ニードフォースピードの歴代シリーズレビュー!面白いのはどれ?

レースゲーム

エレクトロニックアーツから発売されているレースゲーム、
ニードフォースピードシリーズ。

存在は知っていたのですが、ある時までは一度も
プレイしたことがありませんでした。

ある時、プレイしてみて「意外と面白い」ということに気づき、
今では結構な量のシリーズをプレイしています^^

この記事では、ニードフォースピードの思い出を語っていきます。

スポンサーリンク

個人的な思い出

当時、勤務していたゲーム屋でたまたま新品特価商品として
Wiiの「ニードフォースピードアンダーカバー」が入荷したので
それを買いました。2009年のことでしたね。
期待せずに買ったのですが意外に楽しめました。

Wiiで色々と…
アンダーカバーをきっかけに、Wiiのニードフォースピードを
買いまくり(?)ました。
2010年1月に「プロストリート」を購入。
ただ、これは微妙でした。オープンワールドではありませんでしたし…。
その後、7月に「カーボン」を購入。
これもイマイチ…。先にアンダーカバーをやったせいでしょうね。
そして2011年1月には「ニードフォースピードナイトロ」も購入。
ですが、、、これも微妙…
ニードフォーシリーズはやっぱり微妙か…と思い始めました。

転機が…
その後、2011年夏にニードフォースピードシフト(PS3)を購入。
これはそこそこ楽しめたので、
「やっぱりいけるかも?」という印象に。
そして、翌年に「ニードフォースピードホットパースート(PS3)」を購入。
これがとでもはまりました。
かなり遊びましたね。個人的にNo1ニードフォーです。

調子に乗った…
しかしその後、PS3が故障したため、
Wiiの「ホットパースート」と「ザ・ラン」を購入。
ですが…PS3のニードフォーやったあとに遊ぶものじゃありませんでした。
ちょっとショボク見えてしまって…笑
後にPS3版の「ザ・ラン」も購入しています。

まだまだ遊ぶ…
続いて2013年にWiiUでニードフォースピードモストウォンテッドUを購入。
これはなかなか楽しめました。ベスト5に入ります^^
さらにPS4本体と同時に「ニードフォースピードライバルズ」を購入。
後に「ニードフォースピード(PS4)」も購入して今に至ります。

お気に入りは?
個人的にはホットパースート(PS3)、モストウォンテッドU、
PS4のサブタイトルなし、アンダーカバー、ライバルズがお気に入りです。
逆にナイトロ、プロストリートあたりは微妙…。

これからは…
これからも新品では買いませんが、ベスト版が出るころに
ニードフォーシリーズは買い続けると思います。

PS4版ニードフォースピードのレビュー

ニードフォースピードシリーズの一つで、今回は
ストリートレーサー達の物語を描きます。
なお、プレイ時はオンライン接続が必須となります。

とにかくグラフィックが綺麗!
ニードフォースピードシリーズは元々、グラフィックが
綺麗な印象でしたが、このニードフォースピードは
その中にもさらに綺麗な印象です。
最初に見たときは驚きました(笑)

この街は日が昇らない
残念なのは、ゲームの舞台となる街は
常に夜です。時々、日が昇りそうになることもあるのですが、
そのまままた夜になってしまいます(笑
朝の町並みも見てみたかったところですね。

オンライン専用
何故かこのゲーム、一人プレイ時で遊ぶときも
オンラインの接続が必須です。
マルチプレイをしなければ、PSプラスに加入する必要は
ありませんが、この仕様は謎です。。

ストーリー
実写によるストーリーも収録されています。
なんかワイワイした感じで、よく分からないところもありますが、
悪くはないですね。。

カリスマたち
レースやクルマのカリスマたちも登場します。
この業界には詳しくはないのですか、ケン・ブロックさんだけは
知ってました。
ストーリーにも少しだけ、それぞれのカリスマが登場してました。

グラフィックのレベルも高く、オープンワールドも
作りこまれているので、なかなか楽しめました。
数あるニードフォーシリーズの中でもお気に入りの一つです。

スポンサーリンク

ニードフォースピードの声優一覧

ニードフォースピードの担当声優は下記の通りとなっています。

トラビス …藤原啓治

エイミー …岡村明美

スパイク …勝杏里

マヌ …松田健一郎

ロビン …佐古真弓

その他出演…
堀越省之助
岩村琴美
岩田翼
名村幸太朗
岡井克升
斉藤瑞樹
志賀麻登佳
品田美穂
竹田正則
渡邉甚平

ゲームは、日本語吹き替え音声が収録されており、
日本語音声でゲームを楽しむことができます!
上記の声優陣によるドラマを楽しむことができる
作品になっていますよ!

フルボイス!
ゲームはフルボイスで展開されます!
イベントシーンの最中も、ゲーム中もしっかりと
キャラクターたちがしゃべるので、物語にも
しっかりと集中できるかと思います

イベントシーンには実写が用いられており、
演じているのは、全て実在の人物になっています。
日本人の方も何名か出演しているので、
そういう部分を見るのも面白いですね

ライバルズのレビュー

ニードフォースピードシリーズの一つで、オープンワールドを舞台に
レースを繰り広げます。レーサーとポリス、2つの立場で
ゲームを楽しむことができる作品です!

色々な機種に・・・
ニードフォースピードはいつも色々な機種に発売されてますが、
今回もプレイステーション4と3、XBOXONEとXBOX360に
発売されていますね。。
私が遊んだのはプレイステーション4版です。

グラフィック!
元々ニードフォースピードは綺麗なモノも多いですが、
やはりプレイステーション4になったことでより綺麗になってました!
初めて見た時は綺麗だな~と思ったモノです。
特に雪が降っているところらへんはなかなか良い感じです!

2つの立場!
レーサーとポリス、両方の立場を遊べますが、
個人的にはポリス派ですかね。。
レーサーを追いかけて攻撃して逮捕する、、
なかなかクセになります(笑)

ホットパースートに似ている・・・
ニードフォースピードは作品によって、結構雰囲気が違ったり
しますが、今回のはどちらかと言うと、
以前にプレイステーション3などで発売された
「ニードフォースピードホットパースート」に似ている
感じです。

ホットパースートは結構好きだったので、これも
はまりました。。

オープンワールド!
やはりオープンワールド型のニードフォーの方が
個人的には好きです!
プロストリートやシフト、ザ・ランなどが少し
物足りなく感じてしまったので・・・。

プレイステーション4で最初に遊んだソフトと
いうことで、想い出深い作品です。
最近はニードフォーシリーズの発売も前よりペース
が落ちている気がしますが、また新作が出たら
(発売日に買うかは分かりませんが)遊んでみようと
思います!

モストウォンテッドのレビュー

プレイステーション3、XBOX360、Vitaで先行発売された
ニードフォースピードモストウォンテッドのWiiU版です。
WiiUならではの要素も若干追加された完全版とも言える
作品に仕上がっています。

オープンワールド!
ニードフォーシリーズは色々と遊んでいますが、
個人的にはオープンワールド形式のニードフォースピードが
一番好きなので、このモストウォンテッドはシリーズの中でも
なかなか好きな部類です。

色々な探索要素
街中の看板を見つけて破壊したりだとか、
結構オープンワールドであることが活かされている作品だと
感じました。
「ホットパースート」も好きですが、あれはオープンワールド内で
やることがあまりありませんでしたし…

レース自体は…?
ただ、レース自体は他のニードフォースピードの方が
面白いかなぁ?という印象のモノもありました。
どうしてもモストウォンテッドUをやると探索ばかりに
時間を費やしてしまいます^^

グラフィック
WiiUでのニードフォースピードはこれ一つでしたが
WiiUはWiiとは違いHD機なので、他の機種版にも
劣らず、十分なグラフィックだったように思います。
PS3のレースが平気なら、これも十分いけるかと。

遊びやすい!
WiiUゲームパッドを用いたサポート機能が
充実しており、追跡などをブロックすることもできます!
これは純粋に遊びやすく感じましたね。
他のニードフォーシリーズにも欲しいぐらいです。

色々なニードフォースピードシリーズをプレイしていますが
探索だけにおいては、このモストウォンテッドUが
一番面白いような気もしました。
探索や収集の要素が多いですからね・・・。

PS3版ザ・ランのレビュー

ニードフォースピードシリーズの一つで、
このザ・ランは、大陸横断レースに出場して戦っていく、という
内容になっています。
オープンワールド系統ではありません。

色々な機種に
私がプレイしたのはプレイステーション3版とWii版。
そのうちPS3版のほうのレビューです。
PS3、XBOXO360、Wii、3DSに発売されており
Wiiと3DS版はPS3版とは別物です。

Wii版のあとに…
実は先にWii版を持っていたのですが、後から
このプレイステーション3版も購入しました。
もはや別物でしたね。
別のニードフォーとして、両方楽しめるかと…。

一本道…
区切られたミッションを次々とこなしていく感じです。
一本道のレースを順番にクリアしていくスタイルですね。
こういうのもなかなか良いと思いますが
やはりいつものオープンワールドの方が個人的には
好きだったりします。

色々な風景…
結構色々な場所が用意されているのは面白い
ところですね。雷が鳴り始めているところや紅葉のところは
個人的にお気に入りです。
当時としてはグラフィックは綺麗という印象です。

それでもやっぱり…
このニードフォーもそこそこ遊びましたが、それでもやっぱり
個人的にはオープンワールドの方が好きですね。
オープンワールドの方がじっくり遊べるというか、
ニードフォーには合っている気がします。

Wii版よりも個人的には楽しめました。
ただ、ニードフォースピードなら、PS4やONEの
ニードフォースピードや、他の、ライバルズ、ホットパースート
あたりが好物です。

スポンサーリンク

Wii版ザ・ランのレビュー

後にプレイステーション3版もプレイしましたが、
全くの別物です。
サブタイトルを変えても良かったんじゃないか、と思うぐらいに。
別作品として楽しめると思います。

グラフィックは…
プレイステーション3版と比べると、ザンネンながら
雲泥の差があるのは確かです。
ですが、場所の雰囲気はよく出ていると思いますし、
悪い!という感じはしませんでした。

操作は…
もはやWiiであることを捨てたのか、
Wiiリモコンとヌンチャクでの操作になっています。
全くハンドル操作などするつもりはないみたいです(笑)
まぁ、やりづらい、という感じはしませんでした。

イベントが…
何故かイベントシーンは、漫画のようなコマ送りで
展開されます。まぁ、これはこれで悪くはないのですが
手抜きなのかな?とも一瞬感じてしまいました(笑)

プレイステーション3とWiiを両方持っていて
どちらかひとつだけ買おう!という場合はよほどの
こだわりがなければプレイステーション3版の方が
良いかな?という印象を、両方プレイして思いました!

PS3版ホットパースートのレビュー

ニードフォースピードシリーズの一つです。
今回はオープンワールドが採用されており、自由にマップを移動しながら
ストリートレースを楽しめます。
警察側をプレイできるのも特徴の一つですね。
なお、Wii版は内容が全く違う別物になっています。

ニードフォースピードで一番好き!
色々なニードフォースピードシリーズをプレイしていますが、
その中でもこのホットパースートが一番のお気に入り。
グラフィックも(当時)かなり綺麗に見えましたし、
個人的にはオープンワールド系のニードフォーの方が好きなので。

パトカー側が笑える
今回、追跡側もプレイできます。逃げるレーサー達に
数百キロで突撃して吹っ飛ばしたり、
武器を使って吹っ飛ばしたり・・・
レースゲームなので不思議な快感が(危
病み付きになりそうです(笑

好きなBGMをかけて・・・
プレイステーション3本体に音楽を取り込んで
好きなBGMを流すことも可能です!
色々とCDを取り込んでお気に入りの音楽で
遊んでました。
まぁ、そのおかげでホットパースート本来のBGMは
1曲も覚えていませんが・・・(汗

レース数も豊富!
レースの数もレーサー、パトカー共に豊富に
用意されていました!
特に最後のレースはどちらサイドでもなかなか
手に汗握る戦いです(笑

個人的にはニードフォースピードシリーズ
一番のお気に入りです。
シリーズを順番に並べるなら、、
ホットパースート→ライバルズ→PS4のニードフォーの
順番ですかね。。
やはりオープンワールド系のほうが個人的には面白いです。

Wii版ホットパースートのレビュー

タイトルは「ニードフォースピードホットパースート」ですが、
内容から、細かいものまで全てが別のモノになっているほか、
グラフィックや音楽なども全然違います。

もはや別のゲームとして考えたほうが良いでしょう。。

Wii版は色々と出来ない!
まず、パトカー側になるモードですが、
なんと、Wii版のメインモードはレーサーのみ。
パトカーはおまけモードでしか使えないのです。
パッ・・・パッケージにだまされた(笑
また、マップもオープンワールドはなく、
一本道のレースを強いられます。
Wii版は自由に移動することができないので、
それを覚悟しておかなくてはなりません。

レースゲームとしては・・・
先にプレイステーション3版を
遊んでいたのでかなり見劣りしてしいまいした。。
しかしながら、レースは結構よくできています。
この点は評価できますね。

何もホットパースートじゃない!
PS3とWii,2つのバージョンを遊んで思うことは、
2つは全くの別物!と、いうことです。
よく同じ内容のソフトで、グラフィックだけレベルが
落ちている、というパターンのものはありますが、
これは内容そのものが違います。
最初プレイしたときは驚きました。。
まさか、ここまで違うとは…。

予想外に内容が違っていたので
「ニードフォースピードホットパースート」ではなく
別のニードフォースピードとして楽しむことができました(笑
ただ、プレイステーション3でレースを遊んだ後に
Wiiのレースを遊ぶのは意外とキツイです。。。

ナイトロのレビュー

ニードフォースピードシリーズの一つで、シリーズの中では
珍しくプレイステーション系統ではなく、WiiとDSで
発売された作品です。
ニードフォースピードシフトと同じ年に発売されました。

レース形式
オープンワールド形式のニードフォースピードシリーズの
方が好きなのですが、これは決められたコースを決められた周回数
回るタイプのレースタイプでした。
まぁ、それならそれでも良いのですが…。

PS3をやったあとだと…
ちょうどこれを買う1か月前にプレイステーション3を買って、
グランツーリスモ5というレースゲームを遊びました。
そのためか、グラフィックがかなり劣化して見えてしまいました。
別にグラフィック主義者ではないのですが…(汗

色々と地味…
なんとなく他のニードフォースピードシリーズと比べると
非常に地味な印象。
また、洋ゲー臭もかなり強く、家族で楽しむのにも
あまりおすすめできない気がします。

Wiiハンドルで…
数少ないWiiハンドル対応ソフトなので、Wiiハンドルで
遊んでみました。
まぁ、ハンドルの使い勝手はよかったと思います。
…当たり前と言えばそうかもしれませんが…

謎のローディング画面?
ローディング画面におむすびみたいな形した人の顔とか、
変なヒトの顔がうつるのですが…
これが個人的に気持ち悪かった…(笑)
意味がよく分かりませんし、気分も良くなかったです…
生理的に…ってヤツですかね?

色々なニードフォースピードシリーズをプレイしていますが、
その中でもナイトロは地味な作品、というイメージです。
多分先に内容を全部知っていたら買わなかったでしょうね!

シフトのレビュー

ニードフォースピードシリーズの一つです。
この「シフト」は、ストリートのレースなどではなく、
純粋なサーキットでの本格的レースゲームになっています。
いつものニードフォースピードのような
パトカーとの戦いやストーリーなどは用意されていません。

かなり本格的!
このシフトは実車も登場し、かなり本格的なつくりに
なっています。
運転席視点もかなりリアルで、当時はすごっ!と
思ったものです。
グラフィックも綺麗ですね。

ニードフォーシリーズと思って買うと・・・
他のレースゲームもよくやるので
問題はありませんでしたが、
ニードフォースピードシリーズだと思って
購入すると「あれ?こんなのニードフォーじゃない」
って思うかもしれません

最初は「ん?これニードフォーか?」って
思ったぐらいです。

カスタマイズもいろいろ
いつものニードフォースピードシリーズに比べて
カスタマイズも豊富ですね。
中には見た目が変わるものも。
色々いじれるのは楽しかったですね。。

ニードフォースピードシリーズとしては
全然システムも違い、イマイチかもしれませんが、
レースゲームとしてはなかなか良い出来です。
ニードフォーとして考えなければ良いレースゲーム
だと思いますよ。

余談
海外ではシフトの2も発売されているようです。
何故か日本では発売されていませんが・・・。

アンダーカバーのレビュー

エレクトロニックアーツから発売されている
レースゲームシリーズ、ニードフォースピードの
一つです。毎回ゲーム性が結構違ったりしますが
このアンダーカバーはオープンワールド型の世界で
レースをしたり、自由に走行したりしながら
物語を進めていきます

初めてのニードフォースピード
このニードフォースピードアンダーカバー、
私にとっては初めてプレイする
ニードフォースピードのシリーズでした。
とあるショップの年末セールで新品が安くなっていたので
ま、買ってみるか。という適当な購入動機です。

オープンワールド型のレースゲームをプレイするのも
初めてだったのでフリーランにはまりました(笑)
意味もなく警察を呼んでひたすらカーチェイスを
繰り広げたり…
気付けば1時間ぐらいフリーランしていたことも…

Wii版は…
当時PS3などは持っていなかったので、Wii版を購入。
内容はしっかりと作られていましたが、
流石にグラフィックは劣ります。
PS3未経験の当時は気になりませんでしたが
今映像を見るとさすがに見劣りしますね。

ストーリー
潜入捜査を中心としたストーリー展開。
ちょっと意味の分かりにくいところも多いですが、
個人的にレースゲームのストーリーはあくまで
おまけとして捉えているので問題は無かったですw
ちなみに、映像は実写です。

ローディング画面??
ローディング画面が何故か女性の腹(?)
周りで見ている人から変な目で見られそう(笑)
だったので、個人的にはあまり好きではありませんでしたね。

ニードフォーシリーズを始めて遊ぶ
きっかけになった作品。
オープンワールドレースゲームの楽しさを
知ることもできたので、良いキッカケでした。

このあとニードフォースピードシリーズも
色々遊びましたが個人的にはあたりはずれが
激しいシリーズだな…という印象ですね。。

プロストリートのレビュー

ニードフォースピードシリーズの一つです。
しかしながらこのプロストリートは、
オープンワールド型やストリートレースなどではなく、
サーキットの中でレースを行うゲームです。
警察車両や一般車両はゲーム内には
登場しません。

2番目に遊んだニードフォー
最初に遊んだニードフォーシリーズは
「ニードフォースピードアンダーカバー」です。
オープンワールドのレースを遊ぶのは初めてで
新鮮な感覚で結構楽しめたので、
続けて、安く見つけたこの「プロストリート」も
購入してみました。

しかし・・・
アンダーカバーとは全く別のゲーム内容に
びっくり!

普通のサーキットで、普通のレース。
あれ・・・?これニードフォー?という感じでした。。

ちょっとモッサリ…?
Wii版だからかもしれませんが
全体的にグラフィックに味気がなく、
また動作もモッサリとしている印象です。
淡々とレースをこなすだけに感じられてしまい、
あまり長続きはしませんでした。
アンダーカバーを長く楽しめただけあって
あまりの反動に唖然としてしまいました(笑

パッケージの裏面の写真・・・
当時PS3を持ってなかったので
パッケージの裏の写真を見て
「おっ綺麗な映像 Wiiでもこんなグラフィック
を出せるのか!」と驚いたものです。

しかし実際にプレイしてみて
「ん・・・?この箱の裏の写真・・・」と
違和感を感じました。

Wii版のパッケージ裏面の写真・・・
恐らくあれはWii版の写真などではなく、
PS3版か何かの写真をそのまま使っているのでしょう。。
間際らしい・・・

アンダーカバーを遊んだ直後だったからか、
Wii版だったからか分かりませんが、
アンダーカバーに比べると、すぐに遊び終わってしまいました。
個人的にはあまり楽しかったとは言えないですね…

遊んでいるのがPS3版やXBOX360版だったら
また違ったかもしれません。

カーボンのレビュー

ストリートレースを楽しめる人気シリーズ、ニードフォースピード
シリーズの一つです。
今回は夜の峠などを舞台としたレースを楽しめますよ。

オープンワールド!
ニードフォーシリーズは毎回ゲームシステムが
異なることが多いですが、このカーボンは
私の好きなオープンワールド(フィールドを自由に移動できる)
でした。オープンワールドのニードフォーは
アンダーカバー以来でしたが、やはり楽しいですね

グラフィックがちょっと・・・
オープンワールドなのは嬉しかったのですが、
グラフィックがアンダーカバーなどに比べると
かなり微妙でしたね・・・
せっかくの綺麗そうな夜景も・・・。
プレイステーション3版であれば
こんな感想は抱かなかったと思うと少し残念です
(当時PS3は持ってなかったので仕方ないですが)

やはり後のシリーズを遊んだ後だと・・・
よく書いていることですが
やはり後々のシリーズを遊んだ後前作を遊ぶと
どうしても見劣りしてしまうことが多いです。。
このニードフォースピードカーボンもそうでした・・・

ずっと夜・・・
このゲーム、ずっと夜です(笑)
まぁ、別に良いのですが、
朝の風景も見たかったなぁ~と。
この街に日は昇らない。。

オープンワールドだったので、楽しめ・・・そうでしたが、
アンダーカバーなどに比べると少し見劣りしてしまいました。
機会があればPS3版も遊んでみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました