ドラゴンスピリット&ドラゴンセイバーシリーズ 隠し要素・裏技まとめ

シューティング

ナムコから発売された
シューティングゲーム
「ドラゴンスピリット」及び、その続編「ドラゴンセイバー」の
全作品の隠し要素と裏技をまとめました。

PCエンジン版やファミコン版、
Wiiバーチャルコンソール版、
ナムコミュージアム版にいたるまで
全てのドラゴンスピリットシリーズの
隠し要素や裏技を解説していきます。

スポンサーリンク

シリーズ全作品の秘密を知る!

ドラゴンスピリットと、その続編、
ドラゴンセイバーの家庭用前作品の
隠し要素と裏技をそれぞれご紹介していきます。

上の目次に記載されている順番で
ご紹介していきますので、
自分の興味のあるタイトル、プレイ中のタイトルを
参考にしてみてください。

今後も、ドラゴンスピリットシリーズの
新作が万が一発売されるようなことがあれば
どんどん追記していきます。

ドラゴンスピリット(PCエンジン版)隠し要素・裏技

(PCエンジンソフト)
1988年12月26日発売

・ミュージックモードが出現する
タイトル画面で左、右、下、上、セレクト、左と入力する。
成功すると、ミュージックモードを利用することができる。

・縦長画面でゲームをプレイできる
電源を入れてゲームを起動後、
セレクトボタンを押したままの状態で、57回ランボタンを押す。
成功すると、縦長画面でゲームをプレイすることができる。

・コンティニュー数が変化する
タイトル画面でⅠとⅡを同時押しする。
成功するとコンティニューが2回できるようになる。
(Ⅰを押しながらⅡを押すorⅡを押しながらⅠを押すことでも可能)

・縦長のエンディング
ゲームをクリアし、エンディングが表示された際に、
エンディングが終わってからしばらく放置しておく。
すると、縦長になったエンディングを見ることができる。

・隠されたパワーアップアイテム
ゲーム中に特定の箇所を対地用のファイアーで攻撃すると
特殊なパワーアップアイテムが出現する。

出現場所は、それぞれ下記の通り。
ステージ5…ボス手前の開く壁の左側の方にある突起物の下側
ステージ6…破壊可能な氷の壁(3番目に登場するもの)の左側
ステージ7…蜘蛛が大量に出現する場面のあとの四角い壁の後ろ側
ステージ8…最後の分かれ道の真ん中の壁の左側にせり出しているところ

スポンサーリンク

ドラゴンスピリット 新たなる伝説 隠し要素・裏技

(ファミコンソフト)
1989年4月14日発売

・ドラゴンの数が20機になる
0面(ドラゴンはどちらでも可能)をプレイし、
その後のタイトル画面で、
2P側のA、Bボタンを押したままスタートボタンを押す。
成功するとドラゴンの残り数が20の状態で
ゲームをプレイすることができる。

・サウンドセレクトが出現する
タイトル画面で2Pの上とA、Bボタンを押しながらリセットする。
成功するとサウンドセレクト画面に切り替わり、
好きな曲を自由に聴くことができる。

・ステージセレクトが可能になる
上記の「サウンドセレクト」の画面を出現させたあとに
2Pのコントローラーの上、上、B、下、下、Bの順に押すと、
ステージセレクトをすることが可能になる。
(2Pコントローラーの左右でステージを選ぶことができる)
※サウンドセレクトの出現条件はひとつ↑の項目を参照)

・エンディングが変化する
エンディング中のイリスがドラゴンの上に乗っている場面で
セレクトボタンを20回ほど連打すると、
エンディングにとある変化が現れる。

ドラゴンスピリット(Wii版)隠し要素・裏技

(Wiiソフト)
2007年11月13日配信(PCエンジン版)
2009年9月8日(アーケード版)

※Wii版には、2種類のドラゴンスピリットが
配信されており、
PCエンジン版とアーケード版の移植版が
それぞれ配信されていました。

PCエンジン版に関しては
↑のPCエンジン版と同じになりますので
PCエンジン版ドラゴンスピリットの項目を
参照してください。

※現在、Wii版は配信終了となっています。

ドラゴンセイバー(PCエンジン版)隠し要素・裏技

(PCエンジンソフト)
1991年12月27日発売

・縦画面モードでプレイすることができる
タイトル画面で30回リセットを行う。
成功すると、縦画面モードでゲームをプレイすることが出来る。

・一人で2Pモードを遊ぶ
タイトル画面でセレクトボタンとランボタンを同時に押しながら
2PLAYERを選択する。

ドラゴンセイバー(Wii版)隠し要素・裏技

(Wiiソフト)
2008年8月5日配信(PCエンジン版)
2009年9月15日配信(アーケード版)

※Wii版には、2種類のドラゴンセイバーが
配信されており、
PCエンジン版とアーケード版の移植版が
それぞれ配信されていました。

PCエンジン版に関しては
↑のPCエンジン版と同じになりますので
PCエンジン版ドラゴンセイバーの項目を
参照してください。

※現在、Wii版は配信終了となっています。

スポンサーリンク

ナムコミュージアム版について

ドラゴンスピリット及びドラゴンセイバーは
「ナムコミュージアム」シリーズにも
収録されています。

ナムコミュージアムシリーズの隠し要素・裏技については
ナムコミュージアムシリーズ隠し要素・裏技まとめにまとめてありますので
そちらの方でご覧ください!

「ナムコットコレクション」に収録されている
ドラゴンスピリットは、ファミコン版と同内容ですので、
ファミコン版の項目を参考にしてください。

アーケード版について

1987年6月発売(スピリット)
1990年12月発売(セイバー)

アーケード版「ドラゴンスピリット」「ドラゴンセイバー」の
隠し要素や裏技の情報は特にありません。

タイトルとURLをコピーしました