ファイアーエムブレムシリーズを語る!プレイ済み作品レビュー!

シミュレーション

ファイアーエムブレムシリーズは任天堂から
展開されている人気シミュレーションRPGゲームになりますね。

かなり歴史は古く、
ファミコンやスーパーファミコンの時代から続くシリーズです。
最近ではスマブラなどにも参戦していて、有名ですね。

こちらでは、そんなファイアーエムブレムシリーズを語ります。

ファイアーエムブレム風花雪月については別記事にまとめてあります。
ファイアーエムブレム無双も別記事にまとめてあります

スポンサーリンク

シリーズの据え置き機での展開

〇2006年
Wii発売の年。この年はファイアーエムブレムの
発売はありませんでした。

〇2007年
02月…ファイアーエムブレム暁の女神

Wiiに発売された最初で最後のファイアーエムブレムシリーズ。
ゲームキューブで発売された作品の続編にあたる作品で、
前作から繋がりのあるストーリーが展開されました。

〇2008年
〇2009年
〇2010年
〇2011年
〇2012年
〇2013年
〇2014年

この間、ファイアーエムブレムシリーズの据置機での
展開はありませんでした。
DSや3DSなどの携帯ゲーム機を中心に展開
されていた感じですね。

〇2015年
12月…FE幻影異聞録

ファイアーエムブレムとアトラスのコラボ作品として
生まれた作品。どことなくペルソナなどのテイストが
入った作品になっています。
WiiUでは関連作品はこれが唯一の作品となりました。

〇2016年
この年の据置機でのファイアーエムブレム展開はなし。
また長い間沈黙かとも思いましたが…

〇2017年
09月…ファイアーエムブレム無双

ゼルダ無双に続く任天堂とのコラボ無双として
ファイアーエムブレム無双が発売。
シリーズで初めてのアクションゲームとなりました。
ある意味、貴重な存在ですね。

〇2018年

〇2019年
07月…ファイアーエムブレム風花雪月

据え置き機でのシリーズ本編は
暁の女神以降。
とても久しぶりの展開になっています。

〇2020年
01月…幻影異聞録 FE Encore

2015年にWiiUで発売された作品の
スイッチ版になります。

ファイアーエムブレム風花雪月のレビュー

現時点での最新作、ファイアーエムブレム風花雪月に
ついては別記事でまとめてあります。

私自身は本編をプレイするのは2度目ですが、
とても良い出来栄えになっていると思いますし
新たに追加された学園パートもしっかりと
FEらしさを残していると思います。

詳細は上部のリンクからどうぞ!(風花雪月は別記事にまとめてあります)

Echoes もうひとりの英雄王 通常・限定の違い

ゲーム内容は同じ
通常版を購入しても、限定版を購入してもゲーム内容は同じです。
ただ、限定版には追加コンテンツの無料ダウンロードコードがついていたり
CDがついていたり、とプラスの特典がついています。

LIMITED EDITION
ではまずはLIMITED EDITION の内容について見ていきましょう。
通常のゲームソフトのほかに…

○ファイアーエムブレム0限定カード
カードゲーム、ファイアーエムブレム0(サイファ)の
限定カード「アルム」が収録されています。
ちなみに、このカードは通常版でも早期購入特典としてついているので、
早期に購入すれば、限定版を買わなくても手に入ります。

○追加コンテンツセット ダウンロードコード
ゲームの発売日以降に有料で配信される追加コンテンツの
ダウンロードコード。内容は同じですが、限定版にはあらかじめ
このコードがついているので、無料でプレイすることが
できるわけです。

○サウンドセレクション
原作「ファイアーエムブレム外伝」と本作のアレンジ楽曲を
交互に楽しめるCDとのこと。

なお、価格は通常版が4980円+税に対して、
こちらは6980円+税。
比較的良心的な価格設定かとは思います。

VALENTIA COMPLETE
これはマイニンテンドーストア(ニンテンドーのオンラインショップ)
限定で販売されるパッケージです
10980円+税。値段は跳ね上がった印象です

これは限定版の特典物全てに加えて

○ビジュアルアートブック
イラストなどを見れる小冊子。40ページ。

○HDムービーコレクション
歴代作品『暁の女神』、『覚醒』、『if』、『Echoes もうひとりの英雄王』で
使われたムービーをHD画質で収録したブルーレイ。
ここでしか見れない映像もあるのだとか。

Echoes もうひとりの英雄王 売上予想!

(発売日以前に書いたものです)

一応完全新作では無い
それほど売上には影響しないとは思いますが、一応今回の
ファイアーエムブレムは完全新作ではありません!
ファミコンで発売された「ファイアーエムブレム外伝」という
作品のリメイク作品です。

リメイクですが影響はあまりなさそう
外伝自体がかなり古い作品ですし、移植ではなく完全リメイクなので、
最近のファンは外伝を知らない人も多いでしょうし、
当時遊んでいる方も、リメイクなので買う可能性も高いと思われます。
なので、完全新作ではありませんが、それほど影響はないかと。
(ポケモンオメガルビーとか、そのあたりと同じ位置付の作品ですね)

3DSのファイアーエムブレムは…
今までのファイアーエムブレムシリーズの売上を少し
見てみましょう。

まず、前作「ファイアーエムブレムif」の初週売上は30万本でした。
これは2バージョン発売された完全新作だったので、
ファイアーエムブレムシリーズの中でも結構な売上になってます。

その前の作品「ファイアーエムブレム覚醒」が初週24万本です。
どちらもリメイクでは無く、新作でした。

リメイクはDSで2作品(新・暗黒龍と新・紋章~)が出てますが
これはどちらも初週14万本前後となっています。

ここから考えると…

売上予想
ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王は
リメイク作品なので、若干売上は下がると予想します。
また、前回のifは2バージョン出ていたので、その分も考慮しなければ
なりません。

DSでリメイクが2作品出ていますが、この当時よりも、
最近はファイアーエムブレムシリーズの勢いがある印象なので、
今回のファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王は
初週売上 20万本  累計35万本 と
予想してみます!

