アーバンストリートファイトのレビュー!あまりの恐ろしさに笑う作品!

格闘ゲーム

2021年から、突如としてニンテンドースイッチに
大量のダウンロードソフトを配信し始めた謎のメーカー(?)
「pix arts」による格闘ゲーム
「アーバンストリートファイト」を実際に遊んだ感想を
お話していきます。

ダウンロードページの説明の時点で
「ゲームをビートアップハードコア」!と書かれており、
頭に「?」が浮かびますし、
ゲーム概要の説明を読んでいくと
「六文字」「五景」などと書かれており、
ダウンロード前の時点から強い不安に苛まれるゲームです(笑)

先に言っておくと、
”とんでもなく、恐ろしいゲーム”(まともに遊ぼうと思って買ってはいけない)ので、
クソゲーマニアや、怖いものを見たい人が買うゲームです。

私も、怖い物見たさに購入してしまいました(笑)

スポンサーリンク

現代に出現した奇跡の格闘ゲーム

…悪い意味で、です(笑)
よくこのような状態で、ニンテンドースイッチ向けに
堂々と発売したな、と感心してしまうぐらいには、
恐ろしい出来栄えで、
ゲームとしては1:1の格闘ゲームなのですが、
色々問題がありすぎる上に、
ゲームボリュームも最低レベルで、あまりの恐ろしさに
唖然とする内容です(笑)

ただ、ここまでくると、もはや笑えてくるので
「格闘ゲーム」というより「笑うためのゲーム」と
考えたほうがいいですね(笑)

まず、キャラの挙動がおかしすぎて、
関節が変な方向に曲がっていたり、
突然腕が1個消えたり、
ガードのモーションで腕が飛んだり、
とにかく奇妙な動きをしまくります。

キャラクターは6体!しかし…?

使用可能キャラクターは6体です。
キャラ選択画面を見ると、2枠空いていて「隠しキャラかな?」という
雰囲気になっていますが、特に何も出ません。

キャラ自体も、6キャラのうち、1キャラは専用技ですが、
残りの5キャラは残り2パターンの技の使いまわし(若干違う部分も)で、
実質上3キャラしかいないようなものですね…

しかも「サッカーボーイ」というキャラは、顔がおばさんのような
顔をしていて、声も男性の声じゃないなど、
とても奇妙なキャラになってしまっていたり、
唯一固有の技を持っているキャラが
ストリートファイターの技を使っていたり(※カプコンの人気格闘ゲーム)
とんでもない作品です。

謎のロボット召喚技を使うキャラも謎ですね笑

ちなみに「サッカーボーイ」は別にサッカーボールを使いませんし、
「ボクサー」も別にボクサーっぽい技は使いません。

スポンサーリンク

ステージは5種

ステージは5種類用意されていますが、
ステージ4とステージ5は背景とキャラのサイズが合っておらず、
”キャラクターが巨人状態”になってしまっています。

また、ステージ3では空中から謎の煙が出ていたり、
ステージ4では、左側に行くとキャラクターが壁に
隠れてしまいます。

ステージによっては頻繁に画面がチカチカするようなことも
ありますね…
(別に画面が綺麗なわけでも、重くなるような処理を
しているわけでもないはずですが…)

ステージは背景が変わるだけなので、ギミックとかは
特にありません。

モードは何もない。やり込み要素もない。

モードはただ「1:1」で戦うだけのモードと
オプションしかありません。

ストーリーもやり込み要素も何も存在しておらず、
VS CPUとVSプレイヤーができるだけです。
(対戦はオフラインです)

オプションも設定項目は非常に少なく、
かなり適当な感じですね…

やり込み要素などというものも存在しておらず
この内容で定価749円とは、あまりにも強気で
驚きます(笑)

私のように、”あえて購入した”人なら良いですが、
何も知らずに買った人は、
びっくりするレベルだと思いますね…。

なお、そもそも「セーブ」にも対応していないので
電源を切ると最初からになります。

日本語非対応。プレイには問題なし

日本語には対応しておらず、英語表記です。
(これ自体はダウンロードゲームにはよくあることです)

ただ、この点に関しては
プレイ自体に支障は感じず、
格闘ゲームなので、始まってさえしまえば何も問題ないですし
ストーリーもない、オプションも設定の必要がほぼない、なので、
英語が全く読めないとしても、
普通に遊ぶことはできます。

ちなみに、操作説明やコマンド表なども
存在しないのは驚きですが、
そのおかげ(?)で、日本語表記がなくても
何も問題ないゲームになっています。

説明は存在しない

ゲーム内で特に説明は存在せず、
いきなりゲームに放り出されます。

操作自体はそんな難しくはないので、
理解できるとは思いますが
”何もない”のも、ある意味凄いですね…

また、格闘ゲーム定番の「コマンド表」も存在しておらず、
キャラクターの技は自力で見つけ出す必要があります。

スポンサーリンク

ポーズすらカットした清々しさ

アーバンストリートファイトは
セーブ機能や、日本語対応を廃止しただけではなく
「ポーズ」すらカットしています(笑)

ゲーム中にちょっと席を外そうと、
ポーズをかけようと思ってボタンを押したその瞬間…
突然、タイトル画面に…!

最初はびっくりしましたが、
このゲームには”ポーズ”が存在していないため、
ゲーム中にゲームを中断することができません。

また、普通ならポーズできるはずのボタンを押すと
リセットされるので、
間違ってリセットする人は大勢いそうです。

…最も、リセットできてしまって
困ってしまうような内容も
やり込み要素も何もないので、
「別にいいかな…」というのも事実です

アーバンストリートファイト2の可能性は?

さすがにきついはず…です(笑)

ただPix Artsは、ほぼ毎週新作を出し続けているので
続編が出る可能性も…
まぁ…完全には0とは言えません。
(どれもヤバそうなオーラが漂っています…)

しかし…きついでしょうね…
出たら出たで、もう拍手するしかないです!

タイトルとURLをコピーしました