マリオストーリーのレビュー!目がおかしくなるほど遊んだ作品!

RPG

ニンテンドー64で発売された
「マリオストーリー」は、
現在も続いているペーパーマリオシリーズの
第1作目にあたる作品です。

当初、スーパーマリオRPG(スーパーファミコン)の
続編のような立ち位置で登場しましたが
その後は「ペーパーマリオシリーズ」として
別の歴史を作り上げていくことになった作品ですね。

こちらを実際に遊んだ感想をお話していきます。

スポンサーリンク

どの機種で遊べるの?違いは?

マリオストーリーを遊ぶことができる機種は
4機種となっています。

・ニンテンドー64
・Wii
・WiiU
・ニンテンドースイッチ

内容はどの機種版でも同じで、
遊ぶ機種のハードの特性によって中断機能があったりしますが、
〇〇版だと追加要素がある!とか、そういうことはありません。

64版のみパッケージでの発売で、
WiiとWiiU版はバーチャルコンソール(ダウンロード専用)
switch版はニンテンドースイッチオンラインの特定のプランに
加入している人限定の特典として配信されるものになっており、
switch版は単品での販売は行われていません。

※私がプレイしたのはニンテンドー64版です。

ペーパーマリオシリーズ初プレイの作品

私にとって、ペーパーマリオシリーズ初プレイとなったのが
第1作目にあたる、この「マリオストーリー」でした。

当時、まだそれなりに小さかったのですが、
かなりはまってしまい、
ワールド7をプレイしている最中には
一時的に目がぼやけるぐらいになるまで(治るのに数日かかりました…笑)
目を酷使してしまうほどにはまってました。
(※結局、視力が落ちたりはせず、ちゃんと目は治りました)

それほどまでに魅力的な世界観…ということです(笑)

ある程度年齢を重ねて(確か高校時代ぐらいに)から
2度目のプレイ(これも64版)を
やりましたが、小さいころとはまた違う感想や発見があり、
面白かったです。

スポンサーリンク

マリオでありながらマリオではない妙な世界観

確かにマリオの世界なのですが
ストーリーが非常に凝っていて、マリオでありながら
マリオとは思えないような世界観です。

登場人物にもちょっとスパイスが効いているような
キャラクターもいたりと、なかなか普段は
見れないマリオの世界ですし、新鮮です。
街のキノピオと話しかけるのも楽しい感じですね
(なんだか影のあるキノピオが印象に残っています)

続編の「ペーパーマリオRPG」はさらに
これの発展形で、シリーズで一番好きな作品です。
(スーパーシール以降は個人的には劣化した感じも)

寄り道要素も充実

ミニゲームや、サブイベントなど寄り道の
要素も充実しており、RPGゲームらしさを楽しめます。

特に、中盤から利用できるようになる
「料理」の要素は当時、とてもはまって
「どのアイテムを持っていくと、何ができるのか」を
ものすごい勢いで試していました(笑)

料理は収集好きの人には特に癖になると思うので
ぜひ試してほしい要素です!!
(続編のペーパーマリオRPGまでは残っていた要素ですが
それ以降はカットされてしまいました…)

BGMやステージのクオリティも高い

ステージ構成もBGMもそのクオリティは非常に高いように
思います。

ステージ構成は、それぞれのワールドごとに
かなり個性的になっていて、
そこそこの広さもありますし、
メインとなる拠点には、先ほど書いたような遊び要素も
盛り込まれています。

個人的にはワールド3、6、7あたりの
世界観が好きでした。
砂漠系はいつもあまり好きではないのですが
マリオストーリーの砂漠は嫌いではなかったですね。
(※砂漠はワールド2)

BGMもクオリティが高く、私は持っていませんが
サントラも発売されていて、現在ではプレミア価格に
なっています。
ワールド3のボスの曲や、クッパのテーマ、
パラレラー(ワールド7ボス)の曲などが
個人的にはお気に入りです。

売上はどのぐらいだったの?

マリオストーリーの売上はどのぐらいだったのか。

売上は記録を見るとおよそ54万本とされており、
当時のマリオシリーズの中ではそこまで高い
売上ではありませんが、
それでも50万本を突破しているために、
そこそこは売れたと言えます。

その後もペーパーマリオシリーズは大体50万本前後の
売上となっていましたが「カラースプラッシュ」以降は
売上を落としている傾向にあります。

スポンサーリンク

続編は出ているの?

「直接的な続編」は
ゲームキューブで発売された「ペーパーマリオRPG」で、
こちらは基本的なシステムも、作風も同じかつ、
マリオストーリーのキャラもゲスト出演しているほどです。
カメックババはこちらでも主要キャラとして続投しています。

それ以降のWiiで発売された「スーパーペーパーマリオ」も
作風は継承されていますが
こちらはゲームジャンルが「アクションアドベンチャー」と
なっており、ゲームシステムが異なります。

それ以降の「スーパーシール」「カラースプラッシュ」
「オリガミキング」に関しては
同じペーパーマリオシリーズですが、かなり路線変更が
加えられており、マリオストーリーやペーパーマリオRPG
あたりが好きな人には物足りなさを感じるかもしれません。

私も「スーパーペーパーマリオ」までの作品が好きですし
個人的には「ペーパーマリオRPG(GC)」が一番ですね…。

最近のも、面白いのですが
少し寂しい感じがします。

隠し要素や裏技は?

マリオストーリーの隠し要素や裏技は
あるのかどうか。

コチラに関しては、クリア後に追加される要素は
存在しておらず、ミニゲームなどは冒険の最中に
発見していくタイプの形式ですね
(そもそもエンディング後はリセットする感じの、レトロなスタイルです)

ペーパーマリオシリーズ 隠し要素まとめの記事にも、
詳しく掲載してありますので、参考にしてみて下さい。

ラスボスネタバレ!

マリオストーリーのラスボスは「クッパ」です。

誰もが予想できてしまうそのままの展開ですが
今回のクッパは非常に手ごわいキャラクターとして
演出されていますし、ストーリー展開も凝っているので
いつも以上に壮大に感じます。

続編のペーパーマリオRPGとスーパーペーパーマリオでは
さらに深いストーリーが展開されています。

ちなみに、個人的にラストのクッパ戦の最中に
イベント的に出てくるカメックババとの戦闘が
なんとなく笑えました(必ず勝てます)

タイトルとURLをコピーしました