マリオパーティ3のレビュー!N64最後のシリーズ作品!

パーティゲーム

「マリオパーティ3」は
2000年12月に発売された作品で、
1と2に続き、3年連続で12月に発売されたタイトルです。

NINTENDO64では3作目となるマリオパーティシリーズで、
64で発売されたのはこの「3」が最後になりました。

そんな「マリオパーティ3」を実際に遊んだ感想を
お話していきます。

スポンサーリンク

どの機種で遊べるの?対応機種は?

マリオパーティ3を遊ぶことができるのは
下記の機種になっています。
現時点では「2機種」になりますね。

・NINTENDO64
・ニンテンドースイッチ

WiiやWiiUのバーチャルコンソールなどでは
配信されておらず、
最初に64で発売されて以降、初めて移植されたのは
「ニンテンドースイッチ」となりました。

スイッチ版は「ニンテンドースイッチオンライン追加パック」の
特典としての配信で、単体販売は行われていないため、
単体で販売されているのは64版のみ、ということになります。
(※記事執筆現時点ではスイッチ版は未配信 今後配信されます)

少し2までとイメージが変わった作品!

基本的な部分は引き続き同じですが、
2までとは若干イメージの変わった作品ですね。

この後、しばらくの間登場していた
「ストーリーモード」が初登場したのもこの作品で、
新キャラクター(ワルイージなど)が追加されたのも
この作品です。

また、ミニゲームも一新されて、
2までとは少し印象が変わった作品になりました。
(一新されたとは言え”似たようなルール”の
ミニゲームは結構ありますけど笑)

3だけに登場した「デュエルモード」も印象的な
内容ですね。

スポンサーリンク

ミニゲームアイランドが廃止…

3を語る上で私にとって、とても大事なことが…
”ミニゲームアイランドが廃止されてしまった!!!”
ということですね(笑)

マリオパーティ1ではミニゲームアイランド、
2ではミニゲームコースターという形で
”一人プレイ用のミニゲームクリア型モード”が
あったのですが3では廃止になってしまいました。

これ以降、ミニゲームアイランドが無くなってしまったので
そういった意味では非常に残念な作品でした。

ボリュームは増えている気がする

いつものパーティは、ボードマップが6種類と、
2と同じボリュームですが、
今回は「デュエルマップ」も登場しており、
通常のパーティとは異なる遊び方もできるようになっています。

デュエルマップも6種類あるほか、
ミニゲームも3までのシリーズでは最大数になっているので
ゲームのボリュームとしてはN64のマリオパーティの中では
最大クラスの内容に感じます。

ストーリーモードは(私はあまり好きではありませんが)
一人プレイに特化したモードなので、
これもボリューム自体の底上げにはなっている気がします。

ストーリーモードは個人的に微妙…

3から登場したストーリーモードですが、
個人的にはかなり微妙で、
私は、後のシリーズでもストーリーモードは無くなってほしいと
思っていたので、ここ最近のマリオパーティでは
廃止されて良かったと思っているタイプの人です(笑)

と、いうのもどうしてもボードマップは運の要素もあるので
ミニゲームでどんなに上達していても、負ける時は負けてしまいます。

実力でカバーしきれない内容で、負けるとやり直しに
なってしまうのは、結構ストレスがたまる人はたまりますし、
面倒臭い、と感じるだけなので、
1や2のように、あまり勝ち負けに関係なく、
やり込めるような感じの方が個人的には好きでした。

ボードマップで”勝ち負け”もクリアの基準に入れられてしまうと、
ストレスがたまるだけになってしまう人も多いと思いますし、
後々のストーリーモードでは大分改善はされていましたが
あまり、”ボードマップで勝つことを強いる”作りは
個人的には歓迎することはできません。

ミニゲームであれば1プレイの時間も短いですし、
実力もある程度はモノを言うので、
”CPU相手に勝ち”を求める要素を入れるなら
まだミニゲームの方が良いと思います。

デュエルマップはまずまず

3で新登場したデュエルマップは、
マンネリ打開としてはとても良いと思いますし、
そこそこは楽しめました

でも、遊んでいると最終的には
”やっぱ普通のボードゲームの方がいいかな”という
答えに…笑

が、これは評価マイナスではないですし、
”普段の要素”を削って収録したわけでもなく、
デュエルマップ以外のボリュームはちゃんと維持されているので
新しい挑戦をした、という意味でも
個人的には好意的です。

ただ、あまり好評ではなかったのか、
デュエルマップはこれが最初で最後になってしまいましたね…笑

スポンサーリンク

売上はどのぐらい?

マリオパーティ3(N64版)の売上は約84万本と
言われています。

マリオパーティ2はそれよりも売れていたので
若干売上としては落としましたが
それでも十分な売上を記録しているとは思います。

この後も、100万本を越えられない時期は続きましたが
2007年にWiiで発売された「マリオパーティ8」で
久しぶりの100万本超えを達成しています。

隠し要素や裏技は?

マリオパーティ3には
ストーリーモードをクリアすることで
解放される要素など、
色々な隠し要素が用意されています。

隠し要素や裏技については
マリオパーティシリーズ全作品の隠し要素・裏技の方に
まとめて記載してありますので
そちらのほうをご覧ください。
(NINTENDO64版もスイッチ版も隠し要素や裏技の
解放条件は基本的に同じです)

タイトルとURLをコピーしました