ヨッシークラフトワールドのレビューと売上・ネタバレ・関連商品情報

アクション

ヨッシークラフトワールドは
2019年3月発売のニンテンドースイッチソフトです。

おなじみ、ヨッシーが主役のアクションゲームで、
スイッチではヨッシーが主役となるゲームは
本作が初めてとなりますね。

クラフトワールドの感想や売上、ネタバレ、
発売日延期などの情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

どのようなゲーム?

ヨッシーが主役の横スクロールアクションゲームです。
クラフトワールド、という名前の通り、ダンボールで
作られたかのような独特な世界観が特徴的な
作品に仕上がっています。
従来のヨッシー作品と同じようなルールですが、
新しいシステムなども採用されています。

ちなみに、2015年にWiiUで発売され、
2017年1月にニンテンドー3DSで発売された
「ヨッシーウールワールド」とタイトルが似てますが
移植ではなく、完全な新作です。

発売日延期とタイトル変更

ヨッシークラフトワールドは、
発表された当初は、正式なタイトルまでは
発表されておらず、
「ヨッシーforニンテンドースイッチ」というタイトルで発表が
行われていました。

当初発売日も2018年発売予定とされており、
その後、何の発表もないまま、こっそりと発売予定日が
2018年⇒2019年に変更されていました。

それからしばらくしてようやく、正式タイトルと
正式な発売日が決定、無事に発売となった作品です。

スポンサーリンク

個人的な感想

ヨッシークラフトワールドを実際にプレイした上での
感想を書いて行きます。

・見た目が楽しい
世界観が手作り工作のようになっているので
見た目はとても楽しい感じですね。
結構細かいところまで拘っている印象で、
グラフィックも丁寧なイメージです。

・ゆるいアクションゲーム
ゲームとしてはゆるいアクションゲームです。
誰でも簡単にプレイできる印象でした。
アクション的な歯ごたえ、というよりかは
のんびりと楽しむ感じですね。
やりこみ要素はそこそこあります。

・サウンド
BGMは、メインテーマをアレンジしたものばかりで
バリエーションとしては少ないです。
サウンドテストには20曲しか(恐らくこれで全部)しかなく、
その上、アレンジ曲が大半なので、BGM面は
あまり期待しないほうが良いです。

・バリエーション豊か
ステージのバリエーションは豊かですね。
Newマリオのように似たような雰囲気ステージばかり、
という感じではなく、
結構、それぞれが個性的な感じになっています

・アクション好きなら
任天堂のアクションゲームが好きなら
無難に楽しめる作品で、やりこみ要素も
そこそこあるので良い作品だと思います。
新鮮味はあまりありませんが、私は楽しめました。

売上を予想!

※発売日前の予想です。

ヨッシークラフトワールドの売上はどのぐらいか…。
ニンテンドースイッチはとても好調で、
それぞれのソフトも売上はWiiUで発売された前作などを
軽く越えているものも多いです。
そういう意味では、WiiUで発売された
ヨッシーのアクションゲーム「ヨッシーウールワールド」の
売上は軽く越えるでしょう。
ウールワールドの売上は、WiiU版が初週3.1万本、
3DS版が3.9万本です。

ただし、WiiUは既に末期だったこと、
3DSは、移植であることから考えると、
それほど参考になる数値とは思えません。

その前のヨッシー作品「ヨッシーNewアイランド(3DS)」は
初週5万本ちょっと。
ヨッシーのゲームだと大体このぐらいが基本ラインであると
考えた上で、ニンテンドースイッチの現在の好調ぶりを
考慮に入れると、初週10万本前後でしょうか。

NewスーパーマリオブラザーズU DXやドンキーコングトロピカルフリーズなど
同じく横スクロールのアクションゲームが高い売上を記録
していることからも、ある程度の売上は期待できるのではないでしょうか。

売上結果!どのぐらい売れた?

ヨッシークラフトワールドの売上は
どのぐらいだったのでしょうか。

売上は50007本(初週)でした。
スイッチにしては微妙な出だしとなりましたが、
今後、少しずつ売上を伸ばしていくと思われます。

ただ、やはり本家マリオと比べると
かなり寂しい印象ですね。
ヨッシーNewアイランドもそうだったように、
ヨッシー自体が厳しい状況なのかもしれません。

体験版の感想

発売日に先立って、2月に配信された
ヨッシークラフトワールドの体験版をプレイしてみました。
その体験版の感想をお話して行きます。

・ステージ1のみ体験可能
体験できるのは最初のステージだけでした。
ただ、ゲームの雰囲気は十分分かると思いますし、
小さいポチを探すやりこみ要素も楽しむことが
できるので、十分な内容だと思います。
あまり体験できてしまうと、それはそれで
製品版の楽しみがなくなってしまいますからね…

・グラフィックが良い感じ
グラフィックはリアル寄りの綺麗、ではありませんが
違う意味で綺麗だと思います。
ダンボールによる手作り感が上手く再現されていますし
見ていて可愛らしい雰囲気です。
見た目が楽しいゲーム、とでも言っておきましょう…。

・プレイ感覚は
いつものヨッシーアクション、という感じです。
Newアイランドやウールワールドを遊んでいたのであれば
戸惑うことなく、入ることができるかと思います。

・後はどのぐらい遊べるか
体験版を遊んだ感じでは”安定した出来栄え”だったと思います。
しかしながら、問題はどのぐらいステージがあるのか、
どのぐらいやり込める要素があるのか、ということですね。
最終的な評価は、製品版を遊んでみないことには
何とも言えません。

スポンサーリンク

関連商品は?

・攻略本
現時点ではヨッシークラフトワールドの攻略本の情報はありません。
ヨッシーウールワールドまでは攻略本も発売されていたので
発売される可能性もあります

・サントラCD
現時点ではヨッシークラフトワールドのサントラの発売情報は
ありません。また、楽曲が収録されている商品も
今のところはありません。

・その他
「大乱闘スマッシュブラザーズSP」の
ヨッシーのカラーバリエーションの一つが「クラフトヨッシー」に
なっています。発売に先立ってクラフトヨッシーが
収録されたかたちになりますね。

続編の可能性は?

ヨッシーを主人公としたアクションゲームは
定期的に発売されているので、今後も
発売が続くと思われます。

ただ、発売されるとしても
「ヨッシークラフトワールド2」というかたちではなく、
ヨッシーウールワールド⇒クラフトワールドのように
タイトルやテーマは変更になることが予想されます。

タイトルとURLをコピーしました