スーパーマリオ バランスゲーム キノコがいっぱい レビュー!

ゲーム以外

エポック社から発売された
「スーパーマリオ バランスゲーム キノコがいっぱい」を
実際に遊んだ感想をお話します。

マリオ系の玩具はたくさん発売されていますが
久しぶりに遊んでみました。
(マリオカートのゴールを目指すおもちゃとか、
マリオのぐらぐらゲームとか、探すと
数えきれないほど発売されています)

オンラインクレーンゲームの景品などでも一部
見かけた(最近は見かけなくなった気がしますが)ことが
あるので、プレイされている方は
見たことがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

どんなゲームなの?

ぐらぐらする土管と小さなキノコのフィギュア(?)が
20個ほどセットになっています。

そのぐらぐらする土管に
キノコをひとつずつ置いていき、
土管を倒さないようにする、という
単純明快なゲームになっていますね。

パッケージの説明によると、
他の人と対戦する遊び方と、
一人で何個積めるかにチャレンジする遊び方の
二通りが用意されています。
(シンプルなルールなので、
独自にルールを作って遊んでみるのも面白いですね)

思ったより小さい!

ネットで購入したのですが
写真を見ている際に
勝手に想像していたサイズよりも
だいぶ小さい印象を受けました
(もう少し本体の土管が大きいイメージが
 勝手に私の中でありました)

箱もそんなに大きくないので、
家に置いておくにも、邪魔にならない
サイズかな?と思いますね。

あまり大きすぎても邪魔になるだけですし、
ちょうどよいのではないかと思います。

スポンサーリンク

案外難しい…

セット内容の小さなキノコは20個しか
入っていないので、
最初は「これ、全部土管の上に簡単に乗っかってしまって
ゲームにならないんじゃないか」などとも
思ったのですが、
そんなことはありませんでした(笑)

10個を超えたあたりぐらいから
だんだんとバランスが悪くなっていき、
15個を超えたあたりからは
かなり厳しくなってくる感じで、
20個という数は絶妙なバランスですね。

キノコが足りなくなってしまって…
ということにはなかなかならないような、
絶妙な個数でした。

ちゃんとテストプレイもされている印象を受けます。

対戦の感想は…?

対戦は、大人数でやればやるほど
盛り上がりそうな感じ(ただ、あまり多すぎると
順番回って来なくなるので、3から4人ぐらいが良いかもです)
ですね。

二人プレイでも十分盛り上がります。

なかなか、コツを掴んでも
一瞬の油断で土管が倒れてしまったりするので
思った以上に難易度は高い印象。

また、箱のルール説明を読む限り
「乗せたキノコが落ちてしまった扱い」が
イマイチ不明瞭な感じでしたが
このあたりは独自にルールを設定すれば
良いのかな?とも思います。

一応箱の説明によれば
「キノコを乗せた際にキノコを落としてしまった場合は
負けにはならないけれど、次の人に順番が回る」
という感じに解釈できましたが
それだと、わざとキノコを落として次の人に
順番を回すような人(土管は倒さずキノコだけ落とす感じ)も
出て来るので、
このあたりは、遊び人によって工夫したほうが
いいかもしれません!

チャレンジ(一人プレイ)の感想

パッケージには一人プレイ用の遊び方も
書かれていました。
土管を手で押さえた状態で、キノコを乗せていき、
任意の数で手を放し、
倒れなかった場合の個数を競う、という
ルールですね
(倒れてしまった場合は失敗)

これはこれでなかなか楽しい感じです。

スコアを競う相手がいればより楽しいですが
一人でチャレンジするのも、十分楽しめるかとは
思います。

キノコをなくさないように注意は必要

土管の上に置いていくキノコのサイズは
とても小さいです。
油断すればすぐに失くしてしまいそうなぐらいの
サイズになっています。

ゲーム自体が「ぐらぐらする土管にキノコを置いていき
倒れてしまったらアウト」というゲームなので、
必然的にゲームをしていると、キノコが土管から
こぼれ落ちて、散らばるようになっていますから、
これは注意が必要ですね。

転がったキノコを見失ったりして
失くしてしまうと、キノコの個数がどんどん
減っていってしまい、最終的には
ゲームにならなくなってしまいますから、
広いテーブルの上など、キノコが
散らばってしまっても見つけやすい場所で
プレイすることをおすすめします。

土管が倒れたらすぐに、キノコが
散らばらないうちに手で掴むなど、
上手く工夫していきましょう!

スポンサーリンク

インテリアとしては?

土管は思った以上に小さいので、
あまり飾りにはならないような
気がしますね(笑)

小さなキノコたち自体の方が
インテリアになるかもしれません。

ただ、キノコもとても小さいですし、
あまり飾り向けではないような
印象も受けます。

ちなみに、キノコと土管以外には
シール(土管の上部に貼る)が
ついているぐらいで、
他には特に付属品はありませんでした
(説明自体は箱に書かれています)

一人で遊ぶ場合は?

完全に一人で遊ぶ場合に関しても、
チャレンジルールもありますし
ある程度は遊べると思います。

特に、一人でじっくり遊べるパズルなどが
好きな人に関しては、20個全部
置けるかどうかに挑戦してみるのも
良いのではないかと思います。

ただ、やはり複数人数で遊ぶことを
想定しているものになるとは思いますので
一人でも遊べますし、コレクションや
インテリアとして手に入れても
全然良いとは思うのですが、
複数人数で遊ぶことのできる環境があれば
より楽しめるものになっているのは
事実だと思います。

タイトルとURLをコピーしました