ソニック・ザ・ムービーのレビュー!実写版ソニック!その出来栄えは…?

ゲーム以外

2020年に公開された
実写版ソニック「ソニック・ザ・ムービー」を
実際に見た感想をお話していきます。

ソニックのゲームは時々遊ぶ程度で
今までに秘密のリング、カラーズ、ジェネレーションズ、トゥーンなどを
プレイしたぐらいですが、
プライムビデオで配信されていたので見て見ました!

その感想をお話していきます。

スポンサーリンク

ゲーム版ソニックを知らなくても大丈夫?

これは、”ほとんど問題ない”と思います。

ゲーム版と実写版では物語が独立していて、
ソニックの知識がなかったとしても
”異世界から迷い込んだ生命体と人間の物語”として
普通に楽しめる内容であるとは思います。

特にゲーム版を知らないと理解できないような
描写は本編中ではあまり見当たりませんでした。

ただ、ゲーム版を知っていると
敵の呼び名(後半に一度だけ呼ぶ)や、
リングの効果音、最後に出て来るキャラなど、
小ネタが分かると思いますし、
より楽しめるとは思います。

とは言え”ゲームプレイ済み前提”のつくりではありません。

現実世界にやってきたソニックの物語

実写版ソニックは”ソニックたちの世界”を舞台に
描くものではなく、
自分の世界で命を狙われて(ゲームでいうソニックたちの世界)
人間界に逃げて来て暮らしているソニックの物語です。

そのため、ゲーム版とは違い、人間世界(この世界)が
舞台になっていて、
ソニックのキャラは基本的にソニックだけです。

エッグマンに相当する
ドクター・ロボトニックというキャラがいますが
こちらは人間で、ソニックと同じ世界の出身ではありません。

”現実世界に入り込んだソニックの物語”と表現すると
分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

ぼっち生活を送るソニック…

映画開始時点のソニックは
”誰にも見つからないように”人間界で過ごしていて
簡単に言えば”ぼっち”の状態です。

人間側の主人公のトム(保安官)の家を
覗いて一緒にテレビを見ているつもり(トムたちは気づいていない)に
なっていたり、
野球場で「一人全役」(バッターも外野も投手も一人でやってる)を
やって、途中で寂しくなって発狂したりと、
狂気を感じるぼっちぶりが描かれます。

そんなソニックがロボトニックに狙われ始めて、
トムと出会い、共に戦っていく、という感じですね。

意外とよく出来ている

ゲームの実写版は微妙なものも多い印象ですが
ソニックに関しては”意外とよく出来ていた”という感想です。

最初は”現実世界にソニックを飛ばした”時点で
ヤバい気がしていましたが、意外と上手くマッチングした
印象ですね。

敵のロボトニックもだんだんエッグマンに見えてきますし、
(特に最後の方は完全にエッグマン化してます笑)
物語自体は王道ながら、良く出来ていたと思います。

逆に現実世界にしたことで、シンプルに、上手く描けたのかもしれませんね。

バトルシーンは少ない

元々のソニックはアクションゲームなので
アクションシーンが多そうだと思う人もいると思いますが
実際に見てみると戦闘自体はそこまで多くなく、
本格的な戦闘は最後のロボトニックとの戦闘ぐらいです。

他はソニックの生い立ちの説明⇒ぼっちソニック⇒
ロボトニックが行動開始⇒ソニックとトムが出会う⇒
二人の逃避行…という感じの流れです。

後は最終決戦ですね。

バトル中心の作品をもしも望んでいるとなると、
少し拍子抜けする部分はあるかもしれません。

原作キャラはほぼ出て来ない

原作のキャラで”本人”が登場するのは
主人公のソニックとエンディングの時に
少しだけ出て来るテイルスだけです。

事実上のエッグマンにあたる
ドクター・ロボトニックは一応、エッグマンとは
設定も異なる別人ですし、
序盤にソニックの世界の方で出て来る
ロングクローというキャラはゲーム版には
存在していません。

基本的にはソニック以外は人間たちが
活躍する映画になっています。

スポンサーリンク

色々気になる部分も…?

人間側の主人公・トムは、
一度指名手配されてしまっていますし、
途中で店で暴れたり、ビルで
ソニックをバッグに入れていたため
怪しまれたりしていて、
このあたりは大丈夫だったのか、
少し気になっちゃいますね(笑)

ロボトニックがソニックを追いかけ回している時も
多くの人に目撃されていますし、
そのようなあたりがどう解決されたのか
ちょっとだけ心配です(笑)

エンディングを見る限り、トムの容疑は
すっかり晴れていて、とりあえず平穏な日常を
取り戻すこと自体は、できている模様です。

当初はデザインが…

映画が発表された当初、
ソニックのデザインが今よりもかけ離れていて、
後にそれが修正された…という出来事がありました。

当時、私も最初のデザインを見て
「これは一体…!?」と思ったものです(笑)

仮に内容自体は同じだったとしても
あのままの状態では今よりも評価は低かったと思いますし、
ちゃんと原作のソニックに沿った姿になっていたのは
プラスであると思います。

続編も存在

映画自体は本編の時点から
最後にテイルスが少しだけ出てきたり、
ロボトニックが必ず地球に戻る!みたいなことを
叫んでいたりと、
続編を感じさせる内容でしたが、
実際に2022年には「ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ」が
公開されています。

こちらはテイルスやナックルズと言った原作キャラクターも
複数出て来ていて、今回とはまた違った作風に感じさせられる映画ですね。

これは(この記事を書いている今の時点)まだ見ていないので、
そのうち見たら、またレビューも書きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました