ジャンピングスタックボールのレビュー!セーブぐらい対応してほしい。

パズルゲーム

「Pix Arts」より配信された
ニンテンドースイッチ用ソフト
「ジャンピングスタックボール」を実際に遊んだ感想をお話していきます。

2021年から突如として出現して、
スイッチ向けにものすごいペースでゲームを配信している
メーカーの作品ですね。

ただ、数は多いのですが、
良くも悪くも、かなりざっくりしたゲームが多い印象です。

スポンサーリンク

ボールを下まで落下させるゲーム

ジャンピングスタックボールは、
ボールを下まで無事に落下させるゲームで、
色付きのブロックがタワー状に積まれているところの
頂上からスタートして、無事に地面までボールを落とす…
という内容ですね。

ブロックにはカラフルな部分と「黒い部分」があり、
黒い部分を壊してしまうと、ミスになるため、
黒い部分以外を破壊しながら、
ブロックのタワーを崩して、地上までたどり着くと
ステージクリアです。

ボタンを押すと、ボールがブロックを破壊しながら
下に向かうので、黒い部分を破壊しないように、
上手く移動と、ボタンを押すタイミングを考えながら
進んでいく感じです。
(黒い部分以外を突き進んでいくイメージ。
 黒い部分に接触するだけならミスにはなりません)

言葉だけだとなかなか伝わりにくい部分はあると思いますが
とにかく”超”がつくほど、非常にシンプルな作品で、
ルールは一瞬にして理解できるはずです。
体験版はありませんが、実際に触ってみるのが一番手っ取り早いです。
(実際に私もダウンロードページでゲームの概要を読んでも
イマイチどういう内容か、あまり分かりませんでした)

かなりシンプルな内容!

ゲーム内容はかなりシンプルで、
上の内容のゲームをひたすらプレイしていくだけです!

昔ながらのレトロスタイルで、
ハイスコアを競う感じの内容ですね。

ステージの区切りはありますが、
特に「ステージセレクト」が出現するようなこともなく、
一度終わったらまた最初から、みたいな形式です。

昔のアーケードゲームやファミコンゲームのような
内容で考えておくと、イメージしやすいかもしれません。

スポンサーリンク

ゲーム自体はなかなか面白い

後述するような問題点はありますが
個人的には、ゲーム自体はなかなか面白いと感じます。
非常にシンプルな内容ですが、こういうゲームは
ありそうでなかったので、ちょっぴり癖になりました(笑)

Pix Artsのゲームを遊ぶのはこれで4作品目
(レビューはこれで3個目 もう1タイトルも近いうちに書きます)ですが
その中ではこれが一番お気に入りですね。

ただ…それだけに後述する点が非常に残念です。

「セーブ」非対応が非常に残念

このゲームの最大の欠点は「セーブ非対応」なことですね。
セーブに対応していないので、
ステージのクリア状況も保存されませんし、
ハイスコアも何も保存されません。

当然、セーブに対応していないからか、
隠し要素などのおまけも全くありません。

せめて、ステージクリア形式にして、
一度クリアしたステージはステージセレクトできる、
など、ほんのひと工夫をするだけで
”シンプルでさっくり遊べる良いゲーム”になったと
私は思うのですが
セーブにすら対応していないので、
非常に勿体ないと感じる作品でした。

せめて、似たようなステージが続いても良いので、
ステージ10まで遊んだら次は11から遊べるような機能か、
あるいはクリアしたステージは選択して遊べるような機能が
欲しかったですし、
最低限、ハイスコアぐらいは記録してほしかったところです。

Pix Artsさんは、ほとんどのソフトがセーブ非対応なので、
(私が遊んだ中ではギャラクティックインベージョン以外対応していませんでした)
まず”そこから”だと思いますね。

日本語非対応は問題なし

セーブだけではなく日本語にも対応していませんが
日本語非対応のゲームは、ダウンロード専売のソフトでは
そこそこ見かけることで、これといって、珍しいことでは
ありません。

ジャンピングスタックボール自体、
ルールは非常に簡単なので、感覚ですぐに
理解できるかと思いますし、
ストーリーがあるわけでも、チュートリアルが
あるわけでもありません。
モードセレクトもなく、いきなりボタンを押すとスタートします。
(一応オプションはありますが、特にいじる必要のない
必要最低限の項目しかありません)

なので、日本語非対応ですが
英語が一文字も読めない方でも問題はないと思います。

いきなりゲームが始まる感じなので注意

タイトル画面とゲーム開始の境界線が
ちょっとわかりにくく、
いきなりゲームが始まってしまうような
感じがあります。

コンティニューの際などもそんな感じなので
「あれ!?」となっているうちに
ミスになってしまうこともあるので、
この点は、もう少しわかりやすくしてほしかった
ところです。

アイデアは良いと思うので
先ほどのセーブの部分もそうですが
こういう「遊ぶ側の立場」を考えた
小さな積み重ねが改善されるだけでも
非常に良いゲームになると思います!

スポンサーリンク

ジャンピングスタックボール2の可能性は?

Pix Artsさんは、現時点でもかなりのペースで
ゲームを配信しているので、可能性は0ではなさそうですが
現時点で「2」みたいな作品は他のタイトルも含めて
確認できません。

シリーズ化する方針のメーカーではないのかもしれませんね。

最近は「セーブできるゲーム」の割合も増えてきている
ように見える(それでも、できないやつもありますが)ので、
もしも2が出るのだとすれば、
最低限セーブにだけでも対応するような作品になれば、
もっと良いものができる気がしますし、
「セーブできる「2」」が出たら、
ぜひ遊んでみたいところです。

タイトルとURLをコピーしました