マリオテニス64のレビュー!シリーズの始まりを感じる作品!

スポーツ

「マリオテニス64」は、現在も続いている
マリオテニスシリーズの第1作目となった作品です。

マリオのテニス自体はこれ以前に
「マリオズテニス」という作品がバーチャルボーイで
発売されていましたが
その作品は開発元もシステムも大きく異なっている作品で、
スイッチの「マリオテニスエース」など、現在も続いている
マリオテニスシリーズの第1作目は、この「マリオテニス64」となっています。

そんなマリオテニス64を実際に遊んだ感想や、遊べる機種のまとめなどを
詳しく解説していきます。

※私はスイッチオンライン版で遊びました(他機種版でも内容は同じです)

スポンサーリンク

どの機種で遊べるの?

マリオテニス64を遊ぶことができるハードは下記の通りです。

・NINTENDO 64
・Wii(※バーチャルコンソール)
・WiiU(※バーチャルコンソール)
・ニンテンドースイッチ(※スイッチオンライン追加パック特典)

このうちパッケージ版が存在するのは64版のみで、
WiiとWiiUは過去のハードのソフトをダウンロード購入できる
「バーチャルコンソール」向けに配信、
スイッチ版は、ニンテンドースイッチオンライン追加パックの加入者特典
NINTENDO 64 Nintendo Switch Online(⇒レビューはこちら)の
収録タイトルの一つとして配信されています。
(※スイッチ版は単体での販売はありません)

基本的な内容は同一ですが、一部調整されていたり、
本体側の機能(どこでも中断可能機能など)による差異があります。

マリオテニスの元祖!

私が初めてプレイしたマリオテニスシリーズは
「WiiであそぶマリオテニスGC」で、その後オープン(3DS)、
ウルトラスマッシュ(WiiU)、エース(スイッチ)と遊んできました。

64も持ってはいますが、当時「マリオテニス64」を買うことはなかったので
遊べないままでしたが、
スイッチオンラインに登場したことにより、初めて遊ぶことができました。

後の作品の数々を遊んでいる身からしてみると、
かなりグラフィックや演出は落ちてしまいますし、
寂しい感じはしますが、
モードはそこそこ豊富で(WiiUのウルトラスマッシュより多い気がする)、
基本的なシステム自体はこの時から確立されていた、ということを
実際にプレイして感じることができましたね…。

当時、リアルタイムで遊んでいれば、もっと感想も違ったかもしれません。

”今”あえて選ぶ必要は、あまりないような気はしますが…。

スポンサーリンク

マリオテニスの原型を感じることができる

システム自体は、最近のマリオテニスと同じ感じで、
違和感なくプレイできました。

最近のマリオテニスにある「巨大化(ウルトラスマッシュ)」や
「エナジー(エース)」などはない、シンプルな感じで
コートも今とは違い、マリオ的なギミックのあるコートは初期状態では
特に少ないので(隠しで色々登場はします)
そういった意味では「味気のなさ」も感じますが
「エナジーなどの余計な要素がない」ことで、遊びやすいとも言えるので、
このあたりは人によって意見が分かれそうな感じですね。

マリオの審判がなんとなく笑える

ゲームとはあまり関係ないのですが
試合中の審判は「マリオ」がやっていて、
スコアが入るたびに、マリオの甲高い声が聞こえてきます(笑)

マリオがあまり、まともな単語を話すことがないので、
スコアを言っているだけでも、新鮮に感じてしまいました(笑)

ちなみに、自分か相手がマリオだと
青い帽子のマリオが審判をやっています。

あなたは誰ですか…笑

モードは豊富

マリオテニスシリーズは「ウルトラスマッシュ(WiiU)」以降、
少し路線変更した印象で、モード数が減り、オンラインに主軸を
置いているような印象を受ける作品になりました。
エース(スイッチ)では、多少は改善されましたが、
”オフラインでのモード”の豊富さは、64時代やゲームキューブの
マリオテニスなどの方が豊富であった印象ですね。

このマリオテニス64もモードが豊富に用意されており、
その部分は、良い点の一つだと思います。

特にWiiUのウルトラスマッシュの時は
モードの少なさに驚いたので、
64ぐらい、豊富に用意されていると安心感がありますね…。

売上はどのぐらいだったの?

マリオテニス64の売上は「110万本」ほど
だったと記録されています。

シリーズ最大級の売上になっていますね…!

これ以降、マリオテニスシリーズは一度も100万本越えを
達成したことはなく、
マリオパーティやマリオカートなど、他のマリオシリーズが
爆発的に売上を伸ばした「ニンテンドースイッチ」の
マリオテニスでさえ、100万本を超えていないため、
当時の注目度の高さが伺えます。

ただ、現在でも安定して10万本以上の売り上げを
記録しているシリーズであり、
マリオのスポーツ系では、最も売上が高いシリーズであることは
事実なので、
今後も新作が発売されていくことは間違いないと思います。
(マリオ系ではテニスだけ抜けていて、ゴルフ・野球・サッカーが
それぞれ同等ぐらいに売れている感じですね)

スポンサーリンク

隠し要素や裏技は?

マリオテニス64にもたくさんの隠し要素や裏技が
用意されています。

こちらに関しては、
マリオテニスシリーズ全作品の隠し要素・裏技まとめの方に
まとめてありますので、
そちらの方で確認してみて下さい。

隠し要素が最近のマリオテニスに比べると
豊富なのは、一つの魅力であると思います。
(最近は、おまけ要素的な部分は昔のマリオテニスより
減りましたからね…)

タイトルとURLをコピーしました