ダートラリーのレビュー!日本未発売のオフロードレースゲーム!

レースゲーム

「DiRT Rally(ダートラリー)」は
日本国内では発売されなかった
オフロードレースゲームです。

コードマスターズから展開されている
DIRTシリーズは、毎回、日本版も発売されていましたが
このダートラリーだけは、何故か日本語版が発売されないまま、
次の作品が発売されてしまい、
結果的に海外版のみ、という形になりました。

そんな「ダートラリー」ですが
海外版をAmazonで購入してプレイしてみたので、
感想をお話していきます。

なお、続編のダートラリー2.0に関しては
ダートラリー2.0のレビューの方で
お話していますので
そちらの方をご覧ください!

こちらでは「1」の方についてお話していきます!

スポンサーリンク

日本語版は未発売。遊ぶためには?

ダートラリー1は、日本版は未発売ですが、
プレイステーション4やXBOXONEでは、
「海外版」のソフトも起動して、
普通に遊ぶことが可能になっています。

そのため、どうしても遊びたければ
海外版を購入すれば、普通に日本でも
遊ぶこと自体は可能です。

入手方法も簡単で、
今の時代は普通にネットで(Amazonなど)海外版の
ソフトも購入することが出来る時代なので、
普通のゲームソフトを購入するときと同じように、
ポチッと注文するだけで、海外版の
ソフトであっても普通に遊ぶことが可能です。

ただし、当たり前のことですが
海外版ソフトになるので、パッケージから
ゲーム内のテキストに至るまで日本語表記はありません。
その点は、注意が必要ですね。
(※日本語が収録されている海外版ソフトも稀にありますが
ダートラリーに関しては残念ながら日本語は未収録です)

どうして日本では発売されなかったの?

「売れないから」と、いうのが理由だとは思います。
ダートシリーズは日本でも展開されていますが
近年のシリーズ作品は、初週数千本レベルで
売上的にかなり厳しい状態です。

その上、ダートシリーズを展開している
「コードマスターズ」という会社が、
「DIRT3」のあとに発売された
「ダートショーダウン」という派生作品を発売したあと、
しばらくして、日本からは撤退してしまいました。

その後の「ダートラリー」に関してはちょうど
「日本に発売するメーカーがない」空白期間に
発売されてしまったために、日本版が発売されなかった…
ということなのでしょう。

ラリーの次に発売された「DIRT4」に関しては
ユービーアイソフトという別の会社が日本向けローカライズ版を
発売してくれたため、4以降は日本語版が復活しましたが、

コードマスターズ撤退 ⇒ ユービーアイソフトが日本語版を展開
までの空白期間に「ダートラリー」が発売されてしまったため、
日本語版が発売されなかったものと思われます。

なお、4の次には「ダートラリー2.0」が発売されましたが
これはユービーアイソフトによって、日本語版が発売されています。

ただし、その後の「DIRT5」はユービーアイソフトも手を引いたのか
日本語版はKoch Mediaという会社からの発売に変わっています。

スポンサーリンク

グラフィックはとても綺麗

ダートラリーが発売された当時をベースにした
お話ですが、グラフィックは非常に綺麗です。

元々、レースゲームの中でもグラフィックが綺麗な部類のシリーズですが
順調に進化している感じですね。

この後の「ダート4」「ダートラリー2.0」と、
どんどん綺麗になっている印象なので、
グラフィック重視の人にもお勧めできるシリーズだと思います。

ちなみに、このダートラリーに関して言えば
PS4・XBOXONE系で初めてのダートシリーズだったので
より進歩を感じられる作品でした。

難易度は高い

従来のダートシリーズと比べて、難易度が非常に高くなった
印象を受けます。
前作の「ダートショーダウン」まで搭載されていた
「ミスを巻き戻すことが出来るシステム」も
このダートラリーでは搭載されておらず、
難易度もなかなかシビアなので、
今までの感覚でプレイすると、手こずるかもしれません。

私も正直なところ、かなり苦戦しましたし、
ちょっと個人的にはシビア過ぎました(笑)
(続編のダートラリー2.0はだいぶ優しくなった感じも)

英語は読めなくても大丈夫?

レースゲームなので、さほど影響はありません。
十分プレイできるレベルだと思います。

ただ、オプションの設定項目はそこそこあるので、
そこの部分では、不便さを感じる部分も
あるかもしれませんし、
全く読めない!という人には
やはり、日本語表記が恋しい部分はあるかな?と
思います。

レースが始まってさえしまえば、文字自体を
読む必要はないので、その点は安心ですね。

本編よりも上級者向けな印象

ダートシリーズは、2から全てプレイしていますが
遊んでみた感じは、
ダートラリーは、本編に比べると、
上級者向けで、より強く、人を選ぶ印象を受けました。

ダートラリー2.0(ダートラリー系の続編)は
若干そのカラーが弱まった印象を受けましたが
特にダートラリー1は敷居が非常に高い
作品になっているような感じはしますね。

スポンサーリンク

続編は出ているの?

ダートラリ-のあとに
本編の「ダート4」が発売されているほか、
ダートラリー直系の続編の「ダートラリー2.0」も
発売されました。
これらは、先ほど書いたように日本語版も発売されています。

また、2021年にはナンバリングの最新作
「DIRT5」の発売も決定しており、
こちらも日本語版が発売されます。

そのうち、ダートラリー3.0が発売されるような
日もやってくるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました