2Dマリオを語る!スーパーマリオブラザーズシリーズの思い出と感想

アクション

マリオシリーズ…
数多くの作品が登場していますが、
その中でも本筋となるのが、
2Dのマリオシリーズですね。

スーパーマリオブラザーズからその歴史は始まり、
2019年にもNewスーパーマリオブラザーズU DXが
発売されるなど、まだまだその歴史は続いています。

今回は2Dマリオシリーズの思い出と感想を語ります。

スポンサーリンク

2Dマリオとは?

ファミコンで発売されたスーパーマリオブラザーズから
続くシリーズですね。
横に進んでいき、ゴールをめざす、という
単純明快なルールが魅力の作品です。

マリオシリーズの本編でもあり、
現在の3Dマリオシリーズと並び、
マリオの中心的作品です。

こちらでは、New以外のシリーズ(Newは後日別記事で)の
思い出と感想を語りたいと思います。

スーパーマリオメーカーのレビュー

スーパーマリオブラザーズのステージを自分で
作ることのできるソフトです。
作ったステージを投稿したり、他の人が作ったステージを
遊んだりすることもできます。
WiiUのヒット作の一つですね!

スーパーマリオブラザーズだけでなく、3や
スーパーマリオワールド、Newスーパーマリオの
スキンを使ってステージを作れます。
個人的にスーパーマリオワールドは小さいころよくやったので
BGMも含めて懐かしい感じです。

スキンだけでなく、流石任天堂、
分かりやすく親切な作りになっており
ステージも非常に作りやすいです。
パーツの種類もなかなか豊富なので色々なステージが
作れるのはうれしいところです。

WiiUがネットに接続されていればステージ投稿や
他の人のステージを遊べます

ただ、私は自分でひたすら作って、周囲の人に遊んでもらったり
しただけで満足してしまったという…

投稿は、かなりの数されているのでなかなか自分の
ステージが遊んでもらえない、という悩みもありますね

私はどうしても難しすぎるステージを作ってしまいます
自分でもクリアできない(汗
いざ自分で作れるようになるとあれもこれも、と
色々詰め込みたくなってしまいます。
そう考えると任天堂が作っているステージは
絶妙なバランスなのですね…

最初からいくつかステージが収録されています。
10人マリオチャレンジ、と言うやつですね。
ステージ作りの参考にはなりますが、
これで遊ぼう!って感じではないですね。

元々ステージエディットや○○エディット系が
好きな私はもの凄くはまりました。
セーブできるステージ枠、全部使ってしまった
ほどです(呆
ただ、あくまで遊びたい、という人には
向いていないかも知れません・・・
マリオメーカーは悪く言えば「作るだけ」
ですから。。

総評としては、とても楽しく遊べましたし、
世間的にもヒットしたようです。
しかしながらこれを出したが故に、
今後のスーパーマリオブラザーズがどうなっていくのかが
気になりますね。
ユーザーがステージを無限に作れてしまう以上、
似たような内容では満足する人も
減ってしまうでしょうから…
(スイッチに移植(マリオU)はされましたが・・・)

スポンサーリンク

スーパーマリオワールドのレビュー

スーパーファミコンで発売された最初のマリオシリーズですね。
スーパーマリオブラザーズ4、などとも言われている作品で、
その名の通り、マリオブラザーズシリーズの流れを継承した作品です。
機種に合わせてパワーアップもしています。

スーパーマリオブラザーズ3までと同じように、横にひらすら進んで行って
ゴールを目指すタイプのアクションゲームです。
シンプルですが、ついつい遊んでしまう雰囲気は、現代でも健在ですし、
それは2Dマリオの良いところだと思います。

スーパーマリオワールドのステージには、隠しゴールなども用意
されており、かなり奥深い内容になっています。
裏ワールドも用意されていますし、全て遊ぼうと思うと、なかなか
やり応えのある作品だと思います。

奥の方のステージに行くと、かなり難しいです。
今プレイしたらどうか分かりませんが、小さいころにプレイしたので、
スペシャルワールドはもはや地獄みたいな感じでしたね。
最後にはクリアできましたが、相当てこずったものです。

小さいころはスーパーファミコンで遊んだのですが、
後に、Wiiのバーチャルコンソールでも、「久しぶりにプレイしてみようかな」
ということで購入してみました。
2度目でも、やっぱり楽しいゲームは楽しいモノですね。

