鬼武者の新作は出ないの?鬼武者4の可能性と歴代作品レビュー!

アクション

かつてカプコンから展開されていた
鬼武者シリーズ。

戦国時代を舞台としたアクションゲームで、
敵をバッサリとなぎ倒していくのが魅力のシリーズ作品に
仕上がっていました。

プレイステーション2の初期に登場し、
主にプレイステーション2を中心にヒットを飛ばしたシリーズに
なっています。

スポンサーリンク

シリーズ一覧

鬼武者シリーズの機種ごとの発売タイトルは下記の通りです。
〇プレイステーション4
・鬼武者

〇プレイステーション3
・鬼武者ソウル (ダウンロード専用)

〇プレイステーション2
・真 鬼武者 ドーンオブドリームス
・鬼武者3
・鬼武者2
・鬼武者
・鬼武者 無頼伝

〇ニンテンドースイッチ
・鬼武者

〇ゲームボーイアドバンス
・鬼武者タクティクス

〇XBOX
・幻魔 鬼武者

発売の傾向としては、シリーズ作品のほとんどが
プレイステーション2での発売となっていました。
一部、ゲームボーイアドバンスやXBOXに発売されたタイトルも
ありますが、ごくわずかとなっています。

鬼武者の新作はいつ出るの?

鬼武者シリーズは最近、長らく新作が出ていません。
プレイステーション2初期に初登場し、
ヒットを記録したこのシリーズ、
今後、新作が出るのかどうか考えてみました

最後の新作は2006年に発売されたプレイステーション2ソフト
「真・鬼武者」ですね。
もう既に10年以上が経過しているわけです。
最近は長い間、新作が出ていないので、既に鬼武者シリーズを
知らない方もいるかもしれませんね。

真・鬼武者の後にもパチスロ系統の鬼武者や、
スマホアプリの鬼武者などはポツポツと発売・配信されていました
そして、2018年末には、PS4とニンテンドースイッチに
初代鬼武者が発売されましたが、
特に新作発売、という流れではありません

鬼武者シリーズの復活を検討中!や新作が~~~などの噂が
時々出てきたりはしていますが、これらは全てガセネタだと
思われます。
同じくカプコンの新作が途絶えたシリーズ、ディノクライシスシリーズも
そうですが、旧IP(シリーズ)を使うより、新しいモノを作りたい
みたいな発言もあり、鬼武者シリーズの復活は難しいかもしれません

個人的な予想ですが、鬼武者シリーズは同じカプコンの
デビルメイクライシリーズに競り負けた印象がします。。
売上的には鬼武者シリーズの方が勝っていましたが、
デビルメイクライシリーズの方がアクションの爽快感など、
そういうものが勝っていた印象。。

ただし、鬼武者シリーズの新作が出る可能性も0では
無いのではないかと。
当時、それなりの売上は記録していましたし、今新作を
出してもある程度は売れるのではないでしょうか。

また、PS4とスイッチに初代が移植されたことは
新作への布石である可能性もあります

スポンサーリンク

鬼武者4の発売はそう遠くない?

鬼武者はナンバリングタイトルで3まで発売されて
その後、新・鬼武者が発売、その後はしばらく本編は
発売されず、長い沈黙が続いていました。しかし、久しぶりに
動きがあったことで鬼武者4が出るのではないか、と予想します

シリーズ展開を終えるつもりであるのであれば、
わざわざ今更初代鬼武者を移植などしないと
個人的には思います。ボイスも新規収録するなど、単なる移植ではなく、
今後のシリーズ展開を見越しているのではないか、と思う動きもあります

もしかしたら現在検討段階で、初代鬼武者の動きを見てから
今後のシリーズ展開を決定する可能性もあります。
全く売れなかった場合は、鬼武者新作の動きも白紙化
される、みたいな感じである可能性も0ではありません
売上を見る限りは美妙にも見えましたが・・・。

