エフゼロ ファルコン伝説を語る!キャラの正体ネタバレや考察!

ゲーム以外

任天堂の人気レースゲーム、
F-ZEROシリーズには
アニメ版も存在しています。

こちらでは、アニメ版のレビューや
ネタバレ・考察などをまとめました。

スポンサーリンク

アニメ版のレビュー!

任天堂のレースゲーム、F-ZEROを題材とした
アニメで、原作ゲームに登場したキャラクター達が多数登場します
主人公リュウ・スザクを中心に、銀河連邦軍と
ブラックシャドー率いる組織、ダークミリオンの対決を描きます

最初は・・・
最初はF-ZEROのアニメ~~??
などと思っていましたが、実際に見てみると
とても楽しい作品でした。正直、甘く見ていました。。
かなりクオリティも高く、シリアス面ギャグ面どちらでも
楽しめる傑作ですね!

敵が個性的
ファルコン伝説の敵は凄まじいですね。
ラスボスでもあるブラックシャドーは若本さんボイス。
それだけでも強烈なインパクト。
ゾーダは敵ながら毎回笑わせてくれますし、
リュウの恋人で洗脳状態のミス・キラーとのやり取りも
切ない印象です。
オクトマンらやられ役(?)4人組もなかなか
存在感をかもし出しています。

バートレミング?
アニメオリジナルキャラとしてバート・レミングさんという
キャラが居ます。このバートさんユーモアもあり、
それでいてどことなく鋭く、何者?って思ってましたが、
なんとファルコンさんの中身でした(笑)
最終回でスマブラでもおなじみのファルコンパンチを
ブラックシャドーに叩き込んだ際にはしびれましたw

BGM
BGMもなかなか良いですね!
特にOPのHIRO-Xさんが歌う
THE MEANING OF TRUTH、かなり良い曲ですね。
私もCDを探したのですが
なんとプレミア価格・・・!!!
・・・諦めました(泣

バートのF-ZERO教室
毎回物語終了後に挿入されるコーナー。
バートさんが色々なキャラを紹介したりするのですが、
正体発覚前もやたらとファルコンさんを褒めまくる
とても面白いです。病み付きになります

デスボーン!
F-ZERO GXに登場したラスボスのデスボーン。
アニメにも登場するのですが、
なんと、ブラックシャドーの影でした。。
でも、、影と発覚する前の話で
ブラックシャドーと2人同時に居たような…
途中で設定改変かな(笑)

かなり面白いアニメです。
脇役も個性的。個人的にはスーパーアローで吹きました。
どの話もクオリティが高く、
レースゲームからでもこんなアニメが作れるんだな・・・と
ある意味感心しました(笑)
F-ZERO知らなくても楽しめるはずですよ!

ネタバレ!キャラクターの正体は?

キャプテンファルコン
ファルコンの正体は、バーのマスター、バートレミングです。
声優さんが同じなので、分かる人は分かると思いますが(笑)
最終話でファルコンのヘルメットが取れて、その素顔がようやく見えます。

ミスキラー
ブラックシャドーの配下、ミスキラーの正体はリュウの
かつての恋人ミサキ ハルカです。ブラックシャドーに
洗脳されて、敵として立ちはだかります。
終盤でその正体が確定し、最後はリュウの元に戻ります。

バーサーカー
ドンジーニーの配下として暗躍したパイロットの正体は
キャプテン・ファルコンでした。
ドンジーニーらの動きを調査するために潜り込んでいた模様です

ドンジーニー
F-ZERO運営委員のドンジーニーの正体は
「ブラックシャドーの影」
つまりはブラックシャドーそのものです。
(運命、という回では一緒に居た気がするのですがw)

デスボーン
F-ZERO運営委員の長であるデスボーンも
「ブラックシャドーの影」でした。
途中まで別人扱いだったように見えますけどね・・・!

ゾーダ
ゾーダはブラックシャドーによって作られて過去の
リュウスザクを始末すべく、送り込まれた人造人間(?)
だったようです。もっともゾーダはそんなこと
気にしてない様子でしたが…

レースゲームのアニメとは思えないほどに複雑な
人間関係のアニメでした。
なかなか面白いですよ!
声優さんが豪華なのも特徴ですね。

ザ・スカルについて考えてみた!

ダークミリオンの一員として、ブラックシャドーが
蘇えらせた、過去の伝説的なレーサー。魔術などを使うこともでき、
リュウたちを苦しめていました。
原作とは異なる立場での津城でしたね。

ミスキラーの配下として・・・
オクトマンとバイオレックスは、ゾーダ寄りのメンバーでしたが
ザ・スカルはミスキラーと共に登場し、
ミスキラーサイドのメンバーとして暗躍していました。
ミスキラーサイドの数少ないメンバーですね。

最初は・・・
登場してから中盤ぐらいまでは、オクトマン達より格上な
雰囲気で登場していましたが、最後の方はオクトマンたちと
同列の雑魚?扱いになっていました。
最初は少し強敵そうな雰囲気だったのですけどね(笑)

ゾーダに鞍替え
終盤で、ミスキラーが記憶を取り戻してからは、
ザ・スカルもゾーダサイドに異動したようです。
しかし、その頃にはもう初登場時の威厳もなくなっていましたし、
すっかり弱小扱いになってしまっていました。

最終的には・・・
ダークミリオンのダークマターリアクター付近で、銀河連邦と
対決しましたが、最終的に任務を放棄して離脱しています。
ダークミリオンとはその時に手を切ったようですね。
その後も、グランプリには参戦しているようです。

ファルコン伝説の敵は非常に個性的なメンバーが多いので
ちょっと印象が薄いような感じもしますが、
そこそこ出番はありますね。
「駆け抜けろスピンブースター」などではメイン級の敵として
描かれていました。

おまけ…任天堂ゲームのアニメ化作品まとめ!

・マリオ
マリオと言えば黒歴史とも言われる海外の実写映画
「スーパーマリオ魔界帝国の女神」が有名ですね。
これはかなりシュールな作品です(笑)
また、現在も新しく映画の企画が持ち上がっているのだとか。
アニメのマリオもありましたね。

・ドンキーコング
アニメ版が地上波で放送されていました。
それほど長期の放送にはなりませんでしたが、独特な作風で
印象強い作品でした。

・ポケットモンスター
任天堂系のアニメと言えばやはりポケモンですよね。
超ロングラン放送されているほか、劇場版のポケモンも
かなりの量、作られています。
ゲームはやらなくてもアニメは見ている!という人も
居るのではないでしょうか。

・星のカービィ
アニメが放送されていました。約2年間放送されていましたね。
オリジナルアニメも一度作られおり、人気の高さがうかがえます。

・F-ZERO
レースゲーム、F-ZEROのアニメ化。
任天堂のアニメの中ではかなり異色です。
「F-ZEROファルコン伝説」のタイトルで全51話が
放送されました。

・スターフォックス
ネット公開で、ショートアニメが公開されました。
スターフォックスゼロの発売に合わせたアニメでしたね。

・ピクミン
ピクミンショートムービーというアニメ作品が配信されています。
WiiUと3DSでダウンロード販売されていますね。

・その他
ゼルダの伝説やメトロイドなどはハリウッドなどでの映画化が
噂されていることもありますが、今のところは実現
していません。
ファイアーエムブレムやどうぶつの森などもアニメ化などの
可能性は0ではないですね。

こうして見ると、色々とアニメ化など、されているのですね。
個人的には「F-ZEROファルコン伝説」がおすすめです。
なかなか面白い作品だったと思いますよ!