ゲーム雑誌を語る!各雑誌のレビューと歴史などをお話します!

ゲーム

ゲーム雑誌にもいろいろな種類があります。

が、最近ではその種類はかなり
減りつつあるのも確かですね。

昔は、色々なものがあったのですが
今ではネットで最新情報が手に入りますから
ゲーム雑誌は役目を終えつつあるのかもしれません。

そんなゲーム雑誌の感想をお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

今後はどうなる?

今でこそ「週刊ファミ通」を中心に
ゲーム雑誌もある程度は生き残っていますが、
これも次第に減って来るかと思います。

何十年もすれば、完全にゲーム雑誌は
紙媒体ではなくなり
ネットを中心に、という時代に突入するかもしれません。

いずれにせよ、ゲーム雑誌業界全体に
明るい話題は、あまりないのではないかと予測しています。

エンタミクス

ゲーム情報の週刊誌、ファミ通から派生した雑誌ですね。
ゲーム情報だけでなく、映画やグルメ、俳優インタビューなど、
ゲーム以外の分野の情報なども充実しています。

色々書かれている…
ゲームの情報だけでなく、その他の映画やグルメの情報や、
色々な特集、レトロゲームの特集など、色々な情報が盛り込まれています。
暇なときに見ると、地味に楽しい雑誌です。

ゲーム情報を求めるなら…
ゲームの情報を求めるなら、この雑誌ではなく本家の
週刊ファミ通や、ネットでゲーム最新情報についてでも
調べたほうが早いですね…
あくまでも最新情報を見るための雑誌というよりは、
読み物として楽しむ雑誌だと思います。

最終号には…?
エンタミクスは一旦終了になる模様です。
最終号には、家庭用ゲーム機図鑑がついていました。
なかなか面白いですね。
私はゲーム屋勤務だったのですが、それでも知らない
ゲーム機がいくつかありました(笑)
何だコレ…っていうのもいくつかありましたね…

売れなかった・・・?
突然終了となったエンタミクス。
やはり売れなかったのでしょうね…
今後も何らかの形で…みたいなことが書いてありましたが、
事実上の終了ということでしょうね。。

なかなか良い雑誌でしたが、やはり今の時代では
雑誌も厳しいということでしょう。
まぁ、内容が中途半端って言うのもあったのでしょうけど。。。

週刊ファミ通

ゲームの週刊誌で、毎週発売されています。
ゲーム雑誌の中ではNo1の売上を誇る雑誌ですね。
最初は「ファミコン通信」という名前でした。
発売直前のゲームソフトを中心に、色々と掲載されています

色々な情報を…
ネットがまだ、今ほど情報に溢れていなかったころは
ファミ通は重宝していましたね…
今でこそ、ネットの情報の方が早くなってしまいましたが
昔はかなり便利な雑誌でした…。

読み物…
読み物系統の記事は色々と充実していて、面白いと
思います。売上ランキングもネットで見れますが
個人的には好きですね^^

情報が偏ってる?
よく任天堂に偏ってるだの、ソニーに偏ってるだの言う、
お客さん(前の勤務先はゲーム店でした)がいたのですが
個人的には別にそうは思いません・・・。
普通に、全体的に掲載されていると思うので
特に気になることはないと思います

付録…
時々、付録もついていますね。最近はプロダクトコードが多い
印象。。記念号とかだと、色々豪華になっています。
私は700号とか800号あたりを持ってます(笑)

懸賞…
競争率は高いですが、ファミ通の懸賞もあたりますね。。
Wiiの007慰めの報酬というソフトがファミ通さんで
当たったことがあります。
ちゃんと実施している証ですね!

最近はたまにしか買いませんが、たまに買うと面白いです。
興味あるゲームの記事があるとなおさらですね。
ただ、最近はファミ通さんのウェブサイトで新情報を
見れてしまうので、あまり雑誌の必要性を感じないかな、
というのも正直なところではあります!

ニンテンドードリーム

任天堂ゲームの専門誌で、毎月21日に発売されている雑誌です。
ニンドリの愛称で親しまれていますね。
アンビットが編集、徳間書店が発行しています。
以前は毎日コミニュケーションズから発売されていました!

任天堂関連の…
ちょうどWiiをメインで遊んでいる時に買っていたので
ちょうど良い情報誌でした!
当時はWiiとDSの情報がメインでしたね。
読み物的なコーナーもそこそこ充実していたと思います!

価格が…
しかし、不思議と価格が年々高くなり、今では1000円に
届きそうな勢い…
最後の方は「ちょっと高いかな」などと思い始めたので
購入を辞めてしまいました。

投稿コーナー
読者の投稿コーナーは結構充実していましたね。イラストから
くだらないコーナーまで色々。
私も何回か掲載されたことがありますよ!笑

懸賞!
商品は少ないですが、懸賞のコーナーもありました。
実は私も1回ゲームソフトが当たったことがあるので
恐らくちゃんと実施されている懸賞なのだと思います。
(懸賞って嘘ついてるところもありますし…)

付録!
ニンドリの付録は結構好きでしたね。
ソフトカタログ系統と、たまについてくるサウンドトラックCDは
嬉しい付録でした。。
攻略冊子系もついていることが多かったです。。

数年間読んでいたので思い出深い雑誌です。
最近はもう購入していませんが、当時は毎月楽しみにしていました。
またそのうち機会があれば購入することもあるかもしれません!