最近では「Newスーパーマリオブラザーズ」シリーズが展開されている
2Dマリオですが、そろそろイメージを一新して、
「Newスーパーマリオワールド」を作って欲しいなぁ、と思ってみたりもします。
マリオメーカーを出してしまったので、続編に悩んでそうですし笑

スーパーマリオコレクションのレビュー

人気のマリオシリーズ4種類を楽しめるソフトです。
スーパーマリオブラザーズ1,2,3と
スーパーマリオUSAの4タイトルが収録されています。

このゲーム、ただファミコン版の4作品を移植したわけではなく、
グラフィックはしっかりスーパーファミコン向けに
作り直されているほか、
データセーブも可能になっており、
大幅に進化しています。

スーパーマリオブラザーズ
元祖ですね。シンプルで一番遊びやすい印象です。
データセーブはエリアごとなので、
1-4でやめてしまうと1-1から。
できればステージごとに…(欲張り)
クリアはできましたが
やはり難しいですね。

スーパーマリオブラザーズ2
個人的に4タイトルの中で一番好きです
かなり難しいですが、それがまたイイ(Mではない)
○ワールド9
ワープゾーンを使わずにクリアすると伝説の
ワールド「9」に行くことができます。
ある時、私は「2-1」でセーブされていた
データを使い、最後まで必死に苦労して
クリアしました・・・

ところがなんと!
そのセーブデータ、
1-2から2-1にワープしていたファイル
だったのです!

苦労したのにワールド9に行けなかった・・・(泣

スーパーマリオブラザーズ3
マップなども追加され大幅にパワーUP!
結構難しいステージが多い印象です。。
1と2に比べると手軽さは薄れましたが
これはこれで面白いですね。

スーパーマリオUSA
結構独特な作品。
独自のルールなども結構あるので
覚えるまで大変かも。。

個人的にはあま~り好きではないのですが、
他3作品と異なった雰囲気なので
息抜きには良いかもしれません。

音楽はイイ感じです。1-1とか。。

これは良い作品です!
ファミコン版をそれぞれ遊ぶよりも
断然遊びやすくなってますし、セーブもできます。
マリオ好きならこれを買わない理由はないでしょう!
というぐらいの作品なんです。

私はスーパーマリオブラザーズ2→1→3、
そしてスーパーマリオUSBの順に好きですが、
どれも面白いですよ。

Wii版マリオコレクションの感想

マリオ25周年を記念して発売されたパッケージで、
スーパーファミコンで発売されたスーパーマリオコレクションの移植と、
25周年ブックレット&サントラCDがセットになっている
パッケージです。ソフトの単品販売はありません。

スーパーファミコン時代に遊んだことがありますが、
なかなか面白いです。
ちゃんとそれぞれセーブできますし、じっくり楽しめます。
個人的には「スーパーマリオブラザーズ2」がお気に入りです!
ようやくワールド9を拝むことができました!

ゲーム自体の内容はスーパーファミコン当時のままです。
微塵も変化はありません。
と、いうのもゲーム内で操作方法が表示される画面があるのですが
スーパーファミコンのコントローラーが映っています(笑)
まぁ、ある意味では手抜きとも言えます。

それほど収録曲は多くないですが、マリオ本編の主要曲たちと
効果音が入っています。マリオパーティだとかマリオカートなどの
外伝作品の曲は入っていませんでした。

マリオスタッフたちのコメントなどが載っています。
一度読めば満足してしまうような内容ではありますが、
まぁ、楽しめはしました。
ただ、これだけで買うか、と言われたら「うーん」ですね。

価格は25周年をもじって2500円でした!
ゲームは古いヤツではありますが、CDとブックレットも
ついていますし、個人的にはなかなかコストパフォーマンスの
高い商品だったと思います。

少しぐらいアレンジがあれば…ともなんとなく思ってしまいますが
これはこれで良かったのだと思います。
スーパーファミコン版を持っていない方であれば
もっと楽しめる作品だと思います。

マリオコレクションのSFCとWii版の違い

まず、ゲーム内容ですが「ここまで同じか!」っていうレベルで
同じです。ゲーム内容がパワーアップしていることはない上、
ゲーム内でのコントローラー表記まで「スーパーファミコン」の
ままです。ここまで一緒なゲームも少ないですよね。

操作感覚など…
Wii版ならWiiリモコンなどで、スーパーファミコン版であれば
スーパーファミコンのコントローラーで操作することになります。
なので、見ている側からすれば同じですが、プレイしている方には
ちょっとした変化があるかもしれないです。

特典付き
Wii版のスーパーマリオコレクションスペシャルパックには、
いくつか特典がついています。
その特典が、

・マリオ25周年ブックレット
・マリオ25周年オリジナルサウンドトラック

となっており、豪華です。
オリジナルサウンドトラックの内容は
公式ホームページなどでご確認下さい!

