)が出ていることもありますし、
パックモトスなどのようにナムコミュージアム内に
収録されたりして、新作が出る可能性もあります。

この時代のナムコ作品はたくさんあるので
モトスが選ばれる可能性としては薄めではありますが
それでも「全くない」ということではありません。

タイトルとURLをコピーしました