リッジレーサーの新作はいつ発売されるの?シリーズレビューまとめ!

レースゲーム

リッジレーサーシリーズ。
レースゲームの中でも人気のシリーズでしたが
最近は新作が発売されていません。

今の時代、レースゲーム自体が苦しいですからね…
グランツーリスモでさえ苦戦していますし…。

最近売れるレースゲームと言えば
マリオカートシリーズぐらいです!

さて…まずはリッジレーサーシリーズのシリーズ一覧&対応機種一覧を
書いていきたいと思います。(家庭用のシリーズ一覧です)

シリーズ本編

まずはシリーズ一覧から見ていきましょう。

・リッジレーサー
プレイステーションで発売
※PS1の「R4」に、ハイスペックVerが付属

・リッジレーサー レボリューション
プレイステーションで発売

・レイジレーサー
プレイステーションで発売

・R4 リッジレーサータイプ4
プレイステーションで発売

・リッジレーサーⅤ
プレイステーション2で発売

・リッジレーサー6
XBOX360で発売

・リッジレーサー7
プレイステーション3で発売

・リッジレーサーズ
PSPで発売

・リッジレーサーズ2
PSPで発売

・リッジレーサー3D
ニンテンドー3DSで発売

・リッジレーサー
プレイステーションVitaで発売
※タイトルが被ってますが初代とは別内容です。

・R:RACING EVOLUTION
プレイステーション2、ゲームキューブ、XBOXで発売
※若干リアル寄りの作品

・パチスロリッジレーサー
プレイステーション2で発売
※パチスロのゲーム

日本未発売
海外でのみ発売され、日本語版が発売されていない作品もいくつか存在します。

・リッジレーサー64
海外のニンテンドー64で発売。後にニンテンドーDSに移植

・リッジレーサーアンバウンデッド
海外向けにプレイステーション3、XBOX360で発売。
アマゾンなどで購入すれば日本の本体でもプレイ可能。

結構色々と出ています。
海外展開のみの作品などもありますね…

ちなみに私は
1,2,3,4,5、6,7、Vita版、アンバウンデッドを
プレイ済みです。
個人的には5,7、アンバウンデッドがお気に入りです。

リッジレーサーの新作は出ないの?

リッジレーサーシリーズが最後に発売されたのは
2011年の12月17日にプレイステーションVitaで
発売された「リッジレーサー」。
それ以降は新作ソフトが発売されていません。

海外ではVita版リッジレーサーの後に、
プレイステーション3とXBOX360でリッジレーサーアンバウンデッドが
発売されていますね
2012年3月2日に欧州などで発売されましたが
日本では発売されませんでした。
ダメージ表現などもあり、外伝的作品、という感じでしたが。。

海外での展開を含めても、発売から既に7年が経過。
今現在も新作のリッジレーサーの発表などはありません。
もう新作は出ないのでしょうか?

新作が出ない原因に、レースゲーム自体の売上が落ちていること、
そして、Vita版のリッジレーサーがかなり評判が悪かったこと
などが影響しているのかもしれません・・・

シリーズを重ねるごとに売上は落ちている印象ですが、
今でも新作を出せば、ある程度は売れるのではないでしょうか?
ニンテンドースイッチや3DSあたりで、急に新作が発表される
可能性もそこそこあるのではないかな~ と思います。

PS4で発売されたレースゲーム、プロジェクトカーズでは
リッジレーサーのマシンがゲストとして出ていましたしね…
まだバンダイナムコゲームスに忘れられてしまったわけでは
無いのだと思います(笑)

出るのであればナンバリングの最新作、リッジレーサー8、
もしくはリッジレーサースイッチだとか、そんな感じなのでは
ないでしょうか。
ただ、Vita版ではダウンロードコンテンツの乱発で
非常に評判が悪かったので、
今度はそういうことがないと良いな~と思います(笑

個人的なシリーズランキング

1位・リッジレーサーⅦ(PS3)
2位・リッジレーサー アンバウンデッド(PS3)
3位・リッジレーサーV(PS2)
4位・R4リッジレーサータイプ(PS)
5位・リッジレーサーレボリューション(PS)
6位・リッジレーサー6(XBOX360)
7位・リッジレーサー(PS)
8位・レイジレーサー(PS)
9位・リッジレーサー(Vita)

一番のお気に入りは、プレイステーション3の
リッジレーサーⅦですね。
ナンバリングタイトルではこれが最後となっていますが、
個人的にはお気に入りの作品です

アンバウンデッド…。
これは日本国内では発売されなかったやつですね。
PS3は海外版のソフトでも起動することができるので、
アマゾンで購入して、プレイしました。
なかなか楽しめたものです。

きつかったのは…
Vita版のリッジレーサーですね。内容がスカスカで
正直なところ、かなりびっくりしました。
あんな作品もあるのですね(汗)
シリーズを終わらせてしまった原因だと個人的に思っています。

リッジレーサーシリーズは好きなので、もしも今後、新作が
発売されるようなことがあれば、購入するかとは思います。
Vita版みたいなやつはもう御免なので、
ちゃんとしたやつを出してほしいですね(笑

7のレビュー!完成度が高い

プレイステーション3本体と同時に発売されたソフトの一つです。
リッジレーサー6をベースにさらに進化させた感じの作品ですね。
ちなみに、日本国内では据置でリッジレーサーが発売されたのは

やはりHD機になっただけあり、以前のリッジレーサーと
比べると全然画質が違いますね。
流石はプレイステーション3(当時)と思いました。
今、見るとやはりアレですけどw

レースは結構色々な種類が用意されているので、
なかなかやり込める印象でした。
リッジレーサー6と似たような部分もあるみたいですが、
この時点では「6」はやったことが無かったので…

リッジレーサーシリーズの特徴と言えば、
やはりドリフトでしょうか。
何か不自然な感じですけど、ゲームとして考えると
なかなか面白いと個人的には思います!

これ以降に発売されたリッジレーサーは個人的に微妙だったので、
(3DSとかVitaとか)この7が一番進化している作品だと
思います。海外でしか出ていないリッジレーサーはなかなか
面白かったですけど…(何故日本で出なかったのでしょう?)

プレイステーション3では数々のレースゲームを遊びましたが
このリッジレーサー7はその中でもなかなかお気に入りの
レースゲームです。
やはり安定感がある、というかプレイしやすい印象です

6のレビュー!大幅な進化

リッジレーサーシリーズナンバリングタイトルの第6弾で
シリーズで初めてHD画質になった作品ですね。
Ⅴと比べても、そのグラフィックの進歩が分かる作品に
なっています。

私はXBOX360本体を購入するのが遅かったので
先にプレイステーション3のリッジレーサー7を
プレイしていました。
そのため7⇒6と逆行する形での購入となりました。

雰囲気としてはリッジレーサー7に非常に似ています。
もちろん、内容は別物ではありますが、ステージなども
7に登場したものなので、あまり新鮮味は感じませんでした。

7よりもなんとなく6の方が遊びやすいような
印象を受けました。別に機種がどうこうではなく、
単純にそう思いました。
理由はよく分からないのですが(汗)

リッジレーサー6では対戦とかは特に遊んでいないのですが
遊べる要素は結構たくさん用意されていた印象です。
一人で遊ぶのにも十分すぎる量のレース数がありました。
途中で飽きなければ、楽しめるでしょう。

もしもXBOX360本体の発売日にこのリッジレーサー6と
一緒に本体を買っていれば、リッジレーサーに対する
評価もさらに違ったモノになったかもしれません。
私が買った頃にはもうHD画質も見なれていたので…

100円で売られていたので、7を持っていながらついつい6も
買ってしまいました。結局、最後までは遊ばなかったのですが、
100円なら十分すぎるぐらいには遊べましたので満足です。

R4リッジレーサーのレビュー

家庭用ゲーム機におけるリッジレーサーシリーズの第4弾で、
これまでの作品よりも、さらに奥深い内容になっています。
チームの一員として、レースを勝ち抜いたり、色々なモードが
用意されているほか、おまけディスクもついています。

一人プレイモードが、今までのリッジレーサーに比べて、
登場人物が登場したりと異色な雰囲気です。
リッジレーサーV以降はまた、いつものシステムに戻っているので
シリーズ作品としては珍しい印象を受けました。

当時の作品の中ではとても綺麗なグラフィックだと思います。
実際にパッケージ裏に能書きみたいのが書いてあって
なかなか笑わせてくれます(笑)
まぁ、でも、当時の作品の中ではきれいだと思いますよ。

初代リッジレーサーやリッジレーサーレボリューションと比べても
大分長く遊べる作品になったなぁ、という印象です。
初代とは、レボリューションは、ステージ数もかなり少なかった
ですからね…。
あれはあれで面白かったですが、ボリュームという面では
だいぶ変わった印象です。

おまけとして、初代リッジレーサーを60フレームで
楽しめるようにした作品、
リッジレーサーハイスペックVerのディスクが付属されています。
これもなかなか面白いですし、
フレームレートでこれだけ変わるのか!とある意味感心しました^^

リッジレーサーシリーズのナンバリングを全てプレイ
していますが、この4作目にあたる作品は、なかなか楽しめました!
結構ボリュームもありましたし、ハイスペックバージョンもあるので、
コストパフォーマンスも良いかと思います

レイジレーサーのレビュー

レイジレーサー、というタイトルではありますが、
リッジレーサーシリーズの第3弾として発売された作品で、
それまでのリッジレーサーシリーズとはだいぶ趣が異なっている作品です

リッジレーサーとリッジレーサーレボリューションは、
結構似た雰囲気だったのですが、このレイジレーサーからは
かなり雰囲気が変わっています!
後々のリッジレーサーシリーズの始まりとも言えますね。。

グランプリモードが追加されたり、車にメーカーが
追加されたりと、色々奥深く進化している作品です。
前2作の感じも好きでしたが、個人的にはこのレイジレーサーの
ようなシステムの方が好きですね。

まだ後々のリッジレーサーシリーズと比べると
ステージ数はかなり少ないですね。
それでも、初代などに比べると増えてはいるのですが・・・。

レイジレーサーを買った当時、面白いなコレ!などと
思いつつ、喜んで遊んでいました!
しかし、当時の私は何を思ったのか、面白いから続編も
買ってしまおう!ということで、既に100円ぐらいになっていた
続編のR4というソフトを購入してしまいました。。

新しいモノが目の前にあればそちらを遊びたくなるのが
子供心。。
当時、子供だった私はR4のプレイを開始してしまい、
レイジレーサーはそのままお蔵入りになりました(汗

今見ると、かなり安っぽく見えますが、当時は
結構楽しめたレースゲームです。
上でも書いた通り、R4を開始してしまったので
すぐにやめてしまったのですが。。

レボリューションのレビュー

人気レースゲーム、リッジレーサーシリーズの
家庭用作品第2弾!
前作リッジレーサーをベースとしつつも、
バックミラー搭載や通信対戦機能、
新規カーの追加など大幅にパワーUPしています
色々詰め込まれた印象ですね

当時(小さいころ)の私は元々家にあった
ニンテンドー64やスーパーファミコンをメインで
遊んでいました。
ちょうどこのころ、プレイステーションを買ってもらい、
遊んでいたのですが、
当時は「マリオカート64」や「ウェーブレース64」など
アクション色の強いレースゲームしかやったことがなく、
このリッジレーサーレボリューションを初めて
プレイしたときには
「普通すぎるしステージも少なくてつまらない」
そういう感想を抱いていました。

そして、少しプレイした頃に飽きてやめてしまいました。

数年後、PS2なども遊ぶようになって
プレステ系のゲームにも大分なじんでいたころ。
遊ぶものも無くなっていたのでこのリッジレーサーを
遊んでみました。

すると当時とは違っておもしろい。
デビルカーなど、やりこみの要素もあり、
単にステージが3つしかないレースゲーム、という
印象だったリッジレーサーの印象が大きく変わりました。
このあと、しっかりと遊び、
隠し要素などもアンロックしました。