スーパーファミコン版には、この特典がありません。

ゲーム内の内容は、スーパーファミコン版でもWii版でも
全く同じに作られているようです。
なので、自分の好きなほうを選ぶとよいと思います!

…ただ、今から特典付を手に入れるのはなかなか
難しいと思いますので、中古を探すのが良いかと思います!

スポンサーリンク

マリオコレクション収録タイトルの詳細

収録されているのは、4タイトルになります。
「スーパーマリオブラザーズ」「スーパーマリオブラザーズ2」
「スーパーマリオブラザーズ3」「スーパーマリオUSA」
この4タイトルになりますね。
これは、Wii版でもスーパーファミコン版でも、同じことです。

スーパーマリオブラザーズ
横に進んでいくマリオ作品としては最初の作品にあたります。
マリオシリーズはこれ以前にもマリオブラザーズが発売されているので、
マリオシリーズ第1作目というワケではありません。
基本システムはこのときからしっかりと完成されていた印象です

スーパーマリオブラザーズ2
ファミコンディスクシステム用ソフトとして発売されたソフトです。
1がベースとなっているのですが、ステージが全て変更されており、
1をクリアした人向けに、凶悪なステージの数々が用意されています。
ルイージを選ぶことができるのも特徴的でした。

スーパーマリオブラザーズ3
シリーズ第3弾として発売されたタイトルです。
2までとは異なり、ワールドマップ形式が採用されており、
2までとはガラリと雰囲気の変わった印象。
途中でミニゲームなども用意されており、大幅にパワーアップを
果たしている作品です。

スーパーマリオUSA
元々はマリオ以外のゲームとして開発されていた作品のようですが
色々あってマリオシリーズの仲間入りを果たすことに。
本編作品とは少し異なる作風が特徴的ですね。
慣れるまではなかなか難しいかもしれません。

マリオシリーズ初期の作品をまとめて4作品遊ぶことのできる作品です。
ただ、ファミコン版のものをそのまま移植したわけではなく、
途中セーブやグラフィックの変更などしっかりとリメイクされているので
おすすめのソフトです!

スーパーマリオブラザーズ3のレビュー

スーパーマリオブラザーズシリーズの第3弾。
「2」までとは異なり、ワールドマップ画面が登場したり、
マップで使えるアイテムが登場したりと、大幅にパワーUP
しています。

「2」までと比べて、随分と進化した印象のマリオです。
ルーレットやカードゲームなどのミニゲーム
(現在のゲームからすればおまけみたいなものですが(汗))や、
宝船など、隠された要素もあり、大分パワーUPしています。

マップ画面の導入や、色々な隠し要素など、
シンプルさは失われてしまった印象ですね。
少し複雑になった感じはします。

最近のNewスーパーマリオブラザーズなどに慣れていると
恐らく、とても難しく感じると思います。
少し前にちょっとだけ遊ぶ機会があり、久しぶりに
遊びましたが、何か、とても難しかったです(汗
BGMはイイ感じですね!戦艦のBGMや1-1の音楽、
アスレチックの音楽などは今でもアレンジBGMをよく耳に
するような、有名な曲ばかりです。
最初のワールドマップの曲も個人的にはお気に入りです。

このゲームを遊ぶ前に、スーパーファミコンの
スーパーマリオコレクションでマリオブラザーズ3を遊んだのですが、
グラフィックや難易度などが、スーパーファミコンのとは違いますね。
はじめてファミコン版を遊んだときは驚いたものです。

今のNewスーパーマリオブラザーズシリーズの基礎的な
システムを作ったのが、この「3」ですね。
結構難しいのですが、ついつい遊んでしまう魅力のある
作品だと思います!

スーパーマリオブラザーズ2の悲劇!