長らくシリーズ展開の止まっていたデビルメイクライも、
4のスペシャルエディションやHDコレクションのPS4版などなど
そういった展開が続いてから、5が発表されました。
鬼武者もそういう流れかもしれません。

もし鬼武者の新作が出るにしても、最短で2020年で
あると予想します。鬼武者4なのか、新のように
別タイトルをつけたタイトルなのかは分かりませんが、
なんらか動きがありそうな気もします。

あくまでも「予想」の段階なので、話半分に聞いておいて下さい。
しかしながら、鬼武者もかつては大ヒットした作品ですから
新作が発売される可能性は十分にありますし、
今後の続報の発表が待たれる作品ですね

真鬼武者のレビュー

鬼武者シリーズのひとつで、主人公などを一新した作品に
なっています。現時点での鬼武者シリーズ本編の最新作となっており、
ディスク2枚組のボリュームでの発売となっていた作品でした。
プレイステーション2の後期に発売された作品ですね。

アクション自体はいつもの鬼武者シリーズのものが継承されており、
非常に爽快感溢れる作品になっています。
デビルメイクライシリーズもなかなか爽快感がありますが、
鬼武者シリーズは鬼武者シリーズで楽しめます。

真鬼武者はストーリーが良かったように個人的には思います。
敵キャラクターも個性的でしたし、先が気になるような展開でした。
ムービーシーンも従来の作品よりも少し多めになっているような
印象を受けました。

真鬼武者は敵サイドのキャラクターが非常に印象的でした。
特に若本さんが声優を担当している光成は凄かったですね…。
強烈なインパクトを残してくれました^^
他のメンバーも個性的なので、ストーリーを楽しみにさせて
くれる存在だったと思います。

登場人物などはほとんどが一新されていますが、
3のオープニングで倒されてしまったガルガントや、
1のラスボスであったフォーティンブラスなど、過去のシリーズを
プレイした身にとっては、懐かしい存在も登場していました。
ファンサービス的な感じでしょうか。

今更鬼武者か…などと思いながら、中古で安く購入したのですが、
やっぱり鬼武者は面白い、と思わせてくれる作品でした。
これ以降、鬼武者シリーズは今のところ、本編の発売はありませんが
また発売されるようなことがあれば、プレイするかもしれません!

鬼武者3のレビュー

鬼武者シリーズの一つで、一応ひとつの物語に決着がつく、
ということで発売されたシリーズでした。
二人の主人公の物語が上手く交じり合った作品に
仕上がっています。

シリーズでは初めて現代も舞台となりました。
時を超える系の物語ですね…!
ちょっと違和感はありますが、別に時代設定は過去じゃなければ
いけない!というわけではないので
これはこれで良いと思います。

アクションは相変わらず爽快です。
ただ、個人的にデビルメイクライシリーズを始めてしまったので、
それと比べると劣るような気がしてしまいました。

鬼武者シリーズ自体に飽きてしまったのか分かりませんが、
初代鬼武者、鬼武者2とかなり楽しんだのにも関わらず
鬼武者3はあまり盛り上がりませんでした。
適当に1周クリアしてやめてしまった感じです(汗)

ちょうど、当時、鬼武者無頼伝にはまっていました。
その無頼伝の隠しキャラクターのうちの1体の出現条件が
「鬼武者3のセーブデータがあること」だったので、
むしろそっちの方を遊んでしまいました(笑)

オープニングムービーにいることに気付かず、
「あれ?あの無頼伝にいるガルガントはいつ出てくるんだろう?」
なんてずっと思ってました。
まさかオープニングだったとは(笑)

悪くはないのですが、そこまででもない、というのが
個人的な感想です。
やはり、自分自身が鬼武者シリーズに飽きてしまったのかも
しれませんね…

鬼武者2のレビュー

鬼武者シリーズの第2弾。仲間との友好度によって
シナリオが変化していくシステムが採用されています。
主人公は前作とは変わり、柳生十兵衛の物語が描かれます。

とにかく分岐が凄い、という印象ですね。
どの仲間と仲良くしておくかによってかなり複雑に分岐
していきます。
この分岐を全部見るために何周もした記憶が…(笑)

敵の幻魔が個性的なのも良い点ですね。
ギンガムファッツやゴーガンダンテスなど、印象に残る
敵キャラクターが多いです。
特にゴーガンダンテスは強く印象に残っています
(BGMも含めて…)

ミニゲームやクリア後のおまけも豊富に用意されていて
遊び応えがありました。
特にミニゲームの一つ「黒いスーツの男」は笑えましたね。
色々な意味でw

アクションゲームとしては初代鬼武者と同じように、
爽快感があってなかなか楽しいです。
武器も色々とあるので、それらを試すのも楽しみの一つです^^
難易度上げるとむずかしくなりますけど…。

私は鬼武者シリーズを1,2,3、真、無頼伝と
遊んでいますが、本編の中ではこの鬼武者2を一番やり込みました。
正直なところ3以降は個人的には微妙な印象だったので
今でも「2」が一番のお気に入りですね^^

個人的には上でも書きましたが鬼武者ナンバリングの中でも
トップの作品です。
当時はかなり熱中しましたね…。
久しぶりに鬼武者の新作も見てみたいような…

スポンサーリンク

初代鬼武者のレビュー

戦国時代を部隊としたアクションゲームです。
特殊な力を持つ刀を使い、幻魔という敵を倒していきます。
爽快感なども重視した作りになっていますよ。

次々と出てくる敵を倒していくタイプのアクションゲームなのですが、
結構爽快感があります。
雷と炎、風の剣があるのですが、私は特に
雷の剣が好きでした。

ゲーム中にはアイテムを手に入れるため、パズルに
挑戦する場面も。。
これが、結構難しいです。。慣れてくるとスムーズに
解けるようになってはきますが。。

BGMは
鬼武者らしいBGMです(笑
和風テイストのような、そんな感じの・・・。
飛びぬけて良いな~!、、とは思いませんが、
ゲームの雰囲気にはしっかりとマッチしてると思います。

鬼と幻魔との戦いを描くストーリー。
そこに史実の人物が少し混ざっている・・・
みたいな感じです。
しかしながら、はじめから続編ありきだったのか、
ギルデンスタンや織田信長との決着はつきませんでしたが・・・

なかなか良質なアクションゲームです。
個人的にはデビルメイクライシリーズの方が好きですが、
この鬼武者シリーズもなかなかよく出来ていると思いますよ!

鬼武者無頼伝のレビュー

鬼武者のキャラクターたちが集結、
戦いを繰り広げていくアクションゲームです。
普段のようなシステムではなく、
対戦格闘型のような感じですね。
武器やキャラクターの育成要素もあります

1、2のキャラクターたちが集結。
主人公サイドから敵キャラクターまで
豪華な顔ぶれです。
個人的に敵キャラが使えるところが
うれしかったですね。
ゴーガンダンテスとか(笑)
ロックマンがゲスト出演してたり、
3の発売に先駆けてガルガントが登場
したりもしてます。
少しスマブラ風な気も(笑)

キャラクターの育成や武器の強化など、
全てを遊びつくそうとすれば相当な時間がかかります。
さすがに全キャラクターを極めつくす前に
飽きてしまいましたが、
根気のある人はずっと遊べるのではないでしょうか。

勿論本編も好きなのですが、
個人的にこの「無頼伝」が鬼武者シリーズの中で
一番好きです。
外伝作品なのに…(汗

隠しキャラクターのガルガントは鬼武者3の
セーブデータがないと出現させることが出来ません。
抱き合わせ(?)商法のようであまり好きじゃありませんが、
結局、鬼武者3も購入したので
ガルガントを使うことができました。

まぁ、ガルガントさん、鬼武者3のオープニングで
倒されてしまうんですけどね。。

対戦でも一人プレイでも楽しめる隠れた名作ではないかと。
個人的には本編よりも長く楽しめたので、
良い作品だと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました