グランツーリスモSPORTは何故失敗したのか?内容を語ります!

レースゲーム
スポンサーリンク

グランツーリスモスポーツは、
2017年10月に発売された作品で、
プレイステーション4では初となるグランツーリスモシリーズの作品です。

しかしながら今までの作品とは大きく異なる内容になっており
発売直後に値段が暴落するなどの結果になってしまいました。

最終的にアップデートである程度巻き返し、
売上もそこそこにはなりましたが
「成功」と言える内容ではなかったと思います。

今回はGTスポーツについて語って行きます。

個人的な感想

グランツーリスモシリーズの最新作。
ですが、今までとは異なり、オンライン主体のゲームになっており
原則、オンラインへの接続が必須となっています。
この辺りは今までと趣の異なる雰囲気ですね。

グラフィックは…
他のレースゲームをプレイステーション4でやっていると
驚くほどではありません。
ただ、綺麗ではあります。レースゲームの中では綺麗な部類かと。
首都高の雰囲気もなかなか良いですね。

要素の大幅削減
これは痛いです・・・
よく言われている通り市販車がほとんどなく、
小さいころ、グランツーリスモ1を遊んで最初に購入した
RX-7すら居ないと言う悲しさ・・・。
また、ステージもおなじみのステージはことごとく削除。
グランバレーとかディープフォレストとかトライアルマウンテンとかは
どこへ行ってしまったのか・・・。。
ただ、新コースの首都高を始め、良いコースもあります。

オンライン・・・
オンラインに繋いでいないと実質上遊べません。
この辺りはもう少し、告知しておくべきでしたね。
ちなみに、オンラインにつないでいればPSプラスに入らなくても
対戦以外は遊べます。

一人で遊ぶとなると
アーケードモードとキャンペーンモードを遊ぶことになります。
まぁ、どちらもなかなか遊ぶことはできます。
アーケードモードも一応クリアマークがつくので、
オンラインに繋いでいればそこそこ遊べるかとは思います。
ホンネを言えばいつものGTモードが欲しいですけど。。

写真・・・
写真の合成機能は凄いですね!あれはなかなかです。
写真の枚数もかなり豊富。個人的には好きなモードです。
本筋がもっとしっかり作られていれば評価されたでしょうけど・・・。

目指す方向性が?
グランツーリスモシリーズは最近、目指す場所が
ユーザーと違う場所になってしまっている気がします。
どんどんユーザーの求めているものからかけ離れている、、
そんな感じです(汗)

悪くはありませんが、あまりグランツーリスモ、、って感じはしないですね。
あ、ちなみにオンライン対戦ですが、PSプラスに入っていないので
(無料券はついてましたけど)プレイしていません。
レースゲームのオンラインはガチな方が多いので・・・笑

オフラインで遊ぶことはできないの?

オフラインでプレイすると…
オンライン専用、と書かれていますが、一応オフラインでも
遊ぶことは可能です。
ただし、多くの機能が制限されるので、なかなか自由に
遊ぶことはできません。

プレイできるモード
プレイできるモードは「アーケードモード」のみです
他のスポーツモードや一人用のキャンペーンモード、
写真撮影モードなどは一切遊ぶことはできません。
…キャンペーンモードは遊べるようにしても良いと思うのですが
遊べません…

セーブできない!
オンラインストレージにセーブされるので、オフラインの
プレイだとセーブすることが一切できません。
なので、アーケードモードでいくら遊んでも電源を切るたびに
最初から、という内容になっています

アンロックもできない…
そして重要なのはこれ…。
アーケードモードは遊べるのですが、最初から遊べるステージは
一部のみなのです。
で、ドライバーレベル(プレイしていると上がっていく)の
上昇でアンロックされていくのですが、
オフラインだとこのレベルを上げる手段がなく、
ステージを半分以下…と、いうよりほんのちょっとしか
遊ぶことができません。
アンロックすら出来ないのはどうかと…(汗)

オンライン…
と、いうことでオフライン専用の方は絶対に買わないほうが良いです。
恐らく怒りでディスクをへし折ります。。
オンラインにつなげる環境であれば一人でプレイもできます。
この場合は全ての要素を遊べますし、
トロフィーもほとんど獲得できますから、
PSプラスに加入していなくても問題はありません
(オンライン対戦が出来ないだけです)

オンラインに接続すれば一人プレイも可能?

