るろうに剣心 最終章 The Finalのレビュー!六人の同志が5人に!

ゲーム以外

るろうに剣心の実写映画第4弾として公開された
「るろうに剣心 最終章 The Final」を実際に見た感想を
お話していきます。
(映画館ではなく、チャンネルnecoの放送で見ました)

原作は全巻、アニメも全話、
これまでの実写版も全部見て、
北海道編(現在連載中)も全部見ている立場からの
感想になります!

スポンサーリンク

相変わらずのクオリティ

京都編を描いた前作「伝説の最期編」から
結構な年数が経過している状態で公開された作品ですが
相変わらずクオリティは高い作品であると思います。

漫画の実写版はハズレも結構ありますが
これは雰囲気も出ていますし、
引き続き完成度は高いと思いますね。

原作やアニメのるろうに剣心を全部見た私でも
十分に満足できますし、楽しめました。

キャストも基本同じですが
弥彦だけは(年齢的にも…)別の方に変更になっています。
7年経ってしまってるので、
流石に弥彦をそのまま続投させるのは
難しいでしょうからね…。

「人誅編」を描く作品。「追憶編」は次作

第4弾となる今回の映画では
原作で言う縁(えにし)との戦いを描く「人誅編」が
描かれています。

ただし、原作では人誅編の途中で挿入された
「剣心の過去」はほとんど描かれず(時々シーンとしては出てきますが)
この部分は第5作の方で描かれるなど、
順番は調整されていますね。

最初、私は京都編のように2作、人誅編にも使うのかと思っていましたが
縁との戦いはこの1作で完結したので、それは少し意外でした。
(その分、少し駆け足にはなっていますが上手くまとまってると思います)

ちなみに、左之助の故郷の話(不動沢とかのやつ)は
カットされています。描く時間もないでしょうからね…。

スポンサーリンク

六人の同志…!十本刀よりは良い扱い

京都編の「十本刀」は一部を除いてモブ同然の扱いで、
宇水が一瞬でやられた時には笑ってしまったような
扱いでしたが(※モブ十本刀もそれはそれで私は好きですが笑)
縁の配下の「6人の同志」は、十本刀よりは良い扱いになっていて、
それぞれちゃんとした戦闘シーンが描かれています。

原作よりは全員、あっさり片付いてしまいますが、
ちゃんと戦いがある扱いなのは良いですね。

特に乙和は不気味な感じも出ていましたし、
戦闘もなかなか迫力があり、最後も含め、
良い感じでした。
(八ツ目も個人的には地味に好き)

なお、実写版では第1作で「外印」と「番神」が
出てしまっているため、
外印は削除、番神は別の名前になって登場していました(笑)

外印は完全に削除されたので、6人の同志が5人に…(笑)

ただ、外印の人形のくだりは、
実写でやるとかなり不自然になり、時間の尺の都合上、
描くのも困難でしょうから、外印がいないのは
ちょうど良かったのかもしれません。

青紫の出番は少ない。代わりの宗次郎?

主要キャラの青紫は、登場後早々に負傷して退場、
以降、登場しません。
演じている俳優さんが同時期に問題を
起こしていたので、そのせいかもしれませんが、
不自然に退場するのは、物語としては
少し気になりましたね。

また、京都編の宗次郎(原作では出て来ないタイミング)が
後半に唐突に登場し、
唐突に出番が終わったのも若干気になりました。

再登場自体は全然良いのですが
剣心を先に行かせてすぐに出番も終わってしまいますし、
物語の流れとしては気になる部分でした!

省くところは省き、残すところは残した

人誅編は、原作ではそこそこ長いので
映画1本で描くのはなかなか難しい作品です。
また、前述の外印の人形のくだりや、
ヒロインが一度、命を落としてしまったように見える描写など
実写で描くのは時間も、描写的にもキツイところが
多い展開でしたが
上手く”削除するところは消して”
”残すところは残す”ということが
描けていたと思います。

京都編のラストよりも、このあたりは
丁寧に描けていたような感じがしますし、
展開的にも不自然な点は(宗次郎は若干不自然な気もする)
あまりなかったので、
上手くまとめた!という感じがします。

縁との決戦なども良い感じ

縁との決戦は、相変わらずの迫力で
これまでの実写版るろうに剣心と同じように
良く出来ていたと思います。

最後の戦いには、それなりに時間も使われていましたね。
(戦う場所は違いましたがこれはこれで個人的には好きです)

また、敵のNo2にあたる呉黒星(ヘイシン)は
実写版では風格のある感じに変わっていて、
(性格や立ち回りはほとんど同じ)
これもいい味を出していたと思います。

最後のアレもちゃんと再現されていたので
この辺りも良いですね。

スポンサーリンク

作中の「現代」を描く作品は今回が最後

実写版のるろうに剣心は5作品存在していますが
実質上、作中内の現代(明治)を描くのは
この作品が最後で、
第5作は「幕末」を描く作品(剣心の過去を描く)に
なっています。

そのため、幕末の時代に登場しない
主要キャストに関しては今回の作品で
出番が終了となります。

一部登場人物はかなりあっけなくフェードアウトして
その後どうなっているのか描かれていないのは
少し気になりましたが、
些細なことですし、全体としてはキレイに
まとまっていたと思います。

もっと実写版も見たくなる作品

これを書いたあとに「The Beginning」も録画してあるので
見ていきますが、
もっとるろうに剣心の実写版も
見たいと思わせてくれるような作品でした!

ただ、この先に進むとなると、
漫画の「北海道編」(敵が超人すぎてきつい+現在連載中で完結まで描けない)か
アニメのオリジナルの「島原編」(流石に知名度的にきつそう)に
なってしまうので、難しそうですね…。

タイトルとURLをコピーしました