Nintendo Switch Sportsのレビュー!今回はどんな感じ…?

スポーツ

「Nintendo Switch Sports」は
2022年4月に発売された
ニンテンドースイッチ向けのソフトで、
その名前の通り
「ニンテンドースイッチのスポーツゲーム」となります。

題名こそハードに合わせて変わりましたが
「Wiiスポーツ」シリーズの最新作にあたる作品ですね。

こちらを実際に遊んだ感想や、
売上の予想などを、それぞれ行っていきたいと思います。

スポンサーリンク

Wiiスポーツシリーズの久しぶりの新作

Wiiスポーツは、2006年に発売された任天堂のゲーム機
「Wii」と同時に発売されたソフトの一つで
ミリオンセラーを記録する大ヒットとなった作品です。
Wiiのコントローラー、Wiiリモコンを使った直感的操作が
特徴的でした。

その後、2009年に続編の「Wiiスポーツリゾート」が
発売され、こちらもミリオンセラーを記録しましたが、
2014年にWiiU向けに発売された「Wiiスポーツクラブ」は
ブームが過ぎ去っていたことや、販売形式が特殊(先にダウンロード専用で
ちょっと特殊な売り方をしていました)だったこと、
WiiU自体が不調だったことから、売上的にはそれまでのシリーズからは
大幅に落ち込む結果となってしまいました。


Nintendo Switch Sports(ニンテンドースイッチスポーツ) -Switch

そうこうしているうちに、2017年にスイッチが登場
「Wii」の名がつかなくなったためにシリーズは終焉…

かと思っていましたが、ニンテンドースイッチスポーツと名前を変えて
無事に発売となりました。
発表の時は、地味に驚いたものです。

約8年ぶりの新作となりますね。

収録されているスポーツは?

Nintendo Switch Sportsに収録されている
スポーツは下記の通りになります。

・バレーボール
・バドミントン
・ボウリング
・サッカー
・ゴルフ ※無料アプデ
・チャンバラ
・テニス

この7種目ですね。
過去シリーズに収録されていたものも、
今回は新たに作り直されているほか、
サッカー、バドミントン、バレーボールはシリーズ初登場です。

スポンサーリンク

個人的な購入動機

最初は購入するかどうか、正直迷っていたのですが、
同じニンテンドーダイレクトで発表されて、
購入を決断したソフトがちょうど、6月・6月・9月だったため、
4月~5月は意外と「購入予定のソフトがない」状態でした。
その前の個人的な購入ソフトが3月のカービィで、
プレステ側にも特に購入予定のソフトが
(2022年2月時点)ないため、
購入を決断しました。

元々、Wiiスポーツ(初代)とリゾートはかなり遊んだので
久しぶりに楽しもうという感じですね…!

個人的な感想

「Nintendo Switch Sports」を実際に遊んだ感想を
お話していきます。

・安定した出来栄え
スイッチのダウンロードソフトなどで、他のスポーツゲームも
遊びますが、やはりWiiスポーツシリーズは安定した出来栄えですね。
ボウリングやテニス、バドミントン、チャンバラが特にお気に入りです。

・Wiiを思い出す
遊んでいるとどうしてもWiiの時を思い出しますね。
あの時とは違いセンサーバー(Wiiの時は振った動作を読み取るセンサーが必要でした)も
いらないですし、振った動作もかなり正確に反映している気がします。
技術の進歩を感じます。

・ソロプレイには向かない
Wiiスポーツの時と違い「一人でのやり込み要素」がかなり
少ないように思います。
今回はオンラインプレイ主体になってしまっている気がしますね。
オンラインもやるので良いですが、この点はかなり残念にも思います。
オフラインでも熟練度のようなシステムも残しておいてほしかったところ。
また、前作における「トレーニング」みたいな要素もないですね。

・無料アップデートも予定
無料アップデートも予定されており、
ゴルフが追加されたり、サッカーの周辺機器対応なども
予定されています。こういう追加があるのは無料ですし、良いことだと思います。

