ディーエムシーデビルメイクライ ディフィニティブエディションのレビュー!

アクション

プレイステーション4とXBOXONEで発売された
「DMC Devil May Cry Definitive Edition
 (ディーエムシーデビルメイクライ ディフィニティブエディション)」を
実際に遊んだ感想をお話していきます。

こちらは、日本国内では
プレイステーション3&XBOX360向けに発売された
「ディーエムシーデビルメイクライ」の完全版にあたる作品で、
追加コンテンツをあらかじめ収録しているほか、
グラフィックやフレームレートの向上が行われています。

スポンサーリンク

ディーエムシーデビルメイクライとの違いは?

「ディフィニティブエディション」では、
ディーエムシーデビルメイクライの追加コンテンツとして配信された
バージル編があらかじめ収録されているほか、
グラフィックとフレームレートが強化されています。

実際に私も、PS3版を遊んだ後に、このPS4版を購入しましたが
「見た目」の部分は非常に大きく変わったと思いますし、
原作が「いつものデビルメイクライよりもっさりしている」感じ
だったので、”フレームレートの向上”という部分に関しては
特に大きなプラスであると感じました。


DMC Devil May Cry Definitive Edition (輸入版:北米) – PS4

ただし、基本的な内容は同じなので、
追加コンテンツがあらかじめ収録されたりしている以外は
追加ステージなどはありません。
ステージ構成もストーリーも同じになります。

なので、既に検索をプレイしていると「う~ん…?」という人も
いるとは思います。

日本では発売されていないの?

ディーエムシーデビルメイクライのディフィニティブエディションは
残念ながら日本国内では発売されず、
海外のみでの発売となりました。

日本では最初に発売された「PS3」と「XBOX360」向けのものしか
ない、という状態ですね。

日本では発売されなかった理由は不明ですが、
既に「デビルメイクライ5」が発売されてしまったこともあり、
今から日本版のディフィニティブエディションが出る可能性は
限りなく低いと思います。

ただし、海外版であっても、PS4・XBOXONEは国内向けの本体で
海外版ソフトを起動できるので、
日本でも遊ぶことは可能です。
Amazonなどで、普通に売られているので、
欲しければ探してみると良いのではないでしょうか。

私も、ネットで購入しました!

スポンサーリンク

普通に「日本語」が収録されている

驚きなのは、日本国内版は発売されていないのにも
関わらず、普通に「日本語」も収録されていることです。
オプションで変更可能になっており、
全く違和感のない日本語表記でプレイすることができます。

これなら、日本語でも発売すれば良かったんじゃ…?状態です
出せば数万本ぐらいは売れたでしょう(笑)

なので、英語表記なのはパッケージと説明書ぐらいで、
ゲーム内は日本語で快適にプレイできます。

ゲーム自体の感想

ディフィニティブエディションを遊んだ感想を
お話していきます。

・圧倒的にコレ!
今からDMCを遊ぶなら、圧倒的にこちらです。
私はPS3版を制覇した数年後に遊びましたが
「まるで違う」と感じるぐらいにグラフィックと動きが
快適ですね。
特にフレームレート(滑らかに動く)の変化が
デビルメイクライのような爽快感重視のアクションゲームでは
非常に大きいです。
海外版しかないので、ハードルは高いかもしれませんが
今から遊ぶなら圧倒的にこちらをおすすめしたいです。

・しっかりとデビルメイクライ
主人公のダンテが一般人みたくなっていて、
シリーズファンは敬遠しがちだと思いますが
実際遊んでみると、しっかりとデビルメイクライな感じですね。
ストーリーは良くも悪くも海外製らしい感じで、
(元々、ディーエムシーデビルメイクライ自体が海外開発なので)
ちょっと「え?この登場人物、頭おかしくない?」みたいなことも
ありますが、ネタとして楽しめば問題はないかと…。

・やり込み要素は十分
ボリュームは「いつものデビルメイクライ」と同じぐらいありますし
やり込み要素もちゃんとあります。
ディフィニティブエディションの場合は、
バージル編も収録されているので、こちらも合わせば
なかなかの時間、遊べるはずです。
私は「2回目」だったので、一通りクリアした段階で
ディフィニティブエディションの方はプレイ終了してしまいましたが、
十分に楽しめました。

ラスボスは誰?隠し要素は?

ラスボスは「バージル」です。
最終ステージでいきなり裏切ってきます(笑)
かなり安っぽい野望なので、びっくりです(笑)

1VS1の戦いを繰り広げて、勝利するとエンディング、という流れですね。

一方、バージル編に関しては
最終ミッションにはボスは登場しないため、
最後に戦うのは、その前のミッションで対決する
「亡霊バージル」(己の幻影みたいな感じ)となっています。

隠し要素に関しては
デビルメイクライシリーズ隠し要素&裏技の記事に
まとめてありますので、
そちらの方で参考にしてみて下さい。

ディーエムシーの2は発売されないの?

これは、厳しそうな印象を受けます。

確かに、時系列的にダンテ編のあとになる
バージル編を見てみると、
闇堕ちしたバージルが魔物を率いて
ダンテへのリベンジに向かう…というところで
物語が終わっているため、続編を作ろうと思えば
作ること自体は出来るでしょう。

しかし、売上的な問題や、
デビルメイクライシリーズ自体の勢いが
DMC発売当初よりも落ちているために、
なかなか厳しいのではないかと思います。

可能性は0ではありませんが
「DMC2」を今更作るのであれば
「デビルメイクライ6」の可能性の方が高いと思います。

タイトルとURLをコピーしました