ファミ通Wave

週刊ファミ通から派生した雑誌で、元々違う名前で発売されていた
雑誌でしたが、購入層が同じという理由で、ファミ通という名前に
改められたようです。
DVDなどの付録がついているのが特徴でしたね.
初期のころはプレイステーション用のディスクがついてました。

雑誌の内容は…
雑誌の内容自体はかなり薄いので、あまり期待できない!と
いう印象の雑誌でした。
付録の方がメインみたいな感じですね。
寧ろ、雑誌が付録と言う。。。

体験版!
ファミ通Waveのとある号についていた
体験版集みたいなヤツ…
付録なのにかなり遊びました(笑)
今でもそのディスクは保管してあります^^
パネキットと激走トマランナー、
そしてエコーナイト2。
3本もこの体験版をきっかけに購入してしまいました^^

リニューアル後は?
リニューアルしてファミ通WaveDVDになってからは
映像DVDの付録がついていました。
この頃には私もほとんど買わなくなり、
そのうち、雑誌自体も終わりを迎えてしまいましたね。。。

雑誌の終焉…
2011年の5月号を最後に休刊となったようです。
また復活する可能性も0ではありませんが、
難しいでしょうね…

あの体験版は良い思い出でした。
当時、子供でお金も無くてゲームを購入できない時に
家にやってきたあの体験版(笑)
体験版だけで相当遊び倒しました^^

Vジャンプ

ゲームの情報などに特化した、週刊少年ジャンプから派生した雑誌で
月刊で発売されています。1992年から発売されているみたいですね。
付録カードなどが多いのも特徴ですね。

カード目当てで…
カード目当てで購入していました。
人によっては3冊買う人もいるみたいですからね…(汗)
遊戯王OCGのカードがついている月だけ買っていたので、
中の漫画の展開が飛び飛びでした(笑)

漫画も読んでました!
ちゃんと中の漫画も読んでましたよ。
印象強いのはもちろん、遊戯王系統の各種、
あとはストライクZONEとかエレメント?なんとかとか…
デジモン系統とか…色々ありましたね^^
結構、打ち切り気味に終わるものも多かったですね。
バトルブレイクとかクロストレジャーズとかは
打ち切りっぽかったです。。

月刊遊戯王?
…と聞きたくなるぐらいに遊戯王の情報が多いですw
一時期は遊戯王の漫画、3種類連載してましたからね^^
今は1種類になっていますけれど…
まぁ、遊戯王目的で買っていたのでこれは良かったです

懸賞…
Vジャンプの懸賞…結構あたりますね…。
遊戯王のPS2ソフトやマシュマロンのぬいぐるみ、
プロモカードプレゼント、5パックプレゼントなどに
当たりました…。
何でも応募してみるものですね

品切れの恐怖
Vジャンプは遊戯王カードがついていると、デュエリストたちが
3冊購入したりするので、人気カードの場合はすぐに
品切れしてしまうことも…
ある意味では入手が難しいので、定期購読も一つの手かも…

最近は遊戯王OCG隠居ぎみなので、もう購入はしていませんが
当時はかなり楽しみにカードがついている号だけ
買っていました…!懐かしいです^^

ファミ通クロスレビューという名の創作物!

人気ゲームほど…
クロスレビュー。不思議なことに人気シリーズや大手メーカーの
作品ほど、点数が高い傾向にあります。
後々ヒットする作品や、高い評価を得る作品でも、無名メーカー
だったり、無名シリーズの作品の場合、低い点数がつく
傾向にあり、やっぱりゲームの評価以外の何らかの要素が点数に
影響しているのかな?と思います。

点数のばらつきが無さすぎ…
もし、本当に4人のプレイヤーがプレイして個人的に感想を
述べているのであれば点数にもっとばらつきがあるはずです。
極端な話(10,10,3,10)だってありえるわけです。

人間、好き嫌いなんて人それぞれですからね…

それがクロスレビューは決まって
9,9,8,8 とか
10,10,9,7 とか
7,7,7,7とか
全員が似ている数字しかつけません。

せいぜい10がいたら、一人7、ぐらいが限界ですね。

明らかに点数を調整しています(笑)

絶対にプレイしていない…
プレイステーション3でジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル、
というソフトがありました。
このソフト、当時ゲーム屋に居たので分かるのですが
大変不評で、発売日翌日から買取が続出、さらには大量に売れ残り
価格は大暴落、という恐ろしいゲームでした。。

しかし、ファミ通クロスレビューでは
10.10.10.10。満点です。

好みは人それぞれ…そう書きましたが
いくらなんでもこれは・・・(笑)

いくらもらったのですか

結論…プレイ評価ではなく読み物
クロスレビューは購入前のゲームの参考にはなりません。
あくまでもファミ通という雑誌内の一つの読み物だと
個人的には思います。
確かに笑えますし、読んでいて楽しいですからー。
ただ、まっとうな評価で無いのは確かだと思います。。

読み物として楽しみましょう!
と、いうことで分かりきったことをあえて書いてみました。
ファミ通クロスレビューはあくまでも読み物なので、
実際のゲーム評価は気にせず、楽しみながら読むものだと
個人的には思います!