カービィのきらきらきっずのレビュー!カービィのパズルゲーム!

パズルゲーム

任天堂から発売された
「カービィのきらきらきっず」は、
カービィシリーズの中でも珍しい
パズルゲームです。

この時代にはよく任天堂から
パズルゲーム(ヨッシー系のパズルやパネポンなど)が
多く出ていましたが
これもそんな時代に発売されたタイトルの一つですね。

こちらのスーパーファミコン版を実際に遊んだ感想を
お話していきます。
(※スイッチオンラインでスーパーファミコン版をプレイ)

スポンサーリンク

遊べる機種は?どの機種に発売されているの?

カービィのきらきらきっずが遊べる機種は
下記の通りです。

・ゲームボーイ
・スーパーファミコン
・Wii
・WiiU
・3DS
・New3DS
・ニンテンドースイッチ

の7機種になっています。

内容としては「スーパーファミコン版」と「ゲームボーイ版」で
見た目などの違いが存在していますが、
残りの5機種は↑の2つのどちらかの移植になっており
基本的な内容は変わりません。
(Wii/WiiU/New3DS/スイッチ版はスーパーファミコン版の移植、
3DS版のみゲームボーイ版の移植となっています)

Wii~New3DSはそれぞれバーチャルコンソールとして配信、
ニンテンドースイッチは
スイッチオンライン加入者特典として配信されている
スーパーファミコンソフトの一つになっています。
(※スイッチ版のみ単体で購入することはできません)

よくある感じの落ち物パズルゲーム

内容は独自の内容ですが、
どこかで見たことがある感じのする
”この頃、よくあった感じの落ち物パズルゲーム”に
なっています。

何となく、同じ任天堂のパネルでポンに
似ているような感じ(ルールは違いますが)が
しますね。

ルール自体はそんなに難しくはなく、
チュートリアルも用意されており、
とっつきやすい作品であると思います。

スポンサーリンク

敵が結構強い気がする

CPUと対戦していくおはなしモードが
一人でプレイする際のメインモードになりますが
案外、この敵が強いですね…

私が極めていないだけなのかもしれませんが
後半のメタナイトあたりから大分強く、
少し追い詰めていたと思っても
あっという間に逆転されているようなことも
とても多かったです。

見た目の印象とは裏腹に結構
手ごわい感じのゲームに感じました。

ルール自体は難しくはないので
その点は安心なのですが
”敵が強い”ということですね…。

モードは十分

モード数としては、そこそこ色々なものが
揃っており、それぞれ長時間遊ぶような感じの
内容ではありませんが、
十分に楽しめる内容にはなっていると思います。

一人でプレイする場合でも
おはなしモードを中心に、ちゃんと楽しめる
モードがあるのは良い点ですね。

おはなしはそんなに長くない

おはなしモードは最初、もうちょっと長い
イメージをしていましたが
案外短く、対戦相手は10人にも満たない数しか
存在していません。

私はメタナイトあたりから手こずってしまったので
クリアにそこそこ時間がかかりましたが、
もしもスムーズにクリアできる人であれば、
30分も掛からないぐらいでおはなしモードは
クリアできるはずです。

あとはチャレンジモードとか、そういうモードしかないので、
やり込み要素としては若干薄さを感じる部分も
あるかもしれません。

もうちょっとおはなしが長ければ
良かったかもしれません。

同時期に発売された他の任天堂のパズルゲームと
比べてもボリュームの面では
ちょっと寂しい印象も拭えない作品に
なっています。

雰囲気はとても良い感じ

ゲーム中の雰囲気は
カービィらしさがとても良く出ており、
普段のカービィとはまるで違うジャンル(普段はアクション)ながら
カービィのゲームという雰囲気は
しっかりと出ていました。

ゲームのグラフィックやデザイン、サウンドなども
しっかりとカービィのゲームをやっている!と感じることが
できる内容で、これに関しても、好印象でした。

雰囲気作りは、良く出来ていると思います。

スポンサーリンク

やり込み要素は少なめ、自分で挑戦していくタイプ

カービィのきらきらきっずは
”ゲーム側が用意してくれているやり込み要素”としては
決して多くはなく、ゲーム側が用意した要素を
遊ぶだけでは、意外とあっさりと終わってしまうと思います。

ただ、自分でハイスコアを目指すだとか、
対戦するだとか、
そういった”やり込み”を自ら見つけていけるタイプの人であれば
熱中できるのではないでしょうか。

私は比較的ゲーム側で用意された要素をクリアすれば
制覇!みたいな考え方なので、
それほど長時間遊ぶことはできませんでしたが、
ゲームとしてはなかなか中毒性のある作品に
なっていると思いますし、
自分で熱中できる要素を見つけることができる人にとっては
良い作品であると思います。

「カービィのきらきらきっず2」は存在するの?

カービィのきらきらきっずは現時点では
続編は発売されておらず、
この1作品だけになっています。

ゲームボーイ版とスーパーファミコン版では
内容に差異がありますが
1と2の関係ではなく
あくまで同じゲームの別機種版、という位置づけになっています。

最初に発売されたのが1997年であるため、
既に20年以上が経過していますが
未だに続編は出ておらず「移植」が行われているだけに
留まっています。

ただ、カービィシリーズは現在でも新作が
出続けており、2022年にも
本編の「星のカービィディスカバリー」や
外伝の「カービィのグルメフェス」などが
発売されているため、
このままカービィシリーズが続けば
きらきらきっず2や似たようなパズルゲームが
出て来る可能性はあるとは思います。

タイトルとURLをコピーしました