当時の私は小さかったので
スーパーマリオブラザーズ2をクリアするのに
相当てこずりました。

何かの本で、ワールド9が存在する!と書かれていたので
ぜひ見てみたいと思い、プレイを開始しました!
相当苦戦しましたがなんとかステージをクリアしていきました。

しかし…ワープゾーンを使わずに、D-4までクリアしたのにも
関わらず、ワールド9は出現しませんでした。
「え?どうして?」などと思っていましたが、その真相は…

当時、セーブデータの一つに「2-1」になっているデータが
ありました。
なので、「1から2にワープなんてしないだろう」と考えて
そのデータでプレイを開始してD-4まで進んでしまいました。
そうです。
そのファイルはザンネンながらワールド1から2に
ワープしたファイルだったのです(泣)

流石に当時の私には、もう一度初めから
ワールド8までプレイする余力は残されておらず、
そこでゲームを断念しました。
結局、ワールド9を見ることはできなかったのです。

10年以上経過してから…
Wiiでスーパーマリオコレクションスペシャルパックが
登場。ちょうど20ぐらいだった私は
再びマリオブラザーズ2をプレイしました。
すると今度は楽々クリア!腕前も上達していたようです(笑)
そして念願のワールド9を拝むことができました^^

一応、ワールド9に行く条件を書いておくと
「ワープゾーンを使わずにワールド8までクリア」です。
A-1以降はワールド9クリア後なので、先にワールド9に
挑むことになります。

初代スーパーマリオブラザーズのレビュー

言わずと知れたマリオを操作して横に進み、
ゴールを目指す横スクロールアクションゲームです。
今の横マリオの元祖ともいえる作品ですね
(これより前にもマリオは出ていますが。。)

アクションゲームの王道!って感じですね!
純粋に楽しいです。
当時の同時期のゲームを見比べてみても、
やはり何か輝くものがあるなぁ…という印象です。
シンプルなルールなら無限1UPなどもあり、
奥深い、そんな感じです。
”ゲーム”として完成されてますね。

ファミコンソフトなのでセーブはできません…
1-1から8-4まで
続けてクリアしないといけないのです
セーブは甘えってことでしょうか(笑)
現代っ子(かな?)の私としては
セーブ無しは辛かったり・・・

ワープゾーン使えば早くクリア
できますけどね。。

今のマリオは、例えばファイアマリオになっていれば
1回ダメージを受けてもキノコ状態のマリオになるのですが、
このスーパーマリオブラザーズでは、
ファイアマリオになっていても1回ダメージを受ければ
ちびマリオです。
レトロゲームらしい、厳しい難易度。
今のマリオに慣れているとある意味難しいかも…

音楽ももはや有名中の有名ですよね?
メインテーマから地下、城、水中と、
ゲームをやったことがあれば1度は聞いたことのある
ようなものばかり。。
色々なゲームでアレンジされてますしね…

その人気ぶりからか色々な機種に移植されています。
スーパーファミコンやWiiで発売された
「スーパーマリオコレクション」にはリメイク(?)版
が入っていますし、
バーチャルコンソールなどでも配信されています
個人的にスーパーマリオコレクション収録の
リメイク版の方が遊びやすいので、
そちらの方が好きです

レトロの味を求めるような年齢ではないので、
そういう感想になるのかもしれませんね・・・

当時の熱狂は分かりません。
しかしながら凄いゲームだと言う事は
色々な読み物や雰囲気から伝わってきます。
あの時代にこれだけの作品を作り出せたということは
やはり当時の任天堂には何か輝けるものが
あったのでしょうね。。

スーパーマリオランドのレビュー

マリオシリーズの一つで、ゲームボーイ本体と同時発売のソフトです。
スーパーマリオブラザーズと同じように横に進んでいき、
ゴールを目指すタイプの横スクロールアクションゲームです。
今ではおなじみのデイジーのデビュー作でもありますね。

スーパーマリオブラザーズと比べると少し、内容が薄い
印象。。ステージ数が全部で12しかなかったり…。
ただ、ゲームボーイ初期なので仕方が無かったのかも
しれませんね・・・

このゲームをプレイしたのは結構小さい頃でした。
スーパーマリオブラザーズなどは何とかクリアできる
腕前はありましたが、これはクリアできず(笑
当時、諦めてしまいました。
もし、今プレイすればクリアできるのかもしれませんが、
今、改めてやろうかな…とは思いませんね…。

本作のゴールは上下2箇所あるのですが、
上の方のゴールに行くのがかなり難しいです。。
当時、あまり上手でなかった店員Kは
毎回下のゴールを通っていました・・・。

それまで据置メインで遊んでいたので、
ゲームボーイでマリオを遊ぶのはこれが
初めてでした。
白黒で画面も小さく、なんかやりにくいなぁ~と
当時感じてしまいました。。

スーパーマリオブラザーズほどではありませんが、
しっかりとマリオシリーズらしいアクションゲームに
なっています。
当時はクリアできませんでしたが、
そこそこは楽しめました。。

タイトルとURLをコピーしました