ゴジラのスピンオフ・小説版・絵本版のレビュー!

ゲーム以外

ゴジラシリーズには
本編ではなく、
スピンオフ作品や映画、小説なども
たくさん存在しています。

こちらでは、そんなスピンオフ
作品について語っていきます

スポンサーリンク

ゴジラのスピンオフ!

ゴジラシリーズに登場するモスラやラドンが
主役の映画や
絵本や小説などなど、ゴジラシリーズは
多数展開が行われています。

実際に見たものの感想を下記でお話していきます。

モスラ3 キングギドラ来襲 レビュー

平成モスラシリーズの第3作目にして最終作。
今回は敵にキングギドラが登場、圧倒的力でモスラの前に
立ちはだかります。空中での戦いなども見所の一つですね。

モスラシリーズはこれが始めて・・・
私がモスラの映画を見たのはこれが始めてでした。
最初にして、いきなり完結作を見るという(笑)
ゴジラシリーズ本編に比べると、少しライトな印象に
仕上がっていました。

シリーズ一の悪いキングギドラ
キングギドラは元々 敵として登場することも多いですが、
今回のキングギドラはその中でも特に悪いやつです。。
人間をタマゴのようなものに閉じ込めたり、
洗脳したり、やりたい放題・・・。
実力もかなりのものでしたね。。
いつも以上の存在感だったと思います。

タイムトラベル?
最後はタイムトラベルしてキングギドラを倒す、という方法で
ギドラを撃退しました。何がなんだか分からないままダメージを受けた
ギドラさんかわいそう(笑

CGが多かったらしいです
この記事を書くまで気づかなかったのですが、ビルの破壊シーンなどは
この作品ではCGが多く使われているそうです。
当時(小さかったからかも)見ていても気づかなかったので、
CGの技術もなかなかということですね。

ゴジラシリーズ本編とは少し違う雰囲気ですが、楽しめました。
個人的にキングギドラは好きな怪獣の1体なので、
圧倒的力で立ちはだかる、というのは良い展開でした。

スポンサーリンク

ゴジラ対自衛隊 怪獣要撃戦略マニュアル レビュー

ゴジラがもしも日本に現れたら?を真剣に解説している小説です。
あくまでマニュアル調の本で、物語を楽しむものではありません。
ある意味、シン・ゴジラに通じるところもある作品になっていて
個人的には興味深く読むことができました。

物語も少し…
小説の大半は、ゴジラ撃退マニュアルなのですが、
少しだけ各章の始まりに物語があります。
怪獣が現れて撃退するまでを描いたお話しです。
シンゴジラと同じように怪獣の駆逐には成功するのですが、
この物語の最後には…
なかなかゾッとしましたよ(汗

ちょっと古い?
作戦の解説的な部分はこの本が発売された当時のものに
なっていると思うので、私は自衛隊の法律関係に詳しくは
無いので分かりませんが、たぶん現代とは違っていると思います。
まぁ、その辺はフィクションとして楽しみましょう

シン・ゴジラに通じる…
シンゴジラも人類とゴジラの戦いを描く作品だったので
ある意味シンゴジラに通じる作品ですね^^
私はちょうどシンゴジラを読み終えた後にこれを
読んだのでより楽しめた(?)気がします

もしも本当に
しかし、シンゴジラといい、この小説と言い、もしも本当に
ゴジラが現れたら?と考えると不安になりますね。
シンゴジラなどのように、対応が後手に回って、結局大変なことに
なってしまう未来しか個人的には浮かんできません・・・
現れないことを祈るばかり…

専門用語
ちゃんと解説はありますが、戦略上の専門用語が結構出てくるので
じっくり読むと疲れてしまうかもしれません。
私は結構軽く受け流しながら読んでいました。。

悪くはない小説(?)だと思います。
ゴジラシリーズの小説はそこそこの数出ていますが、
これはその中でも印象には残っています。
ちょっと特殊な感じですからね…

小説版 ゴジラ2000 レビュー

映画「ゴジラ2000」のノベライズ版です。
結構本格的な小説になっていて、なかなかのボリュームのある
作品になっています。

初めて最後まで…
私が最後までちゃんと読んだ小説はこれが
人生初めてだったような気がします。
この前に西遊記を読みましたが、これは途中で挫折しているので(笑)
当時は文字を読む、ということが苦手でした!

怪獣の戦いは…
しかし、小説だとやはり怪獣同士の戦いは迫力が伝わりませんね…
怪獣映画は文章ではなく、映像で描くべきだと感じさせられました。
個人的に2000の怪獣、オルガはなかなか好きなのですが!

細かい描写
映画版よりも細かい人間ドラマの描写などがあった印象。
主人公の過去の話なども描かれていましたね。
人物の心情などの描写に関しては
小説版の方が優れていると思います

ゴジラのノベライズは…
最近、小説をたくさん読むようになって探してみたのですが
ゴジラ映画自体のノベライズってあまり出てないみたいですね。
「ゴジラ対自衛隊」のような参考本的なモノは結構
見かけるのですが。

やっぱり映画で!
昨年のシン・ゴジラを見て思うのですが
やはり怪獣モノは映画で見るに限ります。
小説は人物描写や心理描写には良いですが
映像で見せる、ことはできませんからね…

とはいえ、私が初めて完走(?)した小説と
いうことで、今でも自宅にちゃんと保管してあります。
そのうち暇が出来たらまた読んでみるかもしれません!

絵本版 ゴジラファイナルウォーズ レビュー

ゴジラファイナルウォーズの絵本版です。
怪獣の戦いが多かったためか2冊発売されており、
2冊で物語が完結する形ですね。

怪獣部分のみ!
絵本なので、当然、怪獣部分のみです。
まぁ、当時の私も興味があったのは怪獣部分だったので
十分に楽しめました^^
ドラマ部分は一切ありません。

子供には…
子供には楽しいと思います。
特に怪獣好きなら、次々と怪獣が出てきては倒されていくので
子供も喜ぶ(?)のではないでしょうか。
2冊ありますが、1冊だけでもとりあえず大丈夫だと思います

ちゃんと全怪獣出てくる…
映画で登場した全ての怪獣が出てきます。
カットされている怪獣は居ませんでした。
カイザーギドラも出ますし、マンダとかジラとかヘドラとか
カットされそうな(?)怪獣もちゃんと登場しています。

映画版との違い…
一応、映画版と違うところもチラホラ。
マンダの登場タイミングが違ったり、
カマキラスとクモンガの登場順番や
ヘドラ&エビラとアンギラス三人組の順番も逆になってました。
また、アンギラスたちに熱線でトドメを刺している点も
映画とは異なりますね^^
他はおおむね同じだったと思います

当時、子供だったので十分に楽しめました(笑)
怪獣たちの戦いの雰囲気と結末は分かるので
これで映画に行くまでの日々は満足していた感じですね^^
もちろん、後日、ちゃんと映画も見に行きましたよ。

タイトルとURLをコピーしました