ニンテンドー3DS自体の勢いが少し落ちつつある気がしますし、
少し強気かもしれませんが、
ファイアーエムブレムシリーズは最近、何だかんだで強いので
このぐらい行くのではないかと。

果たしてどうなるのか、今から楽しみです。

Echoes もうひとりの英雄王 売上結果!

初週売上は?
ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王の
初週売上を見てみましょう。
初週売上は…

13万3410本でした。
(ファミ通調べ)

やはりファイアーエムブレムは強いですね!
2位のタイトルから9万本近く差をつけての
堂々のトップに立ちました!

私の予想は大ハズレ…
ちょっと高く評価しすぎましたね(笑)
私の予想は初週20万本でした。
そもそも、20万本も出荷されてなかった…汗

出荷本数などを確認せずに、いつも雰囲気や
今までのシリーズの傾向、ゲーム店にいたころの動向などから
判断して予想するのですが、
今回は大外れしてしまいましたw

今までのシリーズと比べると
では、今回のファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王、
今までのシリーズと比べると売上はどうなのでしょうか?

3DSで見ると
ファイアーエムブレム覚醒が初週24万本、
ファイアーエムブレムifが2バージョン込で30万本となってました。

それに比べると少しさびしい印象ですが、
前の予想記事でも書いた通り、今回のは
「ファイアーエムブレム外伝」のリメイク作品なので
仕方が無いのでしょう。

リメイク版は、DSで何回か発売されていますが、
どちらも14万本前後だったので、
リメイク版だとこのぐらいの売上になる、といったところでしょうか。

暁の女神 感想

ファイアーエムブレムシリーズの一つで、唯一Wiiで発売された
シリーズ作品ですね。
ゲームキューブで発売された「蒼炎の軌跡」の続きを描く作品です。

初めてのFE
ファイアーエムブレムシリーズを遊んだのは
これが初めてでした。
それまではスマブラでしかファイアーエムブレムに触れたことが
なかったので(笑)

ストーリー
ストーリーは前作をプレイしていないとなかなか難しい印象。
想像で補いつつ理解していく感じですかね。
あと、最後の方の展開はかなり乱暴かつ投げやりな印象
だったのですが、どうなのでしょう?

ゲーム内容は…
内容は面白かったです!
何周もプレイしたぐらい。
色々な仲間を増やしていくのも楽しみの一つでしたね…。
(終盤のちょっとだけのキャラはザンネンですが…)

BGM
この手のゲームらしい感じのBGMが多く、個人的には結構
好きな感じです。特に「絆永久に」は良い音楽でした!
スマブラXで絆永久にがかかった時は嬉しかったです
(なぜか曲名はアイクのテーマに変わってましたが)

Wiiである意味はない
個人的には据え置き派なので、Wiiで良かったのですが
よくよく考えてみるとWiiで発売する意味はまったくと
言っていいほどない作品ですね(笑)
私もゲームキューブコントローラーで操作してましたし、
特にWiiの特性を使ったゲームではありません!

ファイアーエムブレムシリーズ初経験でしたが楽しめました!
これ以降、据置には出てなかったので(シャープFEは趣味範囲外)
買ってませんでしたが、その後、FE無双を購入しました!

開発元・インテリジェントシステムズとは?

1986年12月に設立された会社で
ゲームソフトの開発及び、ソフトウェアの開発ツールなどの
開発を行っている会社です。
任天堂のセカンドパーティとしてソフトを多く開発していますね

代表作品…
インテリジェントシステムズを調べると、任天堂の
人気シリーズの開発を多く担当していることが分かります。
「ファイアーエムブレムシリーズ」
「ペーパーマリオシリーズ」
「メイドインワリオシリーズ」などなど…
いずれもヒットしている人気シリーズですね!
それらは全てインテリジェントシステムズによる作品のようです。
他にも「パネルでポン」などもこの会社の作品みたいですね!

任天堂にとっては欠かせない…
任天堂は自社タイトルの開発を依頼する会社がたくさんありますが、
インテリジェントシステムズはその中でもビッグな部類のタイトルを
開発しており、任天堂にとっては欠かすことのできない
存在なのではないでしょうか。

ちなみに他には
カービィシリーズなどを開発している「HAL研究所」や
メトロイドプライム・ドンキーリターンズなどの「レトロスタジオ」、
ゼノブレイド・ディザスターなどを開発した「モノリスソフト」などが
任天堂の有力セカンドパーティでしょうか。
最近ではWiiパーティやマリオパーティの開発を担当している
「エヌディーキューブ」も欠かせない会社ですね。

子会社ではない…
ちなみに上のHAL研究所やモノリスソフトなどは任天堂の
子会社にあたりますが、インテリジェントシステムズは任天堂と
資本関係を持たない会社です。
まるで子会社のような活動をしていますが、無関係の会社
なのですね。。