バイオハザードシリーズの謎と歴史を考察&全てのウイルスまとめ!

アクション

バイオハザードシリーズは
カプコンから展開されているシリーズで、
非常に息の長いシリーズになっています。

最新作のバイオハザードRE2も発売され、
まだまだ人気ぶりをアピールしています。

そんなバイオシリーズの気になる点を
徹底的に考察していきたいと思います。

作中で登場したウイルスなどについても
全種類まとめてみました

スポンサーリンク

シリーズ一覧

・バイオハザード
PS1、PS3、PS4、セガサターン、ゲームキューブ、Wii、DS
XBOX360、XBOXONEで発売。
※PS版はディレクターズカット 及び デュアルショックバージョンも発売。
※ゲームキューブ、Wiiはリメイク版
※PS3、PS4、XBOXONE、XBOX360版はHD版(リメイクのHD)
※DSは「デッドリーサイレンス」 オリジナル版を調整したもの。

・バイオハザード2
PS1、ドリームキャスト、N64、GCで発売
リメイク版が発売予定(機種未発表)
PS1には「デュアルショックバージョン」も発売
リメイク版「RE2」はPS4とXBOXONEで発売

・バイオハザード3ラストエスケープ
PS1、ドリームキャスト、ゲームキューブで発売

・バイオハザードコードベロニカ
ドリームキャストで発売。
要素を追加した「完全版」がPS2、ドリームキャスト、ゲームキューブで発売。
PS3/XBOX360でHD版が収録された「リバイバルセレクション」発売。

・バイオハザード0
ゲームキューブ、Wiiで発売
HD版がPS4、PS3、XBOXONE、XBOX360で発売。

・バイオハザード4
ゲームキューブ、PS2、Wii、PS4、ONEで発売。
PS3/XBOX360でHD版収録の「リバイルバセレクション」発売。

・バイオハザード5
PS3、XBOX360、PS4、XBOXONEで発売
※XBOXONEはダウンロードのみ
※PS3では「オルタナティブエディション」も発売(追加コンテンツ収録)

・バイオハザード リべレーションズ
3DSで発売。
要素を追加した「アンベールドエディション」が
PS4、PS3、XBOXONE、XBOX360、WiiU、スイッチで発売。

・バイオハザード6
PS4、PS3、XBOXONE、XBOX360で発売。
※XBOXONEはダウンロードのみ

・バイオハザード リべレーションズ2
PS4、PS3、Vita、XBOXONE、XBOX360、スイッチで発売
※スイッチとXBOX360はダウンロードのみ

・バイオハザード7 レジデントイービル
PS4、XBOXONE、スイッチで発売
※ゴールドエディション(追加コンテンツ収録)版も発売

続けて、外伝作品を見ていきましょう。

・バイオハザード ガンサバイバー
プレイステーションで発売

・ガンサバイバー2 バイオハザード コードベロニカ
プレイステーション2で発売

・ガンサバイバー4 バイオハザード ヒーローズネバーダイ
プレイステーション2で発売

・バイオハザードGAIDEN
ゲームボーイカラーで発売

・バイオハザード アウトブレイク
プレイステーション2で発売

・バイオハザード アウトブレイクFILE2
プレイステーション2で発売

・バイオハザード アンブレラクロニクルズ
Wii、プレイステーション3(HDセレクション収録)で発売

・バイオハザード ダークサイドクロニクルズ
Wii、プレイステーション3(HDセレクション収録)で発売

・バイオハザード ザ マーセナリーズ3D
ニンテンドー3DSで発売

・バイオハザード オペレーションラクーンシティ
プレイステーション3、XBOX360で発売

・バイオハザード アンブレラコア
プレイステーション4で発売 ※ダウンロード販売

シリーズに登場するウイルスまとめ!

人がゾンビになる~ など物騒なウイルスが作中には
登場していますが、実際のところ、バイオシリーズには
何種類ぐらいウイルスが登場しているのでしょうか?

①T-ウイルス
シリーズを代表するウイルスですね。
感染すると、かゆみなどを覚え、徐々に理性を失い
ゾンビになる、という。
1の飼育員の日誌「かゆい うま」は有名です。
初期のシリーズのクリーチャーはほとんどがこの
T-ウイルスによるもの。やはり恐ろしいウイルスです。
開発者はアンブレラのジェームス・マーカス博士。

②G-ウイルス
アンブレラ社のウィリアム・バーキンが開発したウイルス。
感染者は常に進化(変化)を続け、強大なクリーチャーに
なってしまう恐ろしいウイルス。。
Tよりも強力な個体が生まれるものの、理性の維持は
できない様子。。
「6」に登場したシェリーは過去に感染→ワクチン投与を
経験した貴重な人物。再生能力などに影響が出ています。

③T-ベロニカ
アレクシア・アシュフォード開発のウイルス。
15年間のコールドスリープや定期的な臓器移植など、
難しい方法をとれば、理性を保ったままコントロールも可能。。
温暖気候ではより活性化する、とダークサイドクロニクルズでは
語られていました。
しかしながら、やはりコントロールは難しい様子。

④プラーガ
ロスイルミナドス教団が蘇生させた寄生生物。
元の生物の習慣を残したまま内部から宿主を操る、という
なんともおぞましい生物です。
「4」が初登場ですが、以降さまざまな作品で改良型が
登場します。

⑤支配種プラーガ
自我を保ったまま、プラーガの力を得られるよう教団が
改良したプラーガ。
サドラー、サラザール、村長、クラウザー、
「5」のアーヴィングなどが自らに投与していました。
しかしながら怪物化後の姿や行動を見る限り、
完全にコントロールできているわけでもないように
見えますね。。

⑥プラーガ2
プラーガの改良型。製薬会社トライセル作。
人間の口から直接プラーガを突っ込み、宿主を数秒で
支配する、という強引な方法が可能になったようです。
5のクリーチャーたちは主にコイツのせい。。

⑦プラーガ3
さらなる改良型。製薬会社トライセル作。
女性・子供に定着せず、一部個体が巨大化するなど
あまり良い出来ではなかった模様。

⑧ウロボロスウイルス
アルバート・ウェスカーが数々のデータをもとに
作り出したウイルス。感染者には黒い帯状のものが発現します。
ウェスカーの選民思想を表したウイルス。
りべレーションズ2でも登場しました。
一方で適合者はかなり少ない模様で、
作中では二人のウェスカー、及びニールのみ。

⑨試薬P-30
ウェスカーがジルに投与した薬物。
肉体を強化し、また投与したものの指示に従うという
作用を持つ薬品。髪の色が変化するなどの副作用も
あるようです。

⑩T-アビス
海洋で大きな効力を発揮するウイルス。海にまかれれば
瞬く間に海洋を汚染してしまうとか。
リべーションズ1のバイオハザードの元凶。

⑪C-ウイルス
ネオアンブレラのカーラが開発。感染者は一度さなぎとなり、
その後、完全な変化を遂げるという性質を持つ。
6の事件後、ジェイクから生み出されたワクチンで
その脅威は去ったといわれているようです

⑫強化型C-ウイルス
6の終盤でカーラがCウイルスを改良したもの。
自我を保ったまま、Cウイルスの力を得ることができるようです。
シモンズ、ピアーズ、カーラの3人が投与しています。

⑬T-フォボス
人間の恐怖に反応するウイルス。恐怖を感じなければ
投与されても発症はしない模様。
アレックスが次なる器を探すために開発されたモノ。

⑭T+Gウイルス
TウイルスとGウイルスを組み合わせたもの。
ガンサバイバー4に登場

⑮始祖ウイルス
マーカスらアンブレラの設立メンバーが発見した
全ての元となったウイルス。
作中では始祖ウイルスから生まれたクリーチャーは
今のところ登場していません。

⑯T-ウイルス改良型(正式名称不明)
SDペリー小説版で登場。
ニコラス・グリフィス博士が改良したTウイルス。
投与されたものはグリフィスの操り人形と化す。

⑰キメラウイルス(通称Cウイルス)
小説トゥザリバティ で登場。
「バイオ6」発売より遠い昔の小説なので
作中ではC(キメラ)ウイルスと呼ばれていました。
レッドライト、グリーンライトという二つのウイルスで
制御する、というモノ。

⑱特異菌
バイオハザード7に登場したもの。
エヴリンによって、ベイカー家に感染してしまいました。
カビのようなものとされています。

事件ごとに、下記のウイルスが原因となっています。

・黄道特急事件(0)
T-ウイルス

・洋館事件(1)
T-ウイルス

・キャリバンコーブ研究所事件(小説)
改良型T-ウイルス

・ラクーンシティ壊滅事件(2、3ほか)
T-ウイルス、G-ウイルス

・プラネット研究所事件(小説)
T-ウイルス

・ロックフォート島事件(コードベロニカ)
T-ウイルス、T-ベロニカ

・シーナ島事件(ガンサバイバー)
T-ウイルス

・豪華客船事件(GAIDEN)
T-ウイルス

・ローズ研究所事件(小説)
T-ウイルス、ローズ(ワクチン)

・リバティ号事件(小説)
キメラウイルス

・ガディウォール島事件(小説)
T-ウイルス

・スペンサーレイン号事件(ガンサバイバー4)
T-ウイルス、T+Gウイルス

・オペレーションハヴィエ(ダークサイドクロニクルズ)
T-ウイルス、T-ベロニカ

・アンブレラ終焉(アンブレラクロニクルズ)
T-ウイルス

・教団事件(4)
プラーガ、支配種プラーガ

・テラグリジアパニック(リべレーションズ)
T-ウイルス、T-アビス

・クィーンゼノビア号事件(リべレーションズ)
T-アビス

・ウィルファーマ事件(ディジェネレーション)
T-ウイルス、G-ウイルス

・スペンサー邸事件(5)
T-ウイルス

・ウロボロス事件(5)
ウロボロスウイルス、プラーガ2、プラーガ3、支配種プラーガ

・ザイン島事件(リべレーションズ2)
ウロボロスウイルス、T-フォボス

・スラブ国事件(ダムネーション)
プラーガ2、支配種プラーガ

・マルハワデザイア(マルハワデザイア)
C-ウイルス

・イドニアのバイオテロ(6)
C-ウイルス

・トールオークスのバイオテロ(6)
C-ウイルス

・中国のバイオテロ(6)
C-ウイルス、強化型C-ウイルス

・アイドルサバイバル事件(ヘヴンリーアイランド)
試作型ウイルス(名称不明)

・アリアスのバイオテロ(ヴェンデッタ)
A-ウイルス、改良型A-ウイルス

・ベイカー邸事件(7)
特異菌

ちなみに、バイオハザード発生原因は
下記の通りになっています。

・黄道特急事件(バイオ0)
マーカス博士の意思を受け継いだヒルたちが
研究所などを襲撃、バイオハザードが発生し、
周辺のアークレイ山地にまでウイルスが広がりました。