・Miiだと使えるパーツが限られる
オンライン対戦をやっていると、どんどんキャラクターに
使えるパーツが入手できますが、
Miiを使っていると装備できるパーツがかなり限られます。
この点は残念な感じがします。

・対戦用な感じ
良くも悪くも対戦用という感じで、オンライン・オフラインどちらかで
対戦できる環境がないときついと感じます。
WiiスポーツやWiiスポーツリゾートの時と比べると
”一人で遊べる要素”は大幅に減っている気がするので
その点は注意したほうが良いですね。
ただ、オンラインできるなら、一人でもある程度はいけると思います。

携帯モードやPROコンでは遊べない!

Nintendo Switch Sportsは携帯モードでは遊べませんので
携帯モード専用の「スイッチライト」では遊べません。
この点は注意が必要ですね!

また、ニンテンドースイッチPROコントローラーには
対応していないため、
Joy-conを使って遊ぶことになるため、
この点も注意しましょう。

Nintendo Switch Sportsの売上予想!

(2022/2予想)

正直…滅茶苦茶予想が難しいですね…笑
シリーズ自体「かなり久しぶり」な上に
WiiUの時は本体不振+売り方も特殊だったため、
1個前の作品自体の売上が、そもそも参考になりません。

一応、過去作を見てみると
Wiiスポーツが約17万、
Wiiスポーツリゾートが約36万(それぞれ初週)の売上を記録しています。
一方、Wiiスポーツクラブは5000本を切る、かなり厳しい売上でした。

そうなると、Wii以上に好調なスイッチでは、
さらに売れるのでは?となるかもしれませんが、
この頃はちょうど「ブーム」が起きていた最中で、
今はそのブームが沈静化している以上、スイッチがいくら好調と言えど、
初代Wiiスポーツやリゾートを超える初週売上は厳しいと個人的に予想します。

スイッチの好調に伴い、任天堂からは
”過去にブームを起こしていた作品”が再び登場する流れもあり、
例えばDSで脳トレブームを引き起こした際の
「脳トレ」と「やわらかあたま塾」の最新作がそれぞれ
スイッチに発売されています。

ただ、当時のDSより好調なスイッチでも、
「ブームの真っ最中に発売された脳トレ・やわらかあたま塾」の
売上を、スイッチ版は超えることはできませんでした。
(その後、ジワジワ売れてはいますが)

そのため今回のスポーツも
当時の”ブーム”の勢いを超えるのは、なかなか難しいのでは…?
という予想ですね…。

また、このゲームは「ジワジワ売上を伸ばすタイプ」なので
初週からドカン!と売れるゲームでは基本的にはありません
(あのリングフィットアドベンチャーですら初週6.8万です)

そんな、あらゆる条件を考慮して、
初週売上を予想すると、今回は「5~6万本」と予想します。

ただし、他のソフトと同じく「ジワジワと売上を伸ばす」
はずなので、最終的にはかなりの売上にはなりそうですね。

スポンサーリンク

実際の売上結果は?

「Nintendo Switch Sports」の実際の初週売上を
ご紹介していきます。

スイッチスポーツの初週売上は18万9889本でした。
私の予想の3倍の初週売上…
スイッチスポーツを舐めていましたね(笑)
リングフィットアドベンチャーの売上や、やわらかあたま塾などの
売上を考えると、最初の週は5~6万ぐらいだと思ってましたが、
想定以上でした…。

今年に入ってスイッチの任天堂タイトルはさらに初週から
勢いが強くなってる気がするので、
まだまだ当分スイッチが現役であると感じる売上でした。

隠し要素と裏技は?

「Nintendo Switch Sports」の隠し要素・裏技を
ご紹介していきます。

・新しいパーツを入手できる
ゲーム内でポイントを100ポイント貯めるごとに
新しいパーツ(服、髪型、セリフ、アイコンなど)

タイトルとURLをコピーしました