なぜ最初はつまらないと感じたのか・・・
やはりまだ幼かったのでしょう。
当時はマリオカート64などのワイワイ系
レースゲームばかりやっていたので
レースゲームはこういうもの という固定概念も
あったのかも知れませんが。
ある程度年齢が行かないと(と言っても再度やったのは10代前半ですが)
リッジレーサーの良さは見えてこないのかもしれません。。

レボリューションをきっかけにこの後も
安くなっていたこともアリ、レイジレーサー、R4、
リッジレーサーⅤ、6、7などを遊びました。
少し軽い挙動(車の重さを感じられない)ですが、
ゲームとして楽しむ分にはありだと思います。

起動時におまけゲームとしてギャラガ88という
シューティングゲームをプレイできます。
全ての敵を倒すとご褒美があるのですが
これが難しい!
かなりてこずりました。。。

初代リッジレーサーのレビュー

ナムコが展開しているレースゲーム、リッジレーサーシリーズの
第1弾ですね。家庭用ゲームとしてはこれが初となる作品で、
当時はかなりのヒットを記録した作品です。

現在のレースゲームと比べると、かなり手軽に遊べる雰囲気の
レースゲームになっています。
アーケードテイストな感じですね^^
気軽にさっくり遊べるのは良いところだと思います。

私はこのゲームを買う前に
レボリューション⇒レイジレーサー⇒R4⇒5と遊んでしまっているので
かなり劣化して見えてしまいました(汗)
特に、R4で「初代リッジレーサーのハイスペックバージョン」も
遊んでいたのでなおさら…。
いくら100円だったとは言え、購入する順番を間違えたかも
しれませんね^^

ステージは基本、3種類ですし、内容としては
かなり薄く感じるかもしれません。
やり込むと、結構色々な要素もあるのですが、
やはり現在のリッジレーサー(Vita除く)より内容が
薄く感じてしまうのは仕方ないですね。

初代リッジレーサーの双葉社様から発売の攻略本の
対戦のテクニックのところに
「大声を出して驚かせたり」「ジュースを相手に吹きかけて」とか
書いてあってとても笑いました^^
あれだけでも読む価値ありだと思います(笑)

買う順番を間違えたので楽しめませんでしたが、
ゲームとしては良いゲームだと思います。
このリッジレーサーがあるからこそ、今のリッジレーサーが
あるのですし、偉大な作品だとは思います!

Vita版リッジレーサーのレビュー

人気レースゲーム、リッジレーサーシリーズの一つで、
2019年時点ではこれが最新作になっています。
プレイステーションVitaと同時に発売されたタイトルの一つでも
あります。

Vitaでの発売ということもあり、携帯ゲーム機のレースゲームの
中ではなかなか綺麗な画質です。
やはりPSPとの違いを実感することができました。

しかしながらこのゲーム、ステージが少なすぎです。。
と、いうより遊ぶ要素が少なすぎです。ただ少ないステージで
漠然とレースを繰り返すだけ・・・
そんな感じです。
どうしてこうなった!? って感じです。

有料で追加ステージなどを購入することができます。
そう、有料で。
初期収録コースよりダウンロード(有料)コースの方が
多いという謎仕様。
こりゃ駄目駄目ですわ・・・

つまり、ソフト購入時点ではこのソフトは
”できそこない”なのです。
追加コンテンツの有料は最近よくあるので
仕方がないですが、
できそこないのソフトを売って、後から買わせて金をとる、
という商法は残念でならないですね。

私は何も課金しなかったので、
このゲームはただの駄作でした。
まるで体験版を購入したかのよう。
実際に、このリッジレーサー以降、シリーズ作の
発売が途絶えているので、
もう出ないのかもしれませんね。。
このVita版はシリーズの汚点です。

ごめんなさい。単刀直入に言えば”駄作”です。
コース少ない、マシン少ない、遊べる要素少ない、
課金課金。
これは、、つまらないといわざるを得ません。。