・洋館事件(バイオ1)
黄道特急事件と同様の理由でバイオハザードが発生。
最終的に研究所が爆破されることに。

・ラクーンシティ壊滅事件(バイオ2、3、アウトブレイクなど)
アンブレラの内部抗争(バーキンとUSS)が原因で
下水道のネズミなどを媒介とし、ウイルスが爆発的に拡散、
また、アークレイ山地のウイルスもジワジワと広がって
きていた模様です

・ロックフォート島事件(コードベロニカ)
ウェスカーが所属するHCFなる部隊の襲撃により
バイオハザードが発生していました。

・シーナ島事件(ガンサバイバー)
アンブレラのシーナ島司令官、ビンセントが、自身の周囲を
探るものの存在を知り、ウイルスを意図的にばらまき、
バイオハザードを発生させています。

・スペンサーレイン号事件(ガンサバイバー4)
アンブレラへの復讐を目論む元研究のモーフィアスが、
T-ウイルスを用いてバイオハザードを発生させています。

・オペレーションハヴィエ(ダークサイドクロニクルズ)
聖なる蛇たちの首領、ハヴィエ・ヒダルゴが、
ハヴィエダムを通じてBOWを放流したことから
バイオハザードが発生しています。

・コーカサス研究所事件(アンブレラクロニクルズ)
ウェスカーの工作により、内部でゾンビが発生、それが
原因でコーカサス研究所に爆発的なバイオハザードが
発生してしまいました。

・教団事件(バイオ4)
ロスイルミナドス教団が村人たちにプラーガを寄生
させたことによりバイオハザードが発生

・テラグリジアパニック(リべレーションズ)
FBCと結託した武装集団ヴェルトロがウイルスの漏えいを
発生させ、テラグリジアでバイオハザードが発生。

・クィーンゼノビア号事件(リべレーションズ)
FBCがかってヴェルトロと結託した際のTーアビスなどから
客船三隻がバイオハザード状態に。

・スペンサー邸事件(バイオ5)
バイオハザードが発生していた理由は不明。
恐らくウェスカー関連が原因と推測されます。

・ウロボロス事件(バイオ5)
トライセルの油田所長、アーヴィングがキジュジュ自治区を
はじめ、周辺地域でプラーガをばらまいたことにより
バイオハザードが発生

・ザイン島事件(リべレーションズ2)
アレックス・ウェスカーが研究のため、島の人間に
ウロボロスやT-フォボスを投与したことにより発生しました。

・イドニアのバイオテロ(バイオ6)
カーラ率いるネオアンブレラが傭兵たちにC-ウイルスを
投与したことによるものです。

・トールオークス事件(バイオ6)
シモンズが、大統領によるラクーンの真実発表を恐れ、
BOWを放ったことによりバイオハザードが発生しました。

・ランシャンのバイオテロ(バイオ6)
カーラ率いるネオアンブレラがC-ウイルスをばらまいたこと
によりバイオハザードが発生しました。

・ベイカー邸事件(バイオ7)
とある組織が開発した兵器・エヴリンによって
ベイカー一家とその周辺でバイオハザードが発生していました。

バイオハザードシリーズの正史は?

バイオハザード1
1以降の作品ではクリス、ジル、バリー、レベッカの4人が
生き延びたことになっています。
が、1でそのようなルートは存在しません。
そのため、ゲーム内のエンディング以外の結末が史実ということに
なりますね…

バイオハザード2
正史はクレア表⇒レオン裏のシナリオのようです。
後々のシリーズのエイダの状況から読み取ることができます。
また、オペレーションラクーンシティなどでも同様の展開に
なっているので、クレア表⇒レオン裏なのでしょう。

バイオハザード3
大きく結末が変わる分岐はありませんが、
登場人物の一人、ニコライはヘリコプターで逃亡するルートが
正史のようです。
2003年のロシアでニコライの手紙が確認されています
(アンブレラクロニクルズ)

バイオハザードリべレーションズ2
バリーの娘、モイラが生還するルートが正史と思われます。
ただ、まだ後のシリーズでバリーたちが登場していないため
もしかすると違う可能性もあります。

バイオハザード7レジデントイービル
後の追加コンテンツ「ノットアヒーロー」そして
「エンドオブゾイ」を見る限り、イーサンがミアを選んで
ミアと共に脱出したルートが正史として扱われているようです。

バイオハザードダークサイドクロニクルズ
バットエンドとグッドエンドがありますが、
グッドエンドの方が正史になります。
バットの場合、クラウザーが闇堕ちしなくなってしまうので
後のシリーズに矛盾が生じます。

バイオハザードアウトブレイクシリーズ
市民たちが無事に脱出できた、というのが正史のようです。
8人全員脱出扱いかは不明ですが、
アリッサの名前が7で出ているので、少なくとも
アリッサは生還したのでしょう。

バイオシリーズの気になること!

1・フォレスト(バイオ1)
STARSブラヴォーチームのフォレスト。
彼は設定上、クリスと射撃を争う程の実力者だったとか。
しかし、洋館のテラスでクロウに食われています。
何故か…。
答えは簡単でした。
彼の近くに落ちている武器がグレネードランチャー。
クロウにグレネードランチャーを撃っても…。
そういうことなのでしょう。

2・エドワード?
STARSブラヴォーチームのエドワード。
しかし彼は「1」の説明書には載っておらず、
1の小説版にも出てきていませんでした。
何故突然現れたのでしょうね…
オリジナルの「1」では手首だけの出演でしたし…
(リメイク版では手首すら登場せず)

3・エドワードのダンス
エドワード・デューイの趣味はダンス。
ダンス・・・
ダンスかぁ…
みたいような、見たくないような・・・

4・ビリーの行方(バイオ0)
レベッカと共に生還したビリー・コーエン。
レベッカの計らいにより囚人として追われることは
無くなりました。
しかし、彼はあのあとどうなったのか。
レベッカと脱出後、彼は
あの”ラクーンフォレスト”を歩いたのだと思います。
その後のシリーズでも音沙汰なしということは・・・
もしかすると・・・
それか顔も名前も変えて生きているのかもしれません

5・バイオ2のシナリオ
バイオハザード2にはレオン表→クレア裏
クレア表→レオン裏の話があります。
どちらが正史なのか?
答えはどうやらクレア表→レオン裏のようです。
3のエピローグでのエイダの傷や
オペレーションラクーンシティ、ダークサイドクロニクルズの
展開などがそちらのシナリオになっているので。

6・バイオハザード1.5
2のプロトタイプでかなり完成間近まで行っていたとか。
1回プレイしてみたいです。。
主人公はレーサーのエルザとかいう女性だとか。

7・ダリオがコンテナから飛び出したのは(バイオ3)
バイオ3の序盤で登場した「外は嫌だ!」のコンテナおじさん、
ダリオ・ロッソ。
彼は何故かコンテナから飛び出してゾンビに喰われていますが、
攻略本によれば集まってきたゾンビの気配に恐怖し、コンテナを
飛び出した、、とのこと。何というチキン。。

8・ニコライ(バイオ3)
バイオ3のニコライはルートによりその結末が異なります。
ヘリごと墜落、ネメシスにより犠牲に、ヘリで逃亡の3パターン。
どれが正史なのか、、、
答えは「ヘリで逃亡」のようです。
アンブレラクロニクルズで彼が事件後に書いた手紙が
見つかりますから・・・。
今後出てくることはあるのでしょうか?

9・クラウザーが?(バイオ4)
4で登場したクラウザーをレオンは驚いています。
事故で犠牲になったはずだと言っています。
しかしダークサイドクロニクルズでクラウザーは
レオンと共に生還しています。
恐らくこのあと「事故」か何かを装って
レオンの前から姿を消したのでしょう。

10・二人いたヴェルデューゴ(バイオ4
サラザールの側近、ヴェルデューゴ。二人いましたが
一人はいつの間にか居なくなっています。
ではもう一人は・・・?
よく見るとサラザールが怪物化するときに
一緒に取り込まれています(笑

11・アレックスは当初男だった?
リべレーションズ2に登場したアレックス・ウェスカー。
彼女は5オルタナティブエディションのファイルにも
登場していました。
しかしスペンサーの手記の文中に
あの男、アルバートと同じだったのか」と
書いてあります。
そしてバイオハザードアーカイブスにも男だとの記載が。。
設定が途中で変わったのでしょう。。

12・ウェスカー(バイオ5)
5で犠牲になったアルバート・ウェスカー。
しかしその姿は確認されておらず生きてるのかも?という
憶測も。
しかしプロデューサーが「倒された」と発言しているほか、
6やリべレーションズ2でもそうなっているので
本当に倒されたのでしょう。。
彼のコトなので何か手を打ってそうな気も…

13・うっウェスカー!?(バイオ6)
バイオ6プレイ時。
クリスらと対峙したカーラがシモンズの配下に銃撃されるシーン。
最初ヘリの中からカーラを撃った人物がウェスカーに見えました(笑
実際はただのサングラスをしているモブだったのですが(汗

14・レイモンドの行動(リべレーションズ)
レイモンド・ベスター。
彼はオブライエンと結託し、モルガンの罪を暴き出そうとしていました
しかし裏ではジェシカとも結託していた模様。
でも作中でパーカーを助けています。
イマイチ行動の動機が謎ですが…
実はジェシカと接触しているのもオブライエンによる
指示なのかもしれませんね。

15・ゲーブは一人で逃げようとした(リべレーションズ2)
リべレーション2のゲーブ。彼はヘリを修理後、
ヘリコプターの操縦席からクレアらの
方を見ているように見えるので、
迎えに行こうとしているようにも見えますが、
そのあとゲーブは再び正面を向いています。
さらにクレアらに呼びかけることも特に
していません。
このことから…個人的な意見では
「ゲーブは一人で逃げようとした」
ように思えます(笑

16・ナタリアはどうなってしまったのか(リべレーションズ2)
グッドエンディングの場合、エンディングの最後に
ナタリアが不穏な発言をします
恐らく転生の儀によりアレックスの人格が
出てきてしまったのでしょう・・・
今後のシリーズで何かがあるのかもしれません

17・エドワードトンプソン?(リべレーションズ2)
リべレーションズ2で登場したテラセイブメンバーの
一人にエドワード・トンプソンという人物がいます
エドワード・デューイ(1とか)
アーク・トンプソン(ガンサバイバー)
二人の名前と一致しますが何か関係があるのでしょうか?

18・フォリー家?(リべレーションズ)
リべレーションズ1に登場したレイチェル・フォリー
リべレーションズ2に登場したジーナ・フォリー。
二人の間に何か関係はあるのでしょうか?
戦闘能力が低めで(失礼!)序盤にやられてしまうあたりも
共通していますが(汗)

19・アンディはなぜアークを襲う?(ガンサバイバー)
まぁ、元々頭のおかしな人であることは確かですが(汗)
アークが調査のため、ビンセントと名を偽りアンディに
接触していたためかと。

20・モーフィアスはなぜ女性化したのか?(GS4)
ガンサバイバー4の敵、モーフィアス。彼は負傷後T+Gウイルスを
投与し、怪物Tレディと化します。しかし彼は元々男。何故容姿も
話し方も女性化してしまったのでしょうか?
・元々の願望が具現化された
(ウェスカー曰く、ウイルス感染者の心が変異後に現れるのだとか)
・単にT+Gウイルスの効力

21・コードXX?(アウトブレイク2)
滅菌作戦のことと思われます。しかし滅菌作戦のミサイルは
1発だったので別の何かなのかもしれませんし、
パラレルワールドなのかもしれません

22・ヘンタイか…(アンブレラクロニクルズ)
UCのラスボス、セルゲイ・ウラジミール。
彼は傷みを喜びとしています。
戦闘中、時間が経つと「私を切り刻んでみるがいい、喜ぶだけだがね」
と言っています。
このヘンタイめ!

23・あの人誰?(ダークサイドクロニクルズ)
レオンとハヴィエが初対面するシーン。
マヌエラの背後から銃を突きつけた男。
あれは誰なのでしょうね…?
聖なる蛇たちの一員でしょうか?
あの後出てきませんでしたが、おそらくマヌエラを逃がしたので
ハヴィエに始末されたのでしょうね。

24・正史は?(ダークサイドクロニクルズ)
エンディングが2種類あり、マヌエラの結末が分かれますが
どちらが正しい歴史なのか?
答えはマヌエラの生存ですね。。
そうでないとクラウザーが悪に進まなくなってしまうので・・・

25・トライセル・・・
バイオ5で大々的に登場した敵・製薬会社トライセル。
しかしリべレーションズ2のオープニングであっけなく
「トライセルは滅んだ」と言われています。。
トライセル・・・

26・アンドレは・・・(バイオ7)
体験版に登場するアンドレ。
彼は急に姿を消してしまいますが
追いかけるとちゃんと、自分の意思で移動しているのが分かります。

27・あれどうなったんだろう…(SDペリー小説)
SDペリー著で発売されている小説版バイオハザード。
6巻まで登場しており、トレントという謎の人物や
ホワイトアンブレラなど独自の設定が織り込まれています。
しかし6巻で完結(日本では)してしまい、決着は見れませんでした
今、どうなってるんでしょう?
ジャクソン・コートランドとか気になる・・・

28・T-ウイルスに…?
Tウイルスに感染してゾンビになるまでの過程を一番分かりやすく
記した書類が「飼育員の日誌」とされています。
しかし、SDペリー版小説第2巻でTウイルスに感染した
カレン・ドライバー。
彼女の変異していく様子こそ、一番T-ウイルス感染者の
たどる道をよく表しているかと…
一回読んでみると良いですよ。
恐ろしい表現でゾンビになるまでの過程が…

29・マルハワデザイア?
あのマンガの時系列はいつなのでしょう?
中国の直前のように描かれていますが
実際はイドニア共和国の直前だと個人的には思います。
でないと、酔っぱらい記憶喪失クリスに
なっているはずですからね・・・。

30・アルフレッド(コードベロニカ)
突っ込んだら負けです。ただの変質者です

エドワードの真実

「エドワード」について。

エドワードと言っても、バイオハザードシリーズには
何人かエドワードがいますね。

STARS隊員のエドワード・デューイ
テラセイブのエドワード・トンプソン

そしてアンブレラ設立メンバーの一人
エドワード・アシュフォード。

今回は、アンブレラ設立メンバーの
エドワード・アシュフォードについての考察です。

エドワード・アシュフォードは
コードベロニカで登場したアシュフォード家の
5代目当主。ウイルス研究で功績をあげたほか、
オズウェル・E・スペンサー、ジェームス・マーカスの
2人と共にアンブレラの設立に携わりました。

そんなエドワードですが、
アンブレラが設立されたその年に
始祖ウイルスに感染、亡くなってしまったのだとか。

スペンサーは5で登場したほか、
その後のシリーズなどにも話にあがっており、

マーカスは0の黒幕的存在として
STARSらの前に立ちはだかりました。

しかしエドワードは
ウイルスに感染して犠牲に。

それだけでした。

ウイルスの研究の一人者ともいえる
エドワードがそんなに簡単に感染してしまうのか?

いつかマーカスのようにシリーズ作品で
登場するのではないか?

そう思っていました。

しかし、答えは簡単でした。

カプコンより発売された
バイオハザードアーカイブスという本の中にありました。

その本の中の年表を見てみると
「エドワード ウイルスに感染して亡くなる
(真相はスペンサーによる陰謀)」

と、いう大事な事実がサラッと書いてありました(笑)

マーカスを葬ったスペンサー。
その遙か以前にエドワードの事も
葬り去っていたようです。

ウイルス研究の一人者ともいえるエドワードは
スペンサーにとってマーカス以上の脅威
だったのかも知れません。

アンブレラが設立したその年に、
葬らなければいけなかったほどに・・・。

もしくは、始末しやすかった、、ということも
考えられますが。。

結局、アンブレラ設立メンバー3人の中では
スペンサーが一番上手かつ冷徹な人物だった、

そういうことなのでしょう。

ゲーブは一人で逃げようとした?

このゲーブ。ヘリを修理して島を脱出しようとします。
しかし、修理が成功して、脱出しようとしたとき
「クレアらを置いて一人で逃げようとしている」
ように見えるのです。

今回はゲーブは一人で逃げようとしたのか?
を考えて見ます。

クレアらとはぐれて…
ゲーブは発見したヘリコプターを修理するため、
クレアらと後ほど合流する約束をし、一人ヘリの
付近に残ります。

しかし、クレアらと行動していたテラセイブメンバーの
一人、ペドロが怪物化したため、
ゲーブとの合流は出来なくなり、ゲーブ一人を置いて
別の場所へと移動することに。。

ゲーブからすれば
何の連絡も無く、置いていかれたという
不信感を抱いていた可能性もあります。

ヘリコプターの修理を終えたゲーブは
クレアらの上空に姿を現します。

この際「やってやったぜ!」というような
発言をしています。
普通に考えればオーバーシアに向けた発言だとは
思いますが、
自分を置いていったクレアらに対するあてつけの
意味もあったのかも知れません。。

また、ヘリコプターの操縦席からクレアらの
方を見ているように見えるので、
迎えに行こうとしているようにも見えますが、
そのあとゲーブは再び正面を向いています。

さらにクレアらに呼びかけることも特に
していません。

このことから…
個人的な意見では
「ゲーブは一人で逃げようとした」
ように思えます。

結局、ゲーブは直後に犠牲になったため
真相は分かりませんけれども(笑)

トライセルの壊滅を考察!

バイオハザード5で南アフリカ支社の社長、エクセラが
ウェスカーの計画に加担、結果的にウェスカーに裏切られて
エクセラは滅び去り、それ以降、トライセルが表舞台に
登場することはありませんでした。
続編の「6」や「ダークサイドクロニクルズ」でも
その動向は不明のまま。

しかし…
「リべレーションズ2」のオープニングでさらっと
クレアが「トライセルは壊滅した」と言っていました(笑)

いつの間にか壊滅していました(笑)
南アフリカでの件がダメージとなり、
あっという間に解体されてしまったみたいですね^^
大きな企業でも終わりはあっけないものです。

アンブレラコアで、トライセルのHQが敵対企業に攻撃を
受けていたこと、そしてその残骸となる施設が明らかに
なっています。
まだまだトライセル以外にも怪しい組織はいるということですね。

最初は「ウェスカーが所属する第3の組織が明らかに!」みたいな
宣伝をしていた気がしますが、
全然違いましたね…

トライセルはエイダが所属している組織とは完全に別ですし、
ベロニカ当時、ウェスカーが所属していたH.C.Fは
バイオ7の時点で健在が確認されているので
トライセルとは別の存在です。

結局、トライセル関係者で直接登場したのは
エクセラと油田所長のアーヴィングだけとなりました。
エクセラがトップではありませんから、まだ他に
何か居たはずですが、おそらくもうバイオの世界のことですから
消されているのでしょう。。

何ともあっけない最後を遂げたトライセル。
アンブレラのように後から終焉の話が描かれるとは
思えませんし、このまま退場することになるのではばいおは
ないでしょうか。

ラスボスまとめ

バイオハザードシリーズのラスボスは下記の通りです

・タイラント(バイオ1)
記念すべき第1作目のラスボスはタイラント。そのまんまです(笑)
最初のラスボスと言うこともあり、以降のシリーズでも
しつこく登場するようになりました。
戦闘場所はヘリポート。

・G (バイオ2)
ウィリアム・バーキンがGウイルスにより怪物化した姿。
第5形態がラスボスとして登場しました。かなりしつこい相手でしたね。。
戦闘場所は列車内。

・ネメシスT型 (バイオ3)
通称追跡者。序盤からずっとジルを追ってきていた敵なので、
しつこさはシリーズでも一番ではないでしょうか。
当時凄く怖かった印象が…
戦闘場所は処理場。

・アレクシア (コードベロニカ)
アレクシア・アシュフォードがTベロニカで怪物化した姿。
リニアランチャーの利用が鍵でした。
この頃から主要人物が怪物化してラスボス、ってパターンが
増えた気がします
戦闘場所は南極基地内

・女王ヒル (バイオ0)
マーカス博士に擬態していたヒルたちの真の姿。
日の光が弱点となっています。
戦闘場所は研究所(?)

・サドラー (バイオ4)
ロスイルミナドス教団の教祖がプラーガを解放した姿。
これって…既に自我が無くなってそうに見えるのですが、
どうだったのでしょうか?笑

・ウェスカー (バイオ5)
シリーズを通しての宿敵、アルバート・ウェスカーが
ウロボロスウイルスを取り込んだ姿。
火山地帯での戦いでした。

・ノーマン (リべレーションズ)
ヴェルトロの首領、ジャック・ノーマンがT-アビスにより
怪物化した姿。ワープなども行う強敵。
これ、かなりてこずりました(笑)
戦闘場所はクィーンディート号内部

・シモンズorハオスorウスタナク (バイオ6)
バイオ6はプレイするシナリオによりラスボスが異なります。
ファミリーの長シモンズが怪物化したモノと戦うのが
レオン編とエイダ編。
クリス編ではネオアンブレラの究極BOWハオスと、
ジェイク編ではネオアンブレラのBOWウスタナクと
それぞれ戦います。

・変異アレックス (リべレーションズ2)
アレックス・ウェスカーがウロボロスウイルスにより
怪物化した姿。ルートによっては第1形態のみで
戦闘が終わることも。。

・エヴリン (バイオ7)
とある組織が開発していた少女の姿をした生物兵器。
ベイカー家を暴走させた元凶。。
イベント戦闘なので、一番弱いかもしれません。。

続いて外伝作品のラスボスも見ていきましょう~!

・新型BOW (GAIDEN)
客船に侵入した新型のBOW。人に化ける能力を
持っていました。。
店員KがGAIDENだけやったことがないので詳しい事は…笑

・ヒュプノスT型 (ガンサバイバー)
アンブレラのビンセントが開発していた新型BOW。
第3形態まで変異する、なかなかのしぶとさでした。
戦闘場所はヘリポート

・実験体 (ガンサバイバー2)
ネメシスです(笑)条件を満たすと出現します。
満たさなかった場合はタイラントがラスボスですね。

・モーフィアス (ガンサバイバー4)
モーフィアス・D・デュバルがT+Gウイルスで怪物化した姿。
肉の塊のような形態と最後に戦うことになります。

・タナトスR (アウトブレイク)
グレッグ博士が開発していた派生型のタイラント。2回戦に
分けて戦うことになります。

・ニュクス (アウトブレイクFILE2)
アンブレラの新型BOW。詳細なデータがないためどんなBOWかは不明。
プレイヤーを取り込む恐怖のワザを持っています。

・セルゲイモンスター (アンブレラクロニクルズ)
アンブレラ社幹部のセルゲイが変異した姿。
自我を保っており、素早い動きでウェスカーを翻弄します

・Vコンプレックス (ダークサイドクロニクルズ)
ハヴィエがベロニカ植物と融合した姿。
シリーズのラスボスの中でも最大級の大きさを誇ります

・レオンorウルフパック隊員 (オペレーションラクーンシティ)
最後の選択肢によって戦う相手が変化。
レオンは非常に強いので気を付けましょう…

ゲーム以外の作品のラスボスを羅列…。

〇ビンディ・ベルガーラ (マルハワデザイア)
〇紫麗 (ヘブンリーアイランド)
〇変異カーティス (ディジェネレーション)
〇タイラント (ダムネーション)
〇変異アリアス (ヴェンデッタ)
〇変異ユリシーズ (ローズブランク)
〇完成体 (トゥザリバティ)
〇ミレーニア (北海の妖獣)

アンブレラの生き残りの考察

〇ハンク
アンブレラ倒産後は一切登場しておらず、行方不明です。
現在も傭兵のようなことをやっているのでしょうか。

〇ニコライ・ジノビエフ
アンブレラクロニクルズでセルゲイに送った手紙が
確認できるため存命のようですが…。

〇カルロス・オリヴェイラ
ジルと共にラクーンシティから脱出後は、アンブレラとは
手を切った模様です。

〇ヨーコ・スズキ
アウトブレイクの主人公。ラクーンシティから脱出後は
アンブレラを追及する立場に回っています。

〇アーノルド
ラクーンシティから脱出後、消息は不明です。
UBCSとしての任務を放棄していたので、アンブレラとは
縁が切れていると思いますが。

〇ロドリゲス
新型BOWのニュクスの強奪に失敗し、そのまま
ラクーンシティを脱出。アンブレラを裏切っているので、
消されている可能性も。

〇ウルフパック
オペレーションラクーンシティの主人公たち。
一部メンバーは生還した可能性がありますが、
生きていたとしても、表舞台に出てくることは無さそうですね

作中で確認できるアンブレラメンバーの多くは
既に犠牲になっていますが、未だに生き残っているものものいます。
そういった人物たちが、今後の物語に絡んでくる可能性も
十分に考えられますね。

HCFとは?組織の考察

バイオハザードシリーズの敵と言えば、
やはり製薬会社アンブレラが有名どころだと思います。

ですが、最近では色々と新しい敵が登場してますよね。
(アンブレラは既に壊滅しましたし…)

そんなバイオシリーズの敵の中でも
古株なのが「HCF」なる謎の存在。
これは一体何なのでしょうか。

バイオハザードコードベロニカで初登場した謎の組織。
未だにその全貌は明らかになっておらず、ウェスカーや
エイダが所属している第3組織とも言われていましたが
そこのところもはっきりしません

コードベロニカで登場した当時はアンブレラの敵対企業と
されており、ウェスカーが率いるかたちでロックフォート島を
襲撃していました。

その後、長らく登場していませんでしたが7では、
エヴリンの事件に関わっているようなことを匂わせる
ファイルが登場しています。

ウェスカーは別にHCFのトップではなく、
単に一時的に所属していたに過ぎないようです。
4の時点で所属していたのがHCFかは知りませんが、
結局のところ、ウェスカーは5の時点までに
HCFを抜けていた模様です。

5の発売前には「ついに第3組織が」みたいな内容も
書かれていましたがHCFはトライセルではありません。
トライセルはリべレーションズ2の時点で壊滅していますが
HCFは7の時点でも健在です。
別の組織と考えるのが妥当ではないでしょうか。

アンブレラに類する組織であることは確かですが
全貌は謎に包まれています。
ただし、未だに健在で、バイオ内の1998年当時から
存在していることを考えると、アンブレラ以上に慎重かつ
巨大な組織である可能性もあります。

今後、HCFが主な敵として出てくる可能性も0では
ないですね。
バイオ7ではルーカスとコンタクトをとっていた
「コネクション」なる組織の名前も登場しており、
バイオの世界はまだまだ不穏な気配です。

シリーズごとの敵組織まとめ

・バイオハザード(初代)
製薬会社アンブレラ

・バイオハザード2
製薬会社アンブレラ

・バイオハザード3ラストエスケープ
製薬会社アンブレラ

・バイオハザード コードベロニカ
製薬会社アンブレラ
HCF(ウェスカー所属の謎の組織)

・バイオハザード0
製薬会社アンブレラ

・バイオハザード4
ロスイルミナドス教団
第3組織

・バイオハザード5
製薬会社トライセル
オズウェル・E・スペンサー
アルバート・ウェスカー

・バイオハザード6
ネオアンブレラ
ファミリー

・バイオハザード7 レジデントイービル
エヴリン
ベイカー一家
HCF
コネクション

・バイオハザード リべレーションズ
FBC
ヴェルトロ

・バイオハザード リべレーションズ2
アレックス・ウェスカー
ニール・フィッシャー

・バイオハザード ガンサバイバー
製薬会社アンブレラ

・ガンサバイバー2 バイオハザード コードベロニカ
製薬会社アンブレラ

・ガンサバイバー4 バイオハザード ヒーローズネバーダイ
モーフィアス・D・デュバル

・バイオハザードアウトブレイク
製薬会社アンブレラ

・バイオハザードアウトブレイクFILE2
製薬会社アンブレラ
アル(廃病院の主)

・バイオハザード アンブレラクロニクルズ
製薬会社アンブレラ
アルバート・ウェスカー

・バイオハザード ダークサイドクロニクルズ
聖なる蛇たち
第3組織
製薬会社アンブレラ

・バイオハザードGAIDEN
製薬会社アンブレラ

・バイオハザード ディジェネレーション
製薬会社ウィルファーマ

・バイオハザード ダムネーション
東スラブ国

・バイオハザード ヴェンデッタ
アグア社(グレン・アリアス)

・バイオハザード マルハワデザイア
ファミリー
ネオアンブレラ
ビンディ・ベルガーラ

・バイオハザード ヘヴンリーアイランド
ディルク・ミラー
ジューリー

・バイオハザード アンブレラコア
謎の組織

・バイオハザード オペレーションラクーンシティ
製薬会社アンブレラ

アンブレラはブラック企業

バイオハザードシリーズに登場する製薬企業で、
表向きは「医療品の開発販売」などを行っていますが
裏では生物兵器BOWの開発を行っており、
非合理な実験などを繰り返している恐怖の企業です。

既に、そのことが流出し、作中では壊滅しています。

どう考えてもアンブレラはブラック企業ですね…
それも恐ろしいほどまでに。
サービス残業だとか、そういうレベルのお話しではありません。
もっと恐ろしいことが日常的に行われています。

不都合な社員や機密にかかわった人間は「処理」されます。
ウイルスの人体実験の標的にされ、ゾンビになったり、
そのまま廃棄処分されたり。
作中のファイルで、それを匂わせる文章がいくつも存在します。

幹部クラスであっても、社内対立により消されることもあります。
創業者の一人であるジェームス・マーカスも権力争いに破れて
粛清されましたし、同じく創業者のエドワード・アシュフォードも
設定資料集によれば、陰謀により感染事故に見せかけられ葬られています。

何かの設定資料集にアンブレラの募集要項が載ってました。
人種問わず、経験不問、「健康な方」
これってつまり…ウイルスの実験に…??おっと。。

アンブレラジャパンという会社があったようですね。
設定資料集に載っていました。
アンブレラジャパンは表の顔だけの会社だったのか、それとも…?
いずれにせよ、恐ろしい企業です!

明らかにヤバい会社なのに、バイオハザードの世界の中では
それで誤魔化せていたというのですから、驚きです!
よほど、トップであるオズウェル・E・スペンサーの手腕が
良かったのでしょうか?
(政府とも結託している設定でしたしね…)

STARSブラヴォーチームの考察!

ブラヴォーチームのメンバーもそれなりに経歴があり、
実力的にはアルファに劣っていなかったと思います。
しかしながらブラヴォーはアルファの1日前に猟奇事件の
調査に赴いており、
「ブラヴォーが消息を絶った」という心構えで現地に
向かったアルファチームに比べると、気も緩んでいた可能性が
ありますね…。

隊長のエンリコは
作中での行動を見る限り、的確に指示を下しており、
また、0の終盤でレベッカと遭遇した際も無傷で、
なかなか活躍していたものと思います。
その後には、裏切り者についての情報もある程度
入手していたようですが
クリスを裏切り者呼わばりするなど、情報は完全ではなかった模様。
最後はウェスカーに始末されてしまいました。

生き延びていれば対バイオテロの貴重な戦力になったはずです。

最初に犠牲になったのはエドワード・デューイでした。
ダンスが趣味のヘリパイロット。
ラクーンフォレストでケルベロスに襲われ、
なんとか逃げ切るも、力つきてレベッカの前で息絶えてしまいます。
なかなか陽気な性格だった模様。。

アルファチームのジョセフと同じような結末になったわけですね。。

隊員の一人、フォレスト・スパイヤーは
クリス・ジルとは入隊以前から親しく、射撃コンテストでも
クリスと1,2を争うほどの実力者だという、
なかなかのプロフィールの持ち主。
生き延びていればほぼ確実にBSAAに入っていたのではないでしょうか。

しかし運悪く、彼はテラスでクロウに襲撃されて絶命。
テラスについた時点で既に弱っていたらしく、射撃能力も
生かされませんでした。

倒れてから時間が経過していたらしく、恐らくエドワードの次に
犠牲になっていたものと思われます。

最年長隊員のケネス・J・サリバンは、クリスらが洋館に
入るまで生きていました。
しかし、その後にゾンビに襲われてしまい。。
クリスらが来るまで生きていたということは、1日は生き延びていた
ということですが、、あと少し、足りませんでした。。

リチャード…
隊員のリチャード・エイケンはレベッカと合流し、レベッカと共に
行動するなど、ブラヴォーチーム隊員の中では
出番が多かったキャラクターですね。
レベッカをかばい、ヨーンの毒に犯されますが、
なんとか回復、しかしながら再び仲間をBOWからかばい犠牲になって
してしまいます。

彼は…なんと言うか悲運ですね…
守るべき存在が無ければ、生還できていたかもしれません。。

どの隊員もあと一歩、なにかが違えば生還できていたかもしれません。
生還後はきっと、BSAAなどの組織でバイオテロと戦う
貴重な戦力になっていたのではないでしょうか。