遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊矢を語る!一番長いデュエルは?

ゲーム以外

最強ジャンプで連載されていた遊戯王アークファイブの漫画の一つです。
アニメ版や、もう一つVジャンプで連載されている漫画版とはまた
別の物語が展開されます。
2015年から2017年に最強ジャンプで連載されていました。

今回は、この漫画版について
お話をしていきたいと思います!

個人的な感想

コミカルな感じ…
アニメやVジャンプ版とは違い、シリアスな感じではなく、
全体的にコミカルな感じでギャグ路線です。
キャラクターの頭身も低い感じです。

物語的には…?
大会に出て赤馬にリベンジする!みたいな流れです。
日常的な話が日々繰り広げられていく感じですね。
一応、大筋の話は最後にはあるのですが、まぁ、これも
おまけ程度なもので、重い話ではありません。

キャラクター…
Vジャンプ版では出てこないキャラクターも登場していました。
中島とかフトシたちとか、瑠璃とか…。
2巻という短い期間でしたが、結構キャラクターは登場していた印象です。
わずかながらオリジナルキャラも登場していました。

読むのなら…
これも悪くはないですが、個人的にはVジャンプで連載されている方の
遊戯王ARC-Vの方をおすすめします。
あちらは結構本格的なシリアス路線の話ですからね…
こちらはあくまでもギャグ路線です!

終わりが分かりにくかった…
最後の展開…確かに終わりっぽいのですが、作者コメントにも
漫画内でも「完」みたいな表記がなかったため、終わったのか
なんなのか、非常に分かりにくい感じでした(笑)
思わず調べたぐらいです^^

遊戯王好きなら読んでおいても損はないかと思いますが
他の遊戯王の漫画に比べるとずいぶん軽い感じの作品なので
あくまでも息抜き程度に、というのが良いかと思います
あっさりサクッと楽しめる作品だとは思います。

第2巻の感想!

こちらの最強デュエリスト遊矢は、
本家アークファイブの漫画に比べると、大分コミカルな
感じの作品になっています。
カードの販促的な意味合いもあるらしいですね。

大会…
2巻は大会の続きです。
ミエルとのデュエルや、黒崎らタッグとのデュエル、
ユーリ、ユート、ユーゴとのデュエル、赤馬社長とのデュエルなど
デュエルが盛りだくさんでした。

色々なキャラが…
もう一方の漫画版には登場しないキャラクターも
結構出てきますね。
ミエルや瑠璃たちまで出てきたのは意外でした。
ちなみに、ユーリたちは特に遊矢とは関係のない、
純粋な別人みたいですね(笑)

これで完結?
最後まで読んだのですが、最強デュエリスト遊矢はこれで
完結なのでしょうか?
作者のコメントにも漫画内にも完結!とは書いてなかったので
イマイチ分りません(笑)
物語の展開的に「ラストデュエル」と言っていましたし、
これで完結のような気がするのですが、どうなのでしょう?

デスメテオライト?
ソリッドビジョンで地球に迫る隕石を破壊する…
というのが大会の目的だったようです。
ソリッドビジョンってスゲー…ではなく、いつもの
遊戯王って感じですね(笑)
かなり滅茶苦茶なことをカードでやってのける…
相変わらず恐ろしいことです。

2巻も楽しめました。ちょっとコミカルな雰囲気ですが
これはこれで良いのではないかと。
もしも続きがあるのであれば、買いますが
恐らくこれで完結なのでしょうね。

第1巻の感想!

通常の「遊戯王アークファイブ」の漫画とは
別の漫画も出るとのことで
購入してみました。
読んでみた感じは…

・コミカルな感じ
全体的にかなりコミカルな感じですね。
アニメやもう一方の漫画と比べても
コミカルです。頭身も少し違和感がありますね。

・デュエルはあっさり
デュエルも短めのものをあっさりと
次々とやっていく感じです。
オリジナルキャラなども登場していました

・原作とは
原作とは展開も設定も全然違いますね。
このあたりは割り切って考える必要がありそうです。

読んだ感じ、かなり
好き・嫌いがわかれそうな作品!
という感じはしましたね。
私はこれはこれで良い気もしますが…。

全デュエル一覧!一番長いのは?

最強ジャンプで連載されていた、
遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊矢の
作中で行われたデュエルのページ数を
カウントしてみました

デュエルのページ数を調査
作中で行われたデュエルのページ数をカウントしてみました。
話と話の間や、回想シーンなど、デュエル以外のページは
カウントから除外しています。

・遊矢VS権現坂(1戦目)
5ページ

・遊矢VS沢渡(1戦目)
15ページ

・遊矢VS剛秀斗
19ページ

・遊矢VS零児(1戦目)
42ページ

・遊矢VSスーパーザウルスマスク
19ページ

・遊矢VS権現坂(2戦目)
1ページ

・遊矢VSミカド京士
19ページ

・遊矢VS北斗
12ページ

・遊矢VSミエル
20ページ

・遊矢VS沢渡(2戦目)
19ページ

・遊矢&権現坂VS黒崎&素良
35ページ

・遊矢VSユートVSユーゴVSユーリ
30ページ

・遊矢VS零児(2戦目)
47ページ

一番長いのは?
一番長かったのは、ラストデュエルですね。
ただ、心理フェイズみたいのが長かったので
実際は1戦目の方が長かったかもしれません。
全体的に短いデュエルが多いのが特徴です。

ライトな作品
遊戯王の漫画の中では、一番ライトな作品ですね。
特に重ぐるしい話題などはないので、気軽に
楽しめる作品になっているかと思います。
長さに関しても、程よい感じですね。

私は単行本化されているすべての遊戯王作品を
読んでいるので、当然こちらも読みました。
他の遊戯王とはちょっと違う感じではありますが、
これはこれで楽しめましたよ!