グランツーリスモSPORTはオンラインにつないでいれば
一人でもプレイ可能です。
オフライン時とは違い、ちゃんと他のモードを遊ぶことも
可能になっています。

プレイステーションプラスは?
これは、加入必須ではありません。
「スポーツモード」というオンライン対戦をプレイするときは
加入必須ですが、それ以外の方に関しては特に加入しなくても
他のモードは遊ぶことができます。
あくまでオンライン対戦したい人向けです。

アンロックできる?
一人プレイでも、ステージのアンロックに必要な経験地は
入っていくので、問題なく各要素をアンロックすることはできます
オフラインではセーブできないので、アンロックできませんが
オンラインならアーケードモードでレース(CPUと)する
だけでも経験地は入ります

トロフィーは?
まだ全てを確認したわけではないですが、
雰囲気的にスポーツモード(オンライン対戦)をしなくても
ほぼ全て(全部?)集められる雰囲気でした。

一人で遊べる要素
オンライン対戦以外は遊べます。
キャンペーンモードというライセンス+ミッション+コース攻略の
モード(GTプロローグ的なやつです)と、
CPUと対決するアーケードモードが一人向けのやり込み要素ですね。
アーケードモードは各コースごとに3段階の難易度のクリア
状況が記録されるので、やり込みも可能です

オンライン対戦さえしなければ…
と、いうことでオンラインの対戦さえしなければ
ネット接続していることが前提ですが、ゲームの対戦以外の
要素はしっかりと遊ぶことができます
あくまで「オンライン接続必須」なだけであり、
PSPlusの加入は対戦しなければ不要ですし
オンライン”対戦”専用ゲームではありません

ネット接続さえ出来ていれば、いつものシリーズのようには
いきませんが、そこそこ遊ぶことは可能です。
ただし、オフラインの場合は、相当機能が制限されてしまうので
注意が必要ですよ!

通常版と限定版の違いは?

パッケージ版は通常版とリミテッドエディションが発売されます。
基本的なゲーム内容は同じですが、リミテッドエディションには
色々な特典がついている感じですね!

リミテッドエディション
ではリミテッドエディションの中身を見ていきましょう。

・スペシャルブックレット
A4サイズの冊子で、グランツーリスモのテクニックや車の歴史など、
色々な内容を楽しむことのできる冊子です。

・スターターカーパック
ゲーム内で使える車8台のダウンロードコードですね。
車のラインナップはメーカー様サイトで発表されています

・リバリーステッカーパック
ゲーム内の「リバリーエディター」で使用できる追加ステッカー。

・アバター
プレイステーション4で使えるグランツーリスモスポーツオリジナルの
アバターも貰えます

特典としては以上ですね^^

価格差について
通常版とリミテッドエディションの価格差を見ていきましょう。
通常版が7452円(税込)
リミテッドエディションが10692円(税込)です。
3000円以上の差になりますね。

過去作品と比べて削除・劣化した部分

車種の大幅削減
これは結構痛いと思います。200種類も入っていません。
そして、市販車の大幅削減も痛いですね…
私が初代グランツーリスモを遊んだときに最初に購入した
RX-7もありませんし、スープラや(なんとなく好きな)ミゼットも
ありません…。
ほとんどがレースカーという状態ですね。
あと…なぜかスズキが1台も収録されていません(笑)
※アップデートで少しずつ増えていますが…

ステージの大幅削減
歴代のオリジナルステージが全て削除されました。
トライアルマウンテンもグランバレーもオータムリンクもありません…
これはちょっと寂しいですね。。
実在ステージもかなりの量、削除されています。
もちろん、新ステージは多く存在するのですが…

GTモードの削除
一人用モードのグランツーリスモモードの削除。
本編ではないとは言え、寂しいですね。
いずれ出る(?)であろう「グランツーリスモ7」には収録されると
思うのですが、そうとは分っていても寂しいところです

チューン関係の削除
今までのGTと言えば、ターボキット買ったり、軽量化したりして、
市販車を強化していくのも楽しみの一つでした。
今回はそう言った改造関連も削除されています。これも残念な点の一つですね。

細かい要素も…
洗車もオイル交換もありませんし、そういった細かい要素も
色々と削除されてしまっています。
おなじみのオープニングテーマ(6のときもありませんでしたが)も
無くなっていますね

一応、新要素もありますが
オンラインのスポーツモードやFIAとの連携、
スケープス(写真モードの進化系)などの新しい要素は
あるのですが、フルプライスのソフトなので少し寂しい内容なのは
事実ですね…

オンライン専用のソフトだったりだとか、
プレイヤー側が求めている部分と、開発側が目指している場所が
違ってしまったような感じはします。
今後、どうなってしまうのでしょうか?

アーケードモードについて!どのぐらい遊べるの?

従来のシリーズ本編のメインモードの代わり…ですかね。
一人で遊べる数少ないモードの一つです。
これと、プロローグシリーズのようなキャンペーンモード、
一人でやりこむのはこの2つのモードですね。

一応クリアマークがつく
アーケードモードは一応「クリア」のマークがつくので、
それを揃えていく楽しみがあります。
クリアしても特にプレゼントカーなどをもらえるような感じは
ありませんが、クリアのチェックマークをつけるために
一応やりこむことはできます

難易度が3段階
難易度は3段階用意されています。
初級・中級・上級の3種類ですね。
それぞれにクリアマークがつくので、全てを埋めるには
3回レースに勝たないといけません。

オフラインだと…
アーケードモードはオフラインでもプレイできるのですが、
ステージのアンロックはできません。
何故なら、セーブできないので、レベルも上がることはありません。
なので、ステージも最初から出ている少ししかプレイできません。
基本的にオンライン専用だと考えたほうが良いです。

車は…
アーケードモードではレンタルの車か、
自分で購入した車、どちらかを選んで使用できます。
対戦相手は自分の選んだ車に応じて、決定されるので、
どの車を使っても安心です。

賞金なども…
アーケードモードでレースをしても、賞金やマイレージポイントなどを
手に入れることが出来ます。
なので、繰り返しプレイしていればポイントなど各種を
手に入れることができます。

グランツーリスモモードがないと、どうしても内容が薄くなったように
感じてしまいます。
個人的にはスポーツモードよりグランツーリスモモードが
欲しかったです(笑)

スケープスモードについて

世界の絶景や日常の写真を風景に、車の写真撮影を楽しむことの
できるモードです。合成写真を作るモードですが、
これが結構しっくりはまっていて、なかなか良い写真を
撮影することができます

合成ですが…
合成写真ではありますが、光の反射まで反映されて、
なかなか凄い技術だとは思います。
選んだ背景にもよりますが、かなり上手くはめ込みできるので
本物と間違えるぐらいです。

背景の種類
背景の種類は相当あります。
ここに力を入れすぎたのでは?と思ってしまうぐらい笑
最初、1ページ目だけかと思いましたが、
5ページ分ぐらいあり、相当な量の背景が用意されています。

トロフィーなど…
スケープスモードは、一応トロフィーにも影響してきます。
100枚写真を撮影だったり…
興味のない人にとっては辛そうですが、
適当に写真をとっても獲得できます。。

最初は…
最初はそこそこ物珍しくて、楽しめていたのですが
次第に飽きてきました(笑)
撮影できる写真の種類に限りがありますし…。
やっぱりレースのほうに力を入れて欲しかった…

前作までの…
前作までの、空間を自由に歩き回りながら写真を
撮影する形式の方が個人的には好きでした。。
あの歩き回るの、地味に面白かったのです(笑)
今回は、ただの写真なので…

スケープスモードは良いとは思いますが、
写真の量を見る限り、力を入れる場所を間違えてしまったのかなぁ、
とちょっと思ってしまいますね…。

プレゼントカーについて

グランツーリスモシリーズ恒例のプレゼントカー。
今回のグランツーリスモにももちろん存在します。
購入することなく、車をゲットできる例のアレです。

今回の入手タイミングは…
今回のプレゼントカー入手タイミングは、
・デイリーワークアウト達成時
・キャンペーンモードを一定量クリア時
となっています。
デイリーワークアウトは毎日の走行量目標みたいなもので、
案外簡単に達成できるので毎日のように
プレゼントカーが手に入ることもあります

デイリーワークアウト
これは走ってるだけで達成できます。
そこまで目標距離も長くないので、そこそこ遊ぶ人なら
すぐではないかと。
毎日やりこんでる人は、毎日プレゼントカーを
ゲットできるような感じです。

ルーレット
プレゼントカーの獲得はルーレットになっています。
ルーレットで数台の中からランダムに選ばれます。
以前のグランツーリスモのように”固定”のところは
今のところないですね。

車種が少ないので…
グランツーリスモSPORTは収録されている車種が
そもそも少ないので、すぐに車が色々揃ってしまいます。
売却するにも、お金の使い道もそれほど無かったり(笑)
今後のアップデートで車種が増えることに期待します
(有料だったら買いませんが)

買わなくても
結構頻繁にプレゼントカーが貰えるので、現状ではあまり
プレゼントカーを購入する意味は見出せません。
プレゼントカーだけでカーライフを送ることは十分に
可能だと思います(笑)

プレゼントカーは結構頻繁に貰えるので、
そういう意味ではサービスが良いですね…。
普通に買うと(ゲーム内で)高い車もポンポンもらえます。

評判が悪い理由を考えてみた

オンライン専用
まず、一番はこれでしょうね。
オフラインでゆっくりやりたい!という人も多かったようです。
また、発表当初、オンライン専用ということは発表されておらず、
最近になって、急にひょっこりパッケージに表示し始めた程度なので
認知不足、という面も問題なのかもしれません。

オンラインセーブ
これも不評ですね。一応オフラインでもできるのですが、
セーブが出来ません。なのでステージすらアンロックできない。
このことに不満を感じる方も多いようです。
また、サーバーにトラブルがあるとセーブが出来ない!という点も
不評の一因になっています。

車種の減少
不評の一因です。今までのシリーズに比べると、恐ろしいまでに
車の量が減っています。
また、実車を蹴ってまで架空の車を収録していることも
反感を買っている節があります。

ステージの減少
ステージが減少、そして歴代ステージがほぼ全て削除されていることも
微妙な要素になっているようです。
確かにトライアルマウンテンやディープフォレストなどを走って
見たかった!という感じはしますね!

力を入れる場所が違う
力を入れる場所が大半のユーザーが求めている場所と違う、のかも
しれません。スケープスや外部との連携などなど、ユーザーと
製作側の目指している場所がずれてしまっているのも
不評の一因かもしれませんね。

発売までにかかった時間
発売までにかかった時間…これで期待値が上がってしまったのも
一つの要因ですね。延期も何回かしていましたし、そういう一面も
不満を募らせてしまった原因ではないでしょうか。

今までのシリーズよりは残念な感じですが、個人的には
まあまあ楽しめています。ただ、不評になっている点も理解できます。
シリーズ本編の7がもしも出るのであれば、そのときこそは
改善されていると良いですね

容量がきつい…

グランツーリスモスポーツは現在も無料アップデートが
続けられており、車種やコースなどが増え続けています。
これは良いことだとは思います。
しかしながら…

容量がきつい!
繰り返されるアップデートでグランツーリスモスポーツの
容量がやばいことになっています
確か70~80GB(写真のアップデートも入れているため)に
なってしまっています…

容量圧迫?
流石にここまで容量が増えられると個人的には
ちょっと厳しいです。
最近は保管を諦めて削除してしまおうかな?とも思っている
ぐらいです…
アップデート分のプレイはしなくてもいいかな、と。

ダウンロード版の話ではありません!
ちなみに、↑はダウンロード版の話ではなく、
パッケージ版(ディスク)の話です。
正直、こんなに容量とるならディスクの意味ないじゃん!
と突っ込みたくなりますが…

グランツーリスモSPORTを購入する際には
今後のアップデートも考慮に入れて100GBぐらい
確保しておいたほうが良いかと思います。