ニードフォースピードペイバックのレビュー!安定した雰囲気!

レースゲーム

「ニードフォースピードペイバック」は
エレクトロニックアーツから
発売されたレースゲームです。

ニードフォースピードシリーズの一つですね。

2017年11月に各機種で発売されました。

こちらでは、ニードフォースピードペイバックを
実際に遊んだ感想や、
機種ごとの違い、売上などについて
お話していきます。

スポンサーリンク

発売機種は?機種ごとの違いは?

ニードフォースピードペイバックの
発売機種は現時点で3機種です。

・プレイステーション4
・XBOXONE
・PC

ゲームの基本的な部分に関しては
変わらない(モードが増えたり車が増えたりはありません)ですが、
ハードの性能上の違いや、機能(トロフィー・実績など)の違い
ウルトラHD対応の可否など、そういった若干の違いが
存在しています。

が、気にするほどの違いではないので、
最終的には自分が遊びやすいハードを選べばよいと思います。

過去作を遊んでいなくても大丈夫?

ニードフォースピードシリーズのストーリーは
基本的には独立しているものが多く
ペイバックも独立したストーリーです。

これまでのニードフォースピードを
遊んだりしていなくても、
全然問題なく、
登場人物も物語も「1から」のスタートなので、
この点は安心です。

過去作品を遊んだことがあっても
無くても、問題はないはずです。

スポンサーリンク

グラフィックは非常に綺麗

私は色々なレースゲームを遊んでいますが
ニードフォースピードシリーズは毎回特に
グラフィックが綺麗ですね。

ペイバックも、例外なく綺麗で、
街並みの風景など、眺めながら走るのも
なかなか爽快です。

数多くのレースゲームを遊んだ身からしても、
上位に入るグラフィックであると思います。

なお、私は通常PS4でプレイしているので
PROなどを利用した場合は
更に綺麗になるのかもしれません。
(が、個人的にはこれでも十分綺麗です)

安定感のある内容

ゲームはオープンワールド形式で、
ストーリーに沿ってゲームを進めていく感じです。

当然、ストーリーの進行を無視して
街をぶらぶらとしていても、問題はありませんし、
いつも通りの「オープンワールド系ニードフォースピード」という
感じですね。

ニードフォースピードはオープンワールドではないこともありますが
近年は(モストウォンテッド(新版)以降)ずっと
オープンワールド形式ですね。
(※プロストリートやシフト、ナイトロ、ザ・ランあたりは
オープンワールドではありませんでした)

ストーリーは、ウロウロせずに進めれば
10時間前後で終わるような感じの長さですが
ストーリー自体は洋画で見るような感じの内容で、
特別、大きな驚きや新鮮味はない感じでしたが、
十分、ゲームとして楽しめました。
(ちなみに、前作(ニードフォースピード)は、
実写ムービーでしたが、今回はCGになってます)

セーブタイミングが最初は分かりにくいかも?

オートセーブなのですが、
オープニング~まともにオープンワールドで
自由に移動できるようになるまで
セーブタイミングが若干分かりにくい部分が
あるかもしれません。

アイコンが画面右下あたりに出ているタイミングで
セーブされているのですが、
その説明が特にないので、
最初は人によっては迷うかもしれません。

私も、最初のハウスの八百長レースの場面で、
レース終了後にゲームをやめたら、
またレース前に戻ってしまったことがありました(笑)

まぁ、これは最初だけです。
慣れればすぐに分かるようになると思います。

売上はどのぐらいだったの?

ニードフォースピードペイバックの
初週売上は、当時の記録を確認する限り、
2.1万本(メディアクリエイト調べ 集計機関により異なります)
となっていました。
海外系のレースゲームは日本国内では
1万本にすら到達できないものも多いので、
レースゲームとして考えると
売上は高い部類に入ります。

スポンサーリンク

日本語吹き替え声優一覧

ニードフォースピードペイバックの
出演声優をご紹介します(五十音順)
ゲーム内で役名が判明している人のみ記載しています。
(※担当キャラ名が不明な声優及び、声優が不明なキャラは記載していません)

アンダーグラウンド・ソルジャー …花輪英司

ガロ・リヴェラ …斉藤次郎

キュレーター …菅野あすか

コバシ …伊川東吾

ジェシカ・ミラー …坪井木の実

タイラー・モーガン …内匠靖明

マーカス・ウィアー …青山穣

ラ・カトリーナ …菅野あすか

ラヴィンドラ・チョードリー …辻親八

リナ・ナヴァロ …林真里花

攻略本やサントラは発売されているの?

ニードフォースピードペイバックの
攻略本やサウンドトラックCDは
特に発売されていません。

ニードフォースピードシリーズの攻略本自体、
発売されていたのは、シリーズの
初期の頃だけで、近年は全く発売
されなくなっています。
サウンドトラックCDに関しても
少なくとも日本国内では
発売されていません。

攻略本自体は既にネットなどの拡大もあり、
全盛期を過ぎ去ってしまっている以上、
今後、ニードフォースピードシリーズが
展開されても、なかなか難しいところが
あるのではないでしょうか。

続編は発売されているの?

ニードフォースピードペイバック自体の続編は
ありませんが、
ニードフォースピードシリーズは
このあとも発売され続けています。

「ニードフォースピードヒート」が既に
発売されているほか、
そのあとにも、過去に発売された
「ニードフォースピードホットパースート」の
リマスター版が発売されていますね。

ニードフォースピードシリーズ自体は
今後も続いていくものと思います。

タイトルとURLをコピーしました