アセットコルサ コンペティツィオーネのレビュー!売上情報まとめ!

レースゲーム

アセットコルサ コンペティツィオーネ は、
リアルさを追求したレースゲームです。
日本国内では2020年9月に
プレイステーション4向けに登場する
このレースゲームについて、
感想や売上、続編、
これまでのシリーズについて、解説していきます。

リアル重視のレーシングゲームで、
GTワールドチャレンジの公式ゲームとなっています。

スポンサーリンク

発売機種は?海外では?

日本国内では、家庭用ゲーム機向けには
プレイステーション4での発売となります。
ダウンロード版だけではなく、
パッケージ版もしっかりと発売になりますね。

海外では、XBOXONE版も
発売されていて、こちらもパッケージ版が
存在しています。
日本ではPS4のみの発売になりそうですが
(現状、XBOXONE版の予定はありません)
海外版でも良ければ、XBOXONEでも
プレイすること自体は、可能です
(XBOXONEもPS4も、スイッチも
海外版のソフトを起動することができます)


アセットコルサ コンペティツィオーネ – PS4

また、PC版も発売されています。

自分のお好みに合わせて
選ぶのが良いですね!

個人的な感想

アセットコルサ コンペティツィオーネの
個人的な感想をお話していきます。
私はプレイステーション4の日本国内版を
プレイします。
機種・バージョンによって若干異なる部分も
出てくると思いますので、その点はご了承下さい。

・購入動機は?
私はレースゲームが好きなので
レースゲームはよく新品で購入します。
もちろん、全てを買うわけではありませんが、
今回は買ってみよう、と思った…という感じですね。
ちょうど、前作のアセットコルサは遊んだことがなかったので、
ここらで一度チャレンジを…という感じです
(同じ9月に発売のプロジェクトカーズ3とも迷いましたが
プロジェクトカーズは1を遊んだことがあるので、
今回はアセットコルサを優先しました)

※その他の感想は、実際に発売後プレイしてから
追記していきます。
PS4版発売日後に書きますので、もうしばらくお待ちください。

スポンサーリンク

売上を予想!

アセットコルサ コンペティツィオーネ(PS4/国内版)の
売上を予想していきます
※2020年7月に予想してます。

まず、レースゲーム自体の売上が
日本国内では、マリオカートなどごく一部を除き
壊滅的な状況です。
海外系のレースゲームは特に厳しく、
1万本も売れないことは、日常茶飯事です。

ニードフォースピードやF1シリーズが
粘っている部類ですが、
それでも売上としてはきついです。

このアセットコルサですが、
前作(アセットコルサ アルティメットエディション)は、
初週2259本の売り上げでした。
↑のタイトル的に「完全版なのでは?」と思うかもですが
日本ではアルティメットエディションしかないので、
完全版ということでもありません
(海外版に要素を追加したモノですね なので日本では新作として出ました)

今回は、その続編というかたちでの発売です。
前回と同じように海外では先に発売されていますから、
条件としてはほぼ変わりませんが
今回、2020年9月周辺には、レースゲームが
たくさん発売されます。
(オーバーパス(7月)、MotoGP20(8月)、
プロジェクトカーズ3(9月)などなど…)

そのため、同じジャンル同士で食い合う可能性も。
また、日本国内では2作目の発売ということもあり、
売上は前作よりも低下すると予想し、
今回は1000から2000本という
厳しい数字を予想します。

私自身はレースゲームも好きですし
このゲームをローカライズしているメーカーさんも好きですが
私情を挟まないのであれば、この予想になります。

売上結果は?

アセットコルサ コンペティツィオーネの初週売上を
ご紹介します。

売上は、ソフト発売の翌週週末までに発表されるので、
そのあとに追記していきます。
ランキング外により、本数不明の場合は、
その旨追記します(順位が低いと本数が分かりません)

これより前の作品はあるの?

アセットコルサシリーズは今回が
初めてではありません。

アセットコルサ アルティメット・エディションというタイトルで
2018年に日本向けに発売されています。
今回はそれに続き、2作目になりますね。
(海外では2014年に登場しており、日本語版が
出るまでにはかなりの間が空いています)

評判もなかなかのレースゲームなので、
今回の作品で興味を持った方は
こちらを遊んでみるのも良いかもしれません!
(市場の価格を見る限り、生産本数が多くないこともあるのか
あまり値段は下がっていませんが)

続編は出るの?

一度続編が出たわけですから、
今後も続編は発売される可能性は
そこそこありますね。

日本国内での売り上げは壊滅的ですが、
海外ではそうでもないため、
売上は酷くても、続編が登場する可能性はあります。

日本版が出るかどうか、ですが、
日本に展開しているオーイズミアミュージオという
会社が無くなってしまったりしなければ
発売されるのではないでしょうか。
(売上的に厳しくても、MotoGPシリーズのように
根強く日本語版を出してくれるメーカーさんなので、
おそらくは、海外で発売されれば
メーカーがある限りは大丈夫かとは思います)

ただ、オーイズミアミュージオが万が一なくなって
しまうようなことがあれば、
日本語版の発売は厳しいかもしれません
(他にレースゲームのローカライズをしている
メーカーさんだと、3gooという会社もありますが…)

タイトルとURLをコピーしました