F-ZERO Xのレビュー!GXを先に遊んでいると見劣りも…?

レースゲーム

「F-ZERO X」は、
NINTENDO 64で発売されたエフゼロシリーズの第2弾です。

スーパーファミコンで発売された初代エフゼロに続く
作品ですね。

こちらの作品を実際に遊んだ感想や、売上など細かなお話を
していきます!

※私が遊んだのはWiiのバーチャルコンソール版と
ニンテンドースイッチオンライン64版になります。

スポンサーリンク

遊べる機種は?何度も移植されている

F-ZERO Xを遊ぶことができる機種は
現時点で下記の通りになります。

・NINTENDO 64
・Wii(※バーチャルコンソール)
・WiiU(※バーチャルコンソール)
・ニンテンドースイッチ(※スイッチオンライン追加パック)

パッケージ版で発売されているのは、
NINTENDO 64のもののみで、あとはダウンロードor特典になっています。

ニンテンドースイッチ版のみ特殊で単体では販売されておらず、
ニンテンドースイッチオンライン追加パック(⇒詳細はこちら)の
特典としてのみ、遊ぶことができるようになっています。

前作から大幅に進化した作品

私は「GX(ゲームキューブで発売された第4作目)」を
最初にまともに遊び、そのあとに初代、そしてこの「X」を遊びました。

初代に比べると大幅な進化を感じられる作品で、
基本的なシステムはこのあとに発売される「GX」に
継承された印象を受ける作品です。

キャラクター数やモード、ステージなど、
全てが初代よりも進化している作品であると感じました。

スポンサーリンク

先に「GX」を遊んでいると見劣りする

これは、私の遊んだ順番のせいなのですが、
個人のレビューなので、正直に書くと、
私は先に64の後継機であるゲームキューブで発売された
「F-ZERO GX」を遊んでいました。

ゲームキューブにしてはかなりのクオリティで驚きましたし
個性的なSF世界のステージの数々は、新しいコースを見るのも
楽しみなほどでした。

しかし、”先にそれを遊んでいた”せいで、
この「X」は、正直に言えば「GX」と比べるとだいぶ
見劣りしてしまう内容に…。

「GX」が「X」の正統進化な感じがあるために、
余計にそう思えてしまう作品でした。

もちろん「X」自体、よく出来ていると思いますし、
Xがあったからこそ「GX」に繋がったのだと思いますが、
私の場合は、遊ぶ順番を間違えましたね…笑

64時代に「X」を遊んでいればまた違ったかもしれません。

私のように「GX」を先に遊んでいる人は
注意した方が良いかもしれません。

音楽は良い感じ!おなじみの曲も!

音楽は、良い感じで、
レースの雰囲気にも合っていると思います。

私が初めてエフゼロに触れたのが「スマブラ」だったため、
スマブラで流れているおなじみのBGMに
触れるのも楽しみの一つでした…!
この点は、先にスマブラを遊んでいたからこその
楽しみ方とも言えますね…!

スマブラX(Wii)の亜空の使者で流れていた曲の一つが
このゲームの原曲だったので、
エフゼロで聴くと、どうしても違和感があったりしますが、
それはそれで普通とは逆方向で懐かしみながら
楽しめるので良かったです。

やり込み要素は多い

「X」はモード数も多く、
マシンのアンロックや、カップのアンロックなど
隠し要素も豊富に用意されているので、
やり込み要素はレースゲームの中では多いと思います。

私は元々レースゲームでタイムアタックには
燃えるタイプではなく、
クリアを目指すタイプなので、
色々とタイムを競う以外のやり込み要素があるのは
高評価です。

今でも、それなりに長く遊べる作品ではあると思いますし、
GXより見劣りする、とは書きましたが、
特に64オンライン版の時には、
それなりに遊べました。
(Wiiの時は、すぐに別のゲームを買ってしまってあまり…
という状態でしたね…)

※隠し要素や裏技については前にも別記事で書いたので
今回は触れませんが、気になる方は
エフゼロシリーズ全作品の隠し要素・裏技の記事を
参考にしてみて下さい。

慣れるまでは難しい人もいるかも

エフゼロは結構独特でスピード感もあるゲームなので
慣れるまでは難しく感じる人もいるかもしれません。

私もこのXは「久々のエフゼロ」だったので
最初は少しだけてこずりました。

上級レベルに進んでいくとどんどん難易度は高くなるので、
ある程度レースゲームの腕前も求められます。

その点は覚悟しておいた方がいいですね。
(ただ、隠し要素解放コマンドなどもあるので
最悪の場合はそれを入力すれば
「先に進めなくて全部見れない」ということはありません)

スポンサーリンク

F-ZERO Xの売上は?

ニンテンドー64版以外の売上は、ダウンロード専売なので
不明ですが、
64版に関してはおよそ30万本前後であったと記録されています。

レースゲームとしてはかなりの売上ですが
初代エフゼロが90万本売れていたため
売上としてはかなり落ちてしまっているのも事実でした。

その後、ゲームキューブの「GX」は12万本、
それ以降の作品はさらに落ちるなど、
レースゲーム自体の売上が全体的に落ちる中、
苦戦を強いられている状況で、
最近では「ゲームボーイアドバンス」で発売された作品を最後に
新作が発売されていない状況です。

同じ任天堂のレースゲームで
「マリオカート」がありますが、マリオカートは
レースゲーム全体の低迷などお構いなしに100万本越えを
乱発していますが、「F-ZERO」はそれとは対照的な
結果になってしまっている…と、言うのが現実です。

私としては新作も遊んでみたいところではありますが…(出れば、の話です)

タイトルとURLをコピーしました